2022年03月03日更新

【ニトリ・無印・100均】ハンガーフックのおすすめ人気ランキング10選!壁を傷つけないものやおしゃれなものなど

ハンガーフックがあれば、壁に設置するだけでコートやバッグ、カギなどを引っかけることができるので何かと便利です。そこで今回は、ハンガーフックの魅力や選び方、おすすめブランドや人気商品10選などについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

ハンガーフックの魅力とは?


ハンガーフックは、ブランドやメーカーによってはウォールハンガーと呼ばれることもある、壁用収納グッズの一つです。たとえば玄関回りにコートやバッグをかけたいけれど、洋服掛けを置くスペースはないといった場合にも使えます。壁に取り付けるだけで、衣類やカギなどをコンパクトに収納できるので便利です。キッチンの調理台横に設置すれば、フライパン返しやおたまなど、調理に必要なグッズをさっと手の届く場所に用意できます。

ハンガーフックの選び方

設置方法で選ぶ


ハンガーフックを選ぶときは、その設置方法に注目してみましょう。たとえばネジで壁に固定するタイプであれば、しっかりと接着できるので重たいコートなどをかけても落ちてくる心配が少なくて済みます。しかし賃貸物件の場合、壁に穴があけられないので要注意です。強力な両面テープで接着するタイプであれば、壁は傷つきませんが、あまり重たいものはかけられないというデメリットがあります。ピンタイプであれば、穴が小さくて済むのdえ、サイズによっては賃貸物件での設置も可能です。

フックの数で選ぶ


ハンガーフックはフックの数で選ぶことも大切です。何をかけたいのかによっても必要なフックの数は変わってきます。カギを引っかけたいのであれば、家族分のカギがかけられるフック数を選びましょう。キッチンで調理器具をぶら下げたいのであれば、まずどの器具を引っかけたいのか、その数を数えてみてください。フックの数が増えれば増えるほど、横幅を取るのでよく検討しましょう。衣類に使う場合は、家族分に1~2個分多めだと、来客時にも便利です。

耐荷重や機能性で選ぶ


ハンガーフックは、その耐荷重や機能性に着目してみましょう。両面テープタイプは耐荷重が軽い商品が多いので要注意です。ピンやネジタイプであれば、ジャケットなどもかけられることがほとんどです。ハンガーフックの上が棚のようになっていれば、そこにちょっとした小物をのせることができるので、玄関回りなどで便利に使えます。フック部分が可動式であれば、かけるものの幅によってフックの位置がずらせるので使い勝手もよいでしょう。

ハンガーフックのおすすめブランド・メーカーは?

100均のハンガーフック


100均には、壁に粘着テープで装着できる1個タイプのハンガーフックや棚などの出っ張りに挟んでネジで固定できるハンガーフック、ネジで設置するタイプなど、いろいろ揃っています。ダイソーやセリア、キャン★ドゥなどブランドによってもラインナップが違うので、いろいろな100均を覗いて、ニーズに合ったものを探してみましょう。

ニトリのハンガーフック


ニトリにはネジで壁に取り付けられるハンガーフックがあります。木製なので、ナチュラルテイストのインテリアとの相性が良いほか、比較的どんな部屋にも合わせやすい色合いです。玄関で便利に使っているという購入者も多いようです。 

無印のハンガーフック


無印は一つタイプのハンガーフックや、三連タイプのハンガーフックがあり、単体もしくは組み合わせて使うのも一案です。三連タイプは、フックを使わないときは内部に畳めるので、飛び出たフックでケガをすることもありません。上部には溝があるので、衣類をかけたハンガーを引っかけてぶら下げることもできます。一つタイプも三連タイプも、ともに石膏ボードに取り付け可能なので、これまでハンガーフックを壁に設置することをあきらめていた方も気軽に使えます。

ハンガーフックのおすすめ人気ランキング10選

ここからはハンガーフックのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのハンガーフックを見つけてみてくださいね!

第10位:Techsea 粘着フック


強力な接着テープで壁にぴったりと付けられるフックです。一つタイプなので、必要な数だけ並べて設置することができます。木製のおしゃれなデザインで、コートやバッグはもちろん、仕事机の横に設置して必要なケーブルなどをかけて使うのにも便利です。防水性に優れているので、バスルームや洗面所など湿度の高い場所での使用も可能です。耐荷重は約10㎏となっているので、男物のコートや革製バッグなどもかけられます。

第9位:ドウシシャ(DOSHISHA) 壁掛けフック


ピンで取り付けられるハンガーフックなので、賃貸物件でも目立つ穴をあけることなく快適に使えます。しっかり固定したい場合はネジでの設置も選べるので、各部屋のニーズに合わせられます。サイズは幅40×奥行10×高さ10cmで、5つのフック付です。耐荷重は3kgとなっているので、よほど重たい雑貨を置かない限り安心して引っかけたり物を置いたりできます。フックと棚が一体化した商品なので、玄関やキッチンなどで便利に使えることでしょう。

第8位:超強力 フック粘着 6本パック


強力な接着力で知られている3Mの両面テープが付いたステンレス製フックが6本セットになった商品です。耐荷重は1.5㎏あるので、ジャケットやキッチン雑貨、折りたたみ傘などをかけるのにもおすすめです。シンプルでスタイリッシュなデザインなので、どんなインテリアとも相性がよく場所を選ばずに活用できます。6本あるので、家のあちらこちらにフックを接着し、スペースの節約となる壁収納を始めてみましょう。

第7位:umbra 壁掛けフック ウォールハンガー


洗練された印象の流線形デザインの壁掛けフックは、フック部分を内部に収納できるのでコンパクトに使えます。フックは5つついているので、玄関に設置してジャケットやコートの一時置き場としても活躍します。サイズは幅50.8×奥行き3.5×高さ7cmとなっており、壁に設置しても邪魔になりません。耐荷重はフック一つにつき約2㎏なので、バッグやスプリングコートなどもかけられます。ほかにも同シリーズでフックが3つタイプと8つタイプがあるので、チェックしてみましょう。

第6位:umbra 壁掛けフック


まるで木片をランダムに壁に並べたオブジェのような印象を放つ、おしゃれな壁掛けフックです。サイズは幅46×奥行き3×高さ18cmあり、耐荷重は一つのフックにつき1.5㎏となっています。フックは全部で5つ付いているので、これ一つあれば、玄関で脱いだ衣類をコンパクトに収納できます。フックはフリップ式になっているので、使わないときは壁掛けフック自体がまるで一枚の美術品のように見えるので、生活感を漂わせたくない方にもおすすめです。

第5位:YTK 壁掛けフック 木製 壁掛けハンガー


丈夫なオーク材を使った、ネジで壁に固定するタイプの壁掛けフックです。反り返ったようなデザインの木片はナチュラルカラーで、北欧風インテリアとの相性も抜群です。フックのサイズは幅3.8×奥行き1×高さ15.3cmで、耐荷重は10㎏なので、冬物の重たいダウンコートなども引っかけることができます。必要な数だけ壁に設置できるので、無駄なく自由に使えます。こちらの商品はフック4つがセットになっています。

第4位:MDKDKDL 壁掛けフック


竹素材に合金製の金属フックを取り付けた、おしゃれなデザインのハンガーフックです。4つあるフックは、掛けたいものの幅によって自由に左右に動かせるので、使い勝手も抜群です。各フックの耐荷重は3kgとなっているので、冬物コートも気兼ねなく掛けられます。壁に接着テープもしくはネジで装着する仕様になっています。実際に購入された方からも、可動式フックが使いやすいと高評価を得ている商品です。サイズは40×6×1.2cmとなっています。

第3位:Anjuer ウォールハンガー 壁取り付け式コートラック

Anjuer ウォールハンガー 壁取り付け式コートラック

メタリックなデザインがスタイリッシュな印象のハンガーフックです。防水および防塵、防サビ加工が施されているので、キッチンや洗面所など水気のある場所でも長く使えます。ふき取るだけで掃除できるので、お手入れも簡単です。最大耐荷重は約20kgとなっているので、重たい調理器具やザルなども引っかけて収納可能です。壁に穴をあけてネジで取り付けるタイプの商品なので、賃貸物件にお住まいの方は注意しましょう。サイズは幅43×厚み4.5×高さ8.3cmとなっています。

第2位:Love-KANKEI 壁掛けフック


一見するとハンガーフックには見えないようなデザインの商品です。ヨーロッパから輸入したアッシュウッドとアルミ製フックのコンビネーションがおしゃれな印象です。3つのフックがついた台と2つのフックが付いた台に分かれているので、並列してくっつけて設置してもよいですし、上下に分けたりほかの部屋で使ったりなど自由度が高いのも魅力です。一つのフックにつき、2.3㎏までかけられます。衣類やバッグ、生活雑貨などをまとめてコンパクトに収納してみましょう。

第1位:壁取り付け式コートラック 5フック バーンウッド

壁取り付け式コートラック 5フック バーンウッド

シンプルだけれどおしゃれなハンガーフックを探している方におすすめの商品です。木製板に5つの金属製フックをねじ止めしてあるので、フックが折れるなどのトラブルもなく耐久性に優れています。サイズは縦57×横12×高さ7cmとなっており、コートやバッグ、帽子などを上下にかけられます。各フックの耐荷重は約1.4㎏となっているので、春物のコートなどもかけられます。ネジで取り付けるタイプなので、ドリルで設置用の壁孔をあける必要があります。

ハンガーフックの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ハンガーフックのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ハンガーフックで暮らしをもっと快適に

今回はハンガーフックについてご紹介しましたが、いかがでしたか?ハンガーフックがあれば収納スペースの足りない住居でも、壁を上手に使って衣類や雑貨をコンパクトに収納できます。ぜひ今回の記事を参考にして使いやすいハンガーフックを探してみてください。

この記事の商品一覧

ドアハンガー トヴァー 5連
ドアハンガー トヴァー 5連
無印良品 壁に付けられる家具3連ハンガー
無印良品 壁に付けられる家具3連ハンガー
Techsea 粘着フック
Techsea 粘着フック
ドウシシャ(DOSHISHA) 壁掛けフック
ドウシシャ(DOSHISHA) 壁掛けフック
超強力 フック粘着 6本パック
超強力 フック粘着 6本パック
umbra 壁掛けフック ウォールハンガー
umbra 壁掛けフック ウォールハンガー
umbra 壁掛けフック
umbra 壁掛けフック
YTK 壁掛けフック 木製 壁掛けハンガー
YTK 壁掛けフック 木製 壁掛けハンガー
MDKDKDL 壁掛けフック
MDKDKDL 壁掛けフック
Anjuer ウォールハンガー 壁取り付け式コートラック
Anjuer ウォールハンガー 壁取り付け式コートラック
Love-KANKEI 壁掛けフック
Love-KANKEI 壁掛けフック
壁取り付け式コートラック 5フック バーンウッド
壁取り付け式コートラック 5フック バーンウッド
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

【100均・ダイソー・セリア】スマホ冷却グッズ・スマホクーラーのおすすめ人気ランキング10選!
何かと便利なスマホですが、ゲームや動画など負荷のかかる使い方をすると本体が熱くなり、本体の動作がおかしくなることがあります。このような熱暴走を抑えるためにもスマホ冷却グッズは一つ用意しておくと安心です...
PC・スマホ・通信
しまむら・無印で買える?割烹着のおすすめ人気ランキング10選!おしゃれ&かわいいものなど
機能性も高く、料理をする際にマストアイテムなのが割烹着やエプロンです。最近は年齢を問わず着やすいデザインやカラーの割烹着も増えています。家事のテンションをあげてくれそうなおしゃれで便利な割烹着について...
ファッション
無印・ニトリで買える?サラダスピナーのおすすめ人気ランキング10選!1個あるだけ調理がもっと簡単に
野菜の水切り専用のアイテム、サラダスピナー。「ザルなどで代用できるのでは?」と思っている人も多いのではないでしょうか?しかし、サラダだけでなく、料理の下ごしらえにも使えます。また、しっかり水切りするこ...
キッチン用品
【100均・キクタニ・ハーキュレス】ギターハンガーのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリットなども紹介
お気に入りのギターを安全に保管するために必要なアイテムがギターハンガー。壁にネジや工具を使用して設置するタイプやネットに引っ掛けるタイプなど、種類もさまざまです。そこで今回は、ギターハンガーのおすすめ...
インテリア・家具
【ニトリ・100均・無印】手動シュレッダーのおすすめ人気ランキング10選!ハンドル式でコンパクトなものなど
手動シュレッダーは電動よりも安く、お手頃価格で用紙を処分できる製品が欲しい方におすすめですよ。ここでは手動シュレッダーについて紹介しますので、興味ある方はぜひ目を通してみてください。どんな手動シュレッ...
家電
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング