2021年08月04日更新

【コールマン・ビジョンピークス】トンネルテントのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリット、タープが連結できるものなど

トンネルテントは、タープの必要がなくておすすめです。トンネルテントは、前室と寝室の2部屋で構成されており、タープを作る必要がないからです。とはいっても数多くあるトンネルテントから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のあるトンネルテントを紹介します。ぜひ、お気に入りのトンネルテントを見つけてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

トンネルテントとは?


トンネルテントとは、フレームをアーチ型に並べて設営するテントです。前室が広くて居住スペースのようであることから、人気を集めています。しかし、トンネルテントは、独特な形状で、注意をしなければいけない点もあるでしょう。ただし、タープなどが必要がないことから開口口をしっかりとクローズすることで雨風を防ぐことができます。また、前室とリビングスペースを確保することで、必要なスペースが少なく済むといったメリットがあり、タープも使って車を横づけすればより広いスペースが保てるでしょう。テント内自体も広くて、快適なキャンプ生活を送れます。

トンネルテントのメリットとデメリットは?

トンネルテントのメリットは?

トンネルテントのメリットは、何といっても、リビングスペースと寝室を区画できることです。切り離すことで、プライベートルームをしっかりと守ることができます。たとえば、一緒に来た仲間がテントを訪れたときに、布団が敷いてあるとなんとなく気まずくなってしまうかもしれません。寝室とリビングが分かれていれば、気兼ねなく、友との語らいを楽しむことができるでしょう。まるでちょっとした居住空間のようなスタイルが定評です。

トンネルテントのデメリットは?

トンネルテントのデメリットは、横に長いことです。円に近いドーム型のテントとは異なり、幅に対して奥行が長いのが特徴であり、幅があっても長さが足りないといったトラブルにつながります。また、自立しないのが難点でしょう。ペグ打ちをしなくても自立するドーム型テントとは違い、ペグ打ちをしなければいけないのが面倒と感じる人もいます。そのため、硬い地面や岩場などでないと設置できないこともあるでしょう。こういったデメリットがあり、敬遠する人もいます。

トンネルテントの選び方

サイズで選ぶ


トンネルテントの選び方1つ目は、サイズで選ぶことです。設置場所は限られており、どれくらいの大きさかはとても重要ポイントでしょう。広さだけでなく、天井の高さなどもしっかりとチェックしたうえで購入を決めるようにしてください。大は小を兼ねるといっても、あまりに大きすぎると、場所からはみ出したり、周囲でキャンプをしている人の迷惑にもなりかねません。モラルを守りつつ、適したサイズをしっかりと選んでみてください。

生地で選ぶ


トンネルテントの選び方2つ目は、生地で選ぶことです。とくに炎天下や悪天候の中で快適にキャンプを過ごすためには、テントの生地はとても大事な要素でしょう。もっとも大切なのが耐水圧・遮光性で、遮光性がないと日が出ているときは気温がぐっと上がります。熱中症になりかねないため、UVカットがしっかりと施されている生地のテントを選ぶようにしましょう。見た目ばかりにこだわってしまうと、思いがけない体調の変化に見舞われてしまうため、注意が必要です。

スカートの有無は好みで選ぶ


トンネルテントの選び方3つ目は、スカートの有無は好みで選ぶことです。スカートがついていると冬のときに暖かいため、重宝します。また、逆に夏場はスカートがないと涼しく感じるでしょう。行く季節などに応じてスカートの有無を決めてください。たとえば、冬のキャンプをよく行くのであれば、スカートつきのテントだと安心して使えます。ちなみにテントのスカートとは、フライシートの四方についている裾のことで、スカートがついていると、裾が長くなることで保温性を高める仕組みです。

トンネルテントのおすすめブランド・メーカーは?

コールマンのトンネルテント


コールマンのトンネルテントは、広くて快適な空間づくりができると話題です。大人数でキャンプを楽しみたいのであれば、広い居住空間は必要でしょう。老舗のメーカーということもあって、キャンプ初心者にもおすすめです。また、アフターフォローにおいてもしっかりと対応してくれるため、買ったあとでも安心して使えるでしょう。そして、カラーバリエーションが豊富に揃っていることで、キャンプ場で色が被るといったことも少ないです。

ビジョンピークスのトンネルテント

ビジョンピークス トレスアーチ2ルームテント

ビジョンピークスのトンネルテントは、コスパ力が高く、使い勝手もよいことから人気があります。中が広くて大家族のキャンプにも適しており、おしゃれなデザインも魅力の一つでしょう。奥行最大670cmの大型2ルームテントで、フライシートにはベンチレーションを装備しています。元々広い空間ですが、インナーテントを外すことで、スクリーンテントとしても広々と使用可能です。とにかく、広い空間でキャンプを楽しみたい人にマッチします。

フィールドドアのトンネル テント


フィールドドアのトンネル テントは、とても大きくて、ファミリーやグループキャンプにぴったりでしょう。広いリビングと寝室の2ルーム型で、テント1つでリビングと寝室を確保できます。タープを張らなくてよいことから、面倒くさい部分が省かれて、より快適にキャンプを楽しむことができるでしょう。設営が簡単な吊り下げタイプで、大人4人がざっくり寝れる大きさです。スタイリッシュなデザインとカラーは、老若男女問わず、人気があります。

トンネルテントのおすすめ人気ランキング10選

ここからはトンネルテントのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのトンネルテントを見つけてみてくださいね!

第10位:ノルディスク レイサ 6


トンネルテントのおすすめ人気ランキング第10位は、ノルディスク レイサ 6です。キャンプファンの間で人気のブランドで、キャンプを愛する人にとっては、ワンランク上をいくトンネルテントといえるでしょう。ベージュカラーや限定モデルなど、なかなか手に入らないほど、人気があります。インナーテントは大小2つで、両サイドに寝室を作ることができるのがポイントです。2人×2室として使うこともでき、グループキャンプにぴったりでしょう。

第9位:オガワ アポロン

ogawaアウトドア キャンプ テント アポロン [5人用]

トンネルテントのおすすめ人気ランキング第9位は、オガワ アポロンです。一般的なトンネルテントと比べると、強度があり、風が強いときでも手軽に使えるでしょう。ポール3~4本構造のアーチ状のトンネルテントが多い中、アポロンはポール4本に屋根部分に縦3本のアーチ状のリッジポールが交わった構造だからこそ、強度が高いわけです。風の強い海沿いのキャンプでも使いやすく、使い勝手が広がります。デザイン性も高く、おしゃれでキャンプ場でも人気です。

第8位:スノーピーク ヴォールト


トンネルテントのおすすめ人気ランキング第8位は、スノーピーク ヴォールトです。単体なら32,780円というお手頃価格なのが魅力的で、シンプルなデザインのため、飽きが来ません。タープがセットになったタイプであれば、サイトアレンジの幅が広がります。また、インナーテントは吊り下げ式で、フレーム設営あとに取りつけるため、雨が降ってもインナーが濡れることなく安心です。大人では3人・家族だと大人2人・子供2人がゆったりと眠ることができます。

第7位:(テントファクトリー) トンネル2ルームテント

TENT FACTORY(テントファクトリー) フォーシーズン トンネル 2ルームテント

トンネルテントのおすすめ人気ランキング第7位は、(テントファクトリー) トンネル2ルームテントです。安いギアで有名なテントファクトリーから登場しているタイプで、安さだけでなく強度のあるアルミポール仕様も魅力的でしょう。側面には大きな窓があり、フルメッシュで通気性にも優れています。冬でも使えるようにフライシートに風が入りこまないようにスカートがついていておすすめです。ファミリーキャンプにおすすめのツールームテントとなります。

第6位:Naturehike KNIGHT3


トンネルテントのおすすめ人気ランキング第6位は、Naturehike KNIGHT3です。見た目はドーム型テントとして人気のスノーピークのアメニティドームに似ていますが、おしゃれ感があって価格も抑えられている点から選んで正解でしょう。また、テント生地のうらには黒いゲル素材がついており、遮光性が高くなっています。UPF50+で夏場の暑さや朝の陽ざしを防いでくれるでしょう。夏のキャンプにぴったりです。

第5位:コールマン トンネル2ルームハウス LDX


トンネルテントのおすすめ人気ランキング第5位は、コールマン トンネル2ルームハウス LDXです。カラーバリエーションが豊富に揃っており、新作・限定カラーで選ぶとキャンプ場でほかのキャンパーと色が被ることがありません。デニムカラーなどもあり、自分の好みで選ぶことができます。また、テント内も広くて高さが最大で高さが2mあり、背の高い人でも解放感を十分に感じることができるでしょう。家族4・5人でリビング・寝室を使える広さです。

第4位:FIELDOOR トンネルテント620


トンネルテントのおすすめ人気ランキング第4位は、FIELDOOR トンネルテント620です。ファミリー用テントで、開口部分は8か所あり、別売りのポールを購入すれば、キャノピーにできます。開口部はメッシュにすることができて、夏のときにも風通しがよくて涼しいでしょう。また、逆にスカートがついているため、冷気の侵入を防いでくれます。見た目もスタイリッシュでとてもおしゃれなトンネルテントといえるでしょう。

第3位:キャンプテンスタッグ ツールームドームテント 5-6人用

キャンプテンスタッグ ツールームドームテント 5-6人用

寝室エリア、リビングエリアと区画をはっきりと分けて使用できる5,6人ほどが入れる大型のツールームテントです。フルクローズ状態にしても、外側のシートはまくることができるので、メッシュの窓を出して風通しを良くすることができるようになっています。更にポールを使ってひさしをセットすれば使用エリアが拡張できるので、さらに使いやすくなります。本格的にキャンプを楽しみたいという方におすすめのツールームテントです。

第2位:Naturehike(ネイチャーハイク) OPALUS 2


トンネルテントのおすすめ人気ランキング第2位は、Naturehike(ネイチャーハイク) OPALUS 2です。2人用・3人用・4人用の3サイズ展開で、2人用テントがソロキャンプにぴったりのサイズとなっています。前室は150cm×160cmとなっていて、ソロキャンプとして使うには十分な大きさでしょう。しかし、「高さが100cmしかないため、ちょっと窮屈になるかもしれません。価格がお手頃な点から、買っておいて損はないでしょう。

第1位:スノーピーク エントリー2ルーム エルフィールド

スノーピーク エントリー2ルーム エルフィールド

トンネルテントのおすすめ人気ランキング第1位は、スノーピーク エントリー2ルーム エルフィールドです。スノーピークの大型テントの中では価格を抑えたモデルで、スカートがついているため、冬のキャンプにももってこいでしょう。もちろん夏も前面・背面・両サイドにメッシュ加工がされており、窓が大きくて開放的です。インナーテントは吊り下げ式で、4人でゆったりと眠ることができます。落ち着いた色合いが、色んな世代に人気です。

トンネルテントの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、トンネルテントのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

トンネルテントでキャンプをもっと快適に

いかがですか。トンネルテントは、キャンプを快適に過ごすためのアイテムとして魅力的です。トンネルテントがあると、何気ないキャンプ生活が快適に過ごすことができるでしょう。よりよいキャンプを満喫できるように、ぜひ、お気に入りのトンネルテントを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事の商品一覧

コールマン トンネル2ルームハウス LDX
コールマン トンネル2ルームハウス LDX
ビジョンピークス トレスアーチ2ルームテント
ビジョンピークス トレスアーチ2ルームテント
FIELDOOR トンネルテント620
FIELDOOR トンネルテント620
Nordisk Reisa 6 PU レイサ 6人用テント
Nordisk Reisa 6 PU レイサ 6人用テント
ogawaアウトドア キャンプ テント アポロン [5人用]
ogawaアウトドア キャンプ テント アポロン [5人用]
スノーピーク(snow peak) ヴォールト
スノーピーク(snow peak) ヴォールト
TENT FACTORY(テントファクトリー) フォーシーズン トンネル 2ルームテント
TENT FACTORY(テントファクトリー) フォーシーズン トンネル 2ルームテント
Naturehike KNIGHT3
Naturehike KNIGHT3
コールマン トンネル2ルームハウス LDX
コールマン トンネル2ルームハウス LDX
FIELDOOR トンネルテント620
FIELDOOR トンネルテント620
キャンプテンスタッグ ツールームドームテント 5-6人用
キャンプテンスタッグ ツールームドームテント 5-6人用
Naturehike(ネイチャーハイク) OPALUS 2
Naturehike(ネイチャーハイク) OPALUS 2
スノーピーク エントリー2ルーム エルフィールド
スノーピーク エントリー2ルーム エルフィールド
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

【ワークマン・サーモス・コールマン】保冷リュックのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれなものやアウトドアなど
アウトドアや普段の買い物などのシーンで食材や飲み物を冷えた状態で持ち歩きたい場合には保冷バッグなどがおすすめですが、背負うことができる保冷リュックは両手が使えるので荷物が多い場合やお子様と手を繋ぎたい...
ファッション
【100均・ダイソー・セリア】ホットケーキ型のおすすめ人気ランキング10選!メリットや代用品なども
ホットケーキをきれいな形で焼いてみたり、シンプルな丸い形状以外のものを焼いてみたいと考えたことはありませんか。ホットケーキ型を使用することでバラエティに富んだホットケーキを楽しむことができますよ。メー...
調理器具
【ダイソー・セリア・カインズ】シュレッダーはさみのおすすめ人気ランキング10選!ニトリや無印も
シュレッダーはさみは、使い勝手が良くておすすめです。シュレッダーはさみは、通常のシュレッターよりも大幅にコンパクトで場所を取らないからです。とはいっても数多くあるシュレッダーはさみから選ぶのは大変です...
インテリア・家具
【ダイソー・無印・ニトリ】使い捨てサニタリーボックスのおすすめ人気ランキング10選!100均で買える?
使い捨てサニタリーボックスは、いつでも清潔に保つことができておすすめです。使い捨てサニタリーボックスは、1回だけ使うタイプだからです。とはいっても数多くある使い捨てサニタリーボックスから選ぶのは大変で...
日用品・生活雑貨
【100均ダイソー】ラゲッジタグのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれかわいいものなども
ラゲッジタグは、旅行や出張などで空港を利用するときに便利なおすすめアイテムです。ラゲッジタグは、たくさんある荷物の中で目印になり、取り違えや紛失のときに便利だからです。とはいっても数多くあるラゲッジタ...
生活雑貨・日用品
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング