2022年06月17日更新

口コミで評判のニトリがコスパ最強!バタフライチェアのおすすめ人気ランキング10選!キャンプでも使える

上から見ると蝶が羽根を広げたようなデザインが魅力の「バタフライチェア」は、本当の名を「BKFチェア」と言い、1983年に3人のアルゼンチン人デザイナーよって誕生しました。20世紀を代表する建築家の一人、ル・コルビュジエに師事していた彼らが発案したバタフライチェアの特徴的な形をモデルにして、今はいろいろなブランドで作られています。そこで今回はバタフライチェアについてご紹介します。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

バタフライチェアの選び方

バタフライチェアのメリットは?

バタフライチェアの魅力の一つに、持ち運びしやすいという点が挙げられます。ハンモックのようなシンプルな構造をしているので、いつでも好きなときに好きな場所へ一人で移動させられます。おしゃれなチェアの中には、重たくて一度設置すると移動しにくいものが多い中で、バタフライチェアはその手軽さがメリットでもあります。バタフライチェアは内部にクッションなどがないので、厚みが薄く、見た目の圧迫感が少ないのもメリットの一つです。バタフライチェアを部屋の一角に置くだけで、インテリアのおしゃれ度が一気に上がるのもポイントが高いです。

バタフライチェアのデメリットは?

バタフライチェアのデメリットは本家本元のBKFチェアだと、一脚で15万円以上する点にあります。本家のバタフライチェアが欲しいのであれば、まとまった予算を確保しておく必要があります。それ以外のデメリットとしては、意外と場所を取るということで、コンパクトに設置できるリラックスチェアを探している方には不向きと言えます。

バタフライチェアの座り心地は?

本家のバタフライチェアであるBKFチェアの座り心地は、背面から体を包み込むような感覚が気持ちよく、数時間座っていても疲れないと評判です。しかし一見同じようなバタフライチェアでも、ブランドやメーカーによって微妙に背面の高さが異なったり、素材が違ったりしており、その座り心地が左右されるので、口コミなどを参考にして選ぶようにしましょう。

バタフライチェアの選び方

素材で選ぶ


バタフライチェアはいろいろなブランドやメーカーから出ていますが、座面や骨組み部分の素材もさまざまです。骨組み部分は木やアルミ、ステンレスなどがあります。キャンプなどの屋外レジャーで使うのであれば、アルミやステンレスなど丈夫で持ち運びしやすいものが良いでしょう。自宅で出しっぱなしにして使うのであれば、見栄えの良い木製の骨組みを持ったバタフライチェアが良いでしょう。座面の素材にも注目です。本革、合皮、布などがあるので、目的に合った素材を選んでみてください。

サイズで選ぶ


バタフライチェアは、ブランドやメーカーによりそのサイズが異なります。一見快適そうに見えても、背面が思っていたよりも低いと肩や首などの重さを支えることができず、リラックスできないという声もあります。座る人の身長や体の大きさによっても快適に感じるサイズは異なるので、口コミなどを参考に選んでみましょう。特に背面の高さと座面の深さにより座り心地が左右されるので要チェックです。実店舗で試してサイズによる座り心地をチェックしてみるのも一案です。

耐荷重や本体の重さで選ぶ


小柄な女性であれば、特に耐荷重について気にする必要はないかもしれませんが、体の大きな男性が使う場合は、バタフライチェアの耐荷重についてもチェックしておきましょう。特にアウトドア仕様の軽量タイプのバタフライチェアは、その構造上耐荷重が軽いこともあります。また、キャンプなどのアウトドアに持参するのであれば、本体自体の重さにも注目です。骨組みが木製のバタフライチェアは見た目がおしゃれなものの、重たいので気を付けましょう。

バタフライチェアのおすすめブランド・メーカーは?

ニトリのバタフライチェア


ニトリのバタフライチェアは、脚部分がスチール、座面はポリエステル製です。折り畳み式なので、使わないときは畳んで収納できます。5000円前後とお買い得価格であるにもかかわらず、座り心地が良いと評判の商品です。座面もふかふかして気持ちが良いとのことなので、少しクッション性のあるバタフライチェアを探している方にはぴったりの商品です。

バタフライチェアのおすすめ人気ランキング10選

ここからはバタフライチェアのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのバタフライチェアを見つけてみてくださいね!

第10位:GifteQ ヴィンテージレザー バタフライチェア

GifteQ ヴィンテージレザー バタフライチェア
GifteQ ヴィンテージレザー バタフライチェア

ハンドメイドならではのクラフト感が光る、ヴィンテージレザーを使用したバタフライチェアです。高品質な天然のなめし革を使ったチェアは、使い込めば使い込むほどに味わいが増し、愛着が湧くことでしょう。サイズは座面の高さ70cm、座面の長さは84cmとなっています。自分で組み立てるタイプの商品です。インテリアのアクセントになるような、おしゃれなバタフライチェアを探している方にぴったりの商品です。プレゼントに選んでも喜ばれることでしょう。

第9位:RIOSOL リオソル チルなキャンバスチェア


木製フレームとキャンバス地の座面の異素材コンビネーションがおしゃれな印象のバタフライチェアです。ナチュラルカラーが優しく上品な木製フレームは、室内のどんなインテリアとも相性がよく、アウトドアでも自然の風景になじみやすいです。火の粉に強いキャンバス地を使っているので、焚火やバーベキュー台のそばでも安心して使えます。シート部分は汚れたら丸洗いできるので、汚れを気にせず安心して使えます。カラーはアイボリーとカーキの2色あります。

第8位:CUERO(クエロ)BKF Chair ナチュラルレザー

CUERO(クエロ)BKF Chair ナチュラルレザー
CUERO(クエロ)BKF Chair ナチュラルレザー

正規のバタフライチェアである、BKFチェアです。フレーム部分にはブラックのスチール材を使っており、座面は高品質なベジタブル担任レザーを使っています。サイズは幅85×奥行き85×高さ90cmです。1938年に3人のデザイナーに作られて以来、色あせない魅力を放っている本物のバタフライチェアをこの機会に手に入れてみましょう。高額ですが、一度手に入れれば一生涯長く愛用できます。高品質なデザイナーズチェアを探している方にもおすすめの商品です。第8位:CUERO(クエロ)BKF Chair ナチュラルレザー

第7位:NABEIM いす、寝室用バタフライチェア


座面の厚み10cmの、ふわふわとした座り心地が魅力のバタフライチェアです。人間工学に基づいて設計されているので、寝室やリビングなどでリラックスして座りたいときにぴったりの椅子です。骨組みは丈夫で軽いメタルを採用しており、必要ないときは折り畳んで収納することもできます。サイズは床から背面トップまでの高さは75cm、座面の高さは40cm、幅60cm、奥行き45cmとなっています。快適な一人用チェアを探している方におすすめの商品です。

第6位:雑貨の国のアリス バタフライチェア


キャンプなどのアウトドアレジャー、自宅のテラスや庭などでくつろぐときに使う一人用チェアを探している方にチェックしてほしい商品です。こちらのバタフライチェアは木製フレームにキャンバス地の座面が張られており、その重さ4.5㎏と軽量なのが魅力です。耐荷重は120㎏、サイズは幅54×奥行き74×高さ90cmとなっているので、体の大きな男性でも安心して使えます。携帯用バッグも付いているので、キャンプなどの移動時も手軽に持ち運びできます。背面にはメッシュポケットが付いているので、雑誌などの一時置きにも便利です。

第5位:ギギliving レザーチェア 本革 アイアン アンティーク

ギギliving レザーチェア 本革 アイアン アンティーク
ギギliving レザーチェア 本革 アイアン アンティーク

シンプルな構造ながらも、アイアンフレームと本革の座面のコンビネーションがアンティークな雰囲気を醸し出している商品です。座り心地がよいのはもちろん、インテリアのオブジェとしても見栄えのするバタフライチェアです。サイズは幅76×奥行78×高さ94cm、座面までの高さは前方40cm、後方の一番くぼんでいる所は38cmとなっています。座面は背面に向かって傾斜が付いているので、くつろいだ姿勢が保てます。

第4位:YOLER アウトドアチェア キャンプイス ロースタイル アルミフレーム

YOLER アウトドアチェア キャンプイス ロースタイル アルミフレーム
YOLER アウトドアチェア キャンプイス ロースタイル アルミフレーム

アウトドアで気軽に持ち運んで使えるバタフライチェアです。フレーム部分は天然のブナ材を採用、さらに留め具には錆止めが施された金属を使用しているので、サビに強く丈夫なのがポイントです。座面はしっかりとした厚みのある帆布を使っており、通気性と耐摩耗性に優れているので、長く愛用できます。サイズは奥行き48x幅49x高さ70cmとなっており、耐荷重は120㎏あるので、大柄な男性でも安心して座れます。

第3位:ビジョンピークス アウトドアチェア クラシックバタフライチェア VP160405I09 アイボリー

ビジョンピークス アウトドアチェア クラシックバタフライチェア VP160405I09 アイボリー
ビジョンピークス アウトドアチェア クラシックバタフライチェア VP160405I09 アイボリー

ピジョンピークスのアウトドア用バタフライチェアは、座面に火の粉に強いコットンキャンバス地を採用しているので、焚火を囲みながらリラックスしたいときも安心して使えます。広げたときのサイズは56cm×66.5cm×78cm、畳んだときのサイズは9cm×15cm×98cm、座面の高さは33cmとなっています。重さは3.3㎏と軽いので、女性でも簡単に持ち運びできます。耐荷重は80㎏となっています。

第2位:seiyishi Light bird 折りたたみ式 アウトドア バタフライチェア

seiyishi Light bird 折りたたみ式 アウトドア バタフライチェア
seiyishi Light bird 折りたたみ式 アウトドア バタフライチェア

アウトドアやテラス、庭などで気軽に使える折りたたみ式のバタフライチェアです。幅54×奥行き74×高さ93cm、耐荷重は80㎏あります。ショルダータイプの専用収納袋がついているので、畳んで簡単に携帯できます。座面部分には丈夫なコットン生地を使っているので、長く愛用できます。色は使い勝手の良いベージュとブラックの2色展開なので、色違いで揃えるのもおすすめです。シート部分は取り外して洗濯できます。

第1位:Fkstyle 椅子 アウトドア バタフライチェア

Fkstyle 椅子 アウトドア バタフライチェア
Fkstyle 椅子 アウトドア バタフライチェア

折り畳み式で組み立ても簡単なバタフライチェアです。フレーム部分は天然のケヤキ材を採用、座面には丈夫なコットン生地を使っており、見た目もおしゃれな商品です。背面にはメッシュ状のポケットがるいているので、雑誌やスマホなどを収納するのにも便利です。広げたときのサイズは幅50×奥行き74×高さ90cmとなっており、重さは4.5㎏、耐荷重は120㎏あるので、大柄の男性も快適に座れます。シート部分は取り外して丸洗いできます。

バタフライチェアの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、バタフライチェアのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

バタフライチェアで暮らしをもっと快適に

今回はバタフライチェアについてご紹介しましたが、いかがでしたか?使い勝手の良いバタフライチェアがあれば、自宅でのリラックスタイムはもちろん、キャンプやバーベキューなどの屋外レジャーでも快適に過ごせます。今回の記事を参考にして、ぜひ使いやすいバタフライチェアを探してみてください。

この記事の商品一覧

バタフライチェア (ISU ブルー)

バタフライチェア (ISU ブルー)

¥4,990 税込

GifteQ ヴィンテージレザー バタフライチェア

GifteQ ヴィンテージレザー バタフライチェア

¥32,560 税込

RIOSOL リオソル チルなキャンバスチェア

RIOSOL リオソル チルなキャンバスチェア

¥5,390 税込

CUERO(クエロ)BKF Chair ナチュラルレザー

CUERO(クエロ)BKF Chair ナチュラルレザー

¥38,500 税込

NABEIM いす、寝室用バタフライチェア

NABEIM いす、寝室用バタフライチェア

¥4,990 税込

雑貨の国のアリス バタフライチェア

雑貨の国のアリス バタフライチェア

¥25,630 税込

ギギliving レザーチェア 本革 アイアン アンティーク

ギギliving レザーチェア 本革 アイアン アンティーク

¥32,560 税込

YOLER アウトドアチェア キャンプイス ロースタイル アルミフレーム

YOLER アウトドアチェア キャンプイス ロースタイル アルミフレーム

¥7,598 税込

ビジョンピークス アウトドアチェア クラシックバタフライチェア VP160405I09 アイボリー

ビジョンピークス アウトドアチェア クラシックバタフライチェア VP160405I09 アイボリー

¥4,990 税込

seiyishi Light bird 折りたたみ式 アウトドア バタフライチェア

seiyishi Light bird 折りたたみ式 アウトドア バタフライチェア

¥3,480 税込

Fkstyle 椅子 アウトドア バタフライチェア

Fkstyle 椅子 アウトドア バタフライチェア

¥9,653 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

盛り箸のおすすめ人気ランキング10選!使い方や菜箸との違いなども解説
料理の盛り付けに欠かせないのが盛り箸です。盛り箸はピンからキリまでその商品がありますが、どれを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は盛り箸の使い方や選び方、おすすめ商品10選などについ...
キッチン用品 75view
【ambai・南部鉄器】オムレツパンのおすすめ人気ランキング10選!使い方なども紹介
オムレツを作るときにあると便利なのがオムレツパンです。オムレツパンはどんなものを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、オムレツパンの魅力や選び方、おすすめブランドや人気商品10選など...
キッチン用品 71view
【ニューバランス・アシックス・ナイキ】ファーストシューズのおすすめ人気ランキング10選!いつから必要?
ファーストシューズは、生まれた子供が初めて履く靴のこと。ママやパパは子供が初めて履くシューズだから、記念に残るような可愛くておしゃれなシューズを選びたいですよね。よちよち歩けるようななった赤ちゃんのた...
ベビー・キッズ 67view
【ニトリ・無印・しまむら】ハーフケットのおすすめ人気ランキング10選!夏用や北欧風でおしゃれなものなど
シングルサイズの半分の大きさのハーフケット。ちょっと横になりたい時や肩や膝の防寒に便利です。今回はそのようなハーフケットのおすすめと選び方を見ていきます。ダウンタイプやガーゼタイプなど様々な種類があり...
インテリア・家具 66view
【ニトリ・100均】ソースポットのおすすめ人気ランキング10選!ガラス製やおしゃれなものなど
ソースなどを入れるポットがあれば、食事をしながら適量を自分でよそうことができて便利です。しかし何を基準にしてソースポットを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、ソースポットの魅力や選...
キッチン用品 62view