2022年05月31日更新

【コールマン・100均・スノーピーク】インナーマットのおすすめ人気ランキング10選!代用品なども

インナーマットは、キャンプで使用するアイテムの一つで、テント内の床に敷いて寝たい時に便利です。今回はインナーマットについて解説し、キャンプで快適に過ごしたい方をサポートします。インナーマットの実用性の高さが、アウトドアを楽しみたい方の目を引くでしょう。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

インナーマットの魅力とは?


インナーマットは、キャンプなどで寝る時に使用するアイテムです。断熱性とクッション性に優れ、凸凹のある地面でも快適に眠れます。地面から伝わる冷気を防ぐ効果もあるため、寒い場所でも快適に使用できますよ。保温性もあるので、体が冷えてしまう心配がないのも嬉しいですね。インナーマットは、キャンプマットとは違ってテント全体に敷くタイプなので、家族で使用するのにも適しており、ファミリー世帯にも人気がありそうですね。

インナーマットの代用品は?

銀マットがインナーマットの代わりとして使用できます。サイズや厚さが色々あるので、テントの大きさに合わせてチョイスしやすいです。厚さがある銀マットにはクッション性があるので、弾力の強さで心地良い使用感を味わいたい方にピッタリ。必要なサイズにカットできるのも銀マットのメリットで、必要な分だけ使いたい方にもおすすめですよ。

インナーマットの選び方

厚みで選ぶ

4cm以上の厚みがあるインナーマットなら、体への負担が少ない寝返りが打てますよ。寝返りでストレスを感じない厚さは4cm以上なので、厚みもインナーマットを選ぶ際の参考にしてみてください。マットの厚みで地面の凹凸や冷気を避けやすくなり、疲労回復効果も高くなります。厚みだけでなく断熱材も入っているかを意識して商品を選びましょう。

断熱性や保温性の高さで選ぶ

断熱性と保温性があるインナーマットを選ぶのであれば、R値の高さで選ぶことをおすすめします。R値が高いほど断熱性や保温性が優れているため、冬でも快適に過ごせますよ。寒い時期にインナーマットを使用する場合、R値の高さにも気を配って選びましょう。

収納のしやすさで選ぶ

持ち運びのしやすさでインナーマットを選ぶ場合、収納のしやすさで選ぶといいですよ。ウレタンマットなら、収納がスピーディーで広げる時も楽々。エアマットやインフレーターマットの場合、空気を抜いてから丸めて収納します。収納ケースもあるのでキャンプで気軽に持ち運べますよ。

インナーマットのおすすめブランド・メーカーは?

コールマンのインナーマット


コールマンのインナーマットで、2ルームハウス用テントシートセットの場合、広さと強度があるので家族用として使いやすいですよ。クッション性があるので、快適性を重視している方にもおすすめの商品です。別の商品だとたたみやすいので携帯に便利で、クッション性の高さで寝心地も快適!テントフロアを湿気や傷から保護できるのもメリットです。

100均のインナーマット

100均でインナーマットを扱っていませんが、銀シートなら購入可能です。必要な分だけカットできるので無駄なく使えます。100均のマットをアウトドアとして使用でき、サイズが大きめなのでファミリー世帯にもおすすめです。薄めに作られているので、かさ張らずスマートに持ち運べるのもメリット。コスパを重視するなら、100均のマットの活用を検討しましょう。

スノーピークのインナーマット

スノーピーク(snow peak) テントシート ランドブリーズ6 インナーマット
スノーピーク(snow peak) テントシート ランドブリーズ6 インナーマット

スノーピークのインナーマットはゼッカ専用で、インナールームの内側に敷いて使用する商品です。小石が多いキャンプ場でも快適に使え、地面の凹凸が気になる方にもおすすめですよ。ランドブリーズ Pro.3専用のインナーマットは、3人で使用するのに十分で、設置が楽だったという感想がありました。利用人数や設置のしやすさも、インナーマットを選ぶポイントにしましょう。

インナーマットのおすすめ人気ランキング10選

ここからはインナーマットのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのインナーマットを見つけてみてくださいね!

第10位:USER インナーマット


USER(ユーザー)のインナーマットは折りたたみ式なので、楽々収納できますよ。両面使用可能なリバーシブルタイプで、アルミ面を上にした場合、体の熱をアルミマットが反射して徐々に暖かくなってきます。アルミ面を下にすると、地面からの湿気や冷気をシャットアウト。シーンに合わせた使用にリバーシブルタイプが適していますよ。厚みも程良く、十分な厚みがあるインナーマットが欲しい方にも必見の商品です。

第9位:YiGo インナーマット


YiGoのインナーマットは折りたたみ式なので、使用後簡単にコンパクトにできますよ。耐久性のある素材で作られているため、長く使い続けられるのもメリット。屋外はもちろん屋内でも使用でき、屋内キャンプ用としても実用的なインナーマットです。きれいな状態を保ちやすく、衛生面にこだわる方にも使いやすい商品ですよ。

第8位:tent-Mark インナーマット

テンマクデザイン サーカスTC BIG インナーマットハーフ(tent-Mark DESIGNS)
テンマクデザイン サーカスTC BIG インナーマットハーフ(tent-Mark DESIGNS)

地面からの冷気をシャットアウトし、寒さで眠りを妨げられるのも防ぐインナーマットです。地面からの湿気も防止するので、気持ち良くキャンプを楽しめますよ。クッションの厚みを2㎜にして収納性を高めており、持ち運びが楽なのも注目すべきところ。コンパクトなインナーマットをお求めの方にもおすすめの商品です。

第7位:Naturehike インナーマット


Naturehikeのインナーマットには、100%のコットン生地が使用されており、柔らかく肌に優しいです。凹凸した地面でも衝撃を和らげ、安全性の高いキャンプをサポート。テフロン添加剤で水や油による汚れから守り、汚れてしまっても軽く拭くだけでスッキリキレイに!湿気防止効果も期待でき、快適性の高いアウトドアの支えになりますよ。肩に掛けたり手提げも可能で、シートを収納してPEバッグに入れるだけで、楽に持ち運べるのも便利ですね。

第6位:SCGEHA インナーマット


四隅の立ち上がり付きのインナーマットで、耐久性があって引き裂きにも強いです。防水性もあるので、雨などでテントに水が浸み込んできても、縁でシートが水びたしになるのを防止します。虫よけになるばかりか、砂よけや水よけにもなる優れ物。ピクニックや運動会などでも使用可能で、キャンプ以外でもおすすめのインナーマットですよ。軽量な上に収納バッグ付きで持ち運びがしやすく、収納時33cm×16cmとコンパクトサイズになります。

第5位:PARKLON インナーマット


表面が拭き取りやすいインナーマットなので、汚れてしまってもお手入れ簡単!乾かしやすく防水仕様となっていて、雨などで濡れてしまっても大丈夫です。厚手で1cmあるので、地面の冷気や湿気が伝わりにくいのも注目ポイント。レジャーシート以外にプールマットとしても活用でき、使用用途の広さも光っています。便利な折りたたみタイプなので、立てて干したい時にも大助かり!専用バッグ付きで携帯のしやすさにも配慮されていますよ。

第4位:ビジョンピークス インナーマット


ビジョンピークスのインナーマットは、2種類のフロアサイズに対応し、専用ケースでコンパクトに収納できます。長時間座っても寝ても快適さを保てますので、改定性を求めている方におすすめの商品です。マットの厚みも問題ないという感想もあるので、凸凹した場所でインナーマットを使用したい時にも安心ですよ。

第3位:Elejolie インナーマット


Elejolieのインナーマットは、クッション性と保温性に優れており、凸部に暖かい空気を取り込みやすくなっています。水への耐性があり、雨や結露によるマットの冷えを防止。汚れた時は水洗いできるので、お手入れが簡単ですよ。使用用途が広いインナーマットなので、キャンプアウトドアはもちろん、ヨガマットやトレーニングマットとしてもお使いいただけます。座布団にもなるので、硬い地面の上に置いて座りたい時にも便利。防災用品としても活用でき、地震などの緊急時にも役立つインナーマットです。

第2位:FIELDOOR インナーマット


バルブを開くと同時に膨らむインナーマットなので、セッティングで苦労しません。厚みが欲しければ、バルブから口で空気を入れるだけで、簡単に膨らませることができます。収納時も空気を抜いてバルブを閉めるだけで完了!ボタン付きなので2つ並べて連結させることも可能で、テント内のインナーマットとしてお使いいただけますよ。快適な寝心地を味わえてクッション性があり、ゴツゴツした感触を和らげながら、疲れをサポートしてくれます。

第1位:UJack インナーマット


UJackのインナーマットは展開しやすく、収納時はマットが2つに区分されているので折りたたみも楽です。地面が固くて砂利が多い場所で使用した方のレビューによると、痛みを感じずに使えて地面の冷たさもだいぶ軽減されました。使い終わったら、線に沿って折りたたむだけなのも好評価ポイント。初めてキャンプされる方でも安心して使えるおすすめ商品ですよ。

インナーマットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、インナーマットのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

インナーマットで暮らしをもっと快適に

インナーマットもいろんな種類があるので、購入で足踏みしている方が多いでしょう。ここでご覧になった商品をきっかけに、理想のインナーマットを購入できるといいですね。地面からの冷気や湿気対策、いろんなシーンで使えるのもインナーマットの大きなメリットです。便利なアイテムをぜひキャンプなどで使ってみてくださいね。

この記事の商品一覧

コールマン テントインナーマット

コールマン テントインナーマット

¥9,790 税込

スノーピーク(snow peak) テントシート ランドブリーズ6 インナーマット

スノーピーク(snow peak) テントシート ランドブリーズ6 インナーマット

¥37,441 税込

USER インナーマット

USER インナーマット

¥4,950 税込

YiGo インナーマット

YiGo インナーマット

¥1,599 税込

テンマクデザイン サーカスTC BIG インナーマットハーフ(tent-Mark DESIGNS)

テンマクデザイン サーカスTC BIG インナーマットハーフ(tent-Mark DESIGNS)

¥14,080 税込

Naturehike インナーマット

Naturehike インナーマット

¥7,106 税込

SCGEHA インナーマット

SCGEHA インナーマット

¥4,418 税込

PARKLON インナーマット

PARKLON インナーマット

¥5,382 税込

ビジョンピークス インナーマット

ビジョンピークス インナーマット

¥12,980 税込

Elejolie インナーマット

Elejolie インナーマット

¥3,437 税込

FIELDOOR インナーマット

FIELDOOR インナーマット

¥9,900 税込

UJack インナーマット

UJack インナーマット

¥11,200 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

盛り箸のおすすめ人気ランキング10選!使い方や菜箸との違いなども解説
料理の盛り付けに欠かせないのが盛り箸です。盛り箸はピンからキリまでその商品がありますが、どれを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は盛り箸の使い方や選び方、おすすめ商品10選などについ...
キッチン用品 75view
【ambai・南部鉄器】オムレツパンのおすすめ人気ランキング10選!使い方なども紹介
オムレツを作るときにあると便利なのがオムレツパンです。オムレツパンはどんなものを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、オムレツパンの魅力や選び方、おすすめブランドや人気商品10選など...
キッチン用品 71view
【ニューバランス・アシックス・ナイキ】ファーストシューズのおすすめ人気ランキング10選!いつから必要?
ファーストシューズは、生まれた子供が初めて履く靴のこと。ママやパパは子供が初めて履くシューズだから、記念に残るような可愛くておしゃれなシューズを選びたいですよね。よちよち歩けるようななった赤ちゃんのた...
ベビー・キッズ 67view
【ニトリ・無印・しまむら】ハーフケットのおすすめ人気ランキング10選!夏用や北欧風でおしゃれなものなど
シングルサイズの半分の大きさのハーフケット。ちょっと横になりたい時や肩や膝の防寒に便利です。今回はそのようなハーフケットのおすすめと選び方を見ていきます。ダウンタイプやガーゼタイプなど様々な種類があり...
インテリア・家具 67view
【ニトリ・100均】ソースポットのおすすめ人気ランキング10選!ガラス製やおしゃれなものなど
ソースなどを入れるポットがあれば、食事をしながら適量を自分でよそうことができて便利です。しかし何を基準にしてソースポットを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、ソースポットの魅力や選...
キッチン用品 64view