2021年05月11日更新

【ニトリ・カインズ】屋外ゴミ箱のおすすめ人気ランキング10選!雨でも安心の防水タイプや匂いが漏れない密閉式など

屋外ゴミ箱は、ニオイが気にならずにおすすめです。屋外ゴミ箱は外に置くタイプのゴミ箱であり、室内ではニオイが充満しやすく生活感が出る一方で、屋外であれば気にならないからです。とはいっても数多くある屋外ゴミ箱から選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある屋外ゴミ箱を紹介します。ぜひ、お気に入りの屋外ゴミ箱を見つけてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

屋外ゴミ箱の選び方

材質で選ぶ


屋外ゴミ箱の選び方1つ目は、材質で選ぶことです。屋外ゴミ箱として使われる素材は、おもにステンレス・スチール・アルミ・樹脂の4つに分類され、置く場所や自宅のある地域の気候に合ったタイプで選ぶとよいでしょう。ステンレスは錆びに強くて頑丈であり、長く使いたい人にぴったりです。値段にこだわるのであればスチール製がおすすめでしょう。また、衝撃や雨にも強い樹脂製とそれぞれ特徴が異なるため、気候や好みなどから探してみてください。

サイズ・形状で選ぶ


屋外ゴミ箱の選び方2つ目は、サイズ・形状で選ぶことです。ゴミ箱を購入する前に、必ず設置場所を決めてゴミ箱の形・サイズをはかっておきましょう。ぴったりと収まっているゴミ箱を見ると、それだけでスッキリとした気分になれます。分別するために何個かのゴミ箱を一緒に置く場合は、サイズをはかってから探すようにしてください。せっかく、屋外ゴミ箱を購入しても、大きすぎたり小さすぎてしまうなんてことがないようにしましょう。

容量で選ぶ

屋外ゴミ箱の選び方3つ目は、容量で選ぶことです。屋外向けゴミ箱は、小さいものだと20Lほどですが、大型のものだと100Lを超えます。何人暮らしなのか、普段、どれくらいの生活ごみがでるのかをしっかりと考慮してください。たとえば、生ごみ・燃えるゴミを溜め込むのであれば、45リットルより小さいゴミ箱がおすすめです。瓶・ペットボトルの分別や一軒家であれば、45リットル以上の大容量タイプで探してみてください。

屋外ゴミ箱のおすすめブランド・メーカーは?

ニトリの屋外ゴミ箱


ニトリの屋外ゴミ箱は、45リットルと90リットルタイプがあり、ゴミの量に応じて選ぶことができます。また、カラーバリエーションも豊富に揃っており、庭などの雰囲気に合わせて選べるでしょう。もっともスタンダードなタイプで、住環境に合わせたデザイン性が口コミでも人気があります。また、ポリ袋止めがついており、ゴミ袋がずれる心配もありません。90リットルサイズは、持ち手とキャスターがついており、重量があってもラクに移動ができます。

カインズの屋外ゴミ箱


カインズの屋外ゴミ箱は、色んな形状があって、使うシーンに合わせて選べるのが魅力的でしょう。価格も千円以内のものから、大型サイズになると5千円台と幅広く揃っているからこそ、口コミでも人気があるのでしょう。ハンドル分別ダストであれば、フタがしっかりと閉まって、ゴミが外に飛び散ったりニオイを気にすることもありません。野良猫やカラスなどの害獣被害に遭うこともないでしょう。フタの色が選べるからこそ、シーンや分別内容に応じて使い分けることができます。

コーナンの屋外ゴミ箱


コーナンの屋外ゴミ箱は、色んな形状や機能性をもったタイプが揃っています。そのため、シーンに応じて選ぶことができるでしょう。また、価格もリーズナブルで、はじめて屋外ゴミ箱を購入したいと思っている人でも、手が出やすいです。とくにジョイントできるタイプはあとで横につなげる点が魅力的でしょう。フタの色で、燃えるゴミ・不燃ごみ・ビン缶などに分けることができます。価格と機能性で選ぶのであれば、コーナンの屋外ゴミ箱はおすすめでしょう。

屋外ゴミ箱のメリットとデメリットは?

屋外ゴミ箱のメリットは?

屋外ゴミ箱のメリットは、ゴミ箱のスペースがいらない・生活感がなく部屋がすっきりする・嫌なニオイやコバエに悩まない点です。狭い部屋の中のスペースに置くと、設置する場所を決めておかなければいけませんが、屋外であれば空いたスペースを有効活用できるでしょう。また、屋外に置くことで生活感がなくなり、見た目がスッキリするといったメリットがあります。ニオイなども気にならないため、屋外ゴミ箱はとてもおすすめです。

屋外ゴミ箱のデメリットは?

屋外ゴミ箱のデメリットは、生ごみなどのニオイが発生する・害獣や害虫が発生する・強風で飛ばされる恐れがある点です。生ごみなどのニオイが漂ってしまうと、置き場所によっては隣近所さんのところまでいって迷惑をかけてしまうかもしれません。また、カラス・ネズミなどの害獣に荒らされたり、コバエやゴキブリなどの害虫が寄ってくることもあります。さらに軽いゴミ箱だと、強風で飛ばされる恐れもあるため、十分な対策が必要でしょう。

のおすすめ人気ランキング10選

ここからは屋外ゴミ箱のおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りの屋外ゴミ箱を見つけてみてくださいね!

第10位:連結ワンハンドペール45L 3個セット


屋外ゴミ箱のおすすめ人気ランキング第10位は、ロイヤル通販 B663-3です。ライトグリーン・グリーン・ダークグリーンの3色の中から色の組み合わせを選べるゴミ箱で、どんな色の組み合わせでも、並べて置くとおしゃれに見えるのが魅力的でしょう。また、ゴミ箱同士を連結できるため、しっかり安定感があって、ちょっとした隙間をうまく利用できる点でも選んで正解です。色が違うゴミ箱は、分別ごみとしても間違えにくいのがおすすめポイントでしょう。

第9位:東谷(Azumaya-kk) LFS-936GR

東谷(あづまや) トラッシュカン 50L LFS-936GR
東谷(あづまや) トラッシュカン 50L LFS-936GR

屋外ゴミ箱のおすすめ人気ランキング第9位は、東谷(Azumaya-kk) LFS-936GRです。安心の日本製で、ガレージ・ベランダ・庭のどこに置いても合うデザイン製に人気があります。カラーは3色展開をしており、白を購入すれば好きな色に塗ることもできるでしょう。フタと本体がロックできるため、ニオイ・動物対策も安心です。価格はちょっと高めですが、スタイリッシュなデザインは価値があります。柔らかい素材で、持ち運びがしやすい点でも魅力的です。

第8位:平和工業(Heiwa Kougyou) カラーペール


屋外ゴミ箱のおすすめ人気ランキング第8位は、平和工業(Heiwa Kougyou) カラーペールです。ペールカラーがとてもキュートで、屋外だけでなく室内でも使えるのが魅力的でしょう。生ごみ・資源ごみの分別だけでなく、庭に置いてガーデニング用としても使えるのがポイントです。フタは回して開閉するタイプで、雨水の侵入・ニオイの拡散・動物による被害からしっかりと守ってくれます。とてもかわいくて、価格も安い点でも選んで正解でしょう。

第7位:リス キャスター付ゴミ箱


屋外ゴミ箱のおすすめ人気ランキング第7位は、リス キャスター付ゴミ箱です。屋外用のゴミ箱は容量が大きくて持ち運びがしにくいのが特徴ですが、このゴミ箱にはキャスターがついていることで、ラクに持ち運びができるでしょう。ゴミステーションまで中身を入れたまま運搬できるため、ニオイのする重いものを運ぶ不快な作業をしなくて済みます。また、排水栓がついているのもポイントで、お手入れのときはひっくり返してうえから水を流すだけです。

第6位:アスベル R分別ダストボックス


屋外ゴミ箱のおすすめ人気ランキング第6位は、アスベル R分別ダストボックスです。屋外向けゴミ箱の王道ともいえる商品で、3色カラーと付属のシールで分別しやすくなっています。また、ゴミ箱同士を連結できることで、分別しやすく収納力にも優れている点が魅力的でしょう。軽い素材で空になったときに洗いやすく、お手入れがしやすい点もポイント大です。価格もお手頃で機能性・安さで選びたい人におすすめします。落ち着いた色合いも魅力の一つでしょう。

第5位:渡辺金属工業 オバケツM45


屋外ゴミ箱のおすすめ人気ランキング第5位は、渡辺金属工業 オバケツM45です。ミラーのように輝くスタイルが特徴的で、非常に頑丈なのもポイント大でしょう。また、サビ・腐食に強くて、バケツ職人手作りの高品質さと相まって、驚異の耐久性を誇ります。材料には合成樹脂・塩化ビニルなどの不燃物を使っておらず、リサイクルができる自然に環境に優しいゴミ箱としても、口コミでは注目中です。ちょっとスタイリッシュなデザインのゴミ箱が欲しい人にぴったりでしょう。

第4位:アスベル 資源ゴミ用4分別ダストボックス120L

アスベル 資源ゴミ用4分別ダストボックス120L
アスベル 資源ゴミ用4分別ダストボックス120L

屋外ゴミ箱のおすすめ人気ランキング第4位は、アスベル 662744です。仕切り板がついている大容量タイプのゴミ箱で、最大で5種類の分別ができます。また、仕切り板は分別したい数によって変えることができ、用途に合わせて使い分けることができる点でも魅力的でしょう。とくに、資源ごみの分別ルールは地域によって異なるため、仕事の都合などでよく引っ越しをする人にも重宝します。可動式仕切りは、口コミでも人気です。

第3位:岩崎工業 スーパーカン


屋外ゴミ箱のおすすめ人気ランキング第3位は、岩崎工業 スーパーカンです。耐候性に優れたゴミ箱で、極寒の気候でも使えるのが魅力的でしょう。3年間の保証つきで、長く使えるかどうかが気になる人にぴったりです。屋根のある場所だと20年以上使えるため、この商品を購入しておけば長く使えます。45リットルと60リットルの容量のゴミ箱があり、用途に合わせて選べるでしょう。スタイリッシュな色合いは、どんな場所にもフィットします。

第2位:スパイス IWLY4010BG


屋外ゴミ箱のおすすめ人気ランキング第2位は、スパイス IWLY4010BGです。6色のペールカラーがラインナップされており、自分の好みやシーンに合わせて選ぶことができます。また、置く場所の雰囲気に合った色を選べるため、生活感を感じさせない、おしゃれにしたい人にぴったりでしょう。容量も60リットルと生ごみや燃えるゴミのストックに十分です。ロック機能も搭載されており、カラスの被害やニオイの分散、フタが強風で飛んでしまうようなこともありません。

第1位:岩崎工業 L-113C

岩崎工業 日本製 屋外仕様ゴミ箱 スーパーカン 角型 60 グレーメタリック L-113C
岩崎工業 日本製 屋外仕様ゴミ箱 スーパーカン 角型 60 グレーメタリック L-113C

屋外ゴミ箱のおすすめ人気ランキング第1位は、岩崎工業 L-113Cです。樹脂製で耐久率があり、変形してしまっても元の形に戻る復元力に優れている特徴をもっています。また、容量が60リットルあるため、45リットルのゴミ袋がスッポリと入って便利です。嬉しいロック機能つきで、カラスの被害を防ぐことができるでしょう。重量は軽くて持ち運びがしやすく、女性でもラクに移動ができます。生ごみや燃えるゴミを溜めておくのに最適です。

屋外ゴミ箱の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、屋外ゴミ箱のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

屋外ゴミ箱で暮らしをもっと

いかがですか。屋外ゴミ箱は、機能性が高くて魅力的です。屋外ゴミ箱があると、室内に生ごみのニオイが充満することがなく、コバエなどの害虫予防ができるタイプもあっておすすめでしょう。ためにも、ぜひ、お気に入りの屋外ゴミ箱を見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事の商品一覧

屋外用ハンドル付ダストボックス45L

屋外用ハンドル付ダストボックス45L

¥2,808 税込

角型ペール 45L

角型ペール 45L

¥1,298 税込

連結ハンドルペール 70型

連結ハンドルペール 70型

¥2,123 税込

連結ワンハンドペール45L 3個セット

連結ワンハンドペール45L 3個セット

¥6,490 税込

東谷(あづまや) トラッシュカン 50L LFS-936GR

東谷(あづまや) トラッシュカン 50L LFS-936GR

¥2,483 税込

平和工業(Heiwa Kougyou) カラーペール

平和工業(Heiwa Kougyou) カラーペール

¥2,790 税込

リス キャスター付ゴミ箱

リス キャスター付ゴミ箱

¥9,640 税込

アスベル R分別ダストボックス

アスベル R分別ダストボックス

¥1,260 税込

オバケツM45

オバケツM45

¥8,252 税込

アスベル 資源ゴミ用4分別ダストボックス120L

アスベル 資源ゴミ用4分別ダストボックス120L

¥7,480 税込

岩崎工業 スーパーカン

岩崎工業 スーパーカン

¥4,801 税込

スパイス IWLY4010BG

スパイス IWLY4010BG

¥8,086 税込

岩崎工業 日本製 屋外仕様ゴミ箱 スーパーカン 角型 60 グレーメタリック L-113C

岩崎工業 日本製 屋外仕様ゴミ箱 スーパーカン 角型 60 グレーメタリック L-113C

¥5,018 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

スキンマー(穴あきおたま)のおすすめ人気ランキング10選!使い方や選び方なども紹介
料理をするときにあると便利なのがスキンマーです。スキンマーがあれば、鍋に入った豆腐などをスムーズに取り出すことができます。今回はスキンマーの選び方や人気商品10選などについてご紹介するので、スキンマー...
キッチン用品 55view
【ニトリ・ティファール・セリア】フライパンカバーのおすすめ人気ランキング10選!蓋との違いなども紹介
フライパンカバーがあれば、フライパンを使って蒸したり煮たりするときに便利です。そこで今回はフライパンカバーの選び方やおすすめブランドやメーカー、人気商品10選などについてご紹介します。ぜひ参考にして、...
キッチン用品 69view
口コミで評判のニトリのランタンを徹底解説!キャンプや防災などでも大活躍
室内など暗い場所で灯りが欲しい時、ランタンがあると便利ですよね。ここではニトリのランタンについて解説し、ランタンが欲しい方におすすめできる商品であることをお伝えします。ニトリのランタンには、どのような...
スポーツ・アウトドア 65view
口コミで評判のニトリの湯たんぽを徹底解説!湯たんぽのおすすめ人気ランキングも合わせ紹介
湯たんぽはお湯さえあれば使えるので、手軽に温まりたい時に便利なアイテムです。節約派の方にぴったりな商品としても注目されているでしょう。ここではニトリの湯たんぽを含め、おすすめ商品をご紹介していきます。...
生活雑貨・日用品 50view
盛り箸のおすすめ人気ランキング10選!使い方や菜箸との違いなども解説
料理の盛り付けに欠かせないのが盛り箸です。盛り箸はピンからキリまでその商品がありますが、どれを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は盛り箸の使い方や選び方、おすすめ商品10選などについ...
キッチン用品 79view