2022年01月17日更新

コールマンコンロの種類別おすすめ人気ランキング10選!使い方や選び方なども紹介

キャンプなどのアウトドアシーンに欠かせないコンロ。様々なアウトドアブランドからリリースされていますが、今回は多くのキャンパーから支持さえれているコールマンコンロに注目して、魅力や特徴などをまとめました。併せておすすめのコンロもご紹介しています。これからコンロを購入する予定の方は、ぜひチェックしてお気に入りの1台を見つけてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

コールマンコンロの魅力とは?


コールマンコンロは、ラインナップの豊富さと手頃な価格で購入しやすいところが魅力です。チャコール(炭)・ガス・ガソリンと3種類の燃料を使用することができます。地面に立てて使用できる脚付きモデルやテーブルトップタイプなどがあるため、シーンに合わせて使い分けできます。また、コンパクトなタイプの中には携帯性に優れているモデルがあり、ツーリングの際などリュックに入れて持ち運ぶことが可能です。キャンプや登山はもちろん、日帰りレジャーなど、目的に合わせてサイズや種類を選べます。

コールマンコンロの使い方は?

STEP1:ガソリンツーバーナーウを使用する際は、まずケースの蓋を開けグレードを外して燃料タンクを取り出します。
 
STEP2:じょうごを使ってホワイトガソリンをタンクに入れます。その際に、燃料を入れすぎないように注意しましょう。入れすぎてしまうと、ポンピングできなくなってしまいます。タンクの8分目くらいが目安です。ホワイトガソリンを入れたら、タンクのキャップがしっかり閉まっているのがチェックしましょう。
 
STEP3:ポンプノブのヘッドの穴を親指で押さえながら、100~150回ポンピングを行います。この時、燃料バルブがオフになっていることを確かめてください。
 
STEP4:風防とグレートをセットし、燃料タンクに本体を装着します、ジェネレーターをバーナーの穴の億アで一借り入れることが重要です。
 
STEP5:燃料バルブノ近くにある点火レバーを上に回します。
 
STEP6:燃料バルブを少し開け、バーナーにライターを近づけて点火します。炎が安定するまでは赤い炎がでますが、安定すると青い炎に変わります。万が一、青い炎がでない場合は、点火後にポンピングしてください。
 
STEP7:青い炎が出て安定したら点火レバーを下げて終了です。もし、サブバーナーを使用する際は、メインのバーナーの火力が安定した後で、サブバーナーの燃料バルブを開き点火してください。

コールマンコンロの掃除方法は?

コールマンコンロのテーブルトップグリルは、焼き網・本体・炭受けプレートの3つに分解することが可能です。そのため。BBQの際に使用した焼き網は、調理が終わった後に空焼きして真鍮のブラシでこすっておくと、汚れがほとんど残りません。油汚れが残っていたら、食器用洗剤で洗ってしっかり乾かすようにしましょう。頑固な汚れを水に浸けて洗った場合は、清潔なタオルで拭いた後、必ず日陰干しをしてください。メンテナンスを行うことで、長期間使用できます。

コールマンコンロの種類は?

チャコール(炭)のコールマンコンロ

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ L 引き出し式ロストル 5~6人用
コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ L 引き出し式ロストル 5~6人用

燃料にチャコール(炭)を使用するタイプは、遠赤外線効果で食材をジューシーに美味しく焼き上げられます。ガスやガソリンタイプに比べ、ラインナップが豊富なため、好みのサイズや機能を搭載しているアイテムを見つけやすいのが魅力です。また、ロストル(炭をのせる部分)が引き出し式になっているモデルは、炭の補充や交換作業がスムーズに行えます。ただし、火をつける際に着火剤を使用したり、火力の調節が難しく手間がかかるため、アウトドア初心者の方やのんびりくつろぎながらキャンプ飯を楽しみたいな場合は、焼き面の高さを調節できるタイプがおすすめです。

ガス・ガソリンのコールマンコンロ

コールマン(Coleman) バーナー パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド
コールマン(Coleman) バーナー パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド

燃料にLPガスカートリッジを使用するタイプは、着火も簡単で取り扱いやすく、炭などのごみが出ないので後片付けも簡単です。また、つまみ1つで火力調節可能なため、BBQ以外の料理にも活躍してくれます。アウトドア上級者には、ガソリンタイプのコンロがおすすめです。風が強く寒さの厳しい季節には、ガソリンタイプを選べば安定した火力をキープできるため料理を快適に楽しめます。ガソリンタイプのコンロは手間がかかりますが、耐久性に優れているためお手入れをしっかり行えばチャコールやガスタイプよりも長期間愛用できます。

コールマンコンロの選び方

種類で選ぶ


チャコール(炭)のほかに、LPガスカートリッジやホワイトガソリンを使用するモデルなどがあります。BBQなどで使用されることの多いチャコールタイプは、火をつける際に着火剤を使用したり、火力調節が難しいなど、想像以上に手間がかかる点ネックです。その一方で、ガス式は取り扱いやすいため初心者にもおすすめです。コンロを買い替えるベテランキャンパーは、厳しい環境下でも安定した火力をキープできるガソリン式をチェックしてみてはいかがでしょう。

高さで選ぶ


初心者でも簡単に設置可能なテーブルトップタイプとスタンディングでBBQを楽しめる脚付きタイプの2種類あります。テーブルトップタイプは、小さなスペースで使用可能なため、ソロキャンプや少人数で食事を楽しみたい時に最適。比較的コンパクトで軽いモデルが多いため、スムーズに持ち運びでき、女性一人でも簡単に設置や後片付けをできるところが魅力です。合うTドア料理を気軽に楽しみたい人におすすめ。一方、地面に直接設置して使用できる脚付きタイプは、テーブルや椅子を用意しなくてもBBQできるため、大人数での食事会に向いています。モデルの中には、高さを調節できるタイプがあるため、ロースタイル、ハイスタイルなど、様々なシーンに対応可能です。脚を畳んでコンパクトに折りたためるため、収納スペースを確保する心配がありません。

焼き面の大きさで選ぶ


使用する人数により最適なサイズも異なります。2~3人など、少人数でBBQを楽しむ場合には30×20cmのサイズ、5人程度のファミリーキャンプなら一回り大きなサイズの40×30cmを選ぶとよいでしょう。また、6人以上の大人数で使用する場合には、60×40cm以上のサイズがおすすめです。使用するコンロにはおおよその人数が記載されているので、購入前に確かめておくことが大切。使用人数に対して大きめのコンロを選んでしまうと、準備や片付けに必要以上に手間がかかってしまったり、余分な燃料を消費してしまいコスパが悪くなってしまうことも。サイズは使用するシーンに合わせて選ぶことがポイントです。

コールマンコンロの種類別おすすめ人気ランキング

ここからはコールマンコンロのおすすめ商品を燃料別にランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのコールマンコンロを見つけてみてくださいね!

コールマンコンロのおすすめ人気ランキング5選【チャコール(炭)】

第5位:コールマン コンロ パックアウェイグリル2

コールマン コンロ パックアウェイグリル2
コールマン コンロ パックアウェイグリル2

ソロキャンプやデュオキャンプなど、少人数でのBBQに最適なコンパクトタイプです。焼き面のサイズが直径28cm、重量も約1.5kgと軽量なので持ち運びもスムーズに行えるところが魅力。収納ケースがセットになっているので、携帯性に優れたコンロをお探しの方におすすめ。耐久性に優れたチャコールトレイがセットになっているため、テーブルトップでも利用できます。アウトドアシーンだけでなく、自宅の庭やベランダなどでも気軽にBBQを楽しめます。

第4位:コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダーステンレスグリルグランデ 引き出し式ロストル

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダーステンレスグリルグランデ 引き出し式ロストル
コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダーステンレスグリルグランデ 引き出し式ロストル

約30×68cmの大きめサイズの焼き面を備えたコンロは、大人数でBBQをするときに最適。鉄板と焼き網がセットになっていて、鉄板と焼き網を同時に使用できるところがポイント。網で肉や野菜を打飽きながら、お好み焼や焼きそばなどの鉄板料理も行えるため、様々な料理にチャレンジできます。40cmと70cmの2段階で高さ調節できるため、ロースタイルでBBQを楽しみたい方におすすめです。

第3位:コールマン(Coleman) コンロ クールステージテーブルトップグリル

コールマン(Coleman) コンロ クールステージテーブルトップグリル
コールマン(Coleman) コンロ クールステージテーブルトップグリル

着席でBBQを手軽にできるテーブルトップタイプのコンロは、3~4人で食事を楽しむのに最適。本体にメッシュ素材を採用しているため、通気性が良く、火力が安定しやすいのがポイントです。ボディサイズは、40×28×16.5cm、重量は約2.5kgとコンパクトなので、女性一人でもスムーズに持ち運べます。食材を座って焼けるため、のんびりくつろぎながら食事を楽しみたい方にピッタリです。

第2位:コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダーステンレスグリル 引き出し式ロストル

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダーステンレスグリル 引き出し式ロストル
コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダーステンレスグリル 引き出し式ロストル

3~4人でBBQを楽しむのに最適なコンロは、40cmと70cmの2段階で高さを調節できるため、使用する人数などに合わせて変更できる使い勝手の良いタイプ。コンロに鉄板と焼き網がセットになっているので、食材を準備すればすぐに調理できるところが魅力です。引き出し式のロストルなので、炭の交換に余計な手間がかからないため初心者でも使いやすいと評判。また、使用後は脚を取り外せるため、持ち運びもスムーズに行えます。素材にステンレス鋼を採用し耐久性に優れているため、お手入れ次第で長期間きれいな状態で使用可能です。

第1位:コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ L 引き出し式ロストル 5~6人用

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ L 引き出し式ロストル 5~6人用
コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ L 引き出し式ロストル 5~6人用

大人数で利用可能な大型タイプ。焼き面のサイズが約30×68cmあるため、5~6人でのBBQにも対応可能です。本体の横に設置したレバーで網の高さを4段階に調節できるため、火力調節が苦手な初心者にもおすすめ。食材を焦がす心配がなく屋外での食事をゆっくり楽しめるところが人気のポイントです。本体にメッシュボディを採用していることから通気性も良好な上、安定した火力をキープできます。また、引き出し式のロストで、炭の交換に手間取りません。

コールマンコンロのおすすめ人気ランキング5選【ガス・ガソリン】

第5位:コールマン(Coleman) ツーバーナー 120thアニバーサリー 413H@パワーハウスツーバーナーストーブ レッド

コールマン(Coleman) ツーバーナー 120thアニバーサリー 413H@パワーハウスツーバーナーストーブ レッド
コールマン(Coleman) ツーバーナー 120thアニバーサリー 413H@パワーハウスツーバーナーストーブ レッド

ホワイトガソリン燃料式のコンロは、コールマンからリリースされているコンロのタイプで定評のあるツーバーナータイプ。火力が強く、コスパに優れているところが人気です。家庭用のコンロ同様に、フライパンや鍋を使用できるため、本格的なキャンプ飯を楽しみたい方におすすめ。炭に着火したり、交換をする手間がかからないため、初心者でも安心して利用できます。どんな環境下でも安定した火力を発揮しているところが、長年多くのファンに支持されているポイント。

第4位:コールマン(Coleman) シングルバーナー シングルガスストーブ120A OD缶専用

コールマン(Coleman) シングルバーナー シングルガスストーブ120A OD缶専用
コールマン(Coleman) シングルバーナー シングルガスストーブ120A OD缶専用

ガス式のシングルバーナーは、丈夫なスタンドと安定性のある五徳がセットになっているため、使い勝手が良いと評判です。小型サイズながら安定感に優れているため、20cmサイズのダッチオーブンも利用可能。ソロキャンプでも本格的なアウトドア料理を楽しめます。2段階で高さ調節できるため、テーブルトップはもちろんロースタイルでも利用できるため、シーンに合わせて使い分けできるところが便利。燃料のOD缶は470gのレギュラー缶1本で3時間利用できます。

第3位:コールマン(Coleman) アウトランダー マイクロストーブ

コールマン(Coleman) アウトランダー マイクロストーブ
コールマン(Coleman) アウトランダー マイクロストーブ

頑丈な作りのシングルバーナーには、ダッチオーブンなどの大きなお鍋もセットすることができます。約3900kcalとハイパワーのシングルバーナーですが、折りたたみ式で足を外すとコンパクトに収納でき、ファミリーキャンプなど大人数のときにツーバーナーのサブとして使用できるため、1台持っているとかなり重宝します。ソロキャンプに向いているので、本格的なキャンプ飯を楽しみたい方におすすめですよ。

第2位:コールマン グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

コールマン グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066
コールマン グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

左右の火力が独立して調節可能なコンロは、アメリカンスタイルのBBQを楽しみたい方におすすめです。TタイプのLPガスカートリッジを2本使用するコンロは、最大5000kcai/hの高火力タイプ。フタが付いているので、鉄板料理はもちろんオーブン料理も楽しめるところが最大の魅力です。サイドテーブルが付いているので、1台で調理スペースを確保することが可能。また、足の部分を畳んでコンパクトに収納できるだけでなく、タイヤ付きなので女性でもスムーズに持ち運べます。

第1位:コールマン(Coleman) バーナー パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド

コールマン(Coleman) バーナー パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド
コールマン(Coleman) バーナー パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド

自動点火装置を搭載したツーバーナータイプのコンロ。LPガスカートリッジを2本使用するタイプで、最大火力が焼く3500kcal/hのバーナーを2つ備えているため、フライパンと鍋を使用した2つの料理を一度に調理することはできます。重量約4.2kgで、収納時のサイズがは約54×32.5×7cmとスリムなので、女性一人でも簡単に後片付け可能。キャリーハンドル付きなので、持ち運びもスムーズに行えます。ツーバーナータイプなので、自宅のコンロに近い感覚で使えるので初心者からベテランキャンパーまで、幅広い世代におすすめです。

コールマンコンロの口コミ・評判は?

コールマンコンロの良い口コミ・評判は?

ココールマンのコンロを使用している人の口コミや評判をチェックすると「炭入れが便利」「高さ調節が簡単にできる」などの声が多く寄せられています。また、「5~6人のBBQならこの一台で十分にカバーできる」という口コミがありました。初めての方でも使い勝手の良さや食材の仕上がり具合に満足していることが多いため、購入しても損することはないようですよ。

コールマンコンロの悪い口コミ・評判は?

コールマンのコンロを使用している方の悪い口コミをチェックしてみると「溶接の仕上がりが悪い」と言うコメントが見られましたが、溶接の仕上がりを問題にしていない方も多いので、個体差があるようです。また「コールマンオリジナルの焼き網をしないで別のものを使用すると安定性に欠ける」という声もありました。コンロ自体に不具合が起きないためにも、オリジナルの焼き網を使用する方が良いようです。ただ、楽しみにしていたコンロに不具合を見つけてしまうとテンションが下がってしまうので、品質チェックをより厳しく行ってほしいものです。

コールマンコンロの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、コールマンコンロのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

コールマンコンロでキャンプをもっと快適に

今回は、数多くのキャンパーに支持されているコールマンのキャンプギアの中からコンロをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。コールマンのコンロは、耐久性に優れたモデルや比較的購入しやすい価格帯のモデルが豊富に揃っています。数ある中から、自分のスタイルに最適な1台を選んで、有意義なアウトドアライフをお楽しみください。

この記事の商品一覧

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ L 引き出し式ロストル 5~6人用

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ L 引き出し式ロストル 5~6人用

¥15,378 税込

コールマン(Coleman) バーナー パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド

コールマン(Coleman) バーナー パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド

¥9,878 税込

コールマン コンロ パックアウェイグリル2

コールマン コンロ パックアウェイグリル2

¥5,760 税込

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダーステンレスグリルグランデ 引き出し式ロストル

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダーステンレスグリルグランデ 引き出し式ロストル

¥12,698 税込

コールマン(Coleman) コンロ クールステージテーブルトップグリル

コールマン(Coleman) コンロ クールステージテーブルトップグリル

¥3,397 税込

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダーステンレスグリル 引き出し式ロストル

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダーステンレスグリル 引き出し式ロストル

¥7,486 税込

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ L 引き出し式ロストル 5~6人用

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ L 引き出し式ロストル 5~6人用

¥15,378 税込

コールマン(Coleman) ツーバーナー 120thアニバーサリー 413H@パワーハウスツーバーナーストーブ レッド

コールマン(Coleman) ツーバーナー 120thアニバーサリー 413H@パワーハウスツーバーナーストーブ レッド

¥54,048 税込

コールマン(Coleman) シングルバーナー シングルガスストーブ120A OD缶専用

コールマン(Coleman) シングルバーナー シングルガスストーブ120A OD缶専用

¥8,399 税込

コールマン(Coleman) アウトランダー マイクロストーブ

コールマン(Coleman) アウトランダー マイクロストーブ

¥8,221 税込

コールマン グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

コールマン グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

¥36,455 税込

コールマン(Coleman) バーナー パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド

コールマン(Coleman) バーナー パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド

¥9,878 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

【ニトリ・しまむら・無印】敷布団シーツのおすすめ人気ランキング10選!ゴム付きなどが便利
敷布団はそのまま使って汚れるとクリーニングが大変です。汚れ防止や肌触りのことを考え、カバーとなる敷布団シーツの使用が欠かせません。そこで今回は、敷布団シーツの魅力や選び方、おすすめブランドや人気商品1...
インテリア・家具 90view
【ニトリ・しまむら・ダイソー】円形クッションのおすすめ人気ランキング10選!ニトリのダリアクッションがコスパ良し
座面が円形状の椅子を使っている場合、四角クッションよりも円形クッションの方がおさまりが良くなります。また、円形クッションの中には真ん中に穴の開いたドーナツ状の物もあり、お尻に悩みを抱えている方や腰痛な...
インテリア・家具 96view
【ジータ・eko】自動ゴミ箱のおすすめ人気ランキング10選!横開きタイプやスリムなものなども
フタ付きのゴミ箱は、臭い漏れなどがせず便利なものの、捨てるたびに開閉が面倒という方もいるでしょう。こんなとき、自動でフタが開閉する自動ゴミ箱があれば便利に使えます。そこで今回は、自動ゴミ箱の魅力や選び...
インテリア・家具 73view
【ニトリ】四角クッションのおすすめ人気ランキング10選!フロアクッションなども
クッションにはいろいろな形状のものがありますが、中でも四角クッションは床に直置きして座布団代わりに使うのにもおすすめです。四角クッションはブランドやメーカーによっても硬さや高さなどが違うので、好みのも...
インテリア・家具 105view
【ニトリ・IKEA】安いラグのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれな北欧風なども
インテリアに飽きてきたからイメチェンしたいと思っても、家具の買い替えには労力と経済力が必要です。気軽に模様替えをしたいのであれば、安いラグを使って気分転換してみましょう。安いラグであれば、家計を圧迫す...
インテリア・家具 140view