2022年02月16日更新

【カインズ・コーナン・ザバーン】防草シートのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリットも紹介

雑草はいくら抜いても再び生えてきます。除草処理は本当に大変な作業の1つです。そこでおすすめなのが防草シートです。ただ敷くだけで雑草対策ができてしまうので人気があります。そこで今回は、おすすめな防草シートを紹介しながら選ぶポイントも解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

防草シートの魅力とは?


防草シートを使うと、長期間での草刈りの手間を省くことができるため、人力での負担が掛からないのが魅力といえるでしょう。また、除草剤も必要ないため、土壌への影響を及ぼさない効果も期待できます。普段の除草作業は、そのための時間を取らなければなりませんが、一切の手間がなく自然と雑草を処理できます。

防草シートのメリットとデメリットは?

防草シートのメリットは?

防草シートの最大のメリットは、なんといっても費用が安く済むコスパ面の高さです。ただその場所へ敷いておけばよいので手軽で、その土地は再利用もでき.ます。また、除草剤や草刈り機を使用するよッリも安全性が高いこともあげられます。防草シートは敷設しやすくて比較的に長持ちするのでおすすめでしょう。

防草シートのデメリットは?

一見すると魅力的な防草シートですが、実際にはデメリットも生じます。まずは、見た目のデザイン性に優れた商品が少なく、設置した姿はあまりおしゃれではありません。また、手間は掛からないといいつつも、敷く作業のことは考えなくてはなりません。敷き方を間違えてしまうと、内側に虫が棲みついてしまうことも考えられます。他にも、忘れた頃、数年ごとに敷き替えもしなくてはならないこともデメリットです。

防草シートの敷き方・使い方は?

防草シートを敷く場合、一定の工具が必要になります。まずは本体のシート、その他に固定ピン・金槌・粘着テープ・カッターなどを用意します。最初に敷きたい土地をならす下準備です。事前に除草しでこぼこしたものを除去しておきましょう。次に、敷きたい場所へある程度の目安でシートを広げて範囲を決めていきます。不要な部分はカッターで切って調整します。決まったら上からシートを固定するためピンを打っていきます。最後に重なったシート部分などに粘着テープを貼っていけば完成です。

防草シートの値段相場は?

防草シートの価格相場は、商品の幅と長さなどのサイズ・品質によってかなり違いが生じています。まずは1m×25mの範囲での相場を考えたほうがよいでしょう。この防草シートの範囲であれば1枚50円の安いものから3000円近くまでの高額なものまでピンキリな相場といえます。購入できる場所はカインズ・コーナンといったホームセンターを主流に、amazonや楽天でのネット通販、業者向け用ショップなどバラエティに富んでいます。

防草シートの選び方

使用方法から選ぶ


使い方の方法別で防草シートを選ぶことができます。その種類としては、むき出しのまま使用する方法・砂利下に使用する方法・植栽して使用する方法があげられます。どのような環境や条件下で防草シートを設置したいのかを、あらかじめ調べた上でどれかを選ぶようにしましょう。

使用場所から選ぶ


防草シートを敷きたい場所の環境や状態を知った上で、防草シートを選択する方法もあります。日が当たらない場所なのか、それとも風が吹き抜ける場所、あるいはや車の目立つ場所か、もしくは全くの空き地であることも考えられます。

雑草の種類から選ぶ


防草シートを敷きたい場所には、既にどのような種類の雑草が生えているのでしょうか?防草シート選びで重要なことは、駆除したい雑草の種類を知ることです。ちなみに雑草の種類としては、スギナ、イネ科などの強害雑草・背丈の低い葉の形が丸い雑草・ツル性の雑草・笹や竹が生える場所などがあります。

防草シートのおすすめブランド・メーカーは?

カインズの防草シート


ホームセンターのカインズには、防草シートが豊富に販売されています。高密度に編み込まれた素材で、耐用年数は4~5年と比較的に長いのも特徴です。通常の防草シートの約2倍長持ちするとされています。しかも界面活性剤が塗布されているため透水性が高く、雨でも水が溜まりにくく水はけがよいメリットもあります。値段も手ごろなのでおすすめです。

ザバーンの防草シート


防草シートの代表格ともいえるのが、ザバーンの製品です。米国デュポン社によって開発された商品で、ポリプロピレン製の太い繊維は強度・親水性・耐候性があります。液体肥料も通しやすい特徴があります。公園や高速道路といった公共施設での除草用シートしても活躍中です。

コーナンの防草シート


ホームセンターのコーナンでも、防草シートが販売されています。雑草の生えにくいように丈夫な厚手な生地です。しかもハサミでも簡単に切れるため、自分のお好みなサイズがにすることが可能です。

防草シートのおすすめ人気ランキング10選

ここからは防草シートのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りの防草シートを見つけてみてくださいね!

第10位:デュポン 防草シート ザバーン


0.64mmの厚みで太い不織布繊維による防草シートです。デュポン社の4層構造によって必要な水や空気・肥料だけを通せる仕組みです。ポリプロピレン製なのでハサミで簡単に切れます。初心者でも扱いやすくておすすめの商品といえるでしょう。サイズのバリエーションも豊富に揃っています。

第9位:東レ防草シート アクスター


繊維メーカーの大手である東レが独自の技術を使って開発した防草シートです。ポリエステル100%による長繊維不識布で、イネ科の雑草でもシートを突き破って生えることがなく、確実な防草効果を発揮してくれます。通気性・透水性・耐候性・土壌のセパレーション効果・根域制限効果などがすべて期待できる商品でしょう。

第8位:日本ワイドクロス 防草アグリシート

BK1515120 日本ワイドクロス 防草アグリシート

即効透水性加工により水はけがよいのが特徴です。ぞのため泥跳ねやぬかるみができにくい構造になっています。耐久力や保湿にも優れて敷いた場所をすっかりと落ち着かせてくれます。ビニールハウスなどでも利用できます。

第7位:デュポン プランテックス グリーンフィールド

デュポン プランテックス グリーンフィールド

4層スパンボンド不織布を採用した防草シートです。貫通抵抗力は既存品の15%強化され、耐久力が向上されています。砂利の沈殿の防止効果も期待できます。とくに、わだち・路盤の変形をも防止することが可能です。

第6位:シンセイ 防草シート 2x100m


コスパ面で防草シートを選びたい方におすすめする商品です。その分、耐久年数・遮光率は他の商品よりも劣りますが、まずは気軽に利用する目的ならこの商品で十分です。通気性・透水性も備わっています。家庭菜園などでの利用に向いているでしょう。

第5位:アストロ 防草シート グリーン


庭先での簡単な雑草対策にぴったりの防草シートです。1×10mとサイズも手ごろです。高密度不織布による96.7%の遮光性で雑草の繁茂を防ぎます。厚みwもった太い繊維で多層になっているため強度があり。根を張った雑草も抑制します。しかも水・空気液体肥料といった必要なものは通せる仕組みです。

第4位:キンボシ ファームガーデン 超強力防草シート

キンボシ ファームガーデン 超強力防草シート

高密度織りできめ細かく、厚みもあるので防草効果・対候性・耐久性があります。浸透性も高くて雨水や灌水でのぬかるみ防止にもなるでしょう。素材はポリプロピレンを採用し、扱いやすいのも特徴です。また作業効率がよい格子ラインも引かれているので便利です。

第3位:セフティー3(Safety-3) 防草シート 無草


ポリエステル繊維製の防草シートで、ニードルパンチ加工を施した2層構造の生地になっています。耐久性と柔軟性に優れているため、シートと地面とのすき間もできにくくなります。遮光率は99.99%とかなり高く、耐用年数は約10年になっています。カラーはグリーン。で、丈夫で扱いやすくおすすめです。

第2位:キンボシ 強力防草シート 抗菌剤入り


生地に抗菌剤を練り込まれた防草シートです。そのため、雑菌やカビの繁殖が防げます。透水性もあるので庭・花壇など活用範囲が広いのも特徴です。遮光率は99.8%と高めな設定で、シートのカッティングもしやすいようにグリーンのラインが引かれています。コスパにも優れた防草シートです。

第1位:MARSOL 草よけシート ナチュラル 0.5×10m


全面が自然な色合いになった防草シートです。紫外線に強い耐候性強化ポリプロピレン不織布を採用しています。また、ほつれ防止加工がされていつつも、ハサミできれいにカットして使用が可能です。とくに勝手口通路や物干し場などに水場や泥はねしやすい箇所に最適です。サイズは0.5×10mで、1人でも設置しやすい手頃さなのも魅力です。

防草シートの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、防草シートのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

防草シートで暮らしをもっと快適に

いかがでしたでしょうか?防草シートは、あらゆる箇所で合理的に使えるものが多く、しかも初心者でも扱いやすい加工がされているのも特徴です。除草効果だけではなく水はけの効率を考えて使うこともできます。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

この記事の商品一覧

防草シート ブラック
防草シート ブラック
ザバーン防草シート240グリーン
ザバーン防草シート240グリーン
コーナンの防草シート
コーナンの防草シート
デュポン 防草シート ザバーン
デュポン 防草シート ザバーン
東レ防草シート アクスター
東レ防草シート アクスター
BK1515120 日本ワイドクロス 防草アグリシート
BK1515120 日本ワイドクロス 防草アグリシート
デュポン プランテックス グリーンフィールド
デュポン プランテックス グリーンフィールド
シンセイ 防草シート 2x100m
シンセイ 防草シート 2x100m
アストロ 防草シート グリーン
アストロ 防草シート グリーン
キンボシ ファームガーデン 超強力防草シート
キンボシ ファームガーデン 超強力防草シート
セフティー3(Safety-3) 防草シート 無草
セフティー3(Safety-3) 防草シート 無草
キンボシ 強力防草シート 抗菌剤入り
キンボシ 強力防草シート 抗菌剤入り
MARSOL 草よけシート ナチュラル 0.5×10m
MARSOL 草よけシート ナチュラル 0.5×10m
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

【ワークマン・サーモス・コールマン】保冷リュックのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれなものやアウトドアなど
アウトドアや普段の買い物などのシーンで食材や飲み物を冷えた状態で持ち歩きたい場合には保冷バッグなどがおすすめですが、背負うことができる保冷リュックは両手が使えるので荷物が多い場合やお子様と手を繋ぎたい...
ファッション
【100均・ダイソー・セリア】ホットケーキ型のおすすめ人気ランキング10選!メリットや代用品なども
ホットケーキをきれいな形で焼いてみたり、シンプルな丸い形状以外のものを焼いてみたいと考えたことはありませんか。ホットケーキ型を使用することでバラエティに富んだホットケーキを楽しむことができますよ。メー...
調理器具
【ダイソー・セリア・カインズ】シュレッダーはさみのおすすめ人気ランキング10選!ニトリや無印も
シュレッダーはさみは、使い勝手が良くておすすめです。シュレッダーはさみは、通常のシュレッターよりも大幅にコンパクトで場所を取らないからです。とはいっても数多くあるシュレッダーはさみから選ぶのは大変です...
インテリア・家具
【ダイソー・無印・ニトリ】使い捨てサニタリーボックスのおすすめ人気ランキング10選!100均で買える?
使い捨てサニタリーボックスは、いつでも清潔に保つことができておすすめです。使い捨てサニタリーボックスは、1回だけ使うタイプだからです。とはいっても数多くある使い捨てサニタリーボックスから選ぶのは大変で...
日用品・生活雑貨
【100均ダイソー】ラゲッジタグのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれかわいいものなども
ラゲッジタグは、旅行や出張などで空港を利用するときに便利なおすすめアイテムです。ラゲッジタグは、たくさんある荷物の中で目印になり、取り違えや紛失のときに便利だからです。とはいっても数多くあるラゲッジタ...
生活雑貨・日用品
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング