2022年09月05日更新

【100均・カインズ・キャプテンスタッグ】プールマットのおすすめ人気ランキング10選!代用品なども紹介

土の上にじかにビニールプールを敷いてしまうと場所によっては石や砂利の感触が痛く、不快なことがあります。そのような時ビニールプールの下にプールマットを敷くとトラブルが解決できます。今回はそのようなプールマットの選び方とおすすめを見ていきます。ぜひ使いやすいプールマットを見つけてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

プールマットの魅力とは?


プールマットはご自宅で使うビニールプールの下に敷くマットのことです。クッション性が高いものが多く、地面の凸凹や砂利の鋭さが子供に伝わりにくくするためのものです。仮にプールマット無しででこぼこした地面や砂利の上にビニールプールを設置すると遊んでいる途中子供が怪我をしたりプールが破けてしまったりすることがあります。このようなトラブルを防ぐためにプールマットは必要です。また、芝生の上やまさ土の上など滑らかな地面にプールを設置する場合でも、プールマットがあるとプールの置き場兼休憩スペースが確保できるので、長時間遊ぶ場合におすすめです。

プールマットの代用品は?

プールマットはレジャーシートで代用できます。ただし、芝生の上やまさ土の上など滑らかな場所で使う場合にのみです。地面が凸凹していたり石や砂利が多い場所ではそれらのダメージを軽減できません。そのような場所でプールマットの代用品は、アウトドアの際、寝袋の下に敷けるマットなどです。もしくは、ビニールシートの下にダンボールを敷き詰めマット代わりにするなどです。後者は水が浸透すると破れることがあるので、繰り返し使うのは難しいです。

プールマットの選び方

大きさをチェック


プールマットを選ぶなら、サイズに注目して選びましょう。まずはプールの大きさと合っているかどうかの確認が必要です。プールに対して小さいプールマットであれば、底全体をカバーできないので、マットの良さが生かされません。もし、気に入ったプールマットが小さいのであれば2枚以上購入しプールの下に敷くのがおすすめです。次に厚みですが1cm以上あるものは地面が凸凹していても感じにくく、使いやすいです。4mmや5mmといったものは、芝生の上などなめらかな場所でおすすめです。

素材をチェック


プールマットの素材には、ウレタンフォームやポリエチレン、アルミなどがあります。ウレタンやポリエチレンは軽量で扱いやすく女性にも簡単に設置できるでしょう。また撥水性や柔軟性が高いので、すぐに乾きますし、収納もしやすいです。中には片面にアルミを使った製品もあります。アルミは遮熱効果が高いため、地表の熱をカットしてくれます。これにより水が温まりにくく、長時間快適な水遊びができるでしょう。また、子供にも地熱が伝わりにくいので、プールマットの上に休憩スペースなどを作りたい人も片面がアルミ製のものを選ぶのがおすすめです。

収納方法をチェック


プールマットの収納方法は製品により異なります。ビニールシートのように任意の大きさに折りたためるものもあれば、ジャバラ式になっており簡単に折りたためるものもあります。大きめのプールマットを使う場合は、特に収納しやすいものを選ぶと設置しやすく片付けしやすいです。また、製品によってはプールマットとレジャーシートを兼ね備えた物もあります。このようなタイプは収納ケースも付いているものも多いため、帰省先などでプールマットを設置したい人にもおすすめです。

プールマットのおすすめブランド・メーカーは?

100均のプールマット

100均ではプールマットが販売されていないので、ジョイントマットや人工芝生を使ってプールマット代わりにする人が多いです。ジョイントマットならある程度の厚みがあるので多少凸凹した場所や石の多い所でも使えるでしょう。ただ、人工芝はジョイントマットほどの厚みがないためコンクリート屋砂の上で使うまけにとどめた方が無難です。

カインズのプールマット


カインズにはオリジナルのプールマットが販売されています。180cm四方のものと180×300cmのものがあります。お手持ちのプールのサイズに合わせて選べるのが良いですね。柄も夏らしいリーフ柄やナチュラルなトロピカル柄で、使うのが楽しくなりますよ。価格も1500円前後ですので予算を抑えたい人にもおすすめです。

キャプテンスタッグのプールマット


アウトドアメーカーのキャプテンスタッグからもプールマットが販売されています。軽量で折りたたみやすく、180cm四方の適度な大きさがあるものが揃っています。でこぼこしたデザインで地熱をカットしてくれます。プールマットとしてだけではなくレジャーシートとしてもおすすめです。

プールマットのおすすめ人気ランキング10選

ここからはプールマットのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのプールマットを見つけてみてくださいね!

第10位:リブライト 東京ローソク プールマット


210×160cmの家庭用のビニールプールにぴったりな大きさのプールマットです。下に敷くことによりプールの底面の保護にもなりますし、滑りにくくなるので、子供の怪我防止にもなりますよ。大きめのプールを設置することができますし、スペースが余れば子供のおもちゃ置き場や休憩スペースにも使えます。下に敷いて使用する厚みのあるマットです。水が染み込まない素材で、プールの保護だけではなくレジャーシートとして利用可能です。

第9位:プール下マット抗菌タイプ ミントブルー

プール下マット抗菌タイプ ミントブルー
プール下マット抗菌タイプ ミントブルー

約180×310cm、厚み4mmのプールマットです。プール専用なだけあり使いやすい大きさと適度な厚み、クッション性が魅力です。厚みがあるため地面のでこぼこも気になりません。地熱もある程度遮断してくれるため、適度な水温が長時間続きますよ。大きい作りなので、大きめのプールを設置するのも良いですし、小さめのプールと休憩スペースを作るのにも最適です。水が染み込まない素材なので、非常に使いやすく乾かしやすくもあります。

第8位:BUNDOK(バンドック) フォールディング マット

BUNDOK(バンドック) フォールディング マット
BUNDOK(バンドック) フォールディング マット

アウトドア製品のメーカー・バンドッグのマットです。幅60×長さ180×高さ1cm(約1.8cm)です。突起までの長さがあるため、プールの底面の保護にぴったりです。また、滑り止めの役割もしてくれますよ。幅があまりないので、プールのサイズに合わない場合は2枚以上使うのがおすすめです。蛇腹式で出し入れがしやすいため、複数枚あっても管理がしやすいですよ。軽量発泡ポリエチレン製でクッション性が高いのも魅力です。

第7位:Tyoulucky プールカバー 長方形プール プールマット

Tyoulucky プールカバー 長方形プール プールマット
Tyoulucky プールカバー 長方形プール プールマット

290×210cm、445×244cm、500×300cmの3種類の大きさが展開されているプールマットです。1番大きい500×300cmはかなりの大きさがあるので、大型のビニールプールにも最適です。今までなかなか自宅のビニールプールに合うものが見つけられなかった人にも使いやすいのではないでしょうか。プールマット自体のサイズが大きくても、軽量のポリエステルで作られているため、製品自体は非常に軽量で持ち運びしやすいです。折りたたむこともできるので収納もしやすいです。

第6位:フィールドア プールマット


198×118cmと適度な大きさのマットです。プールマットとしてだけではなくキャンプやレジャーにも使えるマットです。そのため非常に丈夫で、使いやすいです。片面がアルミ製になっているため、断熱性が高くプールの水温を心地よくキープしてくれます。地表の熱を遮断したい場合はアルミ面下にすると良いですよ。コットや寝袋にも使える程のクッション性も魅力です。手軽に折りたためるので、設置や片付けも簡単です。

第5位:ドウシシャ プールマット


空気を入れて使うプールマットです。製品空気注入時は幅125×奥行240cmです。ふわふわとした感触で気持ちよく水遊びができますよ。使用後は空気を抜いてコンパクトに収納できます。表面はブルー、裏面はピンクになっておりリバーシブルに使用できます。空気を入れるという特性上砂利の上なので使うのにはふさわしくないです。コンクリートや芝生の上で使うのにおすすめです。

第4位:Preime プールマット


ビニール製のプールマットです。サイズが充実しており185×135cm、235×185cm、285×185cm、320×185cmの4種類があります。厚さははすべて3.5mmです。芝生やコンクリートの上で使うのにぴったりな厚さです。水も弾く素材なので、メンテナンスが簡単です。使用後は乾きやすいのも良いですね。プールマットのみの販売もありますし空気入れとセットになったものもあります。

第3位:ユーザー プール下マット


幅180×奥行300×高さ0.4cmのプールマットです。約170×260cmの大きめのビニールプールもゆとりを持って置けますよ。ビニールプールを2〜3人で使う場合にも良いですね。リゾート気分満載のトロピカル柄なのも魅力です。厚みがあるので、多少凸凹した地面でも気にならなくなります。
キャンプなどのレジャーにも活躍する大きさです。ポリプロピレン製で軽量で速乾性に優れているのは魅力です。

第2位:角利産業 サンドリー 折りたたみクッションマット

角利産業 サンドリー 折りたたみクッションマット
角利産業 サンドリー 折りたたみクッションマット

発泡ポリエチレン製のプールマットです。1枚ものなのでバラバラにならず、広々使える約200×140cmの幅広いサイズです。折り目が付いているので、設置したり片付けたりするのが簡単です。専用の収納ケースも付いていますよ。デコボコとしたデザインなので、地熱の影響を受けにくく快適に過ごせます。プールマットとしてだけではなくレジャーシート)赤ちゃん用マットとしても使えます。厚さが0.8cmもあるのでクッション性にも定評があります。

第1位:キャプテンスタッグ プールマット


ポリエステル、発泡ポリエチレン、ポリエステル(アルミ蒸着)の3層になったプールマットです。 180×180cmと手頃な大きさで、設置しやすいです。厚さは1 mm と薄いのにコンクリートの上などで使うのに良いでしょ。う厚みがあまりないため、折りたたみなどもしやすく収納にもスペースが入りません。水が染み込みにくくすぐに乾くので、連日使うのにも適してますよ。

プールマットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、プールマットのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

プールマットで暮らしをもっと快適に

プールマットのおすすめと人気ランキングを見てきました。プールマットがあればビニールプールを保護することができますし、石や砂利の痛さから解放されます。是非お気に入りのプールマットを見つけていっそう快適にビニールプール遊びを楽しんでくださいね。

この記事の商品一覧

キャプテンスタッグ プールマット

キャプテンスタッグ プールマット

¥1,879 税込

リブライト 東京ローソク プールマット

リブライト 東京ローソク プールマット

¥3,739 税込

プール下マット抗菌タイプ ミントブルー

プール下マット抗菌タイプ ミントブルー

¥3,149 税込

BUNDOK(バンドック) フォールディング マット

BUNDOK(バンドック) フォールディング マット

¥2,750 税込

Tyoulucky プールカバー 長方形プール プールマット

Tyoulucky プールカバー 長方形プール プールマット

¥2,480 税込

FIELDOOR フィールドア プールマット

FIELDOOR フィールドア プールマット

¥3,630 税込

ドウシシャ プールマット

ドウシシャ プールマット

¥1,980 税込

Preime プールマット

Preime プールマット

¥2,970 税込

ユーザー プール下マット

ユーザー プール下マット

¥5,393 税込

角利産業 サンドリー 折りたたみクッションマット

角利産業 サンドリー 折りたたみクッションマット

¥2,793 税込

キャプテンスタッグ プールマット

キャプテンスタッグ プールマット

¥1,879 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

【スノーピーク・キャプテンスタッグ】チタン箸のおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリットなども紹介
チタン箸は、アウトドアにぴったりのアイテムです。チタン箸は、汚れやニオイが付きにくく、食器洗い用の水に制限があるアウトドアでも衛生的だからです。とはいっても数多くあるチタン箸から選ぶのは大変ですよね。...
キッチン用品
【ニトリ・無印・iwaki】ガラス製保存容器のおすすめ人気ランキング10選!おしゃれ&密閉できるものなど
余った食材や料理を保存する際にタッパーなどに入れておく方も多いと思いますが、不便に感じることはないでしょうか。ガラス製の保存容器を使用することで様々なメリットや使い道が増えてきますので、食材の保存にお...
キッチン用品
【100均・ニトリ・IKEA】ポリ袋ホルダーのおすすめ人気ランキング10選!ステンレス製やフタ付きなども
キッチンで料理をする際に出るゴミは、シンクの三角コーナーへ捨てることが多いでしょう。ですがそれだとぬめりや臭いなどの衛生面が気になりますよね。ポリ袋ホルダーはポリ袋をゴミ箱にすることができる製品なので...
インテリア・家具
ブックスキャナーのおすすめ人気ランキング10選!自動めくりできるものなども
手持ちの本を整頓したり外へ手軽に持ち出す際にデジタル化するいわゆる「自炊」をしたいと言う際にはブックスキャナーを使うのがおすすめです。通常のスキャナタイプを始めオーバーヘッドタイプといった様々な特徴を...
家電
【ニトリ・西川・無印】合い掛け布団のおすすめ人気ランキング10選!洗えるものなどが人気
ボリュームのある冬用の卯羽毛布団とダウンケットのちょうど真ん中くらいの合い掛け布団。適度な保温力と軽さが魅力で、春や秋など季節の変わり目に活躍してくれるアイテムです。そこで今回は、おすすめの合い掛け布...
インテリア・家具