2022年06月01日更新

【100均がコスパ最強】魚のウロコ取りのおすすめ人気ランキング10選!代用品なども紹介

魚を下ろしたり調理しやすくするのに、ウロコを取ることは重要です。ウロコを除去しないと大概の魚は食べにくいものです。そこで必須アイテムになるのがウロコ取りです。通常、板前さんなど慣れている人なら、包丁の背を使って済ませますが、素人が素早くウロコを処理するのならウロコ取りのほうが安心でしょう。そこで今回は、ウロコ取りの魅力や選び方、人気のおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

ウロコ取りの魅力とは?


ウロコ取りの良さは、通常なら包丁の背で上手くウロコを取れない人でも、簡単に扱える便利グッズとして役立つことです。真鍮製やプラスチック製などがあり、細かい用途や使い勝手・特徴があります。とくに最近では、処理したウロコが飛び散らないタイプもあり、ますます便利になってきています。

ウロコ取りの代用品は?

ウロコ取りの代わりとして古くから使われているのが包丁の背の部分です。むしろウロコ取が登場する以前のスタンダードなツールとされています。他にもスプーン・ペットボトルのキャップを使う方法があります。とくに大型の魚ならスプーン、小~中型の魚はペットボトルのキャップを使い分けるのもいでしょう。 ウロコ取りの際は、厚手のビニール袋に魚を入れて作業をすれば飛び散らずに効率的です。

ウロコ取りの選び方

材質で選ぶ


ウロコ取りの材質から選ぶことが基本です。主に3タイプあり特徴もさまざまです。自分の使い方に合うものを選ぶことがポイントといえます。普段から料理でよく魚を扱う場合は、ステンレス製のウロコ取がベストです。錆びにくく包丁とおなじ材質なので、洗浄しやすくて衛生面でも安心して使えます。真鍮製なら、鯛・スズキといった大型魚をさばく際に使いやすく、長年かけて使えるので便利です。ABS樹脂製は軽くて疲れにくいので、使い慣れていない方や魚を扱う頻度が少ない人に向いています。

グリップ感で選ぶ


魚のウロコは種類によって違いがあり、硬くて処理しにくいものもあります。そこで、ウロコ取りの持ち手部分へのこだわりも大切です。しっかりと握りやすくグリップ感が自分にマッチした商品かどうか、できるだけチェックしてみましょう。実物を手で触れればいいのですが、通販などで選ぶのであれば、なるべく持ち手が凹凸した滑りにくいものや、窪み・溝のあるものならグリップ感が高まるでしょう。

付加価値で選ぶ


ウロコ取りの作業で気になるのは、飛び散りやすくなる点です。飛び散ったウロコは、キッチン周りを汚すので後からの洗浄が面倒になるでしょう。そこで飛び散りを防止する機能が付いているウロコ取りを最初から選ぶのも良い方法です。処理したウロコがケースに収まるもの、あるいは形状そのものが飛び散りにくく作られているものなど、付加価値としてどのような特徴があるかもチェックしておきたいところです。

ウロコ取りのおすすめブランド・メーカーは?

100均のウロコ取り

まずは100均で販売されているウロコ取りを試してみるのも良いでしょう。ダイソーなどで売っていますので手軽に使えます。中にはウロコが飛び散らないケース付きもあります。ただし値段が安価な分だけ、プラスチック製で壊れやすい欠点もあるようです。頻繁に魚料理をするという方はもっと本格的なウロコ取がおすすめですが、通常の食卓でたまに魚をさばくという人なら、100均のウロコ取を1つ持っておくと使えます。

ウロコ取りのおすすめ人気ランキング10選

ここからはウロコ取りのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのウロコ取りを見つけてみてくださいね!

第10位:REEXBON 電動鱗取り


軽量で低振動なので疲れにい電動式のウロコ取です。とくに長時間の作業をするのにおすすめです。使用されている刃部分には、ステンレス製で耐久力がある素材を採用しています。本体は防水になっています。回転方向切り替え・スピード調節もできるため、魚の種類と利き手で使い分けも楽にできます。魚料理で手間を省きたい方へおすすめします。

第9位:Willget ステンレス製ウロコ取り


デザインがおしゃれでスタイリッシュなウロコ取です。メンテナンスしやすいオールステンレス製です。細長い形状で握りやすいのもメリットで、錆びにも強くお手入れしやすい構造になっています。刃先が細かく魚の身には傷が付きにくくできています。しっかりグリップ感が保てる商品です。

第8位:プリンス工業 うろこ取り 銀鱗


魚の身部分への傷が付きにくく、あらゆるタイプのウロコに対応できる商品です。円盤型ヘッドにはギザギザの刃があり、独自設計による構造になています。うろこを取りつつ飛び散りにくいことが特徴です。ヒラメ・ハマチなどのウロコ取りに最適です。プロも使える頼りになるウロコ取りでしょう。

第7位:遠藤商事 真鍮ウロコ取


木製の持ち手が取り付けられていて大きなヘッドサイズなのが嬉しい商品です。持ち手にはくぼみ付いている設計なので、手にしっくりと馴染めるのが魅力です。ヘッド部分は真鍮製で広範囲なウロコ取りに適しています。グリップ感のあるウロコ取りをおさがしの方におすすめです。

第6位:speder-direct 電動ウロコ取り


大容量バッテリー搭載の電動式ウロコ取りです。本体重量は軽くて扱いやすいため、事前に充電しておけばアウトドアなどの屋外でも対応できます。防水機能も備えてあるため、丸洗いも可能です。キャンプやBBQなどを行うのが好きな方におすすめします。

第5位:Reccely うろこ取り


魚の形状をモチーフにしたデザインが人気です。手軽に自宅で魚のウロコ取りができるので、お子さんと一緒に使えます。本体がカバー付きABS樹脂製なので、処理したウロコが飛び散らずに収納できます。持ち手にはフック用の穴があるので、引っ掛けて収納できるのもうれしいポイントです。

第4位:貝印 SELECT100 うろこ取り W刃DH5702


大小さまざまなタイプの魚のウロコが、スムーズに取れる2枚刃タイプのウロコ取りです。ヘッド部分にはふた付きケースがあるため、ウロコは飛び散らからない工夫がされています。シンプルで形状も美しく、手になじめるグリップ感もあります。

第3位:片力商事 PTYGRACE 新方式ウロコ取り器 鱗トル

片力商事 PTYGRACE 新方式ウロコ取り器 鱗トル
片力商事 PTYGRACE 新方式ウロコ取り器 鱗トル

ヘッド面積が広いので、大小さまざまな魚のウロコ取りに活用できます。使用時のうろこが飛散するのを抑えられる仕組みになっています。左右のどちらの手でも使えるユニバーサルデザインが採用されているのも魅力です。とくに左利きの人で、手ごろなウロコ取りをお探しならおすすめできる商品です。

第2位:カンダ kan 新案ウロコ取


処理したウロコが詰まらないよう開発されたヘッドに、握りやすくグリップ感が保てる柄の部分が特徴的です。ヘッドは輪状でウロコの根詰まりを防止します。そのためスムーズに作業を進められるので人気があります。天然木の持ち手なので滑りづらくて疲れにくい商品です。

第1位:貝印 SELECT100 うろこ取りDH3016


剃刀の大手メーカー貝印による、小さなギザ刃が搭載されて細かいウロコをがっちり捉えて取り除けます。ステンレス製によるつなぎ目をなくした構造で、汚れが溜まりにくい工夫がされています。そのため、衛生的に使えるのが魅力です。ウロコ飛び散り防止のカバーがあり、簡単に取り外せるためメンテナンスもしやすくなっています。オールマイティに使えることで人気があります。

ウロコ取りの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ウロコ取りのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ウロコ取りで暮らしをもっと快適に

いかがでしたでしょうか?ウロコ取りは、普段から魚料理を作らない人にとっては必要性のないツールかもしれませんが、いざという時に所持しているととても便利です。魚を扱う際に一番面倒なウロコ部分に特化して対応しているため、どの商品も使いやすいはずです。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

この記事の商品一覧

REEXBON 電動鱗取り

REEXBON 電動鱗取り

¥11,500 税込

Willget ステンレス製ウロコ取り

Willget ステンレス製ウロコ取り

¥1,540 税込

プリンス工業 うろこ取り 銀鱗

プリンス工業 うろこ取り 銀鱗

¥3,245 税込

遠藤商事 真鍮ウロコ取

遠藤商事 真鍮ウロコ取

¥2,190 税込

speder-direct 電動ウロコ取り

speder-direct 電動ウロコ取り

¥7,869 税込

Reccely うろこ取り

Reccely うろこ取り

¥3,380 税込

貝印 SELECT100 うろこ取り W刃DH5702

貝印 SELECT100 うろこ取り W刃DH5702

¥2,128 税込

片力商事 PTYGRACE 新方式ウロコ取り器 鱗トル

片力商事 PTYGRACE 新方式ウロコ取り器 鱗トル

¥5,254 税込

カンダ kan 新案ウロコ取

カンダ kan 新案ウロコ取

¥770 税込

貝印 SELECT100 うろこ取りDH3016

貝印 SELECT100 うろこ取りDH3016

¥770 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

盛り箸のおすすめ人気ランキング10選!使い方や菜箸との違いなども解説
料理の盛り付けに欠かせないのが盛り箸です。盛り箸はピンからキリまでその商品がありますが、どれを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は盛り箸の使い方や選び方、おすすめ商品10選などについ...
キッチン用品 75view
【ambai・南部鉄器】オムレツパンのおすすめ人気ランキング10選!使い方なども紹介
オムレツを作るときにあると便利なのがオムレツパンです。オムレツパンはどんなものを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、オムレツパンの魅力や選び方、おすすめブランドや人気商品10選など...
キッチン用品 71view
【ニューバランス・アシックス・ナイキ】ファーストシューズのおすすめ人気ランキング10選!いつから必要?
ファーストシューズは、生まれた子供が初めて履く靴のこと。ママやパパは子供が初めて履くシューズだから、記念に残るような可愛くておしゃれなシューズを選びたいですよね。よちよち歩けるようななった赤ちゃんのた...
ベビー・キッズ 67view
【ニトリ・無印・しまむら】ハーフケットのおすすめ人気ランキング10選!夏用や北欧風でおしゃれなものなど
シングルサイズの半分の大きさのハーフケット。ちょっと横になりたい時や肩や膝の防寒に便利です。今回はそのようなハーフケットのおすすめと選び方を見ていきます。ダウンタイプやガーゼタイプなど様々な種類があり...
インテリア・家具 66view
【ニトリ・100均】ソースポットのおすすめ人気ランキング10選!ガラス製やおしゃれなものなど
ソースなどを入れるポットがあれば、食事をしながら適量を自分でよそうことができて便利です。しかし何を基準にしてソースポットを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、ソースポットの魅力や選...
キッチン用品 64view