【無印・ニトリ・100均】コーヒードリッパーのおすすめ人気ランキング10選!陶器製やキャンプで使えるおしゃれなものなども

おいしいコーヒーを飲むときに欠かせないのがコーヒードリッパーです。コーヒードリッパーはなにを選んでも同じだと思われる方もいるかもしれませんが、選ぶ商品によってコーヒーの味が左右されます。そこで今回は、コーヒードリッパーの魅力や選び方、おすすめブランド、人気商品10選についてご紹介します。

コーヒードリッパーの魅力とは?


コーヒーをマシーンで淹れる方も多いと思いますが、コーヒーはハンドドリップで淹れると、コーヒーの香りや風味をたっぷりと堪能でき、いつもよりも少し贅沢な気分になれます。お湯を注いで少し蒸らし、さらにお湯を注いでコーヒーを淹れるという工程は急いでいるときにはもどかしいものの、リラックスタイムに行うと心を落ち着かせることができるのです。使いやすいコーヒードリッパーがあれば、いつものコーヒータイムがより贅沢な時間になるかもしれません。

コーヒードリッパーの選び方

穴の数とサイズで選ぶ

コーヒードリッパーを選ぶときは、その穴の数やサイズで選ぶことが大切です。穴の数が多いとその分お湯が通りやすくなり、コーヒーの味は薄くなりがちです。逆にコーヒーの穴が少ないと、ドリッパーの中にお湯がたまる時間が長くなるため、おのずとコーヒーの濃度が濃くなります。また、穴の大きさについても同じことが言え、穴が大きければ大きいほどコーヒーの濃度は薄くなり、穴が小さいとコーヒーの濃度が濃くなります。好みのテイストに合わせて、コーヒードリッパーの穴の数とサイズを意識してみましょう。

形状で選ぶ

コーヒードリッパーは台形型と円錐型の2種類が一般的です。型によってコーヒーの味わいにも差が出てきます。台形型はお湯が底に少したまってから下に流れます。時間をかけてゆっくりと落ちるので、コーヒーパウダーのエキスがしっかり抽出されます。コクのあるコーヒーを好まれるからにはこちらの台形型がおすすめです。円錐形は注いだコーヒーが穴に向かって真っすぐに落ちていくので、比較的あっさりとした味わいのコーヒーを淹れることができます。薄めのアメリカンが好みの方は、円錐状が良いでしょう。

素材で選ぶ

コーヒードリッパーには、プラスチック、陶器、ガラス製などがありますが、プラスチックは軽量で扱いやすいので初心者の方に向いています。プラスチックは経年劣化していくので、長く使えないのがデメリットです。陶器やガラスのコーヒードリッパーは耐久性に優れており、割れたりかけたりしなければ半永久的に使えます。プラスチックに比べほど良く重たいので、安定感があります。一度お湯を注げば保温効果もあるので慣れてきたら陶器やガラス製がおすすめです。

コーヒードリッパーのおすすめブランド・メーカーは?

無印のコーヒードリッパー


無印には磁器製のコーヒードリッパーがあります。「美濃焼」「瀬戸焼」の伝統が息づく一大窯業地帯である岐阜県東濃地方と愛知県瀬戸地方で作られており、機械で作った後に細部の仕上げを職人が一つ一つ手仕事で行っています。シンプルなベージュのデザインは、磁器ならではの魅力にあふれています。外寸は約直径11.5×高さ9.5cmとなっており、ペーパーフィルターがはみ出ないサイズになるよう工夫されています。

ハリオのコーヒードリッパー

HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー
HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー

100年以上続く、日本の耐熱ガラスメーカーのハリオにはガラスやセラミック製のコーヒードリッパーがそろっており、おいしくコーヒーが飲めるよう、細部にまで工夫が凝らされた商品が充実しています。丁寧に作られたコーヒードリッパーは長く愛用できることでしょう。ハリオブランドのコーヒードリッパーはプレゼントにも最適な商品です。

カルディのコーヒードリッパー


輸入食品やワインだけでなく、いろいろなコーヒーを取り揃えているカルディにも、使いやすいコーヒードリッパーがそろっています。カルディには他社のコーヒードリッパーも置いてありますが、カルディオリジナルのコーヒードリッパーも展開しています。カルディオリジナルのコーヒードリッパーは1~2杯用と2~5杯用の2種類のサイズを展開しており、素材は気軽に使えるプラスチック製です。ドリッパーというと白色が多い中、カルディのコーヒードリッパーは黒色なので、色素沈着を気にせず使うことができます。

100均のコーヒードリッパー


100均にもコーヒードリッパーがあります。セリアには針金タイプのコーヒードリッパーがありますが、こちらは中にペーパーフィルターを入れたときの安定感が悪く、慣れるまで大変かもしれません。ダイソーには台形型のプラスチック製コーヒードリッパーがあり、こちらは比較的普通に使いやすいとのことです。安いので、とりあえず何でもよいからコーヒードリッパーを常備しておきたいという方におすすめです。

コーヒードリッパーのおすすめ人気ランキング10選

ここからはコーヒードリッパーのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのコーヒードリッパーを見つけてみてくださいね!

第10位:カリタ Kalita コーヒー ドリッパー 銅製


1958年創業以来、老舗のコーヒー関連器具メーカーとして名を馳せているカリタの銅製コーヒードリッパーです。カリタのドリッパーは三つ穴が定番となっており、コーヒーパウダーの粗い味が出る前においしい部分だけを抽出することができます。銅製は熱伝導率に優れているので、熱々のコーヒーをいれることができます。また、使い込むほどに味が出てくるので、毎日のコーヒータイムがより楽しみになることでしょう。

第9位:E-PRANCE コーヒードリッパー ステンレスフィルター 蜂窩状

E-PRANCE コーヒードリッパー ステンレスフィルター 蜂窩状
E-PRANCE コーヒードリッパー ステンレスフィルター 蜂窩状

コーヒードリッパーというと、ペーパーフィルターを常備していないと使えないイメージがあるかもしれません。こちらの商品はステンレスフィルターとなっており、ペーパーフィルターがなくてもそのままおいしいコーヒーが抽出できます。内側にはステンレス316とあや織りのメッシュ加工を採用しており、ペーパーフィルターと同じように流れがスムーズかつ均一です。蜂窩状のフィルター穴のデザインは目詰まりしにくくなっています。ペーパーフィルターを買わずに済むので経済的です。

第8位:HAILIX コーヒードリッパー 折りたたみ式


キャンプなどアウトドアレジャーでおいしいコーヒーを堪能したい方におすすめの商品です。折りたたみ式なのでコンパクトに携帯できます。広げたときの本体サイズは幅10cm、高さ8cmですが、折り畳むと幅14.5cm、高さ2.5cm、奥行14.5cmになります。登山やキャンプなどできれいな景色を眺めながら自然の中で淹れるコーヒーは、またいつものコーヒーとは違った味わいに感じることでしょう。サビに強いステンレススチール製となっています。

第7位:HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー

HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー
HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー

ハリオのV型円錐状のコーヒードリッパーです。コーヒーの層が深くなるので、コーヒーパウダーに注いだお湯が円錐の頂点に向かって流れていくので、豆の旨味をしっかりと抽出できます。底には大きな一つ穴があるだけなので、お湯を注ぐスピードによってコーヒーの濃度が調節できます。サイズは幅13.7cm、奥行11.6cm、高さ10.2cmで、口径は11.6cmとなっています。1~4杯のコーヒーを抽出するのにおすすめのサイズです。

第6位:メリタ Melitta コーヒードリッパー

メリタ コーヒードリッパー アロマフィルター 1×2 2〜4杯用 AF-M
メリタ コーヒードリッパー アロマフィルター 1×2 2〜4杯用 AF-M

メリタの軽くて使いやすいAS樹脂のコーヒードリッパーです。サイズは幅13.5cm、奥行11.7cm、高さ9.4cmとなっています。コーヒードリッパーの内側に刻まれた溝が、お湯の流れをコントロールし、コーヒーを濡らしたあと、必要な杯数分のお湯を一度に注ぐだけでコーヒーが淹れられます。一度に給湯できるので、何回かに分けてお湯を注ぐ必要がなく、忙しいけれどおいしいコーヒーを淹れたいという方におすすめの商品です。

第5位:HARIO (ハリオ) V60 耐熱ガラス 透過コーヒードリッパー

HARIO (ハリオ) V60 耐熱ガラス 透過コーヒードリッパー
HARIO (ハリオ) V60 耐熱ガラス 透過コーヒードリッパー

ドリッパー部分に耐熱ガラスを採用、ホルダーにはオリーブウッドを使った、見た目もおしゃれなコーヒードリッパーです。大きな穴が一つだけあるタイプなので、給湯の速さによって味を調節できます。素早く注げばすっきりとした味わいになり、ゆっくり注ぐと深みのある味わいになります。飲む人の好みに合わせて調節してみましょう。サイズは幅12cm、奥行12cm、高さ9.5cmで、1~4杯のコーヒーが淹れられます。

第4位:HARIO(ハリオ) V60 ドリップイン 700ml


ハリオのドリッパー付きコーヒーポットです。大きなひとつ穴と上部までのびるスパイラルリブにより、ネルドリップに近い味わいを楽しむことができます。収納時には、ドリッパー部分がサーバー内にぴったりと収まるので、コンパクトに片づけられます。電子レンジ使用可能なので、一度入れたコーヒーの残りを温めなおして楽しむことも可能です。使いやすく洗いやすいと評判の商品です。サイズは幅18.5cm、奥行12.7cm、高さ17.6cm、口径11.6cmとなっており、容量は700mlあります。

第3位:カリタ Kalita コーヒードリッパー プラスチック製

カリタ Kalita コーヒードリッパー プラスチック製
カリタ Kalita コーヒードリッパー プラスチック製

カリタのプラスチック製コーヒードリッパーです。サイズは9cm、11cm、6cmとなっており、1~2人分のコーヒーを淹れるのにぴったりのサイズです。穴は3つあり、ほど良いスピードでコーヒーのうまみを抽出できます、内側に伸びた長い溝により、ペーパーのはりつきを防いで濾過をうながし、コーヒーがスムーズにサーバー内に流れるようになっています。プラスチック製なので軽くて扱いやすく、初心者の方にもおすすめの商品です。

第2位:HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー

HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー
HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー

一見するとガラスのようなAS樹脂で作られたハリオのコーヒードリッパーです。1~6杯用となっており、食洗器での使用も可能です。内側に入ったスパイラルリブにより、ペーパーフィルターがドリッパー内に張り付くことなく浮くようになるので、じっくりと蒸らすことができます。ネルドリップのように、ふっくらと全面ろ過することができます。穴は1つしか開いていないので、お湯を注ぐスピードを変えることにより、好みの味に調整できます。

第1位:カリタ Kalita コーヒー ドリッパー 陶器製

カリタ Kalita コーヒー ドリッパー 陶器製
カリタ Kalita コーヒー ドリッパー 陶器製

温かで優しい見た目の陶器製のコーヒードリッパーは、使えば使うほどに愛着の湧いてくる一品です。茶色なのでコーヒーによる着色が気になりません。抽出したコーヒーをドリッパー内にためずに、自然に滴下させる3つ穴仕様となっており、雑味がでる前に旨味成分だけをドリップすることができます。このコーヒードリッパーがあれば、自宅でいつもで本格的なコーヒーが堪能できます。同社のミルやポットなどと一緒にセット使いしても素敵です。

コーヒードリッパーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、コーヒードリッパーのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

コーヒードリッパーで暮らしをもっと快適に

今回はコーヒードリッパーについてご紹介しましたが、いかがでしたか?使いやすいコーヒードリッパーが一つあれば、いつでも自宅で気軽においしいコーヒーを堪能することができます。ぜひ今回の記事を参考にして、長く大切に使えるようなコーヒードリッパーを探してみてください。

この記事の商品一覧

磁器ベージュ ドリッパー

磁器ベージュ ドリッパー

¥2,750 税込

HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー

HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー

¥2,122 税込

カリタ Kalita コーヒー ドリッパー 銅製

カリタ Kalita コーヒー ドリッパー 銅製

¥3,931 税込

E-PRANCE コーヒードリッパー ステンレスフィルター 蜂窩状

E-PRANCE コーヒードリッパー ステンレスフィルター 蜂窩状

¥3,349 税込

HAILIX コーヒードリッパー 折りたたみ式

HAILIX コーヒードリッパー 折りたたみ式

¥2,807 税込

HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー

HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー

¥2,122 税込

メリタ コーヒードリッパー アロマフィルター 1×2 2〜4杯用 AF-M

メリタ コーヒードリッパー アロマフィルター 1×2 2〜4杯用 AF-M

¥447 税込

HARIO (ハリオ) V60 耐熱ガラス 透過コーヒードリッパー

HARIO (ハリオ) V60 耐熱ガラス 透過コーヒードリッパー

¥1,915 税込

HARIO(ハリオ) V60 ドリップイン 700ml

HARIO(ハリオ) V60 ドリップイン 700ml

¥1,015 税込

カリタ Kalita コーヒードリッパー プラスチック製

カリタ Kalita コーヒードリッパー プラスチック製

¥398 税込

HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー

HARIO (ハリオ) V60 透過 コーヒードリッパー

¥1,915 税込

カリタ Kalita コーヒー ドリッパー 陶器製

カリタ Kalita コーヒー ドリッパー 陶器製

¥886 税込

おすすめの記事

シリコンボトルのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリット、カビ対策なども紹介
コンパクトに折りたたむことも可能なシリコンボトルは、アウトドアシーンはもちろん、日常の外出シーンでも活躍してくれる便利なアイテムです。シリコンボトルといっても、様々なタイプがあるので、自分にベストなア...
キッチン用品 71view
【ニトリ・無印】しゃもじのおすすめ人気ランキング10選!しゃもじスタンダ・ホルダーのおすすめも紹介
しゃもじは、ご飯を適量盛ることができておすすめです。しゃもじは、ごはんがくっつきにくい加工がされている物もあり、便利に使えるからです。とはいっても数多くあるしゃもじから選ぶのは大変ですよね。そこで今回...
キッチン用品 51view
ニトリがコスパ最強!洗面器のおすすめ人気ランキング10選!折りたたみ式やマグネット式なども
洗面器は、お風呂場で使うことができておすすめです。洗面器は、お風呂でお湯をくんで洗い流すのに使うことができるからです。とはいっても数多くある洗面器から選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある洗面器...
生活雑貨・日用品 42view
【無印・ニトリ】木べらのおすすめ人気ランキング10選!黒カビの除去・お手入れ方法なども紹介
木べらは、便利な調理器具として人気です。木べらは、木目が美しく、鍋やフライパンをキズつけずに調理することができるからです。とはいっても数多くある木べらから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある木...
キッチン用品 47view
【ニトリ・無印・100均】油引きのおすすめ人気ランキング10選!洗い方や代用品なども紹介
たこ焼きやお好み焼きなどの鉄板焼き料理の際に活躍するのが油引きです。油を鉄板になじませるためのツールです。油引きはハケの材質や形状・サイズなどで、商品によってさまざまに存在します。そこで今回は、おすす...
キッチン用品 84view
【ニトリ・カインズ】すだれカーテンのおすすめ人気ランキング10選!屋外・室内で取り付けられるものなど
昔から日本の風土に馴染んできたのが「すだれ」です。遮光・遮熱に効果があり、設置の際の工事の手間も必要ありません。夏場は手軽に涼しさを確保できます。ただし目の粗さや素材などに異なりもあり、最適なものを選...
インテリア・家具 81view
【ニトリ】湯呑みのおすすめ人気ランキング10選!プレゼントにも最適なおしゃれなものなど
お茶を楽しむときに利用する湯呑み。湯呑みには、日本古来の陶器や磁器から現代風なデザインの商品などさまざまあります。ここでは、湯呑みにフォーカスを置いて湯呑みの魅力や選び方、人気ランキングでみんながおす...
キッチン用品 60view
【無印・ニトリ・ダイソー】茶こしのおすすめ人気ランキング10選!紅茶・緑茶・コーヒーなどに最適
茶こしは茶葉を入れてお茶を楽しむために必要な道具。茶こしなんてどれも同じと思っていませんか?見た目は同じように見える茶こしにも、素材や機能、デザインなどさまざまな種類があります。ここでは、茶こしの使い...
キッチン用品 47view
【ニトリ・無印・100均】急須のおすすめ人気ランキング10選!北欧風やモダンでおしゃれなものなど
寒い季節になると温かい日本茶が美味しく感じますよね。美味しい日本茶を飲むのに必要な「急須」ですが、急須は日本茶を入れるだけでなく紅茶やハーブティーなどさまざまな飲み物をたしなむときに利用できます。ここ...
キッチン用品 250view
【サーモス・100均】水筒ケースのおすすめ人気ランキング10選!大人用のおしゃれなものなど
職場でも冷たい飲み物や暖かい飲み物がすぐに飲める便利な水筒を持参する人も少なくありませんね。水筒そのままでは傷がついてしまったり、保温保冷効果が長持ちしないなどの悩みを解決するには、水筒ケースがおすす...
キッチン用品 115view