ニトリの電気毛布おすすめ3選!電気代が断然安い&キャンプや車中泊でも大活躍

布団や体を暖めるのに便利なのが電気毛布です。電気毛布は、1日8時間使用しても、一カ月200円程度の電気代しかかからないといわれるほど、電気毛布はコスパがいい暖房器具です。しかし、電気毛布はいろいろなメーカーから販売されているのでどれが良いか迷ってしまいますよね。口コミなどで評判なのがニトリの電気毛布です。ニトリの電気毛布は一般的な電気毛布より断然電気代が安いのが特徴的で、日常はもちろん、キャンプなどでのアウトドアのシーンでも活用することができます。そこで、今回はニトリのおすすめの電気毛布を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

ニトリの電気毛布はコスパ最強!

電気代が一般の電気毛布より断然やすいのでお得

いざ電気毛布を買おうと思っても、低価格のものは幅が80㎝台のことが多く、2人以上で使うには小さいですよね。しかしそれ以上の大きさのものを選ぶとおのずと価格も高くなりますし、掛かる電気代も気になります。しかしニトリであれば大きめサイズでも低価格から揃っている上に、電気代も安いと評判です。冬はヘビロテすることが多い電気毛布。まずはニトリでチェックしてみましょう。ニトリであれば、家族一人一枚電気毛布を揃えても家計を圧迫しすぎず安心です。

ニトリの電気毛布の電気代は?

電気毛布を使うと気になるのは、その電気代です。温かく過ごせるのは良いけれど、電気代がかさばると家計にも辛いですよね。ニトリの電気毛布に掛かる電気代は「弱」モードにした場合、1時間あたり0.4円と安いので、心置きなく使うことができます。「強」にしても1時間当たり0.8円とかなりお得なのは嬉しいですね。

ニトリの電気毛布の特徴は?

掛け敷き兼用タイプ


ニトリの電気毛布の中には、掛け敷き兼用タイプの商品があります。敷き毛布として使えるだけでなく、お腹の冷えなどが気になる時には掛け毛布としても使えるので便利ですよ。たとえば子どもが昼寝をしている時に、乾燥が気になるのでエアコンをつけっぱなしにはしたくないけれど、体の冷えが気になるという場合にも活躍してくれることでしょう。オールマイティに使える電気毛布を探しているのであればニトリの商品がおすすめです。

熱すぎずほどよい温かさで安心

自宅でホットカーペットを使っているご家庭もあるでしょう。ホットカーペットは温かいですが、ものによっては上にカバーを掛けないと熱すぎて低温火傷をする可能性もあります。電気毛布が熱すぎると、ペットや子どもが知らぬ間に低温火傷をするのではと不安になることもあります。しかしニトリの電気毛布は無段階に温度調節が可能で、心地の良い温度で快適に過ごせます。ニトリの電気毛布であれば、熱すぎる電気毛布は心配という方でも安心して使えますよ。

機能性に優れた電気毛布


ニトリの電気毛布には、商品によって抗菌防臭加工が施されていたり、汗や湿気を吸収すると発熱する素材が使われていたりなど、プラスアルファの機能性に富んだ商品が揃っています。ダニ退治機能などが付いた電気毛布もあるので、商品の機能性についてチェックしながらニーズに合ったものを選んでみましょう。ネット限定商品などもあるので、まずは公式サイトを覗いてみましょう。汚れたら自宅で手洗いもできるので、衛生面でも安心です。

ニトリの電気毛布のおすすめ3選

電気敷き毛布(Nウォームo-i NT-401)


汗や湿気を吸収すると発熱する吸湿発熱効果のある電気敷き毛布です。コントローラーを外せば手洗い可能なので、ペットや子どもがいる家庭でも汚れを気にせず使えるので便利です。温度を「弱」にした場合、電気代1時間あたり約0.4円とコスパ最強です。

電気敷き毛布(NW モイストo-iMO 501)


吸湿発熱以外に保湿性の高い生地を採用しているので、保湿効果も抜群です。冬の乾燥が気になる方にぴったりの電気敷き毛布となっています。ダニ退治機能も付いているので、ダニが気になる方にもおすすめの商品です。

電気掛け敷き毛布(Nウォーム o-i 752)


下に敷いて上でごろりと横になるだけなく、肌寒い時に上からかける掛け毛布としても使える電気毛布は使い勝手も抜群です。部屋でくつろいでいる時や就寝時に一枚あると便利ですね。吸湿発熱はもちろん、ダニ退治機能も付いています。

ニトリの電気毛布はキャンプでも使えるの?

キャンプ、車中泊におすすめの電気毛布

ニトリの電気毛布は省エネタイプとなっており、その消費電力は消費電力は約13~27Wとなっています。キャンプや車中泊の場合、モバイルバッテリーやキャンプ場の電源を使いますが、この時、消費電力が大きい電化製品は使えないこともあります。しかしニトリの電気毛布であれば、省エネタイプなので使える電力に制限がある場合でも安心して使えます。キャンプでも使えるので、キャンプセットとして常備しても良いですね。

ニトリの電気毛布の洗い方は?

ニトリの電気毛布は手洗いできる

電気毛布と聞くと、洗えないと思われる方も多いかもしれませんが、ニトリの電気毛布は自宅で手洗いできます。洗う時は、付属のコントローラーを外して洗うようにしましょう。洗濯機で洗う場合は、接続部分が一番内側になるようにたたんでネットに入れ「毛布コース」「ソフト洗い」などの弱水流メニューで洗います。洗った後は、必ずコードの接続部分がしっかり乾燥したのを確認してから、コードを接続するようにしましょう。

ニトリの電気毛布の口コミ・評判は?

ニトリの電気毛布の良い口コミ・評判は?

ここでニトリの電気毛布の良い口コミや評判についてご紹介します。「ほどよい暖かさで、重宝してます。」熱すぎずほどよい温度を保つことができるので、気持ちよく使えるようです。「肌触りが最高です。 ベッドに入ると幸せ感じます。」ニトリの電気毛布は肌触りも重視しているで、触り心地が柔らかいのも特徴の一つです。

ニトリの電気毛布の悪い口コミ・評判は?

今度はニトリの電気毛布の悪い口コミや評判についても確認してみましょう。「とても薄くてサイズも小さくて 残念でした。 寝てる時ズレます。」購入時にサイズをよく確認するようにしたいですね。毛布の下にある素材によっては、使っているうちに滑ってずれることもあるようです。

電気毛布の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、電気毛布のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ニトリの電気毛布で冬をもっと暖かく

今回は、ニトリの電気敷き毛布についてご紹介しましたが、いかがでしたか。ニトリには敷き毛布として使うものや、掛け敷き両方に使える毛布などが揃っています。ニトリの電気敷き毛布は、防臭抗菌や吸湿発熱といった機能性に富んでいるだけでなく、省エネ効果も期待できるのが特徴です。ニトリの電気敷き毛布で、寒い冬も暖かく快適に過ごしてみましょう。

この記事の商品一覧

電気敷き毛布(Nウォームo-i NT-401)

電気敷き毛布(Nウォームo-i NT-401)

¥3,990 税込

電気敷き毛布(NW モイストo-iMO 501)

電気敷き毛布(NW モイストo-iMO 501)

¥5,990 税込

電気掛け敷き毛布(Nウォーム o-i 752)

電気掛け敷き毛布(Nウォーム o-i 752)

¥4,099 税込

おすすめの記事

【ニトリがコスパ最強】おしゃれなキャンドルスタンドのおすすめ16選!木製や北欧風・アイアン素材など
部屋をおしゃれに見せたり、リラックスタイムに活躍したりするキャンドルスタンド。色々なメーカーから販売されていますよね。だからこそ、どうやって選んだらいいのか、どんな商品があるのか知りたいという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、キャ...
103view
【ニトリ・IKEA】ムートンラグのおすすめ人気ランキング10選!天然・フェイク素材や洗えてお手入れ簡単なものまで
年間通じて、快適なままお部屋を保つのに役立つのがムートンラグです。冬は暖かく夏は涼しくさせることが可能な、均一な温度を保てる不思議で便利なラグマットです。今回はおすすめなムートンラグの特集です。ぜひ参考にしてみてください。 ムートンラ...
32view
【ニトリ・カインズ・イオン】ユニット畳のおすすめ人気ランキング10選!フローリングにも敷けて和モダンに
普段はフローリングなどの洋間でありながら、ライフスタイルに合わせて手軽に畳に置き替えたいときにはユニット畳がおすすめdす。セパレート式で持ち運べて、い草やポリプロピレンなど丈夫な素材を使用しています。今回はユニット畳の特集です。ぜひ参考にし...
403view
【ニトリ・無印】洗顔ネットのおすすめ人気ランキング10選!使い方や代用品なども紹介
摩擦は肌の負担となります。洗顔でおすすめされているのは洗顔料をしっかり泡立て、それで顔を洗うことです。しかし、濃密な泡を立てるのは面倒ですよね。そこでおすすめなのが洗顔ネットです。洗顔ネットを使うことで濃密で弾力のある泡が簡単にできます。今...
126view
【無印・ニトリ・100均】マグネットフックのおすすめ人気ランキング10選!強力&おしゃれでキッチンや玄関で使える
マグネットフックとは背面がマグネットになっているフックのことです。磁石がくっつく場所ならどこでも取り付けられるので、気軽に収納スペースを増やせます。各メーカーからさまざまなタイプが出ているので、どれを購入するか迷う人多いのではないでしょうか...
196view