2021年09月09日更新

【コールマン・イワタニ・スノーピーク 】おしゃれなガスランタンのおすすめ人気ランキング10選!使い方なども紹介

ランタンにはLEDやオイル、ガスタイプがありますが中でもガスランタンが気になっているという方もいるでしょう。ガスランタンにはレトロでおしゃれなデザインの商品も多く、インテリアのアクセントにもぴったりです。そこで今回はガスランタンの魅力や選び方、おすすめ人気商品10選などについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

ガスランタンの魅力とは?


ガスランタンは扱いが難しそうに思われる方もいるかもしれませんが、実際は点火と消火がしやすく、操作も意外と簡単です。輝度はオイルランタンよりは劣るケースが多いものの、キャンプや夜間のレジャーに使うには十分な明るさです。値段もほかの燃料を使ったランタンよりも手頃な商品が多く、さらに炎が揺らぐ様子をじっくりと見ることができるので、ランタンというとガスランタンを愛用している人も多いのでチェックしてみてください。

ガスランタンの使い方は

一見扱いが難しく見えるガスランタンですが、一度使い方を覚えると2回目以降は簡単に点火できます。まず、ガスランタンの本体に燃料のカートリッジをつけ、グローブを外します。次にマントルが垂直になるように取り付け、火をつけて完全に灰状になるまで燃やしましょう。マントルはランタンの炎を安定させ、明るさをキープする役割があり、灰化することによって酸化し、不揮発性の無機物へと変化します。中途半端にマントルをカラ炊きするとマントルが歪む原因になるので要注意です。次にグローブをセッティングしたら点火します。一度で点火しない場合は、しばらく時間をおいてから再度点火してみましょう。

ガスランタンの選び方

明るさなどの機能性で選ぶ


ガスランタンには大光量タイプがあり、キャンプに行ったときなど広範囲を照らして防犯に役立てることもできます。家族や友人と出かけたときにも便利です。光量が少ないタイプのガスランタンは、一人静かな時間を過ごしたいときやトイレに行くときの懐中電灯代わりに使うことができます。明るさによって使い分けてみるのもよいでしょう。また、登山やハイキングなどに行く場合は、できるだけコンパクトなモデルを選ぶことも大切です。リュックに入れても持ち歩く場合は衝撃防止のキャリングケースがあると安心です。

ガス缶の種類で選ぶ


ガスランタンの燃料はガスですが、CB缶、つまりカセットボンベを使うタイプやOD缶、つまりアウトドア缶を使うものに分かれます。CB缶はスーパーやコンビニなどでも手に入れられ、カセットコンロと一緒に使えるというメリットがあります。価格も安価なので、燃料費が気になる方にはおすすめです。OD缶はホームセンターやアウトドア用品を扱う店舗に行かないと手に入らない上にやや高い反面、CB缶に比べ気温が低い場所でも安定した炎が保てます。

デザインで選ぶ


ガスランタンのデザインはメーカーによっても多少異なります。シンプルで洗練されたデザインのものから、質実剛健なデザインのものまでバリエーションに富んでいるので、どのメーカーのデザインが好みに合うのか、チェックしてみましょう。好きなデザインのガスランタンであれば、キャンプや登山などといったアウトドアレジャーだけでなく、インテリアとして飾っても心が癒されそうです。長く大切に使いたくなるような、一生モノのガスランタンを手に入れるのも素敵ですね。

ガスランタンのおすすめブランド・メーカーは?

コールマンのガスランタン

コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン

アウトドア用品と言えば真っ先にコールマンの名前が思い浮かぶという方も珍しくないでしょう。コールマンのガスランタンは初心者にも扱いやすいタイプのものからガスランタンを扱いなれている上級者向けのものまでそろっているので、使う人のレベルに合わせたモデルが選べます。おしゃれなデザインのガスランタンもあるので、インテリアとして使いたい方にもおすすめのメーカーです。

sotoのガスランタン


「soto」は愛知県にある新富士バーナーが開発したブランドで、世界初となった「マントル不要のランタン」やプラチナ発光の「G-メタルランプ」、OD缶を燃料として使う「マイクロレギュレーターストーブ」などを開発し、販売しています。中でも人気があるのはキャンドル風ランタン「Hinoto」で、こちらの商品は専用の充填式タンクとOD缶の両方が使用できるガスランタンです。サイズもコンパクトなので持ち運びしやすいと人気です。

イワタニのガスランタン

イワタニプリムス(イワタニプリムス) 2245ランタン IP-2245A-S

燃焼器具やアウトドアグッズを取り扱っているイワタニとスウェーデンのストーブを扱っている会社プリムスがコラボしているイワタニ・プリムスには安全性に優れ、柔らかい炎に定評があるガスランタンを多く取り扱っています。登山用品を多く扱っている会社なので、山でのキャンプなど過酷な状況にも十分に対応できるガスランタンがそろっているのも特徴の一つです。小型で使いやすいガスランタンを求めている方におすすめのメーカーです。

スノーピークのガスランタン

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ランタン “天" オート GL-100AR

スノーピークと言えば、新潟県燕三条で発祥したオリジナルのアウトドアグッズを取り扱っている会社ですが、機能性に優れたガスランタンを多く取り扱っていることでも知られています。初心者でも使いやすく美しいシルエットのガスランタンが多くあるので、これから初めてのガスランタンを購入したいという方にもぴったりのブランドです。CB缶とOD缶の両方が使えるガスランタンなど、痒い所に手が届く機能性を持ったガスランタンなどもあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ガスランタンのおすすめ人気ランキング10選

ここからはガスランタンのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのガスランタンを見つけてみてくださいね!

第10位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンドル ガスランタン 収納ケース付き UF-19

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンドル ガスランタン 収納ケース付き UF-19

シンプルなデザインながらも情緒あるデザインが魅力のキャプテンスタッグのガスランタンです。つまみ部分を含まないサイズは外径46×高さ156mmとなっており、持ち運びしやすい大きさです。専用の収納ケースに入れて運べば、ランタンが傷む心配も無用です。最大連続燃焼時間はキャプテンスタッグ レギュラーガスカートリッジCS−250を使用した場合、約32時間と長時間なので、2泊3日程度のキャンプであればガスの充填を心配せずに使用できます。

第9位:ソト(SOTO) レギュレーターランタン ST-260


使いやすさとコンパクトさを第一に考えて作られたモデルで、収納時のサイズは幅65×奥行105×高さ150mmとかなり小さくなります。できるだけ荷物を減らしたい登山にも便利なランタンです。照度は照度:150ルクスとなっており、付属品として専用ケースとマントルが付いています。スタンドグリルを用意すれば、簡単な調理にも使えるという万能なガスランタンです。ソロキャンプでゆっくりと静かな夜を過ごしたい方にもおすすめのランタンです。

第8位:コールマン(Coleman) ランタン フロンティア PZランタン

:コールマン(Coleman) ランタン フロンティア PZランタン

コールマンのこのガスランタンは、テーブルライトにぴったりの優しい明るさが魅力です。明るさは273ルーメンあり、LEDランタンに比べると照度は落ちますが、柔らかい明るさを求めている方にはおすすめです。230gの缶を使用すると、連続燃焼時間は6~12時間となっています。自動点火装置が付いているので、ガスランタンを使い慣れていない方でも安心して使えます。コンパクトサイズなので、食事の時テーブルに置いても邪魔になりません。

第7位:イワタニプリムス(イワタニプリムス) 2245ランタン IP-2245A-S

イワタニプリムス(イワタニプリムス) 2245ランタン IP-2245A-S

時代に合わせ適度にデザインを変えながらも、昔から愛されているプリムスの定番商品のランタンです。吊り下げて使うこともできるワイヤーサスペンダーを採用しており、機能性もさらにアップしました。炎を囲むホヤ部はスリガラスを使用し、ガラスを通して広がる優しい光が魅力の一つです。大人数で集まったときに使うメインランタンとしては明るさが足りないかもしれませんが、ソロキャンプであれば十分という声もあります。長く愛用できるランタンです。

第6位:スノーピーク(snow peak) ギガパワー ランタン “天” オート GL-100AR

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ランタン “天" オート GL-100AR

片手に収まるコンパクトなサイズでありながらも、キャンプなどのレジャーで大活躍するスノーピークのランタンです。重たくなりがちな接続部分にアルミニウムを採用したので、同社の旧型モデルと比較しても重さ100gとかなり軽量です。荷物が多くなりがちなキャンプや屋外レジャーでの使い勝手も抜群です。光量は80ワットあり、まぶしいくらいの明るさだと好評です。美しさと携帯性、軽さの全てを兼ね備えたスノーピーク自慢のガスランタンです。

第5位:PRIMUS(プリムス) P-541 マイクロランタン P-541


プリムスのマイクロランタンは、その名の通り小型ボディでありながらも最大光量320ルクス、つまり90ワット相当の明るさがあり、キャンプや夜間の屋外レジャーにぴったりの商品です。プリムスの商品ということで、コンパクトながらも頑丈で、多少過酷な状況で使っても安定した明るさを保ってくれます。焚火台テーブルの上などに置いて使えるのはもちろんのこと、吊るすときに便利なワイヤーもついています。サイズから言ってもソロキャンパーにおすすめのガスランタンです。

第4位:Coleman(コールマン)2500 ノーススター(R)LPガスランタン

Coleman(コールマン)2500 ノーススター(R)LPガスランタン

クラシックなデザインがおしゃれなコールマンのLPガスランタンです。マントルはワイヤークリップを使えばワンタッチで取り付け可能なので、ガスランタンを使い慣れていない方でもスムーズに装着できます。200ワット相当の明るさがあるので、家族や友人と複数人で集まる場面で活躍することでしょう。メインランタンとして使うのもおすすめです。光量はつまみで調整できるようになっており、ハンドルが付いているので、持ち運ぶときも簡単ですし吊るして使うこともできます。

第3位:キャプテンスタッグ テラパワー ガス ランタン

キャプテンスタッグ テラパワー ガス ランタン L UF-2

家族でキャンプへ行くと、強力な明るさを放つランタンが一つあると便利です。このキャプテンスタッグのガスランタンは上下にリフレクターが付いているので、さらに明るくなっています。クリアなホヤを採用しているので、炎の明るさをダイレクトに感じることができます。バーナーは耐久性の高いステンレスを採用しており、長く愛用できるモデルです。点火スイッチ内蔵でまわして栓を開き、押して点火する兼用タイプなので操作も簡単です。

第2位:コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン

コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン

静かに揺らめく炎を眺めながらゆっくりと過ごしたいという方にチェックしてほしいのが、このランタンです。細長いホヤの中で優雅に揺らめく炎がキャンプならではのムードを盛り上げてくれることでしょう。マントルは不要なので、着火するだけの簡単操作です。サイズは500mlのペットボトルよりも少し小さいぐらいとのことで、持ち運びしやすいサイズ感です。キャンドル風のガスランタンの定番商品を一つ手に入れておくと、キャンプがさらに楽しくなるかもしれません。

第1位:Thous winds ガスランタン


レトロなデザイン、さらに耐熱加工されているシェードに施された模様もおしゃれな印象のガスランタンです。ランタンの高さは145mm、幅は45mm、重さは約150gと使いやすいサイズもポイントです。ランプソケットはアルミニウム合金、真ちゅう、ゴム、ステンレス鋼で作られているので、耐久性も抜群です。ランプホルダーもしくはノブを回すだけで簡単に炎の大きさを調節できます。操作も簡単なので、ランタンを使い慣れていない方にもおすすめの商品です。

ガスランタンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ガスランタンのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ガスランタンでキャンプをもっと快適に

今回はガスランタンについてご紹介しましたが、いかがでしたか?ガスランタンはいろいろなメーカーやブランドから発売されています。ガスランタンがあると、屋外で過ごす夜の時間がよりリラックスしたものになることでしょう。今回の記事を参考にして、デザインや使いやすさ、炎の明るさなどを参考にしながら自分のニーズに合ったガスランタンを探してみてください。

この記事の商品一覧

コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン
コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン
ソト(SOTO) レギュレーターランタン ST-260
ソト(SOTO) レギュレーターランタン ST-260
イワタニプリムス(イワタニプリムス) 2245ランタン IP-2245A-S
イワタニプリムス(イワタニプリムス) 2245ランタン IP-2245A-S
スノーピーク(snow peak) ギガパワー ランタン “天" オート GL-100AR
スノーピーク(snow peak) ギガパワー ランタン “天" オート GL-100AR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンドル ガスランタン 収納ケース付き UF-19
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンドル ガスランタン 収納ケース付き UF-19
ソト(SOTO) レギュレーターランタン ST-260
ソト(SOTO) レギュレーターランタン ST-260
:コールマン(Coleman) ランタン フロンティア PZランタン
:コールマン(Coleman) ランタン フロンティア PZランタン
イワタニプリムス(イワタニプリムス) 2245ランタン IP-2245A-S
イワタニプリムス(イワタニプリムス) 2245ランタン IP-2245A-S
スノーピーク(snow peak) ギガパワー ランタン “天" オート GL-100AR
スノーピーク(snow peak) ギガパワー ランタン “天" オート GL-100AR
PRIMUS(プリムス) P-541 マイクロランタン P-541
PRIMUS(プリムス) P-541 マイクロランタン P-541
Coleman(コールマン)2500 ノーススター(R)LPガスランタン
Coleman(コールマン)2500 ノーススター(R)LPガスランタン
キャプテンスタッグ テラパワー ガス ランタン L UF-2
キャプテンスタッグ テラパワー ガス ランタン L UF-2
コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン
コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン
Thous winds ガスランタン
Thous winds ガスランタン
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

【ワークマン・サーモス・コールマン】保冷リュックのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれなものやアウトドアなど
アウトドアや普段の買い物などのシーンで食材や飲み物を冷えた状態で持ち歩きたい場合には保冷バッグなどがおすすめですが、背負うことができる保冷リュックは両手が使えるので荷物が多い場合やお子様と手を繋ぎたい...
ファッション
【100均・ダイソー・セリア】ホットケーキ型のおすすめ人気ランキング10選!メリットや代用品なども
ホットケーキをきれいな形で焼いてみたり、シンプルな丸い形状以外のものを焼いてみたいと考えたことはありませんか。ホットケーキ型を使用することでバラエティに富んだホットケーキを楽しむことができますよ。メー...
調理器具
【ダイソー・セリア・カインズ】シュレッダーはさみのおすすめ人気ランキング10選!ニトリや無印も
シュレッダーはさみは、使い勝手が良くておすすめです。シュレッダーはさみは、通常のシュレッターよりも大幅にコンパクトで場所を取らないからです。とはいっても数多くあるシュレッダーはさみから選ぶのは大変です...
インテリア・家具
【ダイソー・無印・ニトリ】使い捨てサニタリーボックスのおすすめ人気ランキング10選!100均で買える?
使い捨てサニタリーボックスは、いつでも清潔に保つことができておすすめです。使い捨てサニタリーボックスは、1回だけ使うタイプだからです。とはいっても数多くある使い捨てサニタリーボックスから選ぶのは大変で...
日用品・生活雑貨
【100均ダイソー】ラゲッジタグのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれかわいいものなども
ラゲッジタグは、旅行や出張などで空港を利用するときに便利なおすすめアイテムです。ラゲッジタグは、たくさんある荷物の中で目印になり、取り違えや紛失のときに便利だからです。とはいっても数多くあるラゲッジタ...
生活雑貨・日用品
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング