2022年03月04日更新

【モンベル・ブラックダイヤモンド】トレッキングポールのおすすめ人気ランキング10選!使い方や効果なども

トレッキングの際に腰や膝への負担を軽減してくれる効果が期待できるグッズがトレッキングポールです。トレッキングポールがあればスイスイと山道を歩くこともできますし効率もぐっと上がりますよ。製品によってグリップの形状や販売している本数など基本的に違う部分がいくつかありますので、自分にピッタリの製品がほしいですよね。今回はおすすめのトレッキングポールをご紹介しますので、製品選びの参考にしてみてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

トレッキングポールの魅力とは?


トレッキングポールとは山道を歩くトレッキングを行う際に、体への負担を軽減するために使用する専用のストックのことを言います。体をトレッキングポールがしっかりと支えてくれるのできつい坂でも楽に上り下りができますし、ゴツゴツとした岩があるような不安定な地面の場所でも安定した姿勢で移動ができます。トレッキングポールには様々なメリットがありますのし、安全性を考えた上でもトレッキングの際には持っていくことをおすすめします。

トレッキングポールの使い方は?

トレッキングポールの基本的な使い方をマスターすることでより体の負担を軽減させながら歩くことができますよ。トレッキングポールの長さも使用する場所に合わせて変えるようにしましょう。平地の場合は肘が90度の角度になる高さを、登路の場合には少し長めに、下り坂の場合は短めに調整をしておくようにしましょう。ポールは出した足の反対側を出しながらリズミカルに、体からポールが離れない距離で出しながら歩くことが大切です。

トレッキングポールの効果は?

トレッキングポールは前述したように体への負担を軽減させてくれる効果が期待できるものなので、長時間の山登りの際にはぜひ持っておきたい製品です。もしも効果がない…と感じる方はトレッキングポールの正しい使い方ができているかを確認をしてみましょう。もちろん運動目的や体力に自身がある方の場合には平地などでの使用はいらないかと思いますが、不安定な道を歩く際にはいざというときのことを想定してリュックの中に入れておくと良いでしょう。

トレッキングポールの選び方

グリップの種類で選ぶ


トレッキングポールは大きく分けるとI字とT字の2つのグリップの形状があります。I字型のトレッキングポールはスキーのストックを握るように持ち、2本持って使うことが基本のグリップ形状になります。T字型は上部の長いグリップ部分を掌で包むように持ちながらステッキのように使って使用するタイプで、主に1本で平坦な道などを歩くために使うことが多い製品です。どちらも状況に合わせて握る場所を変えることで効率よく上り下りができるようになります。使用したい場所や使い勝手に合わせてグリップの形状を選びましょう。

シャフトのロックの種類で選ぶ


長さの調整を行うためにトレッキングポールにつけられているシャフトですが、ロックの方法が製品によって異なりますので特徴や取り扱いやすいものを確認をして選ぶようにしましょう。一般的によく見かけるタイプがスクリュー式のものです。シャフトを回して長さの調節と固定を行うもので、最も使いやすく頑丈な製品ですが多少力が必要です。ピンロック式はポールを伸ばしていくとカチッと音がして小さなボタンが出てくることで高さを固定するタイプです。基本的に高さが固定になってしまいますが、軽量でコンパクトなものが多いのが特徴です。レバー式のものはレバーを開け締めすることでシャフトの固定を行うタイプです。長さの調整が比較的簡単で少ない力でも使うことができるメリットがあります。

素材で選ぶ


トレッキングポールは素材によって軽さじゃ強度が変わってきますので最適なものを選ぶようにしましょう。トレッキングポールの強度と価格の安さを重視したい場合にはアルミ製がおすすめです。力をかけることが多いトレッキングポールなので頑丈なものを選ぶことはとても重要なことです。アルミ製のデメリットは重量があるということです。長時間の使用では体の負担になってしまう場合があります。カーボン製はアルミと比べても価格が高い素材ではありますが、とても軽いので長時間の使用でも疲れにくくなるのが特徴の製品です。ただし、強度が弱めなので一度曲がったりすると修理をするのが難しい場合もあります。それぞれのメリットとデメリットを考えて素材選びをしましょう。

トレッキングポールのおすすめブランド・メーカーは?

モンベルのトレッキングポール


登山関連の用品を始め、アウトドア用品を取り扱うモンベルではトレッキングポールも販売されています。用意されている製品の種類は豊富でI字型もT字型のグリップどちらも選べるのはもちろん、素材の違ったトレッキングポールもそれぞれ販売されていますので価格や性能に合わせてお好みの製品を選ぶことができますよ。品質も高く、信頼できるメーカーですので初心者はもちろん性能にこだわったトレッキングポールが欲しい方にもモンベルの製品はおすすめです。

ブラックダイヤモンドのトレッキングポール


アメリカが本拠地である登山用品を扱うメーカーのブラックダイヤモンドのトレッキングポールは、品質の高さや扱いやすさが特徴の製品が豊富に揃っています。ブラックダイヤモンド製のトレッキングポールはI字型の製品を中心に販売していますので本格的な登山に使用したいと考えている方に最適です。特にカーボン製の製品はアルミのパーツを使用することで剛性を上げている製品もありますので、強度も安心できますよ。

トレッキングポールのおすすめ人気ランキング10選

ここからはトレッキングポールのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのトレッキングポールを見つけてみてくださいね!

第10位:1stモール トレッキングポール


T字型のトレッキングポールの2本セットの製品です。基本的にT字型のトレッキングポールは1本で使用するケースが多いため販売も1本のものが多いです。T字は1本しか使ってはいけないという規則はないので2本を持って使用するのも問題はもちろんありませんよ。ポールは3段階に伸縮して調整ができるようになっていますので、身長に制限がほとんどかかりません。ポールの内部には手首への負担を軽減するアンチショック機能のパーツも内蔵されているので、長時間の使用にも最適です。

第9位:HRKing トレッキングポール 超軽量


素材にアルミを使用していますが、軽量タイプなので長時間の使用にも最適なトレッキングポールです。グリップ部分はしっかりと握りやすいよう通気性のよい素材を使用しているので手汗などでグリップが滑ってしまうなどの問題が起こりにくくなっているのが特徴の製品です。使わない時はきれいに折りたたんでコンパクトな形状にすることもできるのでリュックの中に入れてもかさばることがありません。アンチショック機能付きなので手首への負担も軽減できます。

第8位:Alpin Loacker トレッキングポール


素材にカーボンを使用しているトレッキングポールです。一般的にカーボン製のトレッキングポールは価格が高めになりますが、こちらの製品はリーズナブルな価格で買えるのが魅力的な製品です。ポールの長さは調整をすることができるようになっており、身長約150cm~180cmの間に対応しているので使用に制限が殆どかかりません。アスファルトや雪道などの地形に対応できるよう複数のバスケットもつけられているので、どのような場所でも使うことができるようになっています。

第7位:Moon Lence トレッキングポール


アルミ製の素材で作られているトレッキングポールですが、基本的なアルミ製の製品よりも軽くなっているので、長時間の使用でもほとんど疲れることなく使用ができます。軽量であるだけではなくアンチショック機能付きになっているため手首や腕への負担も軽減する効果が期待できます。ポールの伸縮の幅も広いため身長や使う場所によって自由に長さの調整もできます。歩く場所に合わせて交換できるバスケットも付属しているので使用する場所を選ぶこともありません。

第6位:TOMOUNT トレッキングポール


使用しない時はとてもコンパクトに折りたたんで収納することができるようになっているアルミ製のトレッキングポールです。収納時には専用の袋に入れておけるのでかばんの中でバラけてしまう心配もありません。グリップは手に馴染みやすい弾力のある素材を使用しており、通気性も良いため手汗などでグリップが滑るという心配もほとんどありません。長さの調整の幅が広く、簡単に行うことができるようになっています。

第5位:SOFIT トレッキングポール 折りたたみ 2本セット

SOFIT トレッキングポール 折りたたみ 2本セット
SOFIT トレッキングポール 折りたたみ 2本セット

折りたたみができるI字型のグリップを取り付けているトレッキングポールです。素材にはアルミを使用していますが、軽量タイプで折りたたむことでコンパクトに収納もできるので持ち運びの際にかさばったりすることも殆どありません。キャップやバスケットなど地形に合わせて交換ができる先端が4種類あるので使用する場所を選ぶことも殆どありません。長さの調整ができる幅が広めなので身長や使用する場所に合わせて柔軟に長さを変えることができますよ。

第4位:TheFitLife 伸縮可能トレッキングポール


素材にカーボンを使用しているため、重さが約0.21kgととても軽量なのが特徴のトレッキングポールです。折りたたむことでとてもコンパクトなサイズになるので、リュックやかばんに入れてもかさばることが殆どないのが特徴の製品です。ブリップ部分にはコルク素材を使用しているので弾力があり長時間握っても疲れにくく手汗などで滑ることが殆どありません。カラーなインナップが豊富な製品なので、見た目にもこだわりたい方にもおすすめの製品です。

第3位:TheFitLife トレッキングポール


素材にアルミニウムを使用しているトレッキングポールで、価格も安めなため初めてトレッキングポールが欲しいという方にもおすすめです。グリップはI字型タイプのものを採用しており、本格的に山道を歩きたいという方に特に最適な形状と言えるでしょう。シャフトのロックにはスクリュー式を採用しているため幅広く長さ調整が可能で、しっかりと固定することができるので力を入れてもロックが外れる心配もほとんどありません。

第2位:TraiBuddy トレッキングポール 2本セット


アルミニウム素材を使用していますが、軽量タイプの素材なので長時間使用していても腕に負担がかかりにくくなっているのが特徴のトレッキングポールです。グリップはI字型の形状を採用しており、きつい山道での使用にも最適な製品と言えるでしょう。ポールのシャフトロックはレバー式なので、少ない力でも簡単に長さ調節をしてポールを固定することができるので使い勝手も良いですよ。グリップ部分にはコルク素材を使用しているので通気性がよく滑りにくいです。

第1位:DABADA 軽量アルミ製 トレッキングポール


軽量タイプのアルミ素材を使用しているので、長時間の使用でも腕が疲れにくいのが特徴のトレッキングポールです。グリップはI字型のものを採用しており、グリップの素材にコルクを使用しているので弾力がありしっかりと握れて手汗などで滑ってしまう心配を少なくしてくれます。本体内部にはアンチショック機能がついているので、より疲れにくく快適に使用することができます。長時間の使用目的で疲れにくいトレッキングポールが欲しい方にも最適です。

トレッキングポールの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、トレッキングポールのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

トレッキングポールでアウトドアをもっと快適に

いかがでしたか。トレッキングポールは登山をする際に自分の体の負担を軽減してくれたり、危険の足場の道でも安定した姿勢で上り下りができるので安全面を考えてひとつはリュックに入れておくと安心できることでしょう。クリップやシャフトのロックの方法違いで使い勝手も大きく異なりますので自分が使いやすい物を選ぶようにしましょう。皆さんもこの記事を参考にお気に入りのトレッキングポールを探してみてくださいね。

この記事の商品一覧

ブラックダイヤモンド トレイル

ブラックダイヤモンド トレイル

¥12,760 税込

1stモール トレッキングポール

1stモール トレッキングポール

¥3,723 税込

HRKing トレッキングポール 超軽量

HRKing トレッキングポール 超軽量

¥3,027 税込

Alpin Loacker トレッキングポール

Alpin Loacker トレッキングポール

¥3,480 税込

Moon Lence トレッキングポール

Moon Lence トレッキングポール

¥3,458 税込

TOMOUNT トレッキングポール

TOMOUNT トレッキングポール

¥4,971 税込

SOFIT トレッキングポール 折りたたみ 2本セット

SOFIT トレッキングポール 折りたたみ 2本セット

¥3,343 税込

TheFitLife 伸縮可能トレッキングポール

TheFitLife 伸縮可能トレッキングポール

¥3,377 税込

TheFitLife トレッキングポール

TheFitLife トレッキングポール

¥5,000 税込

TraiBuddy トレッキングポール 2本セット

TraiBuddy トレッキングポール 2本セット

¥5,276 税込

DABADA 軽量アルミ製 トレッキングポール

DABADA 軽量アルミ製 トレッキングポール

¥4,862 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連キーワード

おすすめの記事

口コミで評判のニトリのフィットシーツのおすすめ人気ランキング10選!よく伸びて付け外しが簡単
ニトリのフィットシーツは、オリジナリティに富んださまざまな商品が人気です。素材や特徴も豊富で、カラーやサイズもそろっているから、家族全員自分のお気に入りのフィットシーツを購入できます。ここでは、ニトリ...
インテリア・家具 92view
口コミで評判のフィールドアのテントのおすすめ人気ランキング10選!リーズナブルでコスパ最強
フィールドアのテントは、キャンプ初心者でも手軽に扱えると話題です。フィールドアのテントは、ワンタッチテントやソロキャンプにおすすめの小型テントなど揃っているからです。とはいっても数多くあるフィールドア...
スポーツ・アウトドア 85view
口コミで評判のビジョンピークスのテントのおすすめ人気ランキング10選!2ルームテントのクアトロがコスパ最強
ビジョンピークスのテントは、コスパが期待できておすすめです。ビジョンピークスのテントは、機能性やデザイン性に富んでいながら、低価格を実現できるからです。とはいっても数多くあるビジョンピークスのテントか...
スポーツ・アウトドア 85view
コクヨのオフィスチェアのおすすめ人気ランキング10選!定番人気のウィザード3やイングなども
在宅勤務が注目される中、椅子選びも関心を高めています。自宅で仕事する機会が多くなったのをきっかけに、コクヨオフィスチェアへの関心を高めている方は、こちらでご紹介する商品に目を通してみてはいかがでしょう...
インテリア・家具 56view
口コミで評判のケシュアのテントのおすすめ人気ランキング10選!2秒で設営できる「2seconds」がコスパ最強
ケシュアのテントは、キャンプ初心者にもおすすめのアイテムです。ケシュアのテントは、スピーディに設営できる上、低価格のものが揃っているからです。とはいっても数多くあるケシュアのテントから選ぶのは大変です...
スポーツ・アウトドア 53view