口コミ・レビューで評価の高いティファールの毛玉クリーナーを徹底解説!おしゃれで機能性抜群

ニットやコートなど、冬服のお手入に役立つののが毛玉クリーナーです。近年、毛玉クリーナーは小さい物なら100円ショップでも手に入れることができますが、ティファールの毛玉クリーナーは、口コミやレビューでも評価が高く、1台は持っておきたいところ。そこで今回は、ティファールの毛玉クリーナーの魅力を徹底解説します。

ティファールの毛玉クリーナーなら今までの不満だった点が解消できる

ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)
ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)

毛玉クリーナーは100円ショップなどでも手に入れることができるようになりましたが、まだまだ一般的ではありません。そのため、使い勝手に対する不満も多いのも事実。その点、ティファールの毛玉クリーナーは、従来の毛玉クリーナーの不満を踏まえて活きられた商品でおすすめです。見た目もスタイリッシュです。

ティファールの毛玉クリーナーの特徴

ステンレスメッシュと3枚刃の威力


ティファールの毛玉クリーナーの最大の特徴は、やはり効果的なクリーニング力です。その秘密は、直径52mmの高品質なステンレスメッシュを施し毛玉を素早くとらえた上で、3枚刃によって一気に広範囲の毛玉を取り去ってくれるという構造です。その毛玉が取れる様は面白いくらい効果があります。

風合いガードで生地が痛まない


ティファールの毛玉クリーナーには、「風合いガードというシステムが取り入れてあります。風合いガードとは、衣類生地のそのままの風合いを守りながら毛玉をカットできるというものです。どうしても毛玉を取るということは、生地を薄くしてしまいます。そのため衣類の風合いが損なわれる懸念があります。できるだけ生地の保持をするような工夫として、種類や毛足によって毛玉をカットします。スイッチが3段階でhigh、low、なしになっています。毛足の長さで調整できます。

ダストボックス収納で毛玉が散らからない


ティファールの毛玉クリーナーにはダストボックスが装着されています。きれいに取り除いた毛玉を溜めておけるボックスが付いています。そのため毛玉が無駄に飛び散ることがなく清潔に保てます。たまった毛玉を除去する際は、ダストボックスを本体から取り外して、中の毛玉をゴミ箱などに捨てれば完了です。

スタイリッシュなデザイン


ティファールの毛玉クリーナーの魅力の一つは、なんといってもスタイリッシュなカラーとフォルムにあります。一見すると毛玉取りとは思えないデザインです。しかも女性が手に持っても馴染んで、かつおしゃれなスタイルです。カラーもピンク系になっています。ハンディで持ち運びも便利なので、どこでもさっと取り出して使えます。

カラーは2色。見た目もおしゃれ

ティファールの毛玉クリーナーのカラーはボルドーとターコイズの2つが展開されています。またティファール公式サイトでは、ネット通販限定カラーも展開。見た目もおしゃれでシンプル。かつフォルムも可愛いですね。

ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)
ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)
ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ターコイズ)
ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ターコイズ)

ティファールの毛玉クリーナーの口コミ・評判は?

ティファールの毛玉クリーナーの良い口コミ・評判

ティファールの毛玉クリーナーの評判として最も多いのは、毛玉を除去する威力の強さです。乾電池で動くタイプですが、その動作の素早さと手際の良さは、見ているだけで気持ちがいいという方の声が目立ちます。また、風合いガードに調整によって、コートやセーター、トレーナーやジャージなどのタイプ別に毛玉の取り方を変えられるのが便利です。

面白いほど取れます。毛玉を取るのだから生地は薄くなるのは当たり前ですが、諦めていたニットがもうワンシーズンだけでもきれるのはありがたい。
大きい毛玉は流石に取るとき生地引っ張る気がするので…ハサミでカットしたほうが安心かもしれません。
比べるのも値段が値段なのであれですが、100均だととれなかったものがするする取れてくのは気持ちいい細かい毛もカットされてるようで、すぐ万杯にはなりますが今まで諦めてたのを考えると満点です。

面白いぐらいに毛玉がとれます。取れにくいし面倒で見て見ぬ振りをしていた息子の靴下もあっという間にキレイに!買って大正解!手でチマチマや毛玉ブラシとは雲泥の差!似たような安いのは直ぐに壊れたし!流石ティファール!

カーディガンの毛玉を取りたくて購入しました。
薄手のニットは風合いガード低でいいと書いてありましたが、ガード付きだと全く取れなかったので、ガードなしでなら取れました。
ガードなしだと少し服がダメージ受けるので新品のよう!!っということにはなりません。普段着ならまだ着れるかな?という具合にはなりました。

ティファールの毛玉クリーナー悪い口コミ・評判

ティファールの毛玉クリーナーを購入して悪かった点は共通しています。それは乾電池の設定部分の蓋がスライド式になっていて、その開閉のしずらさを口コミなどで挙げられています。また、ダストボックスの取り外しに力が要るという声もあります。

先ず電池のふたのスライドに一苦労、それより何よりダストボックスが取れにくくて、結局は主人に取ってもらう羽目に。女の手では扱いにくい。奥に詰まった毛玉も付属のブラシでは届きません。毛玉の取れ具合はまあまあだとしても、物凄く扱いにくい代物です。

手元にある電池ケースの蓋が緩く、 on-off のスイッチの操作時外れてしまう。なので、操作性がわるい。あとは、毛玉そのものは、割りと綺麗にとれて重宝しています。

ティファールの毛玉クリーナーのメリット・デメリットは?

ティファールの毛玉クリーナーのメリット

ティファールの毛玉クリーナーのメリットは、快適な作業が約束されるという点です。作業中での持ちやすさや扱いやすさ、手が疲れないといったことが評価されています。色々と市販されている毛玉クリーナーの中には持ち手があるものとないものがあり、ティファールの毛玉クリーナーの場合は、長めでカーブのついた持ち手が、ちょうど手のカーブとも相性が良く、扱いやすさを自然と生んでいるようです。

ティファールの毛玉クリーナーのデメリット

ティファールの毛玉クリーナーのデメリットを考えた時に目立つのは、刃が回る際に出る音だといいます。騒音というほどではないが、静音タイプの毛玉クリーナとまではいかない点です。また、コンセント式として使用することができず、単3電池2本が必要となるのをデメリットに感じる方もいます。もちろん電池は常に別売りなので、電池切れのことをいちいち気にしながら使うことになります。

ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)
ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)

毛玉クリーナーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、毛玉クリーナーのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ティファールの毛玉クリーナーで冬服のお手入を

いかがでしたでしょうか?ティファールの毛玉クリーナーは、ハンディタイプで使い勝手の良い商品だということがお分かりになったと思います。手に馴染みやすいスタイルが魅力で、3枚刃のパワーがすっきりと衣類の毛玉を取ってくれます。ほぼオールラウンドに様々な衣類に対応できますので、ご興味ある方は是非ご検討してみてください。

この記事の商品一覧

ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)

ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)

¥1,440 税込

ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)

ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)

¥1,440 税込

ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ターコイズ)

ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ターコイズ)

¥1,440 税込

ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)

ティファール(T-FAL) 毛玉取り器 乾電池式(ボルドー)

¥1,440 税込

おすすめキーワード