2022年03月04日更新

【ニトリ・ダイソー】ベーコンプレスのおすすめ人気ランキング10選!使い方や代用品なども紹介

お店で出てくるようなまっすぐでカリカリに焼き上げられた美味しいベーコンを家庭で作ることができるのがベーコンプレスという調理器具です。ベーコンを伸ばす以外にも様々な肉料理などにも使うことができますよ。様々なメーカーから販売されていますが、形状や使い勝手は製品によって違ってきますので、自分に合った物を選びたいですよね。今回はおすすめのベーコンプレスをご紹介しますので製品選びの参考にしてみてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

ベーコンプレスの魅力とは?


ベーコンプレスは本体の重さを利用してフライパンに乗せたベーコンの上からプレスしてまっすぐな形状にしてくれる調理器具です。カリカリでお店で出てくるものとそっくりなベーコンを自宅で楽しめるのが魅力のひとつと言えるでしょう。さらに肉の反り返りを防止するという意味ではステーキにも使用できますし、鶏肉に使用すれば身はジューシーで皮はパリッと仕上がります。魚介類やホットサンドなど、様々な焼き物料理もおいしく出来上がるのがベーコンプレスの魅力と言えるでしょう。

ベーコンプレスの代用品は?

ベーコンプレスは原理としては重さでベーコンを真っ直ぐにしてくれる調理器具なので、重みがあり耐熱性がある道具でしたら代用品として身近にあるものを使うこともできますよ。よく挙げられる代用品の一例としては水を入れたやかんやお鍋をベーコンプレスとして使用するというもの。取っ手もついていますので取り扱いやすさもありますよ。他にはアルミホイルを巻いたレンガをプレス機として使うという方法もあります。耐熱皿や鉄製のお皿など他にも使えそうなものはたくさんありますよ。ただし、どれも想定した使い方ではないので製品によっては不具合が起こる場合もあります。注意をして使用するようにしましょう。

ベーコンプレスの選び方

形状やサイズで選ぶ


ベーコンプレスでベーコンをプレスするためにはしっかりと押さえつけるように使用しなければいけません。そのため、実際に購入する際には使用しているフライパンやグリルなどの大きさに余裕でおさまるサイズのものを選ぶようにしましょう。サイズが合っていないとフライパンに引っかかってしまい、うまくプレスができなくなってしまいます。また、丸型や角型の形状は普段使う調理器具の形状に合わせて選ぶと良いでしょう。フライパンなら丸型、グリルなどの四角いものなら角型といった基準で選ぶようにしましょう。

重さで選ぶ


重さでしっかりとベーコンを抑えるということを考えると、それなりの重さがある製品を選ぶと使い勝手が良くなります。ベーコンプレスの重さは製品によって違っていて、軽いものだと手で抑えながら使用する必要が出てきますが、重さがあれば手を離して放置しても問題ないので使い勝手が良くなりますよ。あまりにも重すぎると使いにくくなってしまいますが、大体1kg程度の重さのものを選ぶことで使いやすく上から押し付ける必要もなくなってきます。

本体やハンドルの素材で選ぶ


製品選びをする際にはベーコンプレスの本体や取っ手に使用されている素材にも注目をしてみましょう。押さえる部分はできるだけ熱伝導率の高い素材のものを選ぶことで上下から熱を伝えることができるようになるので料理も美味しく仕上がります。製品によって素材が大きく異なり、中には熱伝導率が低い素材のものもありますので事前に確認をして購入するようにしましょう。ハンドルは手で持っても熱くなりにくい木などの別の素材でできたものを選ぶとやけどの心配も減りますので安心して使うことができますよ。

ベーコンプレスのおすすめブランド・メーカーは?

ニトリのベーコンプレス

スキレット鍋 15cm(6インチ スキレットナベ)
スキレット鍋 15cm(6インチ スキレットナベ)

ニトリでは残念ながらベーコンプレスを販売しているという情報が見つかりませんでした。ミートプレスが欲しいという場合には他のメーカーやお店での購入をおすすめしますが、前述した代用品になりそうなグッズはあります。例えばニトリで販売されているスキレットは鉄製ですので、フライパンやグリルにサイズが合えば使用することもできますよ。価格が休めなのが魅力的ですが、本来の使用方法とは異なりますので、代用する場合には十分注意をして使うようにしましょう。

ダイソーのベーコンプレス

ダイソーでも残念ながらベーコンプレスの販売はされていません。ですが、やはり代用品に使用できるグッズは購入できますので、安い価格でベーコンプレスに替わるものを使いたいという場合にはダイソーなどの100円ショップはとても便利です。前述した代用品に使えるスキレットはダイソーでも入手することができます。コストを抑えてベーコンプレスに使用できるアイテムが欲しい方はダイソーの製品を使ってみると良いでしょう。

貝印のベーコンプレス


カミソリや調理器具を主に販売をする貝印ではベーコンプレスの販売もされています。鉄製の正方形のベーコンプレスはフライパンにもすっぽりとおさまる丁度良いサイズでベーコンだけではなくその他のお肉の調理でもしっかりと熱を伝えて美味しく作ることができますよ。重さもちょうどよく効率よくプレスすることができます。日本製と品質も信頼ができる製品が欲しい方に貝印のベーコンプレスはおすすめです。

ベーコンプレスのおすすめ人気ランキング10選

ここからはベーコンプレスのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのベーコンプレスを見つけてみてくださいね!

第10位:joyMerit ベーコンプレス


長方形の形状をしているベーコンプレスですので、グリルやホットプレートでの仕様に最適な製品です。素材には鉄製の物を使用しているため、熱伝導率もとても良くベーコンやお肉を両面からしっかりと熱を伝えてプレスすることができますよ。押し付ける面には模様が入っており、このおかげで焼き上がるときに美味しそうに見えるグリルマークも付けてくれる効果もあります。ハンドルは木製なので、ミトンなどを使わずに製品を持つこともできます。

第9位:遠藤商事 業務用 肉おさえ 角型


レストランなどで使用する業務用の調理器具などの販売をしている遠藤商事のベーコンプレスです。角型の製品なので大きな鉄板やホットプレートなどの仕様に最適な製品です。重みがあるのでお肉をしっかりときれいにプレスしてくれますよ。ベーコンプレスに使われている素材はステンレス製で、錆びにくくお手入れもしやすいので油もきれいに落とすことができます。使い勝手と効率の良さを重視したい場合におすすめの製品です。

第8位:Norpro pig ベーコンプレス


かわいいブタの形が特徴的なデザイン面でも遊び心を感じられるユニークなベーコンプレスです。横に幅が広めの製品なので、大きめなフライパンでの仕様に最適ですしバーベキューのグリルやホットプレートでの使用が特に使いやすさを感じられる製品です。ハンドル部分は木製の素材を使用しているので熱くなりにくく取り外しも簡単です。お手入れもとても簡単で、水で洗ったら水気をよく取り、油をなじませておくことで末永く使い続けることができますよ。

第7位:パール金属 ミートプレス 丸型


パール金属から販売されている丸型の形状をしたベーコンプレスですので、フライパンでの使用にも最適な製品です。素材は鉄を使用しており、しっかりと熱がベーコンプレス本体に伝わるので素早く食材に熱を伝えることが可能です。重さも0.95kgあるので手で押さえつけることをしなくても食材をちゃんとプレスしてくれますよ。ハンドル部分は足のようになっているので、本体を立てたまま置くこともできるようになっています。

第6位:ZEOOR ミートプレッサー


バーベキューのグリルやホットプレートで使用することで無駄なくスペースを使うことができる長方形型のベーコンプレスです。重さは約2.4kgととても重いので取り扱いには注意が必要ですが、しっかりとプレスをしてくれることでベーコンなら真っすぐで美味しそうな焼き目をいれてくれますし、お肉の余分な油を落としたりしてくれる効果が期待できます。本格的な美味しいお肉料理を作りたい方に最適なベーコンプレスです。

第5位:アサヒ ベーコンプレス 丸型


フライパンでも快適に使用ができる丸型タイプのベーコンプレスです。素材には鉄を使用しているので食材の上に乗せることでフライパンと両面から熱を伝えながらプレスができるので美味しくお肉やベーコンの調理をすることができますよ。重さもしっかりとあるので手で抑える必要もなく手軽に使えるのが特徴の製品です。ハンドル部分には木製のものを使用しているので熱が伝わりにくくなっており、やけどの心配も殆どありませんよ。

第4位:アサヒ ベーコンプレス 角型


5位のベーコンプレスと同じアサヒから販売されているベーコンプレスで、こちらは角型のものになります。角型タイプのベーコンプレスは四角いグリルやホットプレートでの仕様に最適な形状となっていますので使用する調理器具に合わせて形状を決めると良いでしょう。プレス部分には鉄を使用しているので熱伝導率がよく、お肉の両面からしっかりと熱を加えることができるようになっています。ハンドル部分には木製の素材が使われているのでミトンなどを別途用意する必要もありません。

第3位:ウルシヤマ グリル ミートプレス


本体全体にステンレスの素材を使用している丸型タイプのベーコンプレスです。フライパンなどの丸い形状の調理器具でも引っかかることなくしっかりと食材をプレスしてくれるのが特徴の製品です。ステンレス製は鉄製のものと比べると熱伝導率は多少下がるものの、お手入れがしやすく鉄製のようにサビ防止のお手入れなどが殆ど不要なので手軽に使用したい方に最適な製品です。重さはしっかりとあるので手で抑えることなく真っ直ぐでカリッとしたベーコンに仕上げることができますよ。

第2位:貝印 ミート&ベーコンプレス


調理器具などの販売をする貝印のベーコンプレスです。四角い形状をしていますが、正方形なので丸型タイプのように使用することが可能なためフライパンでも引っかかることなくしっかりとプレスしてくれますよ。本体の素材には鉄製のものを使用しているので熱伝導率がよく美味しくカリカリのベーコンを作ることができます。製品は日本製となっていますので品質が高く、品質にこだわりたいという方にもおすすめできるベーコンプレスです

第1位:キャプテンスタッグ グリルミートプレス

キャプテンスタッグ グリルミートプレス
キャプテンスタッグ グリルミートプレス

キャンプ用品などのアウトドアグッズを多く販売しているキャプテンスタッグから出ているベーコンプレスです。丸型の形状は家庭用フライパンはもちろん、キャンプ用のグリルや鍋などでも快適に使うことができる最適なサイズとなっています。素材には鉄製の物を使用しているので熱伝導率も高く、重さも十分あるので効率よくお肉やベーコンをプレスできます。ベーコンプレスだけではなく同社のUG-3027などの16cmのスキレットの蓋として使えるなどキャンプ用品らしい便利さも兼ね備えています。

ベーコンプレスの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ベーコンプレスのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ベーコンプレスで暮らしをもっと快適に

いかがでしたか。ベーコンプレスは真っ直ぐでカリッとしたベーコンを作りたい場合にあるととても便利な製品です。ベーコンだけではなくステーキや鶏肉、中華麺などの焼き物系料理には幅広く使用ができますので、1つあるだけでもとても便利です。使用する調理器具の形状に合わせて本体の形や素材を選ぶ事でより使い勝手が良くなりますよ。みなさんもこの記事を参考に、お気に入りのベーコンプレスを探してみてくださいね。

この記事の商品一覧

スキレット鍋 15cm(6インチ スキレットナベ)

スキレット鍋 15cm(6インチ スキレットナベ)

¥299 税込

貝印 ミート&ベーコンプレス

貝印 ミート&ベーコンプレス

¥4,918 税込

joyMerit ベーコンプレス

joyMerit ベーコンプレス

¥2,990 税込

遠藤商事 業務用 肉おさえ 角型

遠藤商事 業務用 肉おさえ 角型

¥2,364 税込

Norpro pig ベーコンプレス

Norpro pig ベーコンプレス

¥5,482 税込

パール金属 ミートプレス 丸型

パール金属 ミートプレス 丸型

¥1,380 税込

ZEOOR ミートプレッサー

ZEOOR ミートプレッサー

¥6,942 税込

アサヒ ベーコンプレス 丸型

アサヒ ベーコンプレス 丸型

¥2,701 税込

アサヒ ベーコンプレス 角型

アサヒ ベーコンプレス 角型

¥2,288 税込

ウルシヤマ グリル ミートプレス

ウルシヤマ グリル ミートプレス

¥4,412 税込

貝印 ミート&ベーコンプレス

貝印 ミート&ベーコンプレス

¥4,918 税込

キャプテンスタッグ グリルミートプレス

キャプテンスタッグ グリルミートプレス

¥2,125 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

【ニトリ・しまむら・無印】敷布団シーツのおすすめ人気ランキング10選!ゴム付きなどが便利
敷布団はそのまま使って汚れるとクリーニングが大変です。汚れ防止や肌触りのことを考え、カバーとなる敷布団シーツの使用が欠かせません。そこで今回は、敷布団シーツの魅力や選び方、おすすめブランドや人気商品1...
インテリア・家具 88view
【ニトリ・しまむら・ダイソー】円形クッションのおすすめ人気ランキング10選!ニトリのダリアクッションがコスパ良し
座面が円形状の椅子を使っている場合、四角クッションよりも円形クッションの方がおさまりが良くなります。また、円形クッションの中には真ん中に穴の開いたドーナツ状の物もあり、お尻に悩みを抱えている方や腰痛な...
インテリア・家具 93view
【ジータ・eko】自動ゴミ箱のおすすめ人気ランキング10選!横開きタイプやスリムなものなども
フタ付きのゴミ箱は、臭い漏れなどがせず便利なものの、捨てるたびに開閉が面倒という方もいるでしょう。こんなとき、自動でフタが開閉する自動ゴミ箱があれば便利に使えます。そこで今回は、自動ゴミ箱の魅力や選び...
インテリア・家具 71view
【ニトリ】四角クッションのおすすめ人気ランキング10選!フロアクッションなども
クッションにはいろいろな形状のものがありますが、中でも四角クッションは床に直置きして座布団代わりに使うのにもおすすめです。四角クッションはブランドやメーカーによっても硬さや高さなどが違うので、好みのも...
インテリア・家具 105view
【ニトリ・IKEA】安いラグのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれな北欧風なども
インテリアに飽きてきたからイメチェンしたいと思っても、家具の買い替えには労力と経済力が必要です。気軽に模様替えをしたいのであれば、安いラグを使って気分転換してみましょう。安いラグであれば、家計を圧迫す...
インテリア・家具 140view