2022年01月10日更新

グリーンバックのおすすめ人気ランキング10選!折りたたみ式や椅子の背もたれに取り付けるタイプなど

テレビ番組や映画などで背景を別の映像と合成をするために使用するグリーンバックは最近ではYouTube動画やオンライン会議などといった個人で使用するシーンも増えてきています。単純に緑色の布というわけではなく、製品によって大きさや装着方法などが大きく異なって来ますので、選ぶ際には自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。今回はおすすめのグリーンバックをご紹介しますので、製品選びの参考にしてみてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

グリーンバックとは?


グリーンバックは人物の背景に設置して使用する単色のスクリーンのことで、クロマキー合成という背景を切り抜いてCGなどと合成する映像を作るために使います。クロマキー合成は番組テレビや映画で使われていた合成技術ですが、個人でも簡単に使うことができるようになってきたため、最近はオンライン会議や動画制作などで使われることも増えてきました。グリーンバックは様々なサイズや形のものが多く、自分の用途に合ったものを購入できるようになっています。

グリーンバックの魅力とは?

グリーンバックの魅力は使用用途によって様々なものがあります。例えば写真撮影をする場合、グリーンバックを設置すれば自宅にいながら背景を外国の風景にしたり宇宙にするなど自由に差し替えることができるようになり、魅力的な映像が作れますしスタジオの費用を節約することもできます。動画撮影ならゲーム動画や好きな映像と合成をしてより魅力的な画面づくりをすることができます。zoomなどのweb会議をする時にもグリーンバックを使用した背景の合成が可能で、生活感があふれる部屋を隠すなどの目的で使うことができるというメリットがあります。

グリーンバックの使い方は?

クロマキー合成をする時にグリーンバックを背景に被写体を撮影をしますが、撮影の際には色々と注意をしなければいけないポイントがあります。グリーンバックそのものはカメラ全体にグリーンバックが入るサイズのものをたるみが無いように設置をしましょう。そのままでは明るさが足りないので、照明を使いますが、明るくなりすぎないようグリーンバック全体にまんべんなく照明が当たるようにして行きます。被写体の陰が入らないように照明を置くのがきれいに合成をするコツです。撮影が終わったら専用ソフトで編集をして動画を作っていきます。ソフトは無料から有料まで様々なものがありますし、最近ではパソコン以外にもスマホで編集できるアプリもあります。お好みのものを探してみましょう。

グリーンバックの選び方

サイズで選ぶ


グリーンバックを選ぶ際にはサイズに注意をしましょう。きれいに合成をするためにカメラに映る範囲全体をグリーンバックが余裕で覆うことができる大きさが理想的です。動画撮影などなら全身が入るような大きめのサイズのグリーンバックがおすすめですし、オンライン会議で使うものなら映る範囲は上半身辺りなので小さめのもので問題ないでしょう。自分がどのようなシーンで使うかを考えて最適なサイズのものを選びましょう。

設置方法で選ぶ


グリーンバックは製品によって設置方法が大きく異なります。写真撮影などで使用するタイプの大きなグリーンバックを設置する際にはスタンドに吊り下げて使用するタイプや自立するタイプのものがおすすめです。オンライン会議で使用するときにもスタンド型は使うことはできますが、場所を取ってしまうと感じるときには椅子などに固定をして設置ができるものもあります。他にもプロジェクタースクリーンのように壁にかけられるものもありますので、自分の使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

布の色で選ぶ


グリーンバックは名前の通りグリーンの製品が多いのですが、実は製品によって布の色は複数ありブルーやブラックと言った色合いのものもありますので状況に合わせてグリーン以外の物を選ぶ必要があります。グリーン以外の物を選ぶのは、例えば緑色の服を着ると言った状況になったときです。グリーンバックを選んで緑の服を着ると服の色も消されてしまい不自然な動画になってしまいます。編集動画で消したい色を指定できるので背景の色は単色ならグリーン以外でもOKです。身につけているものと背景の色がかぶらないように気をつけながら布の色を選びましょう。

グリーンバックのおすすめ人気ランキング10選

ここからはグリーンバックのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのグリーンバックを見つけてみてくださいね!

第10位:グリーンバック 折りたたみタイプ


オンライン会議や座って撮影をする動画撮影などにぴったりの小型サイズのグリーンバックです。丸い形をしており、縁にワイヤーが入っているので手を離してもピンと張った状態を維持してくれますし、収納は本体をねじって畳んで行くタイプなので簡単に出し入れができます。設置は椅子の背もたれにマジックテープで固定をして使うのでスタンドなどを用意する必要もありません。手軽にグリーンバックを導入したい方にもおすすめです。

第9位:エレコム グリーンバック


スタンドなどは不要で、椅子の背もたれに付属のバンドで固定をして設置をするタイプの小型のグリーンバックです。小さいサイズなのでオンライン会議や椅子に座って行う動画の作成にもぴったりな製品です。縁にワイヤーが入れられているので広げるとしっかりとたるみのない状態を維持してくれます。収納は本体をねじって畳むことでコンパクトサイズになります。折りたたんだグリーンバックは専用バックに入れて保管することができます。

第8位:NEEWER 折り畳み式 リバーシブル クロマキー


オンライン会議や動画撮影などに最適な小さめのサイズのグリーンバックです。広げるとワイヤーが内蔵されているので自然とシワなくきれいにスクリーンを広げてくれます。小さいサイズなので狭めの部屋でも広げやすくなっているのが特徴の製品です。設置はスタンドに取り付けて使用し、縦横どちらでも状況に合わせて使うことができます。色はグリーンとブルーの2色なので身につけているものに合わせて背景の色をお好みで選ぶことができるようになっています。

第7位:グリーンバック 撮影用


160×300のサイズの大判タイプのグリーンバックなので、全身を入れた写真撮影や動画の作成に最適です。十分な大きさがあるのでオンライン会議などといったような様々な用途にも使用できる便利な製品です。布の素材は不織布で、色はグリーン1色のみになります。製品はスタンドなどは付属していませんので状況に合わせて別途購入する必要があります。通常のグリーンバックと比べてみても価格が安いので、お試し感覚で購入できるのが魅力的な製品です。

第6位:UTEBIT グリーンバック


大きいサイズのグリーンバックですので、全身を入れた撮影はもちろん、オンライン会議での背景などに使用しても十分なサイズがある製品です。製品には固定用のスタンドは付属していないため、必要に合わせて購入する必要があります。スタンドを用意しなくても強力に固定してくれるクリップがありますので好きな場所に挟んで固定することもできます。素材はポリエステル製なのでシワが発生しにくく、きれいにクロマキー合成を作りやすいのが特徴です。

第5位:Co-Goods グリーンバック


写真や動画の撮影はもちろん、オンライン会議でも使うなど様々な用途で使える大判タイプのグリーンバックです。この製品の特徴はグリーンと白のリバーシブル仕様になっており、クロマキー合成の他に通常の目隠し用途で使える白背景でも使えるように作られています。素材はポリエステル製の素材なのでシワになりにくく、厚手で透けにくい厚手の生地で作られています。縁をしっかりと縫製しているのでめくれにくく丈夫です。

第4位:FotoFoto グリーンバック


全身を入れた撮影はもちろん、オンライン会議や個人の動画制作などでも快適に使うことができる大判タイプのグリーンバックです。ポリエステル製の素材でできた布を使用しているので、綿製のものよりもシワになりにくくクロマキー合成に使ってもきれいに背景と合成させやすいです。シワや汚れがあっても洗濯機で洗うことが可能ですし、アイロンがけをすることができるのでいつでもきれいな状態を保つことができます。スタンドは別途購入する必要があります。

第3位:Hemmotop グリーンバック 背景スタンド T字型


様々な用途で使用することができる大判サイズのグリーンバックです。設置に便利なスタンドも一緒に付属しているので初めてグリーンバックを導入する方におすすめの製品です。スタンドを設置してから一緒に付属しているクリップで布を挟み込んで固定して使用します。スタンドは折りたたみ式なので、使用しない時はコンパクトに片付けておくこともできるので場所を取りません。布は汚れても洗濯をしてきれいにすることができます。

第2位:Andoer 背景スタンドキット グリーンバック


大判タイプのグリーンバックなので全身を入れた撮影でも快適に使用できるサイズの製品です。スクリーンはグリーンとブルーのリバーシブルタイプになっているのでクロマキー合成の際に、服装などの身につけているものと干渉しないように使い分けることができるようになっています。スクリーンの上部には固定用の穴が空いているので付属のフックやその他の引っ掛ける場所を使用して設置をすることができます。洗濯やアイロンがけにも対応しています。

第1位:EMART 背景スタンド 三色


大規模な撮影などに対応した大判タイプのグリーンバックです。この製品の特徴はグリーンだけではなく、ホワイトとブラックの布も入っているので状況に合わせて自由に背景の色を入れ替えて使用することができるようになっています。スタンドはアルミ製なので軽く持ち運び勝ちやすいのが特徴です。さらに折りたたみ式なので使用しない時はコンパクトに収納しておくことができます。クロマキー合成以外の用途でも使用できるのが魅力的な製品です。

グリーンバックの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、グリーンバックのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

グリーンバックで暮らしをもっと快適に

いかがでしたか。グリーンバックはクロマキー合成をするためのもので、映画やテレビ撮影以外にも個人のオンライン会議や動画撮影などでも使用されることが多い便利なアイテムです。製品によって大きさが違ったりするので自分の使い勝手の良い物を選ぶと良いでしょう。色もグリーン以外のものもあるので使い分けると良いでしょう。みなさんもこの記事を参考に、自分に合ったグリーンバックを探してみてくださいね。

この記事の商品一覧

グリーンバック 折りたたみタイプ
グリーンバック 折りたたみタイプ
エレコム グリーンバック
エレコム グリーンバック
NEEWER 折り畳み式 リバーシブル クロマキー
NEEWER 折り畳み式 リバーシブル クロマキー
グリーンバック 撮影用
グリーンバック 撮影用
UTEBIT グリーンバック
UTEBIT グリーンバック
Co-Goods グリーンバック
Co-Goods グリーンバック
FotoFoto グリーンバック
FotoFoto グリーンバック
Hemmotop グリーンバック 背景スタンド T字型
Hemmotop グリーンバック 背景スタンド T字型
Andoer 背景スタンドキット グリーンバック
Andoer 背景スタンドキット グリーンバック
EMART 背景スタンド 三色
EMART 背景スタンド 三色
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連キーワード

おすすめ記事

【ニトリ・100均・貝印】キャベツ千切りスライサーのおすすめ人気ランキング10選!手動式や電動式など
キャベツ千切りスライサーは、とんかつなどに便利なアイテムです。キャベツ千切りスライサーは、キャベツの千切りをキレイに作れるからです。とはいっても数多くあるキャベツ千切りスライサーから選ぶのは大変ですよ...
キッチン用品
【100均ダイソー・カインズ・ニトリ】押入れシートのおすすめ人気ランキング10選!効果や選び方など
押入れシートは、快適な押入れにするのにおすすめのアイテムです。押入れシートは、カビやダニの大量発生を防ぐことができるからです。とはいっても数多くある押入れシートから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人...
インテリア・家具
100均・ダイソーに売ってる?鼻うがい容器のおすすめ人気ランキング10選!効果や代用品なども紹介
鼻うがい容器は、鼻うがいをするときにおすすめのアイテムです。鼻うがい容器は、鼻をかむだけでは落ちない汚れを落とすことができるからです。とはいっても数多くある鼻うがい容器から選ぶのは大変ですよね。そこで...
生活雑貨・日用品
【100均ダイソー・無印】トラベルボトルのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれで使いやすいものなど
トラベルボトルは、出張や旅行のときにおすすめのアイテムです。トラベルボトルは、普段使っているシャンプーやコンディショナーを出先で使うことができるからです。とはいっても数多くあるトラベルボトルから選ぶの...
インテリア雑貨
しまむらがコスパ最強!低反発クッションのおすすめ人気ランキング10選!腰痛に効くもの・洗濯できるものなど
長時間のデスクワークや車の運転などで、腰に負担をかけている方におすすめの低反発クッション。様々な種類や形、サイズがあり、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。そこで今回は、低反発クッションをお探し...
インテリア・家具
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング