2022年02月09日更新

【ワークマン・コミネ】電熱ウェアのおすすめ人気ランキング10選!バイクでも暖かく過ごせる

電熱ウェアは、バイクでのツーリングに便利なアイテムです。電熱ウェアは、冬場のアウトドアでも、暖かく過ごせるからです。とはいっても数多くある電熱ウェアから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある電熱ウェアを紹介します。ぜひ、お気に入りの電熱ウェアを見つけてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

電熱ウェアとは?


電熱ウェアとは、冬のバイクでのツーリングや釣りを快適に行うためのおすすめアイテムです。寒い冬はを快適に過ごすためには、どうしても服を何枚も重ね着してしまうでしょう。しかし、そうすると、動きづらくなってしまいます。電熱ウエアを着こむだけで、何枚も重ね着する必要がありません。体が重くなることもなく、快適に過ごせるでしょう。外に出ることが苦痛ではなくなります。おしゃれなデザインもあるので、購入しておいて損はありません。

電熱ウェアの魅力とは?

電熱ウェアの魅力は、寒い冬でも快適に過ごせる点でしょう。何枚も厚着をする必要がなく、動きやすい点でも、バイクのツーリング・釣りなどに最適です。寒さで体が冷えて、動きが悪くなることを防ぎます。冬場のアウトドアシーンのみならず、通勤通学にも便利です。また、冬の高速道路ツーリングも快適に過ごせるでしょう。高速道路での走行は、スピードが出ていることもあり、寒さは格別です。電熱ウエアがあると、凍えることもありません。

電熱ウェアの選び方

電源方式で選ぶ

電熱ウェアの選び方1つ目は、電源方式で選ぶことです。車載バッテリー式は、車やバイクなどのバッテリーに接続する方法を指します。常時接続されていることで、電熱ウェアを長時間使用することができ、充電が切れる心配がありません。モバイルバッテリー式は、USBで給電ができます。USBケーブルでつないで給電することで、バッテリーが上がる心配もなく、手間もかかりません。パソコンがあれば、気軽に接続できるでしょう。

機能性で選ぶ

電熱ウェアの選び方2つ目は、機能性で選ぶことです。水洗いができるタイプであれば、汚れたらすぐに洗うことができます。とくに釣りや登山などアウトドアで使うときは、手軽に手洗いができると便利です。また、温度調整が自動か手動かでも違ってきます。温度を3段階・5段階と調整できれば、周りの温度に合わせて変更できるでしょう。できるだけ価格を抑えたいのであれば、手動タイプがおすすめです。そして、できるだけ動きやすい・身軽に着用したいのであれば、軽量タイプを探してみましょう。

デザイン・タイプで選ぶ

電熱ウェアの選び方3つ目は、デザイン・タイプで選ぶことです。家の中で気軽に着たいのであれば、ベストタイプがよいでしょう。袖がないので寒いイメージがありますが、コートなどを上から羽織ることができるので問題ありません。ジャケットタイプであれば、上からコートを着る必要がなく、厚着しなくても済みます。また、ジャケットタイプは綿素材で作られているため、柔らかくて着心地もよいでしょう。とくに冷え性の人は、ジャケットタイプで探してみてください。

電熱ウェアのおすすめブランド・メーカーは?

ワークマンの電熱ウェア


ワークマンの電熱ウェアは、知名度が高い作業着メーカーから販売されているウェアです。最近では「ワーク女子」という言葉が生まれるほどの人気があります。何よりも普段使いしやすいデザインが、話題の理由でしょう。ビジネスシーンを始め、日常生活でもおしゃれに着ることができます。そして、何よりも価格が3千円台とリーズナブルなのも、ランキングや口コミでも注目度NO.1です。カジュアルデザインとして選ばれています。

コミネの電熱ウェア


コミネの電熱ウェアは、品質のよさで定評があります。電熱ウェアの品揃えはトップクラスで、用途に合わせて選べるのが魅力ポイントでしょう。車載電源タイプなどもあり、ドライブ用として使いたい人に最適です。その上、品質だけでなく、コスパ力の高さにも脱帽でしょう。電熱ウェア初心者にとってもおすすめの商品で、自分用としてだけでなく、バイクでのツーリングや釣りなどアウトドアを好む人へのプレゼント用としても喜ばれること間違いありません。

電熱ウェアのおすすめ人気ランキング10選

ここからは電熱ウェアのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りの電熱ウェアを見つけてみてくださいね!

第10位:マキタ(Makita) 充電式暖房ベスト


電熱ウェアのおすすめ人気ランキング第10位は、マキタ(Makita) 充電式暖房ベストです。首元に発熱体を搭載していることで、しっかりと暖まります。肌に密着して使えるので、インナーとしても使えるでしょう。裏地はフリース素材になっていることでより暖かさを実感可能です。ファスナーなWファスナーになっており、暖かさを逃がしません。バッテリー収納ポケットは、腰部分に付属しており、邪魔になりにくい設計です。

第9位:DeliToo 電熱ベスト


電熱ウェアのおすすめ人気ランキング第9位は、DeliToo 電熱ベストです。ポリエステル100%で軽く、9か所に加熱ヒーターを内蔵しているので、とても暖かく過ごせます。また、男女兼用タイプで、家族全員で使えるのも魅力ポイントです。高温・中温・低温の3段階仕様になっています。そして、30000mAhと大容量のバッテリーを搭載しており、別にモバイルバッテリーが必要ありません。バッテリーを外して洗濯機で洗うことができます。

第8位:A-RAY 電熱服レディース


電熱ウェアのおすすめ人気ランキング第8位は、A-RAY 電熱服レディースです。女性向けの電熱ウェアで、少し細身に作られています。そのため、動きやすく、それでいて暖かいのが特徴です。釣りや登山などでも使えますが、普段のショッピングなどでも大活躍します。冬場に体を冷やしたくない人にぴったりでしょう。女性は冷えによる体調不良になりやすく、まさに理想的なウエアです。また、軽量で着ていても違和感がなく、窮屈に感じません。

第7位:A-RAY ヒーターベスト


電熱ウェアのおすすめ人気ランキング第7位は、A-RAY ヒーターベストです。袖がなく、薄くて動きやすいのが特徴的でしょう。とくにジャンバーだけでは寒いと感じるところで着用するのに適しています。首回りまでしっかりとフィットするため、マフラーを巻く必要はありません。とにかく体を冷やしたくない人にぴったりです。釣りや登山などの寒さ対策になりますが、通勤や通学など普段着としても重宝します。色んなシーンで使えるのがポイント大です。

第6位:クロダルマ ヒーターベスト


電熱ウェアのおすすめ人気ランキング第6位は、クロダルマ ヒーターベストです。ヒーター収納ポケットに入れて暖めることができます。前後に反射プリントを施しており、夜道でも安全に使用可能です。軽くて動作がしやすく、サイズバリエーションも豊富に揃っています。そのため、自分の体にフィットしたタイプを選べるでしょう。もちろん、モバイルバッテリー式で、釣りや登山などアウトドアでも手軽に使うことができます。ブラックカラーのウェアは、スタイリッシュでおしゃれです。

第5位:GUKEA 電熱ベスト


電熱ウェアのおすすめ人気ランキング第5位は、GUKEA 電熱ベストです。性別関係なく着用することができるため、家族で使えます。また、モバイルバッテリーを搭載しており、外出先などどんな場所でも手軽に使えるでしょう。8枚の加熱シートが体中を温めてくれます。保温機能がバツグンであり、水洗い可能で普段着と同じように、家庭用洗濯機で洗えて便利です。とくにお腹周りがポカポカします。お腹が冷えやすい人に最適な電熱ウェアと言えるでしょう。

第4位:Gearmart 電熱ベスト


電熱ウェアのおすすめ人気ランキング第4位は、Gearmart 電熱ベストです。モバイルバッテリー式なので、使う場所を選ばず、外出先でも手軽に使えるでしょう。通勤通学だけでなく、冬場の登山や釣りなどにも対応しています。また、3段階温度調整が可能で、どんなに寒い環境でも使用可能です。そして、発熱は10秒と短く、サッと暖まりたい人にも適しています。水洗いもでき、いつでも清潔な状態で使用できるのもポイント大です。

第3位:Vinmori 電熱ジャケット


電熱ウェアのおすすめ人気ランキング第3位は、Vinmori 電熱ジャケットです。モバイルバッテリー式の電熱ウェアで、電源スイッチは3段階切り替えができます。好みの暖かさに調整ができるのが魅力ポイントでしょう。寒い時期での登山や釣りは、寒さが厳しいです。そんなときに着用することで心地よく、快適に過ごせます。また、水洗いも可能で、こまめに洗えばいつでも清潔に保ててキレイです。素材も柔らかく、加熱をしないで着ていても暖かく過ごせます。

第2位:scosao 電熱インナー 電熱ウェア


電熱ウェアのおすすめ人気ランキング第2位は、scosao 電熱インナー 電熱ウェアです。インナータイプなので、しっかりと体にフィットします。男性用・女性用がありますが、ほかにもカラーバリエーションがあって、好みに合わせて選べるのも魅力ポイントです。素材に日本製カーボン繊維を使っており、保温性にも優れています。しっかり体の中から暖まりたい人にぴったりでしょう。上下セットでの販売で、全身が暖まるのもポイント大です。

第1位:AOSNTEK 加熱ベスト


電熱ウェアのおすすめ人気ランキング第1位は、AOSNTEK 加熱ベストです。ポリエステル素材で、とても軽くて着やすいのが特徴的でしょう。体を暖めるだけでなく、血行を促したり疲れにくいといった効果が望めます。また、5つのヒーターがついていることで、約5秒で一気に加熱可能です。そして、手洗い・洗濯もできるため、汚れてもこまめに洗濯をすれば、いつでも清潔に保つことができます。サイズも自由に調整が可能で、家族全員で使えて便利です。

電熱ウェアの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、電熱ウェアのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

電熱ウェアで暮らしをもっと快適に

いかがですか。電熱ウェアは、釣りや登山のときに重宝するウェアです。電熱ウェアがあると、冬のアウトドアでも快適に過ごせるでしょう。寒さ対策のためにも、ぜひ、お気に入りの電熱ウェアを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事の商品一覧

マキタ(Makita) 充電式暖房ベスト

マキタ(Makita) 充電式暖房ベスト

¥24,108 税込

DeliToo 電熱ベスト

DeliToo 電熱ベスト

¥4,500 税込

A-RAY 電熱服レディース

A-RAY 電熱服レディース

¥6,580 税込

A-RAY ヒーターベスト

A-RAY ヒーターベスト

¥3,980 税込

クロダルマ ヒーターベスト

クロダルマ ヒーターベスト

¥4,500 税込

GUKEA 電熱ベスト

GUKEA 電熱ベスト

¥7,758 税込

Gearmart 電熱ベスト

Gearmart 電熱ベスト

¥10,677 税込

Vinmori 電熱ジャケット

Vinmori 電熱ジャケット

¥3,850 税込

scosao 電熱インナー 電熱ウェア

scosao 電熱インナー 電熱ウェア

¥7,480 税込

AOSNTEK 加熱ベスト

AOSNTEK 加熱ベスト

¥2,980 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連キーワード

おすすめの記事

口コミで評判のニトリのフィットシーツのおすすめ人気ランキング10選!よく伸びて付け外しが簡単
ニトリのフィットシーツは、オリジナリティに富んださまざまな商品が人気です。素材や特徴も豊富で、カラーやサイズもそろっているから、家族全員自分のお気に入りのフィットシーツを購入できます。ここでは、ニトリ...
インテリア・家具 92view
口コミで評判のフィールドアのテントのおすすめ人気ランキング10選!リーズナブルでコスパ最強
フィールドアのテントは、キャンプ初心者でも手軽に扱えると話題です。フィールドアのテントは、ワンタッチテントやソロキャンプにおすすめの小型テントなど揃っているからです。とはいっても数多くあるフィールドア...
スポーツ・アウトドア 85view
口コミで評判のビジョンピークスのテントのおすすめ人気ランキング10選!2ルームテントのクアトロがコスパ最強
ビジョンピークスのテントは、コスパが期待できておすすめです。ビジョンピークスのテントは、機能性やデザイン性に富んでいながら、低価格を実現できるからです。とはいっても数多くあるビジョンピークスのテントか...
スポーツ・アウトドア 85view
コクヨのオフィスチェアのおすすめ人気ランキング10選!定番人気のウィザード3やイングなども
在宅勤務が注目される中、椅子選びも関心を高めています。自宅で仕事する機会が多くなったのをきっかけに、コクヨオフィスチェアへの関心を高めている方は、こちらでご紹介する商品に目を通してみてはいかがでしょう...
インテリア・家具 56view
口コミで評判のケシュアのテントのおすすめ人気ランキング10選!2秒で設営できる「2seconds」がコスパ最強
ケシュアのテントは、キャンプ初心者にもおすすめのアイテムです。ケシュアのテントは、スピーディに設営できる上、低価格のものが揃っているからです。とはいっても数多くあるケシュアのテントから選ぶのは大変です...
スポーツ・アウトドア 53view