ダイソーでも購入可!頑固な汚れを落とす洗濯板のおすすめ人気ランキング10選

最近人気が高まっている洗濯板、靴下やタオルなどの汚れを落とす時に便利ですよね。しかし、洗濯板は色々なメーカーから販売されているので、どれを選んだらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、洗濯板の選び方やおすすめ人気ランキングをご紹介いたします。ぜひお気に入りの洗濯板を見つけてみてくださいね!

洗濯板のメリットや使い方は?


皆さんは洗濯板を使われたことはありますか?見たことはあっても、実際に使ったことのある人はそんなにいないのではないでしょうか?
洗濯板は、意外と現代でも実用的なアイテムで、100円ショップのダイソーなどでも人気の商品だったりします。ここでは、洗濯板を使用ことで得られるメリットや使い方を紹介していきます。

コスト削減に繋がり節約になる

洗濯板のメリットは節約につながることです。洗濯物が少しの量しかないとき、洗濯機を使うのはちょっと気が引けますよね、、。そういう場合は、洗濯板を使ったほうが早いし、節約にも繋がります。

汚れを落としやすい

洗濯機に比べて洗濯板は、汚れにピンポイントな洗浄ができるため汚れを落としやすいメリットもあります。洗濯板は、力の強弱をつけることができるので結果的に汚れを落としやすくなります。

使い方は簡単!洗濯板の向きだけ注意しましょう

洗濯板の使い方は非常に簡単です。まず洗濯板の溝のカーブしている方を下向きにします。そして洗濯物の汚れが気になる箇所に洗剤や石鹸をつけます。泥汚れなどの場合は、石鹸屋石鹸成分の含まれれる洗剤が特に効果的です。そのあとは、洗濯物を手でこすり合わせて洗ってすすぐだけです。

洗濯板のおすすめ人気ランキング10選

ここからは洗濯板のおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りの洗濯板を見つけてみてくださいね!

第10位:リッチェル ひつじの洗濯板

リッチェル ひつじの洗濯板
リッチェル ひつじの洗濯板

とても可愛らしいひつじ型の洗濯板です。ひつじの向きによって凸凹加減が異なり、洗濯するものの素材に応じた洗い分けが可能です。持ち手部分がついているので、力を入れてゴシゴシ洗うことができます。また、吊り下げて収納することもできます。

第9位:オスマック 洗濯板 大

オスマック 洗濯板 大
オスマック 洗濯板 大

天然木(アガチス)で作られた洗濯板です。大きいサイズで重量もあり、広い部分をゴシゴシ洗いたい時にピッタリです。安定感がある作りなので力を入れて洗うことができ、頑固な汚れもきれいになると人気がある洗濯板です。

第8位:イノマタ化学 ラブウォッシュ

イノマタ化学 ラブウォッシュ
イノマタ化学 ラブウォッシュ

タライと一体になったユニークな作りの洗濯板です。洗濯物のつけ置き・部分洗いがこれ1つで可能です。底部分に滑り止めの脚ゴムがついているので、しっかり固定され、ゴシゴシ洗っても安定感があります。

第7位:サンコー ラクラク洗濯板

サンコー ラクラク洗濯板
サンコー ラクラク洗濯板

大きめサイズ(32×19cm )の洗濯板です。ユニフォームやTシャツ、バスタオルなど、広い部分を洗うのに適しています。裏面に滑り止めがついているので、お風呂の床に置いてもずれにくく、とても使いやすいです。

第6位:アズマ工業 洗濯板 ミニサイズ


持ち運びしやすいミニサイズで、場所を選ばず使える洗濯板です。表と裏で突起の形状が違うので、デリケートなものを洗ったり、頑固な汚れをきれいに落としたりすることができます。とてもしなやかな材質で使いやすいと好評です。

第5位:星野工業 洗濯板 ミニ

星野工業 洗濯板 ミニ
星野工業 洗濯板 ミニ

昔ながらの木製タイプの洗濯板です。板の肌触りがとても良く、見た目もコロンとして可愛らしいと人気があります。厚さがちょうど良く扱いやすいので、洗濯機では落ちにくい部分的な汚れを落とす時にとても便利です。

第4位:小久保工業所 ミニ洗濯板


コンパクト・軽量(本体重量わずか約33g)が特徴の洗濯板です。ソフトタイプなので衣類の形状に沿って洗うことができ、シャツの襟や袖、靴下などの部分洗いにピッタリです。使わない時は吊り下げて収納することができます。

第3位:新輝合成 トンボ 洗濯板

新輝合成 トンボ 洗濯板
新輝合成 トンボ 洗濯板

昔ながらの雰囲気がある洗濯板です。プラスチック製なのでカビなどの汚れもつきにくかったり、早く乾いたりするので、清潔に長く使うことができます。タライなどに掛けて使うと、ゴシゴシ力を入れて洗えるのでおすすめです。

第2位:Freddy Leck ウォッシュボード

Freddy Leck ウォッシュボード
Freddy Leck ウォッシュボード

ホワイトカラーとシンプルなデザインがおしゃれな洗濯板です。軽くて使いやすいので、旅行先や出張先に持っていくこともできます。お値段もお手頃で、コストパフォーマンスが高い洗濯板として有名です。

第1位:ロッタホーム ミニ洗濯板

ロッタホーム ミニ洗濯板
ロッタホーム ミニ洗濯板

国産の桜の木で作られた洗濯板です。持ち手が丸く握りやすい形をしていて、無理なく力を入れて洗うことができます。小さめサイズなので使い勝手が良く、ちょっとした汚れを落とす時にとても便利だと人気があります。

洗濯板の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、洗濯板のAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

洗濯板の選び方

洗濯板の素材で選ぶ

木製のものやポリエチレン樹脂製のもの、ポリプロピレンでできたものなど、洗濯板の素材は種類によって様々です。ですから、洗濯板の素材で選ぶのも1つの方法です。木製のものは安定感があるので、頑固な汚れもゴシゴシ落とすことができます。ポリエチレン樹脂製のものは折り曲げることができるので扱いやすく、小物類を洗うのに適しています。ポリプロピレンでできたものは、すぐに乾くので扱いやすく、長く使うことができます。このように、素材によってそれぞれ特徴があるので、ご自分に合った素材のものを選ぶといいでしょう。

使う場所に合ったサイズのものを選ぶ

キッチンで布巾などを洗う時に使う場合は、小さめサイズのものが扱いやすくておすすめです。収納するスペースも取らないので、置く場所にも困りませんよ。小さくて軽いものであれば簡単に持ち運ぶことができるので、旅行や出張先に持って行って使うことも可能です。反対に、お風呂や洗面台などで衣類を洗う場合は、大きくてしっかりした洗濯板を選ぶといいでしょう。ある程度の大きさと重みがある洗濯板であれば、汚れたTシャツやバスタオルなどもしっかりと洗うことができます。安定感もあるので、使っていて疲れることもありません。

デザインで選ぶ

お気に入りのデザインのものを選ぶと、洗濯がより楽しくなるのでおすすめです。洗濯板にはシンプルなものから可愛らしいデザインのものまであるので、自分がいいなと思えるものを選ぶといいですね。シンプルなデザインのものだとインテリアの邪魔になることもないので、使わない時は外に出しっぱなしにしていてもおしゃれです。また、可愛らしいデザインのものであれば、使っている時や洗濯板を乾かしている時に気分が上がったりするでしょう。洗濯板はこまめに使うものなので、せっかく買うのであればお気に入りのデザインのものを選ぶことも大切です。

洗濯板で頑固な汚れも綺麗に落とそう!

いかがでしたでしょうか。洗濯板があると、汚れた布巾などを気軽に洗えたり、シャツの襟についた頑固な汚れをきれいに落とせたりしますよ。洗濯の効率を上げるためにも、ぜひあなたにピッタリな洗濯板を見つけてみてはいかがでしょうか。

この記事の商品一覧

リッチェル ひつじの洗濯板

リッチェル ひつじの洗濯板

¥604 税込

オスマック 洗濯板 大

オスマック 洗濯板 大

¥3,432 税込

イノマタ化学 ラブウォッシュ

イノマタ化学 ラブウォッシュ

¥378 税込

サンコー ラクラク洗濯板

サンコー ラクラク洗濯板

¥550 税込

¥471 税込

星野工業 洗濯板 ミニ

星野工業 洗濯板 ミニ

¥950 税込

¥401 税込

新輝合成 トンボ 洗濯板

新輝合成 トンボ 洗濯板

¥515 税込

Freddy Leck ウォッシュボード

Freddy Leck ウォッシュボード

¥648 税込

ロッタホーム ミニ洗濯板

ロッタホーム ミニ洗濯板

¥1,188 税込

この記事に関連するキーワード