【ニトリ・コールマン】アウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング10選!コンパクトで折りたたみOK&おしゃれな木製が人気

アウトドアテーブルは、キャンプやバーベキューに欠かせないアイテムです。アウトドアテーブルは、折りたたみができて持ち運べるからです。とはいっても数多くあるアウトドアテーブルから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のあるアウトドアテーブルを紹介します。ぜひ、お気に入りのアウトドアテーブルを見つけてくださいね。

アウトドアテーブルの魅力とは?

アウトドアテーブルの魅力とは、何といってもデザインや素材にこだわったおしゃれな点でしょう。とくにローテーブルであれば、テント内でも狭く感じずに、圧迫感がなく使えて便利です。また、子供と一緒に使える点でもファミリーキャンプ向けといえます。見た目だけでなく、軽量で持ち運びしやすいといったメリットもあり、バイクキャンプやソロキャンプにももってこいでしょう。素材によっては頑丈にできていて、長く愛用したい人にもぴったりです。

アウトドアテーブルの選び方

高さで選ぶ


アウトドアテーブルの選び方1つ目は、高さで選ぶことです。たとえば、高さ70センチほどのハイスタイルであれば、ムリのない姿勢で楽しめるほか、調理などの作業でも立ったまま使えます。また、テーブルに適した高さの椅子を使うことで、立ったり座ったりしやすいのもポイント大でしょう。逆にロースタイルのテーブルであれば、脚が短い分、地面との距離が近くて、高さのないテント内でも問題がなく使えて便利です。使うシーンや用途に合わせて、適した高さのアウトドアテーブルを選んでみてください。

サイズで選ぶ


アウトドアテーブルの選び方2つ目は、サイズで選ぶことです。使用する人数で選ぶことで、テーブルを使えないなんてことはありません。また、食器の並べやすさや作業のしやすさを考慮して、少し大きめサイズを選んでください。たとえば、ソロキャンプであれば幅30cmから60cm、2人なら幅70cmから90cm、4人なら幅120cmから140cm、6人なら幅140cmから170cmを目安にしてください。まずは、何人でキャンプをするのか確認してから探すようにしましょう。

素材で選ぶ


アウトドアテーブルの選び方3つ目は、素材で選ぶことです。調理した鍋やダッチオーブンなどを直接置くのであれば耐熱性の高いステンレス製を選びましょう。また、丈夫で軽量なアルミ製のアウトドアテーブルであれば、持ち運びしやすく長く愛用できます。木の温もりを実感したいのであれば、自然に溶け込むおしゃれな木製タイプがおすすめです。そして、コンパクトに折りたためる布製は持ち運びがしやすいのがポイントといえるでしょう。

アウトドアテーブルのおすすめブランド・メーカーは?

ニトリのアウトドアテーブル


ニトリのアウトドアテーブルは、価格が安くて、はじめての人でも購入しやすいのが特徴的でしょう。2千円で買えるため、一緒にアウトドアチェアも購入すれば、より快適なキャンプ生活を堪能できます。また、ホワイトカラーなど清潔感があり、どんな場所やシーンの雰囲気も壊しません。1万円台のアウトドアテーブルであれば、よりスタイリッシュでおしゃれなデザインがあり、キャンプの雰囲気もより盛り上がること間違いありません。

コールマンのアウトドアテーブル

コールマン(Coleman) フォールディングリビングテーブル
コールマン(Coleman) フォールディングリビングテーブル

コールマンのアウトドアテーブルは、コスパ力が高く、おしゃれなデザインが揃っているのが魅力的でしょう。ちょっと人とは差をつけたい・個性を大事にしたい人にぴったりです。とくにモザイクテーブルは明るくて、キャンプ場を華やかに演出してくれるでしょう。また、ハイタイプの木製テーブルも、周りの木々と同調しやすく、木の温もりを実感できます。スタイリッシュでおしゃれなデザインのアウトドアテーブルが欲しければ、コールマンがおすすめです。

ロゴスのアウトドアテーブル


ロゴスのアウトドアテーブルは、何といってもおしゃれなデザインが定評です。木製からアルミ製など素材も豊富に揃っており、色んなカラーバリエーションがあって、好みや使う場所・シーンに合わせて選ぶことができます。ロゴスブランドは、カエデ柄のおしゃれなロゴが人気で、キャンプシーンをより一層華やかにしてくれるでしょう。価格も2千円台のお手頃価格のものもあって、予算に合わせて選べて便利です。アウトドア好きな友人へのプレゼントにもぴったりでしょう。

室内でもOKなアウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング10選

ここからはアウトドアテーブルのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのアウトドアテーブルを見つけてみてくださいね!

第10位:ロゴス(LOGOS) ポータブル・アルミトップテーブル

ロゴス(LOGOS) ポータブル・アルミトップテーブル
ロゴス(LOGOS) ポータブル・アルミトップテーブル

室内でもOKなアウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング第10位は、ロゴス(LOGOS) ポータブル・アルミトップテーブル 73188031です。軽量でコンパクトサイズであり、持ち運びがしやすいのが特徴的でしょう。また、軽さだけでなく、水にも強くて汚れが落としやすいことでお手入れもラクチンです。小型サイズのテーブルは、1人で使うのに適しており、サイドテーブルや室内用のテーブルとしても活用できます。

第9位:CAPTAIN STAG キャンプアウト アルミフォーウェイテーブル

CAPTAIN STAG キャンプアウト アルミフォーウェイテーブル
CAPTAIN STAG キャンプアウト アルミフォーウェイテーブル

室内でもOKなアウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング第9位は、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプアウト アルミフォーウェイテーブル UC-553です。オリーブの天板にオールドイエローのフレームを組み合わせているところがとてもおしゃれで定評があります。幅90×奥行60cmサイズは、2人でゆったり使える広さといえるでしょう。カップル・夫婦・親子のデュオキャンプにぴったりでしょう。高さを4段階に切り替え可能で、子供の身長に合わせやすいのも特徴的でしょう。

第8位:スノーピーク(snow peak) ワンアクションローテーブル竹 LV-100TR

スノーピーク(snow peak) ワンアクションローテーブル竹 LV-100TR
スノーピーク(snow peak) ワンアクションローテーブル竹 LV-100TR

室内でもOKなアウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング第8位は、スノーピーク(snow peak) ワンアクションローテーブル竹 LV-100TRです。開閉構造がよく、素早く設置・撤収ができるのが特徴的でしょう。最後まで開くと自動でロックがかかるため、安全性もよいでしょう。天板サイズは2人が使うのに適しており、美しい竹集成材を採用していることで、インテリアとしても最適です。強度もしっかりしていて、長く使えるアウトドアテーブルを探している人にぴったりでしょう。

第7位:ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル


室内でもOKなアウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング第7位は、ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル 682104です。頑丈な作りで、ハードな使用にもしっかりと耐えることができます。また、熱にも強くて焚き火のときのサイドテーブルとしても使うことができるでしょう。熱した鍋を直置きすることができ、エンボス加工がされていてキズついても目立ちにくいのが特徴的です。ダッチオーブンなどの重いものを置くこともできます。

第6位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアテーブル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアテーブル
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアテーブル

室内でもOKなアウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング第6位は、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ジュールアルミFDトレーテーブル type2 UC-559です。トレー型をしていることで、置いたものが落ちにくい特徴をもっています。また、天板に深さがあることで食事を運ぶときに便利でしょう。人数分揃えて使うのもよいでしょう。スリムでかさばりにくく、使わないときは折りたたんで収納ができて便利です。

第5位:ロゴス(LOGOS) ハードマイテーブル-N


室内でもOKなアウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング第5位は、ロゴス(LOGOS) ハードマイテーブル-N 73189002です。トレー型で乗せたいものが転がり落ちないような設計が魅力的でしょう。天板と脚が一体となっており、ワンタッチで組み立てと折りたたみができます。スチール製の天板は、とても丈夫で安定感があって人気です。重量が約1kgと軽くて持ち運びがしやすく、ソロキャンプなどで手軽に使いたい人にぴったりでしょう。

第4位:ディーオーディー(DOD) ライダーズテーブル TB1-461

ディーオーディー(DOD) ライダーズテーブル TB1-461
ディーオーディー(DOD) ライダーズテーブル TB1-461

室内でもOKなアウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング第4位は、ディーオーディー(DOD) ライダーズテーブル TB1-461です。キャンプツーリングにぴったりのアウトドアテーブルで、1人で使うように最適でしょう。アルミ板が内蔵されていることで、キャンプ料理・ドリンクなどを安定して置くことができます。また、天板サイドにメッシュポケット・カラビナをかけられるフックがついているほか、天板下にはストレージメッシュを搭載しており、小物類の整理にもぴったりでしょう。

第3位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト UC-520

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト UC-520
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト UC-520

室内でもOKなアウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング第3位は、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト UC-520です。天板に耐食・耐摩耗性を高めるアルマイト加工がされているのが特徴的でしょう。また、重量も約700gと軽量で取扱いやすいのもポイントです。そして、ロールタイプで手軽にたため、持ち運びがしやすいのも魅力的でしょう。天板がブラックカラーで脚部をレッドカラーにしたスタイリッシュなデザインが人気です。

第2位:コールマン(Coleman) フォールディングリビングテーブル

コールマン(Coleman) フォールディングリビングテーブル
コールマン(Coleman) フォールディングリビングテーブル

室内でもOKなアウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング第2位は、コールマン(Coleman) フォールディングリビングテーブル 90 2000034611です。木目のあるウッド調で、自然の温もりを実感できるでしょう。森など自然に囲まれた中でのキャンプにもってこいです。また、天板のサイズは約幅90×奥行き70cmで、2人でもゆったりとしたスペースを確保できるでしょう。もちろん、使わないときはコンパクトにたためて付属の収納ケースに入れられて便利です。

第1位:コールマン(Coleman) ステンレスファイアーサイドテーブル 170-7663

コールマン(Coleman) ステンレスファイアーサイドテーブル 170-7663
コールマン(Coleman) ステンレスファイアーサイドテーブル 170-7663

室内でもOKなアウトドアテーブルのおすすめ人気ランキング第1位は、コールマン(Coleman) ステンレスファイアーサイドテーブル 170-7663です。天板にステンレスを、フレームにアルミを採用しており、丈夫でサビにくいのが特徴的でしょう。耐熱性にも優れていることで焚き火の近くでの使用も可能であり、耐荷重30kgとダッチオーブンなど重いものも乗せることができます。また、使わないときは折りたたむことができるため、スリムでちょっとした隙間に収納できて便利でしょう。

アウトドアテーブルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、アウトドアテーブルのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

アウトドアテーブルでキャンプを快適に

いかがですか。アウトドアテーブルは、キャンプのときに便利なアイテムです。アウトドアテーブルがあると、キャンプでの食事をより一層楽しむことができるでしょう。アウトドアを快適に過ごすためにも、ぜひ、お気に入りのアウトドアテーブルを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事の商品一覧

耐熱 フォールディング テーブル(ISU)

耐熱 フォールディング テーブル(ISU)

¥5,280 税込

コールマン(Coleman) フォールディングリビングテーブル

コールマン(Coleman) フォールディングリビングテーブル

¥12,879 税込

ロゴス(LOGOS) ハードマイテーブル-N

ロゴス(LOGOS) ハードマイテーブル-N

¥2,420 税込

ロゴス(LOGOS) ポータブル・アルミトップテーブル

ロゴス(LOGOS) ポータブル・アルミトップテーブル

¥3,960 税込

CAPTAIN STAG キャンプアウト アルミフォーウェイテーブル

CAPTAIN STAG キャンプアウト アルミフォーウェイテーブル

¥7,920 税込

スノーピーク(snow peak) ワンアクションローテーブル竹 LV-100TR

スノーピーク(snow peak) ワンアクションローテーブル竹 LV-100TR

¥27,500 税込

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火テーブル

¥7,900 税込

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアテーブル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアテーブル

¥4,522 税込

ロゴス(LOGOS) ハードマイテーブル-N

ロゴス(LOGOS) ハードマイテーブル-N

¥2,420 税込

ディーオーディー(DOD) ライダーズテーブル TB1-461

ディーオーディー(DOD) ライダーズテーブル TB1-461

¥5,184 税込

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト UC-520

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブルコンパクト UC-520

¥2,949 税込

コールマン(Coleman) フォールディングリビングテーブル

コールマン(Coleman) フォールディングリビングテーブル

¥12,879 税込

コールマン(Coleman) ステンレスファイアーサイドテーブル 170-7663

コールマン(Coleman) ステンレスファイアーサイドテーブル 170-7663

¥7,980 税込

おすすめの記事

ニトリの敷布団おすすめ人気ランキング10選!コインランドリーでも洗えて口コミでも評判
敷布団を新たに買うならば、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの敷布団には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ニトリの敷布団の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介い...
245020view
【ニトリが人気】ホットカーペットのおすすめ人気ランキング10選!選び方や気になる電気代も
冬の定番アイテムとして親しまれている「ホットカーペット」冬場の冷える足元を温めてくれるアイテムとして人気ですよね。一人暮らしに最適な1畳タイプや、家族でも使える3畳まで。でも、ニトリをはじめいろいろなメーカーから100種類以上も販売されてい...
345570view
口コミで評判のニトリの掛け布団おすすめ人気ランキング10選!夏・冬使えるものや洗濯できるものなども
掛け布団を新しく買うなら、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの掛け布団には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、ニトリの掛け布団の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介いたします。是非お...
135932view
口コミで評判の高いニトリのエアーベッド3つ!1600円台でキャンプの必需品としておすすめ
キャンプやアウトドア、車中泊をする時に便利なアイテムといえばエアーベッドです。空気を入れるだけでベッドの硬さを自分好みに変更できる優れた商品です。持ち運びも楽で、来客用として日常でも使うことができます。しかしエアーベッドは様々なメーカーから...
78726view
口コミで人気のニトリのおすすめ加湿器ランキング10選!スチーム式・超音波式など
乾燥する季節に活躍する加湿器をお探しなら、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの加湿器には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか悩んでしまいますよね。そこで今回は、ニトリの加湿器の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介いたし...
115307view
口コミ評判の高いアイリスオーヤマのオーブンレンジおすすめ人気ランキング10選
オーブンレンジを探しているのであれば、アイリスオーヤマのオーブンレンジがおすすめです。なぜなら、手間がかからずにおいしい料理が出来るからです。と言ってもオーブンレンジ選びは、数があるだけに大変でしょう。そこで今回は、アマゾンで人気のアイリス...
102686view
ニトリの夏用ラグのおすすめ人気ランキング10選!接触冷感のNクールで夏でも涼しい
湿気でジメジメしたり、汗ばむような夏の日こそ、スッキリと過ごしたいですよね。そんな時は、お部屋に敷くラグを夏用に変えるだけで、快適になるものです。夏用ラグはいろいろなメーカーから販売されていますが、おすすめなのがニトリの夏用ラグです。接触冷...
89481view
【ニトリ・無印・IKEA】アイロン台のおすすめ人気ランキング10選!スタンド型や卓上型など
同じ姿勢でアイロンをかけるのがつらい、毎日使うものだからラクしたいなどアイロンがけに対する悩みはつきませんよね?そんな悩みを持っている方は、自分に合ったアイロン台を選ぶことでいつもの作業がぐっとラクになります。しかし、いざアイロン台を購入し...
216703view
口コミで評判のニトリのかるふわ羽毛布団おすすめ人気ランキング10選!洗濯もできる
柔らかくて肌触りも良いニトリの羽毛布団がたいへんおすすめです。包み込むような柔らかさに保温性が抜群で、安心して就寝できるからです。ただしご自分の快適な睡眠を誘う羽毛布団を選ぶとなると、ちょっとで大変そうです。そこで今回は、ニトリで人気があっ...
124913view
【コールマン・スノーピーク】ヘキサタープのおすすめ人気ランキング10選!選び方・張り方なども紹介
ヘキサタープの張り方には色々なアレンジが出来るので可能性が広がります。アウトドアブランド各社からも様々な種類のヘキサタープが販売されています。ヘキサタープのおすすめと購入する際の選び方を紹介していきます。 ヘキサタープとは? 六...
47view