2021年10月08日更新

【モンベル・ダイソー】スタッフバッグのおすすめ人気ランキング10選!防水性が高く、普段使いできるものなど

様々なアウトドアブランドからリリースされているスタッフバッグ。登山やキャンプに出掛ける際に大切なパッキングに欠かせないギアの1つです。耐久性、軽量性、防水性などの機能性に優れたアイテムなだけに、いざ購入しようとすると迷ってしまいます。今回は、スタッフバッグの選び方や使い方のコツと一緒に、スタッフバッグのおすすめランキングもご紹介します。この機会に、お気に入りのスタッフバッグを見つけてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

スタッフバッグとは?


登山やキャンプに出掛ける時は、様々なアイテムが必要になります。細々とした調理器具にスマホやカメラなどの貴重品や着替えなど、登山用のザックに必要な荷物を詰めようとすると、荷物がバラバラになってしまい、取り出すにも一苦労なんてことになりかねません。そんな時に役立つのが、必要なアイテムを小分けにして収納できるスタッフバッグです。耐久性と防水性に優れたスタッフバッグは、荷物の量に合わせてサイズ展開し、暗いテントの中や森の中でも目立ちやすいように、鮮やかなカラーアイテムが多いのが特徴的です。登山などのアウトドアシーンだけでなく、通常の旅行でも活躍してくれる便利なアイテムなので、一つ持っているとかなり重宝しますよ。

スタッフバッグの魅力とは?

大きなリュックやバッグの中は、荷物でグチャグチャになりがちですが、スタッフバッグを用意することで、荷物を細かく分類することができ、急いでいる時でも目的のものを素早く取り出せることができます。また、天候の変わりやすい森の中で、急な雷雨に遭遇した時も、スタッフバッグを用意していることで、着替えだけでなくカメラやスマホなどのデジタル機器を水から守ることが可能です。いざという時に、大事な荷物を水漏れから守れるところが最大の魅力です。

スタッフバッグの使い方は?

荷物を細かく仕分けることが可能なスタッフバッグは、アウトドアシーンでの荷物をパッキングする際に役立つアイテムです。登山などに出掛ける際は、大きなリュックなどで移動することが多いので、スタッフバックに必要なものを小分けしておくと中身がバラバラにならず、スッキリと持ち運べます。きれいに小分けしていると、必要な荷物をサッと取り出せるというメリットがあります。アウトドアシーンで使用される機会が多いため、防水性の高いものや小分け部分がクリアになって中身が見やすいものなど、機能性の高さが人気のポイントです。

スタッフバッグの選び方

素材で選ぶ


スタッフバッグには、様々な素材が採用されているため、用途に合わせて素材をチェックするようにしましょう。最も使われる素材は、破れにくく軽量なナイロン。軽くて破れにくいだけでなく、耐久性にも優れているので、登山やキャンプで頻繁にスタッフバッグを利用する人に最適です。防水性や耐久性を重視するなら、ポリエステルがおすすめ。水を吸収しにくいあうぃあいつを持っているため、濡れても重くならないところがポイントです。釣りやリバーアクティビティなどのアウトドア向けです。さらに、防水透湿素材を選ぶならゴアテックスがおすすめ。水分を通さずに水蒸気や空気を通すため、着替え用の衣類の蒸れを防ぎ、通気性を良くしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

サイズ・カラーで選ぶ


たくさん入るからといって、大きいサイズを選んでしまうとうまくパッキングできないことがあるスタッフバッグ。荷物を小分けできるように、1~7Lのサイズを荷物の量に合わせて選ぶとスタッフバッグを効果的に使うことができます。通常は、5L・10Lなどの容量で表記されますが、メーカーによっては1サイズしか用意していない場合やS・M・Lなどのサイズ表記になっているタイプもあるようです。また、暗いテントの中や森の中で使用する機会が多いので、なるべく明るい色のスタッフバッグを選びようにしましょう。明るい色を選ぶことで、紛失防止にも役立ちますし、中身で色分けしたい時にも便利です。

バッグの種類・防水機能の有無で選ぶ


ほとんどのスタッフバッグの形状は、巾着袋のように開口部のひもを開け閉めするタイプ。メッシュ素材のものや防水機能の高い素材のものがあり、ホコリ・砂・水から大切な荷物を保護してくれます。また、防水機能重視で選びたい方は、スタッフバッグに防水性能を搭載したドライバッグがおすすめです。開口部は、袋の上をクルクルと巻いて閉じるロールトップ型になっているのがドライバッグの特徴。開口部をロールトップにすることで、水の侵入を防げるほか、生地の表面に防水加工が施されているので、アウトドアシーンや大切な荷物の収納に役立ちます。

スタッフバッグのおすすめブランド・メーカーは?

モンベルのスタッフバッグ

モンベル(mont-bell) コンプレッションスタッフバッグ
モンベル(mont-bell) コンプレッションスタッフバッグ

モンベルは、登山用品などのアウトドア用品を数多く取り揃えている大手メーカーの1つです。独自の高耐水圧ポリウレタン樹脂防水コーティングを施しているので、耐水性の高さに定評があります。約20Lのスタッフバッグでわずか53gという軽さが魅力。釣りやリバーアクティビティなど水辺で利用する場合は、縫い目にシームテープ処理を施しているタイプがおすすめです。

ダイソーのスタッフバッグ


効果的にパッキングしたい時、欠かせないアイテムがスタッフバッグ。アイテム別に仕分けしようとすると、何枚も揃えなければならず、出費がかさんでしまいます。とことが、ダイソーなら安い・可愛い・高機能の3拍子揃ったドライバッグを購入することが可能です。ダイソーが販売しているレジャー用のスタッフバッグは3Lと15Lの2種類。小さいサイズには、財布やスマホなどの貴重品、15Lの方はTシャツ・ジーンズ・バスタオルなどの着替え類を入れるのに最適です。素材は塩化ビニル樹脂とポリエステルでしっかりした作りになっていて、年齢問わず利用できる色合いが特徴です。

ノースフェイスのスタッフバッグ


高機能を追求し、テクノロジーの限界に挑戦し続けているアウトドアブランド「THE NORTH FACE」。おしゃれで高機能なアイテムが多数リリースされています。そんな「THE NORTH FACE」からリリースされているスタッフバッグは、素材にパーティックスナイロンを採用し、軽量で耐久性に優れているところが人気。サイズやカラーバリエーションが豊富なところが魅力です。マチのあるスタッフバッグは、2L・3L・5L・7Lの4種類、カラーは、ブラック・ホワイト×ブラック・ホワイト×ブルー・TNFレッド・アズティックブルー・TNFイエローの6種類用意されています。荷物に合わせてサイズを選べるので、カラーやサイズ違いで複数用意するのがおすすめです。

スタッフバッグのおすすめ人気ランキング10選

ここからはスタッフバッグのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのスタッフバッグを見つけてみてくださいね!

第10位:praise (プレイズ)スタッフバック


軽くて薄い「40Dナイロン」を採用しているスタッフバッグは、5L・10Lさらに15Lの3サイズ揃っているため、ストレスなく荷物を運ぶことが可能です。高い耐久性と撥水性を備えているので、キャンプや登山の際に急な雨に降られても、しっかり対応できます。3サイズあるので、様々なシーンで荷物を収納することが可能です。

第9位:SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ウルトラSIL ドライサック 8L

SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ウルトラSIL ドライサック 8L
SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ウルトラSIL ドライサック 8L

色鮮やかなグリーン・オレンジ・パープル・ブルーの4色展開のスタッフバッグは、わずか30gという軽さも魅力。縫い目をテープデ補強していることから、多少ラフに扱っても破れにくいところがポイントです。引き裂き強度が高く、撥水性を備えている「コーデュラナイロン」を採用していることから、水滴を弾いてくれます。軽量性・撥水性・耐久性のバランスが取れたスタッフバッグです。

第8位:モンベル(mont-bell) コンプレッションスタッフバッグ

モンベル(mont-bell) コンプレッションスタッフバッグ
モンベル(mont-bell) コンプレッションスタッフバッグ

シュラフや着替えなどを圧縮してコンパクトに収納できるスタッフバッグ。ブランド独自の構造を用いていることから、力の弱い女性でも簡単に圧縮できるところが魅力です。耐久性に優れた70デニール・ナイロン・リップストップを採用し、バッグの上部にある開口部が大きく開いて、荷物が取り出しやすいところが人気のポイント。

第7位:イスカ(ISUKA) ウルトラライトスタッフバッグ

イスカ(ISUKA) ウルトラライトスタッフバッグ
イスカ(ISUKA) ウルトラライトスタッフバッグ

超軽量でコンパクト収納を実現したスタッフバッグ。シリコナイズドコーデュラを採用していることから、スタッフバッグの表面は滑りがよく、ザッグからの取り出しも簡単です。見た目はシンプルですが、引き裂き強度も高く、あらゆる場面で活躍してくれます。

第6位:mont-bell(モンベル) ライトスタッフバッグ


モンベル独自の「高耐水圧ポリウレタン樹脂防水コーティング」を施していることから、アウトドアシーンでの水濡れから荷物をしっかり守ってくれます。縫い目にシームテープ処理を施しているところも人気のポイント。約20Lと大きめのサイズながら、わずか53gという軽さも魅力です。

第5位:ザノースフェイス スタッフバッグ


軽量ナイロンを使用したロール式のスタッフバッグは、防水性が高いことから、着替えの衣服だけでなく濡れたシューズなどを収納することができます。また、バックパックの防水ライナーとしても利用でき、アイディア次第で様々なシーンで活用することが可能です。

第4位:The Friendly Swede ドライバッグ


鮮やかなカラーが印象的なスタッフバッグは、6L・12Lの2つのサイズがセットになっています。付属のストラップを取り付ければ、肩から掛けてバック単体として利用することも可能です。高い耐久性と軽量性を兼ね備えたスタッフバッグには、軍用品としても使用される「コーデュラ・ウルトラライトストップ・ファブリック30D」という特殊な素材が採用されています。

第3位:ザノースフェイス パーテックススタッフバッグ

ザノースフェイス パーテックススタッフバッグ
ザノースフェイス パーテックススタッフバッグ

パーティックスナイロンを採用した軽さと高い耐久性を備えるスタッフバッグは、人気ブランド・ザ ノースフェイスのアイテムです。軽量ながら重量のあるアイテムを収納できるところもポイント。丸めて収納できるため、登山の際はザックに忍ばせて濡れた衣服を入れるのに重宝します。カラーバリエーションも豊富なので、複数枚用意してアイテムごとに色分けして使用することも可能です。

第2位:イスカ(ISUKA) スタッフバッグキット


寝袋で有名なイスカのスタッフバッグです。ナイロン生地に防水コーティングが施されていて、登山や旅行、ツーリングなどでの荷物の整理に便利です。衣類などの収納に適した大きなサイズから、小さなサイズまでが4サイズでセットになっています。

第1位:オクトス 透湿防水スタッフバッグ


3L・6L・10Lのスタッフバッグが3枚セットになっているので、荷物の大きさに合わせて使い分けられるところがポイント。連泊のキャンプや登山などでは、アイテムごとに小分けして収納したいのが本音です。そんな時、サイズ違いのスタッフバッグを用意しておけば、より快適にパッキングできます。リーズナブルな価格のスタッフバッグですが、縫い目に防水シームテープ加工が施されているので、天候を気にすることなく安心してレジャーを満喫できるでしょう。

スタッフバッグの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スタッフバッグのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

スタッフバッグでアウトドアをもっと快適に

アウトドアシーンで活躍するスタッフバッグを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。急な雨などから大切な荷物を守ってくれるだけでなく、パッキングを楽にしてくれる便利なアイテムがスタッフバッグです。様々なサイズを複数用意して、貴重品・着替え・タオルなどアイテムごとに仕分けることでスッキリ整理できます。ぜひ、この機会に沖に利のスタッフバッグを見つけて、アウトドアシーンで活用してください。

この記事の商品一覧

モンベル(mont-bell) コンプレッションスタッフバッグ

モンベル(mont-bell) コンプレッションスタッフバッグ

¥5,266 税込

ザノースフェイス スタッフバッグ

ザノースフェイス スタッフバッグ

¥9,415 税込

praise (プレイズ)スタッフバック

praise (プレイズ)スタッフバック

¥1,210 税込

SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ウルトラSIL ドライサック 8L

SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ウルトラSIL ドライサック 8L

¥1,100 税込

モンベル(mont-bell) コンプレッションスタッフバッグ

モンベル(mont-bell) コンプレッションスタッフバッグ

¥5,266 税込

イスカ(ISUKA) ウルトラライトスタッフバッグ

イスカ(ISUKA) ウルトラライトスタッフバッグ

¥1,164 税込

mont-bell(モンベル) ライトスタッフバッグ

mont-bell(モンベル) ライトスタッフバッグ

¥4,361 税込

ザノースフェイス スタッフバッグ

ザノースフェイス スタッフバッグ

¥9,415 税込

The Friendly Swede ドライバッグ

The Friendly Swede ドライバッグ

¥9,739 税込

ザノースフェイス パーテックススタッフバッグ

ザノースフェイス パーテックススタッフバッグ

¥1,078 税込

イスカ(ISUKA) スタッフバッグキット

イスカ(ISUKA) スタッフバッグキット

¥2,859 税込

オクトス 透湿防水スタッフバッグ

オクトス 透湿防水スタッフバッグ

¥880 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

盛り箸のおすすめ人気ランキング10選!使い方や菜箸との違いなども解説
料理の盛り付けに欠かせないのが盛り箸です。盛り箸はピンからキリまでその商品がありますが、どれを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は盛り箸の使い方や選び方、おすすめ商品10選などについ...
キッチン用品 26view
【ambai・南部鉄器】オムレツパンのおすすめ人気ランキング10選!使い方なども紹介
オムレツを作るときにあると便利なのがオムレツパンです。オムレツパンはどんなものを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、オムレツパンの魅力や選び方、おすすめブランドや人気商品10選など...
キッチン用品 23view
【ニューバランス・アシックス・ナイキ】ファーストシューズのおすすめ人気ランキング10選!いつから必要?
ファーストシューズは、生まれた子供が初めて履く靴のこと。ママやパパは子供が初めて履くシューズだから、記念に残るような可愛くておしゃれなシューズを選びたいですよね。よちよち歩けるようななった赤ちゃんのた...
ベビー・キッズ 50view
【ニトリ・無印・しまむら】ハーフケットのおすすめ人気ランキング10選!夏用や北欧風でおしゃれなものなど
シングルサイズの半分の大きさのハーフケット。ちょっと横になりたい時や肩や膝の防寒に便利です。今回はそのようなハーフケットのおすすめと選び方を見ていきます。ダウンタイプやガーゼタイプなど様々な種類があり...
インテリア・家具 50view
【ニトリ・100均】ソースポットのおすすめ人気ランキング10選!ガラス製やおしゃれなものなど
ソースなどを入れるポットがあれば、食事をしながら適量を自分でよそうことができて便利です。しかし何を基準にしてソースポットを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、ソースポットの魅力や選...
キッチン用品 41view