2021年09月27日更新

【キャノンデール・スペシャライズド】グラベルロードのおすすめ人気ランキング10選!クロモリ製のものや後悔しない選び方なども

英語のgravel = 砂利道の意味を持つグラベルロードは、世界的に人気の高いロードバイク。オンロードはもちろん、オフロードを走破できるように設計されているため、特徴的な太いタイヤを装着し重い荷物を積載して、ロングライドを楽しめます。そこで今回は、世界的に注目度の高いグラベルロードのおすすめ商品をピックアップしました。また、これからグラベルロードの購入を検討している方に向けて、人気ブランドや選び方のポイントなどもまとめています。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

グラベルロードとは?


毎年のように新作モデルが登場するグラベルロードは、近年大流行しているドロップハンドルのスポーツバイク。オンロードだけでなく、ダートなどのオフロードや砂利道を走ることを想定して開発された自転車です。そのため、一般的なロードバイクよりも大きなタイヤや安定した制動力を発揮するディスクブレーキを装着しています。砂利道などのオフロード専用に間違われがちですが、守備範囲は広く「オフロードも走れるバイク」とい位置づけなので、通勤・通学はもちろんツーリングにも使えます。そのため、グラベルに関心のない人の間でも人気急上昇中です。1台のバイクで様々な使い方ができるので、マイペースに自転車ライフを楽しみたい方におすすめです。

グラベルロードのメリットとデメリットは?

グラベルロードのメリットとは?

ロードバイクよりもハンドルの幅が広く作られていることから、長時間乗っていても疲れにくいというメリットがあります。ハンドルの幅が広いと、舗装していないガタガタ道でもハンドルのブレを抑えることができ、安定して走行することが可能です。ロードバイクでは、肩幅に合わせてハンドル幅を設定しますが、グラベルロードはもともと砂利道を走行することが想定されているので、ハンドルの幅を広くすることでハンドル操作の安定を保っています。グラベルロードは太めのタイヤを装着しているので、どんな道でも安定し、悪路でハンドルを取られてバランスを崩すことがほとんどありません。また、すべてのグラベルロードにディスクブレーキが標準搭載されているので、水たまりやぬかるんだ道でもブレーキングに影響しないということもメリットの一つです。

グラベルロードのデメリットとは?

太めのタイヤを装着しているので砂利道などのオフロードでは安定して走行することが可能です。ただし、舗装された道路ではロードバイクに比べスピード感が落ちてしまいます。太いタイヤだと路面とタイヤの抵抗が大きくなりスピードダウンしてしまうので、スピードを出して爽快感を楽しみたいと思っている方にとってはデメリットに感じてしまうはずです。レース用でスピードを追及しているロードバイクは、車体の軽量化を極限まで追求していますが、林道などのオフロードを走ることを想定しているグラベルロードは、軽量化よりも剛性を重視して設計されています。そのため、ロードバイクに乗り慣れた方がグラベルロードに乗ると車体を重く感じてしまうでしょう。標準装備のディスクブレーキ自体がロードバイクに装着しているブレーキよりも重いため、総重量が重くなってしまうのは仕方がありません。車体の重さをデメリットと感じることもありますが、ロードバイクとグラベルロードでは走る目的が異なるので、あまり気にしない方がよいでしょう。

グラベルロードは通勤にも使える?


ロードバイクのロングライドモデルとフレームの設計が似ているグラベルは、毎日のハードな自転車通勤にも最適です。アップライトなハンドルは、上体を起こしてリラックスしたポジションで乗れるため、初心者でも乗りやすいという特徴があります。安定性の高い太いタイヤで乗り心地もよく、悪路だけでなく路面ギャップや段差などにも対応可能。ブレーキもMTBと同じディスクブレーキを採用しているため、路面が滑りやすい雨の日も安心です。グラベルロードの持つ様々な性能は、毎日自転車通勤するライダーの心強い味方になってくれます。

グラベルロードの後悔しない選び方とは?

太いタイヤを選ぶ


砂利道やダートなどのオフロードを走るなら、太いタイヤがしっかり使えることを確認することが大切です。装着しているタイヤのサイズでオフロードよりのグラベルロードか、ロードバイクよりのグラベルロードかを分けることが可能です。簡単に分けるなら、40cm前後のタイヤならオフロード、30cm以下ならロード寄りのグラベルロードということになります。ホイールとタイヤの互換性に関しては、30cm~40cmまでなら700cmであれば互換性があるので、購入後に自分の好みに合わせてはめかえることが可能です。

油圧式のディスクブレーキ搭載タイプを選ぶ


グラベルロードのブレーキは基本的にディスクブレーキを装着しているので、どのような状況・天候でも制動力を維持できます。ブレーキには油圧式とワイヤー式があり、モデルやグレードによって異なります。価格は高くなりますが、軽く握るだけで高い制動力を発揮してくれ、ブレーキ疲れの心配のなり油圧式がおすすめです。予算が許すなら、油圧式のグラベルロードを選んで、安全性を確保しましょう。

搭載性能の高さ


一般的なロードバイクとの大きな違いの一つが実用性。走ることを極めているロードバイクとは異なり、アドベンチャーを楽しむために設計されたグラベルは、アドベンチャーを楽しむために必要なアイテムを運ぶ「搭載性能」がしっかり設計されているところが特徴的です。街乗りだけでなく、週末キャンプに気軽に出かけられるところもグラベルが多くの人に支持される理由といえるでしょう。遠出する時、ダボ穴を使用してリアキャリアを装着したら搭載力も格段に上がるため、簡易テントやバーナーなどキャンプセットを積んで出かけられるのもグラベルの魅力。自分しかいない、大自然の中で「お湯を沸かしてコーヒーを飲む」なんてことも気軽に楽しめます。

グラベルロードのおすすめブランド・メーカーは?

クロモリのグラベルロード


クロムモリブリデン鋼の略称がクロモリ。そのクロモリという素材のフレームを採用したモデルがクロモリ製のグラベルロードです。クロモリは、軽量かつ頑丈な合金で衝撃を吸収する粘り強さを持っているのが特徴です。扱いやすいことから初心者におすすめ。クロモリ製のグラベルロードを選んでおけば、必ず高性能なモデルを選べる点も時点y佐野知識の少ない初心者にとってはメリットといえるでしょう。

キャノンデールのグラベルロード

CANNONDALE トップストーンカーボン

1971年に自転車メーカーとして創業したキャノンデールは、現在はスポーツブランドの一つです。リアサスペンション搭載のマウンテンバイクを初めて量産したキャノ高品質・高性能なアルミの開発・製造を行ってきたメーカーとして知られ、革新的な片持ちフォーク「LEFTY」も開発しています。プロロードチームへの供給が目立ちますが、先進的なオフロードモデルも人気です。キャノンデールの数あるモデルの中でも、「Topstone 4」がグラベルライドに最適なモデルといわれています。装着しているタイヤはエアボリュームもあるため、通勤や通学でも快適に走行でき、マルチな使い方も可能です。

スペシャライズドのグラベルロード

スペシャライズド ディバージュ エリート

1974年にアメリカ・カリフォルニアで創業したSPECIALIZED(スペシャライズド)。「革新を、さもなくば死を(Innovate or Die)」をスローガンに掲げ世界で初めて量産型マウンテンバイクを開発した自転車メーカーです。カラーバリエーションはもちろん、グラベルの種類も豊富で、用途や目的に合わせて幅広い価格帯の中から沖に利の一台を選べるところが魅力。

グラベルロードのおすすめ人気ランキング10選

ここからはグラベルロードのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのグラベルロードを見つけてみてくださいね!

第10位:JAMIS(ジェイミス) RENEGADE A1(レネゲードA1)

JAMIS(ジェイミス) RENEGADE A1(レネゲードA1)

強度の高い6061アルミニウムをフレーム素材に採用していることから、平坦な道も傾斜のある道も軽快に走行できます。ホイールベースが長く、安全性が備わっているのが最大の魅力です。フロントフォークの他にダウンチューブの裏側にもボトル台座が装着され積載性能が高いため、多くの荷物を積載できます。シフトレバーには、16段階に変速可能なST-R2000を採用し、オフロード・オンロード共に快適に走行できるので、エントリーモデルとしておすすめ。

第9位:ビアンキ(Bianchi) IMPULSO ALLROAD


つなぎ目がなく、美しいフォルムを楽しむことができるビアンキのIMPULSO ALLROAD。ハイドロフォーミング法で成形されたアルミニウム製のモデルをフレームに採用していることから、軽量性に優れ素早く加速できるところが魅力です。スルーアスクル方式で前後のホイールを固定しているので、急ブレーキなどの強い力が加わってもずれにくいという特徴があります。また、キャリアの取り付けにも対応しているなど、搭載性能にも優れています。

第8位:CANOVER カノーバー CAR-014-DC NERO マットブラック

CANOVER カノーバー CAR-014-DC NERO マットブラック

シマノの21段変速機能を搭載していることから、砂利道などの悪路だけでなく風の強い日などの状況に合わせて自在にスピード調整できるところが魅力。また、前輪にメカニカルディスクブレーキを搭載しているため、道路の滑りやすい雨の日でも高い制動力を発揮してくれます。ドロップハンドルやロングライドでも疲れないオリジナルサドルを採用しているので、本格的なツーリングにもチャレンジできる1台です。カノーヴァのグラベルロードは、心置きなくオフロードを攻めて走りたい方におすすめ。

第7位:コヨーテグラベルプロ18spロードグラベルアドベンチャーバイク

コヨーテグラベルプロ18spロードグラベルアドベンチャーバイク

高いクオリティのグラベルロードを長く愛用したいという方におすすめのモデルです。軽量なアルミフレームが採用されているため、初心者でもバランスがとりやすく、オフロード・オンドーロともに無駄なストレスがかからずスムーズに走行できます。ディスクブレーキを装着しているので、様々な状況の道路でも瞬時に制動力を発揮するので安心してライド可能。ソロキャンプなどの移動はもちろん、毎日の通勤・通学にも活躍してくれます。

第6位:シクロクロス グラベルロードバイク KYUZO KZ-108

シクロクロス グラベルロードバイク KYUZO KZ-108

高品質で知られるシマノから発売されているグラベルロードは、ドロップハンドルを採用しているため、リラックスした乗り心地を得られます。ロングライドでも上半身が疲れにくいので、エントリーモデルとしておすすめ。キャリパーブレーキを搭載していることから、スピードコントロールしやすく、初心者でも安心して乗りこなすことが可能です。坂道の上り下りが楽な7段変速が付いているところも魅力。

第5位:FUJI JARI 1.7 – フジ グラベルロードバイク ジャリ

フジ 2022年モデル JARI 1.7 (ジャリ1.7) FUJI

素材にアルミを採用し、低重心で高速域でもスピードを感じさせないFUJIのジャリ1.7。チェーンステーが左右非対称で長めになっていることから、安定感にも定評があります。ドロップハンドルの角度を最適化しているため、ダートでもハンドルのコントロールをしやすくなっているので、初心者でも安心してライド可能です。5カ所にダボ穴を配置しているため、搭載性能が高く様々なバッグを使用できるところも魅力。Tektroのメカニカルディスクブレーキを装着し、比較的安い価格設定になっているので、コスパの良いグラベルロードといえるでしょう。

第4位:GT GRADE ALLOY ELITE – ジーティー グラベルロード

GT GRADE ALLOY ELITE - ジーティー グラベルロード

極太タイヤは37C。マウンテンバイク並みの走破性を持ち、坂に最適かされたギアを搭載しているので、砂利道や段差の多い場所でも安心してライド可能なオフロードよりのエントリーグラベルロードです。GT「グレード アロイ エリート」は、オフロードよりのエントリーグラベルロードバイクです。日々の通勤よりも、週末などのキャンプやロングライド向きといえるでしょう。

第3位:GIOS NATURE GRX 600 ジオス グラベルロード ナチューレ

GIOS NATURE GRX 600 ジオス グラベルロード ナチューレ

細身でクラシックなデザインが美しいジオスのナチューレGRX。高品質で有名なシマノの製油圧式ディスクブレーキを搭載し、安定感のある走行に定評があります。攻守のバランスに優れたグラベルロードは、軽量なボディでオンロードでの走行も軽く、オフロードでのツーリングにも対応可能です。初心者や毎日の通勤で利用したい方におすすめ。

第2位:Jamis RENEGADE A1 – ジェイミス レネゲイド グラベルロード

Jamis RENEGADE A1 - ジェイミス レネゲイド グラベルロード

マウンテンバイク・ロードバイク・シクロクロスのいいとこどりをしたジェイミスのレネゲイドは、オフロードも走破できるアルミグラベルロード。アップフライトポジションで、低重心ながらロングライドでも疲れにくいところが魅力です。高スペックながら安い価格帯なところも初心者におすすめです。

第1位:LOUIS GARNEAU MULTIWAY 700 – ルイガノ マルチウェイ グラベルロード

ルイガノ マルチウェイ700 LG MATTE GRAPHITE ロードバイク LOUIS GARNEAU MULTIWAY700

通勤・通学におすすめのグラベルロードが、ルイガノのマルチウェイ700。軽量アルミフェンダーから点灯式のLEDヘッドライトまで標準装備したスタイリッシュなグラベルロードです。路面が滑りやすい雨の日でも制動力の高いディスクブレーキを搭載しているので安心して走行できます。35Cのスモールブロックタイヤには、耐パンク機能が追加されたので、オンロードはもちろんオフロードも走破可能。高性能かつスタイリッシュなルイガノのグラベルロードはコスパ抜群です。

グラベルロードの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、グラベルロードのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

グラベルロードでアウトドアをもっと楽しく

いかがでしたか。レースやスポーツが目的のロードバイクとは異なる魅力があるグラベルは、メーカーごとに違いがありバイクとしての面白さを追求できます。自転車でキャンプに出掛けたい、林道などのオフロードを走りたい、通勤に利用したいなど、様々なシーンで活躍してくれます。ただ、モデルにより搭載パーツや性能が異なるため、予算やニーズに応じてバイクを選ぶのがおすすめです。ぜひ、お気に入りのバイクを見つけてください。

この記事の商品一覧

Raleigh/CR-DC Carlton-DC
Raleigh/CR-DC Carlton-DC
CANNONDALE トップストーンカーボン
CANNONDALE トップストーンカーボン
スペシャライズド ディバージュ エリート
スペシャライズド ディバージュ エリート
JAMIS(ジェイミス) RENEGADE A1(レネゲードA1)
JAMIS(ジェイミス) RENEGADE A1(レネゲードA1)
ビアンキ(Bianchi) IMPULSO ALLROAD
ビアンキ(Bianchi) IMPULSO ALLROAD
CANOVER カノーバー CAR-014-DC NERO マットブラック
CANOVER カノーバー CAR-014-DC NERO マットブラック
コヨーテグラベルプロ18spロードグラベルアドベンチャーバイク
コヨーテグラベルプロ18spロードグラベルアドベンチャーバイク
シクロクロス グラベルロードバイク KYUZO KZ-108
シクロクロス グラベルロードバイク KYUZO KZ-108
フジ 2022年モデル JARI 1.7 (ジャリ1.7) FUJI
フジ 2022年モデル JARI 1.7 (ジャリ1.7) FUJI
GT GRADE ALLOY ELITE - ジーティー グラベルロード
GT GRADE ALLOY ELITE - ジーティー グラベルロード
GIOS NATURE GRX 600  ジオス グラベルロード ナチューレ
GIOS NATURE GRX 600 ジオス グラベルロード ナチューレ
Jamis RENEGADE A1 - ジェイミス レネゲイド グラベルロード
Jamis RENEGADE A1 - ジェイミス レネゲイド グラベルロード
ルイガノ マルチウェイ700 LG MATTE GRAPHITE ロードバイク LOUIS GARNEAU MULTIWAY700
ルイガノ マルチウェイ700 LG MATTE GRAPHITE ロードバイク LOUIS GARNEAU MULTIWAY700
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連キーワード

おすすめ記事

【ワークマン・サーモス・コールマン】保冷リュックのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれなものやアウトドアなど
アウトドアや普段の買い物などのシーンで食材や飲み物を冷えた状態で持ち歩きたい場合には保冷バッグなどがおすすめですが、背負うことができる保冷リュックは両手が使えるので荷物が多い場合やお子様と手を繋ぎたい...
ファッション
【100均・ダイソー・セリア】ホットケーキ型のおすすめ人気ランキング10選!メリットや代用品なども
ホットケーキをきれいな形で焼いてみたり、シンプルな丸い形状以外のものを焼いてみたいと考えたことはありませんか。ホットケーキ型を使用することでバラエティに富んだホットケーキを楽しむことができますよ。メー...
調理器具
【ダイソー・セリア・カインズ】シュレッダーはさみのおすすめ人気ランキング10選!ニトリや無印も
シュレッダーはさみは、使い勝手が良くておすすめです。シュレッダーはさみは、通常のシュレッターよりも大幅にコンパクトで場所を取らないからです。とはいっても数多くあるシュレッダーはさみから選ぶのは大変です...
インテリア・家具
【ダイソー・無印・ニトリ】使い捨てサニタリーボックスのおすすめ人気ランキング10選!100均で買える?
使い捨てサニタリーボックスは、いつでも清潔に保つことができておすすめです。使い捨てサニタリーボックスは、1回だけ使うタイプだからです。とはいっても数多くある使い捨てサニタリーボックスから選ぶのは大変で...
日用品・生活雑貨
【100均ダイソー】ラゲッジタグのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれかわいいものなども
ラゲッジタグは、旅行や出張などで空港を利用するときに便利なおすすめアイテムです。ラゲッジタグは、たくさんある荷物の中で目印になり、取り違えや紛失のときに便利だからです。とはいっても数多くあるラゲッジタ...
生活雑貨・日用品
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング