2021年10月10日更新

DODタープのおすすめ人気ランキング10選!焚き火もできるポリコットンタープが人気

アウトドアシーンに欠かせない「タープ」。キャンプ初心者の方は、どのブランドのタープを選べばよいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、多彩なデザインと個性的なアイテムで人気の「DOD」がリリースしている「タープ」を紹介していきます。ワンタッチで設営できるタイプをはじめオープン型など、種類もさまざまです。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

DODタープの魅力とは?


ウサギのマークが印象的なアウトドアブランドとして有名なDODは、比較的安い価格でキャンパーをワクワクさせる個性的なアイテムを揃えられるところが最大の魅力です。「いつかのタープ」「ヤドカリテント」など、クスッと笑ってしまうようなネーミングも多くのキャンパーを魅了しているポイント。広告を打たず、ネット販売に徹することで、大幅なコストカットを実現しています。また、「キャンパーはみんなクレイジー」というインパクトのある理念のもとに、多彩なデザインのアウトドアギアを数多くリリースしているので、個性的なキャンプサイト作りを目指している方におすすめのブランドです。意外にも、初心者向けのアイテムも数多く取り揃えているので、初心者からベテランまで幅広い世代のキャンパーの支持を集めています。

DODタープの種類は?

オープン型のDODタープ


荷物をコンパクトにまとめられるオープンタイプは、持ち運び重視の方におすすめです。メッシュなどの囲いがなく、一枚布でできているところが特徴。生地の形だけでなくポールを通すグロメットもチェックすることが大切です。グロメットの数が多いということは、持ち上げる角の数も増えるため、多彩な形状にアレンジできます。張り方のアレンジが広がるのは、角にとらわれない正方形のものです。また、より広いスペースを確保したい場合は、プライベート空間広がる延長ポールテープ付きがおすすめ。ツーリングキャンプでは、バイクを止めるスペースを確保できますよ。

ワンタッチ型のDODタープ


生地をフレームにセットし、脚を伸ばすだけで設営できるタープです。ポップアップタープは、高さを3段階で変更できるため、天候やシーンに合わせて快適に使用することができます。延ばした状態でなら、圧迫感を感じることがありません。ワンタッチで設営できることからアウトドア初心者におすすめです。

DODタープの選び方

タイプで選ぶ

タープのタイプは、オープン・ワンタッチ・シェルターの3種類。持ち運びに便利なコンパクトタイプをお探しの方には「オープンタイプ」がおすすめです。一枚布でできているためかさばらないのが特徴です。ポールを通すグロメットの数と生地の形をチェックすることで、アレンジのしやすさが分かります。ただ、グロメットの数が少ない場合、ビギナーはタープの張り方がワンパターンになってしまうことも。そうならないためにも、グロメットの数の多いオープンタイプを選ぶようにしてください。
設営が簡単なタイプなら「ワンタッチ(ポップアップ)タイプ」。初心者にもおすすめのタープは、フレームを開いて生地をセットし、脚を伸ばすだけで使用できるところが魅力です。タープの高さを3段階で調節可能なところもDODのワンタッチタープの人気のポイント。
さらに、他のタープと連結することが可能な「シェルタータイプ」もベテランキャンパーに人気です。同じシリーズのアイテムとタープを連結できると、より快適な空間づくりが可能になります。また、DODで販売されている「トンネル」をシェルタータイプのタープに連結することで、リビングと寝室をきっちり分けより快適に過ごすことも可能です。

明るく快適に過ごすためにはランタンフック付きがおすすめ

あると便利なアイテムがランタンフック。ランタンスタンドを持っていない方は要チェックです。LEDランタンをフックに掛けると、真上から小めいくぉ確保することができ、タープ内全体を均等に照らすことができます。テーブルの上に置くよりも安定した光量を確保することが可能です。また、DODのタープには、フックが複数付いているタイプがあるので、日の傾きに合わせてランタンの位置を変えたり、より明るい環境を望むならランタンを2個つけることもできます。

UVカット率と最低耐水圧もチェックする

アウトドアシーンでの日よけや荷物置きとして活躍してくれるタープ。購入する際に、UVカット率の高さは重要です。マリンアクティビティに出掛ける場合などは、UPF50+のアイテムを選んでください。DODのタープは、タイプにかかわらず比較的UVカット率が高いうえに、高いUVカット率をキープするために、遮光コーティングしているアイテムもあります。また、屋外で使用するアイテムなだけに、雨や風の強い日などの悪天候にどれだけ耐えられるかも重要。最低耐水圧の表示に1,500mm~2,000mm程度の数字が記載されていれば、通常の雨に耐えられます。また、この数字が大きいほど、悪天候の日でも安心して使用可能です。

DODタープは焚き火に強い?


一般的なポリエステル生地は、軽量で手軽に扱えるというメリットがありますが、熱に弱い点がデメリット。ポリエステル素材のタープの下や近くで焚火をすると、火の粉が飛んでタープに穴が開いてしまう可能性があります。せっかく、楽しく過ごしていても、大切なタープに穴が開いてしまっては、悲しい気持ちになってしまうことも。ところが、DODからリリースされている「チーズタープ」は、ポリコットン生地で製造され耐火性に優れていることから「タープの下や近くで焚火をしても穴が開きにくい」という特徴があります。購入する際に「チーズタープ」を選べば、冬場のキャンプはもちろん、雨の日のキャンプも安心して焚火を楽しめます。

DODタープのおすすめ人気ランキング10選

ここからはDODタープのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのDODタープを見つけてみてくださいね!

第10位:DOD(ディーオーディー) ヒレタープ ポリコットン生地

DOD(ディーオーディー) ヒレタープ ポリコットン生地
DOD(ディーオーディー) ヒレタープ ポリコットン生地

エイヒレスタイルのおしゃれなタープ。そのままでも十分に快適ですが、同じシリーズのエイテントと連結することで、より快適な空間を作ることが可能です。素材に耐火性に優れているポリコットンを採用していることから、焚火の火を気にすることなく安心して使用できます。また、暑い夏には影を作ってくれるので、夏場のキャンプで涼しく快適に過ごしたい人やテントと連結して快適な空間で過ごしたい人におすすめ。

第9位:DOD(ディーオーディー) チーズタープ


タープでは珍しい正方形の大型モデル。グロメットとループが16ヵ所についているので、アイディア次第で様々な張り方を楽しめます。また、チーズタープと相性の良い、DODから販売されているカマボコテントと組み合わせるのが人気です。大型タープには、ポリコットンが採用されているので、焚火の火に強く、遮光性に優れているので、暑い夏場のキャンプに重宝します。

第8位:DOD(ディーオーディー) ムゲンタープ

10日はP最大44倍!要エントリー*ヘーキサタープ ブラック(ポール別売)火の粉にも日差しにも強いポリコットン生地 TT5-582-BK DOD タープ アウトドア キャンプ [tntp]
10日はP最大44倍!要エントリー*ヘーキサタープ ブラック(ポール別売)火の粉にも日差しにも強いポリコットン生地 TT5-582-BK DOD タープ アウトドア キャンプ [tntp]

タープにファスナーが装備されているので、別の「ムゲンタープ」と連結できるところがポイント。ソロの時、ファミリーや友人と一緒に過ごす時など、シーンに合わせて使い分けることが可能です。ただしメーカーでは、悪天候時の安全性を考慮し、最大3枚までの連結をおすすめしています。素材にポリコットンを採用していることから、コスパの良いタープとしても注目されているので、これからタープの購入を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

第7位:DOD(ディーオーディー) マグロシェード

DOD(ディーオーディー) マグロシェード
DOD(ディーオーディー) マグロシェード

「サカナシェード」と名付けられたDODのタープは、デイキャンプやマリンアクティビティに最適なモデル。ポールを交差させる魚座型のフレームが採用され、耐風性に優れています。その「サカナシェード」を大型にしたタープが「マグロシェード」です。キャンプチェアやテーブルを入れて、5人ぐらいでもくつろげるタイプにもかかわらず、設営が簡単なところも人気のポイント。内部がブラックコーティングされているので、100%の遮光性を誇っています。しっかりした設営にしたい場合は、別売りのポールを組み合わせるのがおすすめです。

第6位:DOD(ディーオーディー) TCワンタッチタープ

DOD(ディーオーディー) TCワンタッチタープ
DOD(ディーオーディー) TCワンタッチタープ

タープ生地を被せてスライドするだけで簡単に設営できる優れたタイプ。天井が高く使い勝手の良さはもちろん、天井が高いところも魅力です。タープ生地にはポリコットンが採用されていることから、大人数でのBBQでも活躍してくれます。おしゃれなデザインでありながら、遮光性にも優れているので、女性キャンパーにおすすめのアイテムです。

第5位:DOD(ディーオーディー) ビートルタープ


DODの人気アイテム「ザ・テント」や「ザ・ワンタッチテント」とフックで簡単に連結できる優れもの。ビートルタイプ単体でも利用可能ですが、リビングスペースとしても活用できるところが最大の魅力です。UPF50+加工されたタープは7ヵ所にグロメットが付いているので、アレンジも自在にできます。テントと連結することはもちろん、荷物置き場や駐車スペースとしても利用できるので、1つ持っているとかなり重宝するアイテムです。

第4位:DOD(ディーオーディー) オクラタープ


大型タイプの「オクラタープ」は、オクタゴン型(八角形)のポリコットンタープです。DODのタープの中でも最大級モデルなので、ファミリーなど大人数でもゆったり過ごせるところが人気。ポールが別売りなので、メインポール・サブポールを好みの高さにすることで、様々なアレンジでタープを張ることができます。単体でもテントとセットでも快適に使用できるところが魅力。

第3位:DOD(ディーオーディー) ライダーズコンフォートタープ

DOD(ディーオーディー) ライダーズコンフォートタープ
DOD(ディーオーディー) ライダーズコンフォートタープ

ツーリングキャンプにおすすめのコンパクトタイプ。タープの入り口にポールが入っているので、広々と使用できるところが最大の魅力です。出入りがしやすいことから、タープの下にバイクを置くことができるため、急な雨にも安心。UPF50+・耐水圧3000mmの性能を備えているので、天候の悪い日や夏場の日差しの強い日も快適に過ごせます。

第2位:DOD(ディーオーディー) ヘーキサタープ(ポリコットン製ヘキサタープ)

DOD(ディーオーディー) ヘーキサタープ(ポリコットン製ヘキサタープ)
DOD(ディーオーディー) ヘーキサタープ(ポリコットン製ヘキサタープ)

アウトドアシーンに合わせて、タープの形をアレンジできる凡庸性の高いタイプ。素材にポリコットンを採用していることから、焚火の火の粉が飛んでも平気なのでキャンプビギナーにおすすめのタイプです。グロメットがすべての角についているので、タープの張り方がワンパターンにならないところがポイント。

第1位:DOD(ディーオーディー) いつかのタープ


DODのタープの中でも人気の「いつかのタープ」。タープはもちろん、延長ベルト、組み立てに必要なペグ、ロープ、ポールなどがセットになったお得なタイプです。4人でも圧迫感を感じさせないオープンスタイルのタープは、ファミリーでのキャンプにおすすめ。UPF+50、耐水性2000mmと機能性に優れているところも人気のポイントです。設営のコツはタープに縫い付けてあるので、キャンプビギナーでも心配いりません。

DODタープの口コミ・評判は?

DODタープの良い口コミ・評判は?

DODタープの口コミを見てみると、ポジティブな意見が多いのが特徴です。特に焚き火もできるポリコットン製のタープやライダーからも愛用されているライダーズコンフォートタープなどは高い評価を得ています。

購入商品:いつかのタープ/ブラック
購入してから2回使用したのですがとても使い易かったです。ポールもしっかりしていて、ランタンを吊るすことのできるベルトなど必要なものは全て揃ってて特に付属のペグは付属品とは思えないくらいしっかりしていてとても使い易かったです。ただペグを抜くのは少しコツがいるかも。収納時もコンパクトで最後まで設営してても車に積み込むのに困らなく価格もお手頃。黒色を購入したのですが、影も濃くしっかり日除けになり大満足でした。

購入商品:ヘーキサタープ/ブラック
初めてのタープテントです。どうしても黒色が欲しく探していたなかで見つけたのが、このへーキサタープ。購入にあたり、オクラタープやチーズタープと悩みました。悩みの種は、ヘーキサタープの方がこれらより小さいからです。しかし、ポールや張り糸の数が少なく済むの事が決め手となり購入を決めました。所有しているカマボコテント2と組み合わせれる方法を探すのが楽しみです。いつかのタープと比較した場合、ポリエステル製と違い、こちらの商品はポリコットン製ですのでタープ下での焚き火が比較的安全にできます。

購入商品:ライダーズコンフォートタープ
良い点はコンパクトに収納出来ること、バイク積載は元より電車キャンパーなら中型クラスのスーツケースにしっかり収まります。タープはどうしてもポールの長さの制約上、コンパクトに収納出来る直径の狭い小型のポールしかスーツケースに入りません。しかしこれは直径22ミリあるのでそこそこ頑丈です。ある程度の強度と収納性を兼ね備えた商品だと思います。あとタープには割りと珍しい緩やかな曲線が出せるのでデザインが大好きです。

DODタープの悪い口コミ・評判は?

購入商品:ライダーズコンフォートタープ
ポールは22ミリになって丈夫ですが…。以外な欠点発見!!ロープが強風でロックせず、と言うかロックが外れまので、倒れてしまいます!多分、プラスティックのネイルが駄目な様。ここはしっかりとしたアルミのネイルが良いと思います。交換です。あと、ペグはやはり!オマケなだなー。Y字の奴に交換です。22ミリになったポールは大丈夫ですよ!

購入商品:オカラタープ
焚き火用として大きめのがほしくこれを購入。色的に、木の実や鳥のフンなど汚れが目立つ気がします。少し重いですが、思ったほどかさばらないです。

タープの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、タープのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

DODタープでアウトドアをもっと快適に

いかかでしたか。今回はDODのタープの魅力・選び方・おすすめのアイテムを紹介しました。今までのアウトドアギアに1つプラスするだけで、よりアウトドアシーンを豊かなものにしてくれるアイテムです。DODのタープは個性的で機能性抜群なアイテムが数多く揃っています。ぜひ、豊富なラインナップから自分のキャンプスタイルに出最適な「DODタープ」を選んでください。

この記事の商品一覧

DOD(ディーオーディー) チーズタープ

DOD(ディーオーディー) チーズタープ

¥18,915 税込

DOD(ディーオーディー) ヒレタープ ポリコットン生地

DOD(ディーオーディー) ヒレタープ ポリコットン生地

¥29,500 税込

DOD(ディーオーディー) チーズタープ

DOD(ディーオーディー) チーズタープ

¥18,915 税込

10日はP最大44倍!要エントリー*ヘーキサタープ ブラック(ポール別売)火の粉にも日差しにも強いポリコットン生地 TT5-582-BK DOD タープ アウトドア キャンプ [tntp]

10日はP最大44倍!要エントリー*ヘーキサタープ ブラック(ポール別売)火の粉にも日差しにも強いポリコットン生地 TT5-582-BK DOD タープ アウトドア キャンプ [tntp]

¥15,800 税込

DOD(ディーオーディー) マグロシェード

DOD(ディーオーディー) マグロシェード

¥15,800 税込

DOD(ディーオーディー) TCワンタッチタープ

DOD(ディーオーディー) TCワンタッチタープ

¥46,794 税込

DOD(ディーオーディー) ビートルタープ

DOD(ディーオーディー) ビートルタープ

¥7,970 税込

DOD(ディーオーディー) オクラタープ

DOD(ディーオーディー) オクラタープ

¥17,129 税込

DOD(ディーオーディー) ライダーズコンフォートタープ

DOD(ディーオーディー) ライダーズコンフォートタープ

¥9,577 税込

DOD(ディーオーディー) ヘーキサタープ(ポリコットン製ヘキサタープ)

DOD(ディーオーディー) ヘーキサタープ(ポリコットン製ヘキサタープ)

¥13,848 税込

DOD(ディーオーディー) いつかのタープ

DOD(ディーオーディー) いつかのタープ

¥9,495 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

【ニトリ・西松屋・IKEA】プレイマットのおすすめ人気ランキング10選!折りたたみ式でおしゃれなもの
赤ちゃんを転倒やケガから守って安心して遊ばせることができるプレイマット。プレイマットがあればママもパパも安心ですよね。しかしいざ選ぼうとしてもデザインや形など、どんな商品を選べばよいのか迷ってしまいま...
ベビー・キッズ 23view
【100均・ダイソー】すりこぎ棒のおすすめ人気ランキング10選!使い方や代用品なども紹介
とろろを作ったりごまをすり潰すためにすり鉢とすりこぎ棒は欠かせません。特にすりこぎ棒に関しては一見どれも同じように見えてしまい、何を基準に最適なものを選べば良いか迷っている方もいるのではないでしょうか...
キッチン用品 11view
【ニトリ・無印・100均】味噌保存容器のおすすめ人気ランキング10選!密閉できるものなど
長期的に風味を損なうことなく味噌を保存したいなら、しっかりと密閉をしてくれる蓋付きなので最後まで美味しい味噌の風味を楽しむことができる味噌保存容器を使うのがおすすめですよ。実際に製品を調べてみると材質...
キッチン用品 33view
錫タンブラーのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリット、お手入れ方法なども
夏でも冬でも温度を制限することなく美味しく飲み物を飲みたいなら錫製のタンブラーがおすすめです。錫にはたくさんのメリットがあり、デザインもお洒落なものが多いので、食器にこだわりたい方や贈り物のアイテムと...
キッチン用品 13view
マイヤーが定番人気!電子レンジ圧力鍋のおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリット、使い方なども
電子レンジで加熱するだけで圧力鍋のように食材を柔らかくしてくれる電子レンジ圧力鍋という便利グッズがあります。通常の圧力鍋は使いこなすのが難しいと感じる方でも、手軽に使うことができますよ。しかし、実際の...
家電 71view