2022年02月16日更新

【ブロンクス・カインズ・パナソニック】ファットバイクのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリットも

通常の自転車と比較しても、かなりタイヤの幅が大きいタイプの自転車を見かけたことはありませんか?それはファットバイクと呼ばれている種類です。タイヤが太い分の安定性やオフロードでも対応できるメリットがあります。今回は、おすすめなファットバイクについての特集です。ぜひ参考にしてみてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

ファットバイクとは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ファットバイクには、明確な定義が定められてはいませんが、概ねでタイヤの太さ が4インチ以上あるものとされています。しかもクロスバイクや・マウンテンバイクと同じ形状の自転車を指します。そのため、オフロードでの走行も考えて作られ、アウトドアでの活用が可能です。通常のマウンテンバイクのタイヤが2inchなところ、ファットバイクの平均は4inch なので2倍はあります。衝撃はタイヤによって吸収できるのが特徴の1つです。

ファットバイクのメリットとデメリットは?

ファットバイクのメリットは?

ファットバイクのメリットはなんといっても安定感の良さです。悪路や雨の日など滑りやすい場所・砂利道・雪道・浅い川でも走行することができます。とくに山中でのアウトドアに最適です。また、雪が降る地域にお住まいの方に役立つでしょう。一般的なクロスバイクやマウンテンバイクといったスポーツタイプよりもボディは頑丈になっているのもメリットでしょう。

ファットバイクのデメリットは?

ファットバイクのデメリットは、希少なタイプの自転車であることです。そのため、パーツや部品の交換や費用の負担が、通常の自転車よりも掛かる点です。中でもタイヤへの空気注入は、入れる量も多いので時間が掛かるでしょう。また、ファットバイクは車輪を固定するタイプの駐輪場に対応できないのもデメリットです。ロックできる大きさや場所の確認をしておく必要があります。

ファットバイクはコストコで買える?

ファットバイクは、コストコでも販売されていて購入が可能です。コストコでは、「ノースロック 26×4インチ ファットバイク XC00」という車種が売られています。18インチの軽量オールアルミフレーム製で、軽くて強くてさびないのが特徴です。メンテナンスもしやすい車種でしょう。

ファットバイクの選び方

タイヤの太さで選ぶ


ファットバイクのはタイヤ幅によって選びましょう。タイヤの太さで性能も変わってきます。3〜5インチまでのものならラインナップもいろいろあります。走行性・操作性に優れているでしょう。中でも操作性・安定性を両立させたいのなら4インチがおすすめです。初心者にも適しています。中級者以上や険しい道で使いたいのなら5インチのファットバイクをチェックしておきましょう。

フレーム素材で選ぶ


ファットバイクではフレームの素材から選びましょう。ファットバイクのフレーム素材はクロモリ・アルミ・カーボンの3種類です。クロモリはスチール合金で振動吸収性に優れ、耐久力もあります。アルミフレームは軽量で丈夫、価格もリーズナブルです。カーボンは最も軽くて衝撃吸収性に優れた素材です。

ホイールの大きさで選ぶ


ファットバイクはホイールの大きさもチェックしておきましょう。タイヤが大きいため通常のマウンテンバイクなどと比べて機敏さがありません。そのため、使用するシチュエーションを考慮してホイールの大きさを考えるべきでしょう。街乗り中心ならコントロール性を重視したいところです。なるべく小ぶりなものを選ぶことです。基準としては26インチ以下が目安となります。あまり小ぶりすぎてもファットバイク本来の走行機能に欠けてしまいます。

ファットバイクのおすすめブランド・メーカーは?

ブロンクスのファットバイク


ブロンクスは、クルーザーバイクのブランドである「RAINBOW CRUISERS」からリリースされているファットバイクのモデルブランドです。アメリカ製バイクの代表格といってもよいでしょう。多くの場合、ファットバイクといえばブロンクスの製品のことを指すといえます。バリエーションも豊富にラインアップされ、電動式のファットバイクも揃っています。

カインズのファットバイク


ホームセンターのカインズでもオリジンルなファットバイクが販売されています。サイズは26インチで、タイヤは3インチのものとなています。カラーはシックなブラックやカーキーになりますが、価格帯もリーズナブルなのでおすすめです。

パナソニックのファットバイク


パナソニックでは、従来の電化製品の技術を生かして、電動アシスト自転車の商品化もしています。その中でもタイヤ幅のあるファットバイク風な自転車も開発されています。とくにMTBタイプのe-bike「XM-D2」などが注目されています。

ファットバイクのおすすめ人気ランキング10選

ここからはファットバイクのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのファットバイクを見つけてみてくださいね!

第10位:アイゼル ファットバイク F120


コンパクトさが魅力なファットバイクです。7段変速に前後機械式ディスクブレーキ装備の安全性を誇ります。ゴールドホイールとタイヤの黒さが、絶妙なカラーコンビネーションになっています。20インチのコンパクトさでありつつ、適応身長は140~175cmと幅広さがあります。子供から大人まで楽しめるファットバイクです。

第9位:ハチスカ チャリンクス 26インチ バンバリ ファットバイク QR


コスパがよくてスタイリッシュなファットバイクです。26インチの標準サイズで、手頃な価格で購入できるのが魅力です。6段変速機はグリップ操作をしながら使えます。走行中のギアシフトが可能です。Vブレーキが採用されて制動性が高いのが特徴です。手軽なファットバイクをお探しの方におすすめです。

第8位:HUMMER マウンテンバイク 26インチ FAT BIKE TANK3.0‎


フレームカラーが選べるファットバイクです。26インチのタイヤで安定性抜群です。フレームはウェザリング塗装がされていて使うごとにヴィンテージな風合いになっていきます。おしゃれでスタイリッシュに街乗りしたい方におすすめできます。

第7位:BRONX 20DD 20インチ ファットバイク20BRONX-DD


ハンドルのカスタマイズも簡単なファットバイクです。シマノ製高速変速ギア搭載で、ギアをシフトもしやすいタイプです。ハンドルステムが4点止め構造なので、好みでつけ替えができます。フレームはハイテン鋼を使用し耐久性があります。カスタマイズを考えている人に最適です。

第6位:HUMMER FDB206FAT-BIKE


小ぶりながら3.0インチの太いタイヤを採用した、20インチのファットバイクです。Vブレーキを搭載して制御機能も抜群です。また、6段変速で走行もスムーズでしょう。工具を使用せずに折りたたみができるので、アウトドアなどでの持ち運びにも便利です。

第5位:Shengmilo MX21


電動アシスト機能と折りたたみ式の便利なファットバイクです。リチウム電池搭載の電動アシストタイプなので長距離運転が楽です。ハンドルのディスプレイは防水機能があり雨や雪にも強いのが特徴です。また小さく折りたため持ち運びや収納に便利です。旅行先でサイクリングをしたい方におすすめです。

第4位:XXCY R5 PLUS


電動アシスト付きファットバイクです。LGバッテリーと普通バッテリーの2種類から選択できます。タイヤサイズは26インチ、ディスクブレーキを採用しています。
また、シマノ製21段変速機なので。速度に応じて豊富なギアチェンジで走行できます。マウンテンバイク風で街乗りにも向いているスタイルです。安全性や機能性に優れているファットバイクといえるでしょう。

第3位:HUMMER ファットバイク TANK3.0


人気メーカーのハマー製ファットバイクです。タイヤサイズは26インチ、幅は3インチです。そのため操作性に優れています。ブレーキシステムはVブレーキを採用し6段ギア変速機で走行性もスムーズです。カラーバリエーションはブラック・イエローの2色、使い込めばヴィンテージ感が出るのも魅力です。

第2位:NENGGE ファットバイク


ギアをは27速というファットバイクです。速度に応じながらギア比調節が豊富にできます。ブレーキにはディクスブレーキを採用し安全を考慮したモデルといえるでしょう。フレームの素材はアルミを使用し軽さと丈夫さを誇ります。タイヤサイズは26インチ、幅は4インチとなっています。初心者に最適なタイプです。

第1位:CAPTAIN STAG ファットバイク 20インチ YG-230


人気アウトドアブランドの「キャプテンスタッグ」によるファットバイクです。タイヤ幅は4インチで安定感があります。20インチと小さいサイズで、子供でも使えるタイプです。フレームの素材にアルミを採用、軽量なので持ち運びもできます。7段変速ギアで街乗りや長距離移動にも適したファットバイクでしょう。

ファットバイクの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ファットバイクのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ファットバイクで暮らしをもっと快適に

いかがでしたでしょうか?ファットバイクは、一般的な自転車と比較してもまだまだ普及率が低いものの、一度使いだすと走行性や安定性など便利な側面が多い自転車です。アウトドアでも街乗りでも目立つのも魅力といえるでしょう。ぜひ検討してみてください。

この記事の商品一覧

BRONX 20DD 20インチ ファットバイク20BRONX-DD

BRONX 20DD 20インチ ファットバイク20BRONX-DD

¥46,200 税込

ファットバイク バンフ BANFF

ファットバイク バンフ BANFF

¥27,980 税込

アイゼル ファットバイク F120

アイゼル ファットバイク F120

¥39,900 税込

ハチスカ チャリンクス 26インチ バンバリ ファットバイク QR

ハチスカ チャリンクス 26インチ バンバリ ファットバイク QR

¥27,980 税込

HUMMER マウンテンバイク 26インチ FAT BIKE TANK3.0‎

HUMMER マウンテンバイク 26インチ FAT BIKE TANK3.0‎

¥34,595 税込

BRONX 20DD 20インチ ファットバイク20BRONX-DD

BRONX 20DD 20インチ ファットバイク20BRONX-DD

¥46,200 税込

HUMMER(ハマー) FDB206FAT-BIKE ブラック 20インチ

HUMMER(ハマー) FDB206FAT-BIKE ブラック 20インチ

¥36,740 税込

Shengmilo m80電動アシスト折り畳み自転車

Shengmilo m80電動アシスト折り畳み自転車

¥143,000 税込

XXCY R5 PLUS

XXCY R5 PLUS

¥185,800 税込

HUMMER ファットバイク TANK3.0

HUMMER ファットバイク TANK3.0

¥34,595 税込

NENGGE ファットバイク

NENGGE ファットバイク

¥17,800 税込

CAPTAIN STAG ファットバイク 20インチ YG-230

CAPTAIN STAG ファットバイク 20インチ YG-230

¥74,307 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連キーワード

おすすめの記事

【コンビ・ピッコロカーネ・カインズ】犬用バギーのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれ&コンパクトなものなど
犬用バギーは、手軽に犬の散歩ができて便利なアイテムです。犬用バギーは、犬を乗せて移動できるので、飼い主のペースで散歩ができるからです。夏の暑い時期なども、ワンちゃんの足がヤケドせず、気軽に散歩を楽しめ...
ペット用品
メダカ用水槽のおすすめ人気ランキング10選!水替え不要のものやおしゃれなものなども
メダカ用水槽は、メダカが健やかに育つ環境が整っているアイテムです。メダカ用水槽は、観察・掃除・お手入れがしやすいからです。とはいっても数多くあるメダカ用水槽から選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気の...
ペット用品
【ニトリ・mtg・オリバック】骨盤サポートチェアのおすすめ人気ランキング10選!効果や口コミなども紹介
骨盤サポートチェアは、骨盤を立たせて正しい姿勢をサポートできるアイテムです。骨盤サポートチェアは、椅子に座るだけで、無意識のうちに浅く座ったり前のめりになったりするのを防ぐことができるからです。とはい...
インテリア・家具
【西松屋・ニトリ・100均】ベビーチェアクッションのおすすめ人気ランキング10選!代用品なども紹介
ベビーチェアクッションは、赤ちゃんが椅子から滑らないので便利なアイテムです。ベビーチェアクッションは、まだ上手にお座りができないからです。とはいっても数多くあるベビーチェアクッションから選ぶのは大変で...
ベビー・キッズ
【100均・キャットアイ・ジェントス】自転車ライトのおすすめ人気ランキング10選!自動点灯するものやおしゃれなものなど
自転車ライトは、夜間の走行のときに欠かせないアイテムです。自転車ライトは、自転車走行において義務付けられており、適度な明るさが必要だからです。とはいっても数多くある自転車ライトから選ぶのは大変ですよね...
家電