2021年12月27日更新

口コミで評判のフライパンジュウを徹底解説!メリットやデメリットも紹介

フライパンジュウは、鉄製のフライパンです。フライパンジュウは、焦げ付きにくく、サビにくい特徴があるので、手軽においしく調理ができ、長く愛用できます。とはいっても数多くあるフライパンジュウから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のあるフライパンジュウを紹介します。ぜひ、お気に入りのフライパンジュウを見つけてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

フライパンジュウとは?


フライパンジュウとは、使うほどに熟成する鉄のフライパンです。独自のハードテンパー加工をしているので、使いはじめの油ならしの必要はありません。ハードテンパー加工とは、焼き付け加工のことです。焦げ付きにくく、サビにくく、長く愛用できるのが、人気の秘密でしょう。手軽においしく調理ができるので、幅広い世代に注目されています。見た目や機能性にこだわりたいのであれば、フライパンジュウは魅力的な鉄フライパンです。

フライパンジュウの特徴は?

TENTと藤田金属が作る鉄フライパン


フライパンジュウの特徴1つ目は、TENTと藤田金属が作る鉄フライパンです。町工場の藤田金属とクリエイティブユニットのTENTが共同開発している鉄製のフライパンになります。熱伝導率がとてもよく、おいしい料理が作れるのが魅力的でしょう。デザイン性が高く、使い勝手もよいので、人気があります。スタイリッシュなデザインで、キッチンが映えるのがポイントでしょう。外観が美しい鉄フライパンを探している人にぴったりです。

プレートとしても使うことができる


フライパンジュウの特徴2つ目は、プレートとして使うことができる点です。調理をしたまま、そのプレートで食卓に出せるのが魅力ポイントと言えるでしょう。フライパンとして料理を作ったあとに、取っ手を外して食卓に出せるので、洗い物が少ないといったメリットがあります。皿を別に用意すると、その分、洗い物が増えてしまうのが面倒くさいと感じている人も多いでしょう。ただし、プレートは熱くなっているので、子供さんがいる家庭ではヤケドなどに気を付けましょう。

色んな熱源に使える


フライパンジュウの特徴3つ目は、色んな熱源に使えることです。直火・IH・ガス火・オーブンなど色んな熱源がありますが、それらに対応しているので自宅の熱源に合わせて選ぶ必要がありません。どの家庭でも使いやすくて、自分用としてだけでなく、プレゼント用としても喜ばれるでしょう。鉄フライパンはガス火のみのものが多い中で、IHなどにも対応しているので、家庭でIHを使っている人は、ぜひ、チェックしてみてください。

フライパンジュウのメリット&デメリットは?

フライパンジュウのメリットは?

フライパンジュウのメリットは、皿として使える・IH対応・おいしく焼きあがる・料理が冷めにくい・食べる人に合わせたサイズ展開・ふるさと納税がもらえるといった点です。取っ手を取り外すことができるので、調理した後にそのまま食卓に出すことができます。また、IHの家庭でも使用可能です。そして、厚みがあるので肉がジューシーに焼きあがります。さらに、フライパンの状態で食卓に出せることで冷める心配もないでしょう。サイズ展開も広く、大阪府八尾市の返礼品で、フライパンジュウがもらえるようです。

フライパンジュウのデメリットは?

フライパンジュウのデメリットは、電子レンジが使えない・油ならしが必要・レモンやトマトなどに注意です。鉄製のフライパンになるので、当然ですが電子レンジで使うことができません。ただし、鉄製は冷めにくいといったメリットがあります。そして、オーブンでは使えて便利です。また、油ならしが必要になります。小麦粉を使った料理などはどうしても焦げ付いてしまうので、油ならしが大事でしょう。そして、トマトやレモンは酸性のため、酸化皮膜が剥がれてしまうことがあります。

フライパンジュウの口コミ・評判は?

フライパンジュウの良い口コミ・評判は?

フライパンジュウを使った人の口コミを見ると「フライパンのまま皿になるので便利」と言った声があります。別にお皿を洗う必要がありません。熱々の状態で食べることができる上、ジューシーでとてもおいしいと定評です。また「ふるさと納税でもらえるのが嬉しい」と言った声もあります。お得感があるとので買いやすいです。そして「IH対応で、家のIHコンロでも使えて便利」といった感想もあります。色んなメリットがあるので、選んで損はないでしょう。

フライパンジュウの悪い口コミ・評判は?

フライパンジュウを使った人の口コミの中では「取っ手や本体が焦げ付く」と言った声があります。鉄フライパンの中ではお手入れが簡単ですが、火力が強かったり加熱前に食材を入れたりすると、焦げ付いてしまう可能性があるでしょう。また、鉄製なので、どうしてもサビやすいのも妨げられません。濡れたまま放置してしまうと、サビるので、お湯やスポンジでキレイに洗ったあとは、空焼きをするなどして湿気を飛ばしておきましょう。

フライパンジュウのお手入れ方法は?

フライパンジュウのお手入れは、お湯やスポンジでキレイに洗い、コンロで空焼きをしてから収納しましょう。濡れたままで放置してしまうと、サビやすくなります。また、長期間使わないときは、薄く油を塗り、酸化・サビを防止しましょう。万が一サビてしまったときは、重曹などを使って汚れを落としてみてください。 せっかく購入しても、すぐにサビてしまっては意味がないので、基本的なお手入れをしておくことを、お勧めします。

フライパンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、フライパンのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

フライパンジュウで暮らしをもっと快適に

いかがですか。フライパンジュウは、手軽でおいしい調理ができるフライパンとして人気です。フライパンジュウがあると、調理してそのまま食卓に出すことができます。熱々のまま、おいしく食べたい人は、ぜひ、お気に入りのフライパンジュウを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事の商品一覧

フライパンジュウ S ハンドルセット

フライパンジュウ S ハンドルセット

¥31,036 税込

フライパンジュウ S ハンドルセット

フライパンジュウ S ハンドルセット

¥31,036 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

口コミで評判のニトリのフィットシーツのおすすめ人気ランキング10選!よく伸びて付け外しが簡単
ニトリのフィットシーツは、オリジナリティに富んださまざまな商品が人気です。素材や特徴も豊富で、カラーやサイズもそろっているから、家族全員自分のお気に入りのフィットシーツを購入できます。ここでは、ニトリ...
インテリア・家具 92view
口コミで評判のフィールドアのテントのおすすめ人気ランキング10選!リーズナブルでコスパ最強
フィールドアのテントは、キャンプ初心者でも手軽に扱えると話題です。フィールドアのテントは、ワンタッチテントやソロキャンプにおすすめの小型テントなど揃っているからです。とはいっても数多くあるフィールドア...
スポーツ・アウトドア 83view
口コミで評判のビジョンピークスのテントのおすすめ人気ランキング10選!2ルームテントのクアトロがコスパ最強
ビジョンピークスのテントは、コスパが期待できておすすめです。ビジョンピークスのテントは、機能性やデザイン性に富んでいながら、低価格を実現できるからです。とはいっても数多くあるビジョンピークスのテントか...
スポーツ・アウトドア 85view
コクヨのオフィスチェアのおすすめ人気ランキング10選!定番人気のウィザード3やイングなども
在宅勤務が注目される中、椅子選びも関心を高めています。自宅で仕事する機会が多くなったのをきっかけに、コクヨオフィスチェアへの関心を高めている方は、こちらでご紹介する商品に目を通してみてはいかがでしょう...
インテリア・家具 56view
口コミで評判のケシュアのテントのおすすめ人気ランキング10選!2秒で設営できる「2seconds」がコスパ最強
ケシュアのテントは、キャンプ初心者にもおすすめのアイテムです。ケシュアのテントは、スピーディに設営できる上、低価格のものが揃っているからです。とはいっても数多くあるケシュアのテントから選ぶのは大変です...
スポーツ・アウトドア 53view