2021年09月17日更新

ルーフボックスのおすすめ人気ランキング10選!取り付け簡単&薄型でおしゃれなものが人気

車の上に取り付けて使う「ルーフボックス」。キャンプなどのアウトドアグッズをたくさん積み込めて便利ですよね。しかし、ルーフボックスには色々な種類があるので、何を選んだらいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ルーフボックスの選び方やおすすめ人気商品についてご紹介します。ルーフボックスのメリット・デメリットも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

ルーフボックスとは?


ルーフボックスとは、車の上にのせて荷物を積み込むサブトランクのことをいいます。しっかりとした素材で作られているものが多いので、破損を防いだり雨や紫外線から荷物を守ったりしてくれます。多くの荷物を積み込めるから、キャンプ・バーベキュー・釣り・スキー・マリンスポーツなどのアウトドア時に役立ちます。ルーフボックスに荷物を入れれば、その分車内を広く使えるため、とても便利なカーグッズとして人気があるアイテムです。

ルーフボックスは何を入れる?


ルーフボックスは大きい荷物が入るので、キャンプグッズはもちろん、スキーやスノーボードグッズを入れるのがおすすめです。ものによっては、8人分のスキーグッズを入れることができますよ。また、バーベキュー後の生ゴミや赤ちゃんの使用済みオムツなど、ニオイが気になるものも入れられます。車内におくとニオイが気になりますが、ルーフボックスに入れてしまえばニオイの心配がありません。強化プラスチック製のルーフボックスであれば、その後の掃除も簡単です。

ルーフボックスのメリットとデメリットは?

ルーフボックスのメリットは?

ルーフボックスの1番のメリットは、「たくさんの荷物を積み込める」ということです。荷物が増えやすいアウトドアシーンでは本当に役立ちます。また、「ロック機能付きのものは安心して使える」というメリットもあります。大きな荷物をそのまま入れておいても、ロック機能が付いたものであれば安心しておいておけます。さらに、「雨・雪・紫外線から荷物を守ってくれる」というメリットもあります。ですから、車の上にのせておいても荷物が濡れたり汚れたりする心配がありません。

ルーフボックスのデメリットは?

デメリットとしてよく言われているのは、「高さ制限のある場所では注意が必要」ということです。もともと車高の低い車であれば問題ない場合も多いですが、車高が高い車だと立体駐車場に駐車できない可能性があります。自宅の駐車場に屋根がある場合も同様で、天井や屋根とルーフボックスがぶつからないか毎回確認する手間がかかります。また、「取り外した時の保管場所が必要」というデメリットもあります。場所がない場合は折りたためるタイプもあるのでチェックしてみてください。

ルーフボックスの使い方は?

ルーフボックスは単体では使用できず、ベースキャリアと一緒に使う必要があります。

ルーフボックスの使い方

①車の種類に合わせたベースキャリアを車に取り付ける
②ベースキャリアにルーフボックスを取り付ける
 
具体的な取り付け方法は商品によって様々なので、取扱説明書をよく読んでから取り付けてください。
ルーフボックスがあれば、アウトドア時の荷物を入れたり、買い物時の荷物入れや折りたたんだベビーカーの収納場所としても使えますよ。

ルーフボックスの選び方

荷物の量に合うものを選ぶ


ルーフボックスの容量は商品によって違うので、荷物の量や荷物の種類に合わせたものを選ぶといいでしょう。
持ち物が多かったり、大きな荷物を入れたかったりする場合は600L以上のものがおすすめです。キャンプであれば、寝袋やテント、折りたたみチェアなどをまとめて積み込めます。
1人キャンプや釣りなど、荷物が少ない時に使う場合は、300L位あればバッチリです。ルーフボックスのサイズが小さいと車にかかる負担が少ないため、燃費や走行性が悪くなる心配もありません。

開け閉めのしやすさで選ぶ


ルーフボックスは車の上にのせて使うため、開け閉めのしやすさで選ぶことも大切です。
おすすめは、左右どちらからでも開閉できる「デュアルオープンタイプ」です。片開きタイプよりは少しお高めですが、なかに入れた荷物の整理もしやすく、とても使い勝手が良いです。
片開きタイプであれば、運転手席側から開くものがいいでしょう。助手席側に開くものだと反対側に回り込む必要がありますが、運転手席側に開くものであればサッと荷物の出し入れができます。

取り付けしやすいものを選ぶ


ルーフボックスは取り付けたままにするものではなく、洗車時やボックス内の掃除をする時は取り外す必要があります。また、走行中の不具合が起きた時も自分で外して調整しなければいけません。そのため、自分でも取り付けしやすい商品を選びましょう。取り付け方法はメーカーや商品によって違いますので、事前に確認をして、自分でも取り付けられるかどうかチェックしてください。自分で取り付けるのが不安な方、車の整備に慣れていない方などは、工具を使わずに取り付けられるものがおすすめです。

ルーフボックスのおすすめ人気ランキング10選

ここからはルーフボックスのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのルーフボックスを見つけてみてくださいね!

第10位:カーメイト ルーフボックス inno BRM320


軽ハイトワゴン、ジムニー、ハイエースなど、ルーフ幅の広い角型のクルマにピッタリ合う、シンプルなスクエアデザインのルーフボックスです。手ごろなサイズ感で、スキーなら4~8台・スノーボードなら4台積載可能です。INNOシリーズのルーフボックスの中では最も薄いデザインだから、駐車場の高さ制限が気になる方にもおすすめの商品です。このルーフボックスの取り付け金具には「メモリークランプ」を採用していて、取り付け・取り外しが簡単です。

第9位:Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス バミューダフレックス EA370BFX

Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス バミューダフレックス EA370BFX

折りたたみ可能で、使わない時はコンパクトに収納できるルーフボックスです。専用の収納バッグ付きだから持ち運びが簡単で、折りたたんで車内や屋内で保管することができます。ジッパー式で左右から貨物の出し入れがスムーズにできたり、キーロック装備で大事な荷物を守ってくれたりして、使い勝手が良いです。また、表面に撥水加工が施されているのも嬉しいポイントです。このルーフボックスは5分あれば装着できるため、いつでも気軽に取り付けられます。

第8位:Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス シンメトリック エアロ EA510W

Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス シンメトリック エアロ EA510W

前後左右ともに対称形にすることで、車体との親和性とTerzoのデザイン性を表現したルーフボックスです。シンプルなフォルムの中に個性が光り、機能性だけでなくデザイン性にもこだわりたい方におすすめです。薄型ながらしっかり収納できるので、スキー・スノーボード、キャンプ用品等を積み込めます。ボックス内の荷物の盗難を防止するキーロックが装備されていたり、ダブルセイフティ機構でキーの閉め忘れを防げたりして、セキュリティ性もバッチリです。

第7位:カーメイト ルーフボックス inno BRQ33BK


軽ワンボックス、小型ミニバンからコンパクトカーまであらゆる車種にピッタリフィットするルーフボックスです。ボディにSPM「低圧インジェクション成形」を採用しているため、とても丈夫な作りになっています。セイフティロック機構が2ヶ所に搭載されていて、しっかりロックされないとキーが抜けないようになっているので、キーのかけ忘れによる事故の心配がありません。エアロベースキャリア、スクエアベースキャリアどちらにも取り付けできます。

第6位:THULE スーリー ルーフボックス モーションXT TH6296-1

THULE スーリー ルーフボックス モーションXT TH6296-1

クルマとの一体感をどこまでも追求し、洗練されたデザインのルーフボックスです。正しい取り付けをクリック音で確認できる内蔵トルクインジケーターのおかげで、素早く安全・確実に固定させることができます。フタが閉まると自動的にロックがかかるSlideLockシステム付きで、使っていて安心感があります。トランクの開閉時に接触トラブルが起きにくいよう、カールーフの前方寄りにカーゴボックスが配置されているのも嬉しい特徴です。

第5位:カーメイト ルーフボックス inno


Amazon限定の艶を消したマットブラック色のルーフボックスです。装着スタイルを重視したデザインで、見た目の良さに優れています。容量がしっかりあるので、スキーなら6~8セット、スノーボードなら4~6セット積載可能です。このルーフボックスは両開きタイプだから、運転席・助手席のどちら側からも荷物の積み下ろしができ、とても使い勝手が良いです。自動ロックが付いていたり、キー抜き忘れ防止機能が付いていたりして安全性もバッチリです。

第4位:THULE スーリー ソフトルーフボックス TH6011 Ranger 90

THULE スーリー ソフトルーフボックス TH6011 Ranger 90

丸めれば専用バッグに入れて保管でき、車のトランクや家の収納スペースにラクにしまっておけるルーフボックスです。「常にルーフボックスを使うわけではないけれど、年に2~3回使いたい!」という方におすすめです。特許イージースナップ装着システムのおかげで、工具なしで素早く装着することが可能です。ボックス本体は耐水素材で、ジッパーの部分も防水加工がされているため、多少の雨が降っていても問題なく使用できます。

第3位:Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス ORCA EA420B

Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス ORCA EA420B

表面はマット加工の落ち着いた仕上がりで、車のフォルムに自然と溶け込むデザインのルーフボックスです。汚れや傷が目立ちにくいマットブラックカラーで、長く使い続けられます。内寸高さが40cmあるので、キャンプ道具などかさばる荷物をたっぷり積み込むことができます。ボックス内の荷物の盗難を防止するキーロックが搭載されていて、安全性もしっかりしています。Terzoのスクエアバー・エアロバーの両タイプのシステムキャリアに装着可能です。

第2位:カーメイト inno ルーフボックス BRW240


コンパクトなミニサイズで、軽自動車やコンパクト車にフィットするルーフボックスです。トランクルームの代わりとして使えるので、車内の空間を広く使うことができます。このルーフボックスは左側片開きになっているため、車道側でなく歩道側から開閉できるようになっています。ワンタッチバックルベルト付きで、荷物を固定したり移動中の荷崩れを防いでくれたりします。カバーロックがされないとキーが抜けない仕様で、使っていて安心感があります。

第1位:THULE ルーフボックス Touring TH6342


特殊パターンに覆われた、スタイリッシュなエアロスキン素材のルーフボックスです。デュアルサイドオープンタイプだから両側のどちらからも開閉できたり、特許取得のスプリングシステムのおかげでボックスのフタがスムーズに動いたりします。エアロダイナミクスを意識して形作られた斬新かつ先鋭的なデザインで、機能性だけでなく見た目も良いと多くの方から人気があります。全てのロックポイントをしっかり閉じないとキーが抜けないのも安心感があります。

ルーフボックスの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ルーフボックスのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ルーフボックスで暮らしをもっと快適に

ルーフボックスについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?たくさんの荷物を積み込めるルーフボックスは、1つ持っていると何かと重宝しますよね。アウトドアがお好きな方には特におすすめのアイテムです。この機会にぜひ、あなたにピッタリなルーフボックスを見つけてみてください。

この記事の商品一覧

カーメイト ルーフボックス inno BRM320
カーメイト ルーフボックス inno BRM320
Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス バミューダフレックス EA370BFX
Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス バミューダフレックス EA370BFX
Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス シンメトリック エアロ EA510W
Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス シンメトリック エアロ EA510W
カーメイト ルーフボックス  inno BRQ33BK
カーメイト ルーフボックス inno BRQ33BK
THULE スーリー ルーフボックス モーションXT TH6296-1
THULE スーリー ルーフボックス モーションXT TH6296-1
カーメイト ルーフボックス inno
カーメイト ルーフボックス inno
THULE スーリー ソフトルーフボックス TH6011 Ranger 90
THULE スーリー ソフトルーフボックス TH6011 Ranger 90
Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス ORCA EA420B
Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス ORCA EA420B
カーメイト inno ルーフボックス BRW240
カーメイト inno ルーフボックス BRW240
THULE ルーフボックス Touring TH6342
THULE ルーフボックス Touring TH6342
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連キーワード

おすすめ記事

【ワークマン・サーモス・コールマン】保冷リュックのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれなものやアウトドアなど
アウトドアや普段の買い物などのシーンで食材や飲み物を冷えた状態で持ち歩きたい場合には保冷バッグなどがおすすめですが、背負うことができる保冷リュックは両手が使えるので荷物が多い場合やお子様と手を繋ぎたい...
ファッション
【100均・ダイソー・セリア】ホットケーキ型のおすすめ人気ランキング10選!メリットや代用品なども
ホットケーキをきれいな形で焼いてみたり、シンプルな丸い形状以外のものを焼いてみたいと考えたことはありませんか。ホットケーキ型を使用することでバラエティに富んだホットケーキを楽しむことができますよ。メー...
調理器具
【ダイソー・セリア・カインズ】シュレッダーはさみのおすすめ人気ランキング10選!ニトリや無印も
シュレッダーはさみは、使い勝手が良くておすすめです。シュレッダーはさみは、通常のシュレッターよりも大幅にコンパクトで場所を取らないからです。とはいっても数多くあるシュレッダーはさみから選ぶのは大変です...
インテリア・家具
【ダイソー・無印・ニトリ】使い捨てサニタリーボックスのおすすめ人気ランキング10選!100均で買える?
使い捨てサニタリーボックスは、いつでも清潔に保つことができておすすめです。使い捨てサニタリーボックスは、1回だけ使うタイプだからです。とはいっても数多くある使い捨てサニタリーボックスから選ぶのは大変で...
日用品・生活雑貨
【100均ダイソー】ラゲッジタグのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれかわいいものなども
ラゲッジタグは、旅行や出張などで空港を利用するときに便利なおすすめアイテムです。ラゲッジタグは、たくさんある荷物の中で目印になり、取り違えや紛失のときに便利だからです。とはいっても数多くあるラゲッジタ...
生活雑貨・日用品
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング