2021年10月04日更新

【JAL&ANA】マイルが貯まるおすすめ最強クレジットカードランキング6選!高還元率で毎日のショッピングにも

航空会社のマイルは各種ポイントの中でも、高い人気があります。毎日の買い物などでコツコツ貯めれば、無料で飛行機に乗ることも可能です。そこで今回は、高還元率でマイルが貯まるおすすめの最強クレジットカードをJALとANAに分けて紹介したいと思います。効率よくマイルを貯めたいという人も、今のクレジットカードを見直してマイルをもっと効率良く貯めたいという人もぜひ、参考にしてみてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

マイルとは?

マイルとは、航空会社のポイントプログラムで貯まるポイントのことを指します。各航空会社のマイレージ会員(会費無料)になると、搭乗回数に応じてマイルが貯まったり、マイルが貯まるクレジットカードでショッピングしてマイルを貯めることができます。
貯まったマイルは、特典航空券へ交換できたり、座席のアップグレード、航空券の割引、提携先のポイントに交換することができます。
マイルは特性上、飛行機をより多く利用している人が、より多くの年間マイルを貯めることができます。
 
マイルとよく似た言葉に「マイレージ」「マイレージプログラム」などがありますが、これらは、航空会社が行うポイントグラム自体のことを指しており、マイレージプログラムで貯まるポイント=マイルです。

マイルにも種類がある

マイルにはいろいろな種類があり、日本で特に有名なのはANAマイルとJALマイルです。とくに貯まりやすいと言われているのはANAマイルです。
また航空会社は、ANAやJALだけでなく、世界中にたくさん存在していますが、海外の航空会社を使ったとしてもマイルは貯めることができます。
例えば、ANAは「スター・アライアンス」という航空連合に加盟していて、JALは「ワンワールド」と呼ばれるアライアンスに加盟しています。
 
マイルは同一アライアンスの航空会社を利用する時にも貯められる仕組みになっているので、よく利用する飛行機がどのアライアアンスに属しているかは航空券を購入する前に確認しておくと良いでしょう。
 
なお、LCCと呼ばれる格安航空券にはマイレージプログラムがない場合が多いので事前にチェックしてみましょう。

マイルの貯め方は?

主にマイルを貯める方法は2つあります。それぞれ紹介します。

1.飛行機に乗って貯める


マイルは飛行機に乗って貯めるのが基本です。海外旅行やファーストクラスの利用など運賃が高くなるほど獲得マイルも増えていきます。搭乗で貯まるマイルはその航空会社で使えるマイルが基本なので、航空会社は1つに限定して利用するのが賢い貯め方と言えます。

2.普段の生活で貯める


飛行機がそれほど多くない人にとっては、普段の買い物でマイルを貯めるのがおすすめです。航空会社と提携しているクレジットカードなら支払いで直接マイルに還元されるほか、毎年ボーナスマイルがもらえる場合もあります。とくにANAのカードは所持しているだけでボーナスがもらえるので、飛行機に乗らなくてもお得に貯められます。

マイルが貯まるクレジットカードの選び方

ここからはマイルが貯まるクレジットカードを選ぶ際にどのようなポイントを意識すれば良いか紹介します。

1.マイルの貯まりやすさ

マイルの貯まりやすさとは「還元率の高さ」と「マイルを受け取れる機会の多さ」です。還元率の高いクレジットカードがマイルが貯まりやすいのはもちろん、日常のショッピングなどでもマイルを貯めることができれば効率的です。

2.手数料のコスト

マイルが貯まるクレジットカードには、年会費だけでなくポイントをマイルに交換する時に交換手数料がかかるものもあります。クレジットカードを作る時は、年会費だけに注目しがちですが、マイルを利用するにあたって、他にコストがかからないか事前に確認しておきましょう。

3.マイルの有効期限や交換上限

マイルを貯める上で特に注意しなければいけないのが、マイルの有効期限と交換上限です。有効期限とはその名の通り、クレジットカードで貯めたマイルが使える期限のことです。有効期限はカードによって様々に設定されています。またマイルが貯まるクレジットカードの中には有効期限がないものもあリます。
 
交換上限とは、ポイントをマイルに変える時の上限のことです。上限を超ると交換できないため、いざマイルを活用したいときに交換上限に引っかかり使えなくなってしまうことも。

マイルが貯まるおすすめ最強クレジットカードランキング6選

ここからは、マイルが貯まるおすすめのクレジットカードをANAとJALに分けて紹介したいと思います。ANAのカードはマイルの移行に手数料がかかるため、コストをどれだけ抑えられるかがポイントです。一方、JALカードはコストに加えてJMB WAONカードへのチャージでマイルが貯まるかなど、普段の使いやすさにも注目したいです。

ANAマイルが貯まるおすすめ最強クレジットカードランキング3選

第3位:ANA VISA/MASTER ワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドゴールドカード
ANA VISA ワイドゴールドカード

年会費:15,400円
ポイント還元率:1.00%~2.00%
貯まるポイント:Vポイント
交換可能マイル:ANAマイル
追加カード:ETCカード、家族カード
付帯保険:海外旅行、国内旅行、ショッピング
電子マネー機能:iD、楽天Edy

ANA便をよく使う方におすすめの1枚

ANA VISA ワイドゴールドカードは、三井住友カードがANAと提携して発行しているクレジットカードです。「クレジット機能」「ANAマイル」「三井住友カードiD」「楽天Edy」4つの機能が1枚になっています。
ANAマイルの貯めやすさに特化しており、日々のショッピングやANA便への搭乗など様々な方法でマイルを獲得することができます。
 
また、空港ラウンジの無料利用サービスや国内・海外の旅行傷害保険といったゴールドカードならではの特典を付帯しているのも特徴です。

ANA VISA/MASTER ワイドゴールドカードの特徴まとめ

・マイル還元率が1.0%以上と高く、移行手数料無料
・入会・継続時に2,000マイルゲット
・ANA便への搭乗でボーナスマイルが付与
・年会費割引を活用すれば最安年会費は10,450円
・ビジネスクラス専用カウンターでチェックイン可

第2位:ANA VISA Suica カード

ANA VISA Suica カード
ANA VISA Suica カード

年会費:2,200円(初年度無料)
ポイント還元率:0.50%~2.00%
貯まるポイント:Vポイント
交換可能マイル:ANAマイル
追加カード:ETCカード
付帯保険:海外旅行、国内旅行、ショッピング
電子マネー機能:iD、Suica

ANAカードとSuica機能が1つになったクレジットカード

ANA VISA Suicaカードは「ANAのマイレージクラブ機能」「クレジットカード機能」「Suica機能」が付帯したクレジットカードです。既存のSuicaとのリンクで、便利なオートチャージ機能も利用できるので、ANAマイレージクラブの会員で、かつJR東日本のSuicaの利用頻度が高い人におすすめのカードと言えます。
 
年会費は2200円だが、ポイント移行料が6600円と高めです。ただし、住友銀行カードの年会費割引特典を利用すればトータルコストは人気のソラチカ一般カードより安くなります。

ANA VISA Suica カードの特徴まとめ

・Suicaのオートチャージ機能が利用できる
・Suica/モバイルSuicaのチャージでポイントが貯まる
・入会・継続時に1,000マイルゲット
・ANA便への搭乗でボーナスマイルが付与
・ANAカードマイルプラス加盟店でボーナスマイルが貰える
・WEB明細サービスの利用で年会費が割引になる(2200円→1650円)

第1位:ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
年会費:2,200円(初年度無料)
ポイント還元率:0.50%
貯まるポイント:Oki Dokiポイント
交換可能マイル:ANAマイル
追加カード:ETCカード、家族カード
付帯保険:海外旅行、国内旅行、ショッピング
電子マネー機能:PASMO

ANAマイルが貯まる最強カード

ソラチカカード は、「PASMOカード」と「ANAカード」の機能が一体となったクレジットカードです。
Oki Dokiポイント=1P=10マイルで移行できる「10マイルコース」の手数料と年会費を合わせると7700円で、ANAのマイル系カードでは最安水準になります。PASMOのチャージや東京メトロの乗車で貯まるメトロポイントも90%のレートでマイルと交換でき、実質的なマイル還元率が高いと言える1枚です。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の特徴まとめ

・ANAマイルの還元率が一番高い
・年会費が実質無料
・PASMOオートチャージ機能が利用できる
・PASMOオートチャージでポイントが貯まる
・入会・継続時に1,000マイルゲット
・ANA便への搭乗でボーナスマイルが付与

JALマイルが貯まるおすすめ最強クレジットカードランキング3選

第3位:JALカード 普通カード

JALカード 普通カード
JALカード 普通カード

年会費:2,200円(初年度無料)
ポイント還元率:0.50%~1.00%
貯まるポイント:JALマイル
交換可能マイル:JALマイル
追加カード:ETCカード、家族カード
付帯保険:海外旅行、国内旅行
電子マネー機能:-

JALマイルが貯まるJALのスタンダードカード

入会搭乗ボーナス1000マイル、毎年初回搭乗ボーナスマイル1000マイル、搭乗ごとのボーナスフライとマイル10%プラスや、ショッピング通常200円ごとに1マイルなど、JALカードのスタンダードとなるクレジットカードです。「JALの飛行機をよく使う」「JALマイルをためている」といった人におすすめです。
 
他のJALカード同様、買い物のマイル還元率が2倍になる「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に加入が基本となります。「JALのマイルをためているけれどそこまで飛行機に乗る機会がない」という人でも「JALカード 普通カード」であればどんどんマイルをためることができます。日常のショッピングや食事などでクレジットカードを利用すれば自然にマイルが付与されていくため、飛行機に搭乗しなくてもマイルをためることができます。年会費はかかるが、年間60万円以上の利用があれば元は取れます。

JALカード 普通カードの特徴まとめ

・入会・継続時に1,000マイルゲット
・JAL便への搭乗でボーナスマイルが付与
・「JALカード家族プログラム」でマイルを合算できる
・「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に入会でさらにお得
・国内旅行・海外旅行の保険付き

第2位:JALカードTOKYU POINT CLUB-Aカード

JALカードTOKYU POINT CLUB-Aカード
JALカードTOKYU POINT CLUB-Aカード

年会費:11,000円
ポイント還元率:0.50%~1.00%
貯まるポイント:JALマイル
交換可能マイル:JALマイル
追加カード:ETCカード、家族カード
付帯保険:海外旅行、国内旅行、ショッピング
電子マネー機能:-

CLUB-Aカードの機能と東急グループのサービスが利用できるカード

CLUB-Aゴールドカードの基本機能だけでなく、東急百貨店・東急ストア・東急ハンズなど、全国のTOKYU POINT加盟店でのショッピング利用でTOKYU POINTとマイルの二重取りができるクレジットカードです。一般のカードよりは年会費が高くなリますが、その分獲得フライトマイルが5%プラス、毎年のボーナスマイルも2倍になるので、年1回以上、とくに海外旅行に行くならおすすめでしょう。

JALカードTOKYU POINT CLUB-Aカードの特徴

・マイルとTOKYU POINTの2重取りができる
・マイルとTOKYU POINTが相互交換できる
・PASMOの利用がお得になる
・国内主要空港の会員専用空港ラウンジを無料で利用できる
・最高5,000万円まで補償する旅行保険が付帯

第1位:JALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカード TOKYU POINT ClubQ
JALカード TOKYU POINT ClubQ

年会費:2,200円(初年度無料)
ポイント還元率:0.50%~1.00%
貯まるポイント:JALマイル
交換可能マイル:JALマイル
追加カード:ETCカード、家族カード
付帯保険:海外旅行、国内旅行
電子マネー機能:-

東急グループのサービスも利用できるカード

「JALカード TOKYU POINT ClubQ」は、名前の通りJALのマイルとTOKYU POINTが両方獲得できるクレジットカードです。東急百貨店や東急ストア、東急ハンズといったTOKYU POINT加盟店をよく利用するのなら、ポイントの2重取りができるのがおすすめです。貯まったポイントは、どちらかに交換してまとめられるので、TOKYU POINTもしくはマイルを利用しない方でも無駄がありません。また、このクレジットカードはPASMOとの連携も可能です。PASMOユーザーや東急系列の店舗をよく利用する方におすすめです。

JALカード TOKYU POINT ClubQの特徴

・マイルとTOKYU POINTの2重取りができる
・マイルとTOKYU POINTが相互交換できる
・PASMOの利用がお得になる
・特約店の利用でポイントが2倍になる

マイルが貯まるおすすめ最強クレジットカード比較表

画像
商品名 ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) ANA VISA Suica カード ANA VISA/MASTER ワイドゴールドカード JALカード TOKYU POINT ClubQ JALカードTOKYU POINT CLUB-Aカード JALカード 普通カード
年会費 2,200円(初年度無料) 2,200円(初年度無料) 15,400円 2,200円(初年度無料) 11,000円 2,200円(初年度無料)
還元率 0.50% 0.50%~2.00% 1.00%~2.00% 0.50%~1.00% 0.50%~1.00% 0.50%~1.00%
貯まるポイント Oki Dokiポイント Vポイント Vポイント JALマイル JALマイル JALマイル
交換可能マイル ANAマイル ANAマイル ANAマイル JALマイル JALマイル JALマイル
追加カード ETCカード、家族カード ETCカード ETCカード、家族カード ETCカード、家族カード ETCカード、家族カード ETCカード、家族カード
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング 海外旅行、国内旅行、ショッピング 海外旅行、国内旅行、ショッピング 海外旅行、国内旅行 海外旅行、国内旅行、ショッピング 海外旅行、国内旅行
電子マネー機能 PASMO iD、Suica iD、楽天Edy
特徴 ・ANAマイルの還元率が一番高い
・年会費が実質無料
・PASMOオートチャージ機能が利用できる
・PASMOオートチャージでポイントが貯まる
・入会・継続時に1,000マイルゲット
・ANA便への搭乗でボーナスマイルが付与
・Suicaのオートチャージ機能が利用できる
・Suica/モバイルSuicaのチャージでポイントが貯まる
・入会・継続時に1,000マイルゲット
・ANA便への搭乗でボーナスマイルが付与
・ANAカードマイルプラス加盟店でボーナスマイルが貰える
・WEB明細サービスの利用で年会費が割引になる(2200円→1650円)
・マイル還元率が1.0%以上と高く、移行手数料無料
・入会・継続時に2,000マイルゲット
・ANA便への搭乗でボーナスマイルが付与
・年会費割引を活用すれば最安年会費は10,450円
・ビジネスクラス専用カウンターでチェックイン可
・マイルとTOKYU POINTの2重取りができる
・マイルとTOKYU POINTが相互交換できる
・PASMOの利用がお得になる
・特約店の利用でポイントが2倍になる
・マイルとTOKYU POINTの2重取りができる
・マイルとTOKYU POINTが相互交換できる
・PASMOの利用がお得になる
・国内主要空港の会員専用空港ラウンジを無料で利用できる
・最高5,000万円まで補償する旅行保険が付帯
・入会・継続時に1,000マイルゲット
・JAL便への搭乗でボーナスマイルが付与
・「JALカード家族プログラム」でマイルを合算できる
・「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に入会でさらにお得
・国内旅行・海外旅行の保険付き
リンク

動画での解説はこちら

さいごに

マイルが貯まるクレジットカードはいかがでしたでしょうか?利用するクレジットカードを変更するだけで、マイルは驚くほど貯まります。今回、紹介したクレジットカードはどれもマイルの還元率が高いものを選んでいます。マイルは飛行機に乗る人が貯まりやすくはなっていますが、普段の移動や買い物でお得にお得にマイルが貯まりますので、ぜひこの機会にクレジットカードをもう一度見直してみてください。

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連キーワード

おすすめの記事

【ニトリ・西松屋・IKEA】プレイマットのおすすめ人気ランキング10選!折りたたみ式でおしゃれなもの
赤ちゃんを転倒やケガから守って安心して遊ばせることができるプレイマット。プレイマットがあればママもパパも安心ですよね。しかしいざ選ぼうとしてもデザインや形など、どんな商品を選べばよいのか迷ってしまいま...
ベビー・キッズ 23view
【100均・ダイソー】すりこぎ棒のおすすめ人気ランキング10選!使い方や代用品なども紹介
とろろを作ったりごまをすり潰すためにすり鉢とすりこぎ棒は欠かせません。特にすりこぎ棒に関しては一見どれも同じように見えてしまい、何を基準に最適なものを選べば良いか迷っている方もいるのではないでしょうか...
キッチン用品 11view
【ニトリ・無印・100均】味噌保存容器のおすすめ人気ランキング10選!密閉できるものなど
長期的に風味を損なうことなく味噌を保存したいなら、しっかりと密閉をしてくれる蓋付きなので最後まで美味しい味噌の風味を楽しむことができる味噌保存容器を使うのがおすすめですよ。実際に製品を調べてみると材質...
キッチン用品 33view
錫タンブラーのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリット、お手入れ方法なども
夏でも冬でも温度を制限することなく美味しく飲み物を飲みたいなら錫製のタンブラーがおすすめです。錫にはたくさんのメリットがあり、デザインもお洒落なものが多いので、食器にこだわりたい方や贈り物のアイテムと...
キッチン用品 13view
マイヤーが定番人気!電子レンジ圧力鍋のおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリット、使い方なども
電子レンジで加熱するだけで圧力鍋のように食材を柔らかくしてくれる電子レンジ圧力鍋という便利グッズがあります。通常の圧力鍋は使いこなすのが難しいと感じる方でも、手軽に使うことができますよ。しかし、実際の...
家電 71view

人気の記事