モンベル寝袋シュラフのおすすめ人気ランキング10選!保温性が高く冬キャンプ、登山、車中泊でも使える

シュラフといえば、モンベルといわれるくらい多くのキャンパーを魅了しているモンベルの寝袋シュラフ。数あるアイテムの中でも高い人気を誇っているシュラフは、見ただけ、触っただけでは、すべて同じに見えますが、ダウンの質・ストレッチ具合・快適性など、選ぶポイントはたくさん。そこで今回は、自分のキャンプスタイルに合うシュラフを見つけるために、おすすめのシュラフをランキング形式でご紹介します。

モンベル寝袋シュラフの魅力とは?


バリエーションの豊富さがモンベルのシュラフの魅力です。高品質ダウンを中綿に封入した「ダウンモデル」、独自開発の化学繊維を中綿にしている「エクセロ太モデル」の2タイプあり、それぞれ−15℃から15℃まで対応可能なため、幅広いシーンで利用できます。モンベルのシュラフは、保温性はもちろん速乾性に優れているため、深い眠りを得られるだけでなく、体から出る水分を適度に蒸発させてくれるため、シュラフの中がいつでも快適です。また、身長150cmの小柄な女性から190cmの男性まで対応したサイズ展開もモンベルならではの魅力といわれています。コンパクトに持ち運びできるタイプやシュラフ同士をジョイントできるタイプなどもラインナップされているので、アイディア次第で快適な寝室を作れます。

モンベル寝袋シュラフの選び方

保温力で選ぶ

モンベルのシュラフについている#3・#5などの表記は、保温力を示しています。保温力は使用するシーズンによって異なるため、購入前にしっかりチェックしておくポイントの1つです。

山での車中泊や寒い時期には「#2」

リミット温度が−4℃前後なので、紅葉時の氷点下の登山にも向いています。3.5シーズン対応なので、一年の大半でシュラフを使用したい方におすすめです。

3シーズン対応モデルは「#3」

「#3」は、コンパクトに収納でき持ち運びやすいうえに、比較的価格がリーズナブルなため、登山家に人気のモデル。リミット温度が0℃前後なので、冬の雪山には適していませんが、春から秋にかけてのほとんどのシーズンに対応しています。

夏キャンプには「#5」・「#7」

リミット温度が4℃前後の「#5」は、夏キャンプにおすすめですが、登山用とするには使用期間が短いので注意してください。また、夏場のツーリングキャンプには、リミット温度8度前後の「#7」がおすすめです。軽量なモデルなので自転車やバイクでも楽に持ち運べます。メンテナンスが簡単なところが魅力。

形状で選ぶ

モンベルのシュラフには「マミー型」と「封筒型」の2種類あります。

封筒型のシュラフはビギナー向け


布団のような形をしている封筒型のシュラフは、使い勝手が良いのでキャンプビギナー向けです。ジッパーを開けると毛布のような形になるので、アレンジ次第で様々な使い方できます。寒い時期には羽織ることも可能ですし、連結できるタイプならファミリーキャンプにも最適。テント泊はもちろん車中泊でも使いやすいと人気です。

保温性を重視するなら「マミー型」


体のラインに沿うタイプのマミー型は、封筒型に比べ保温性の高さが魅力。伸縮性の高いモンベルのシュラフはコンパクトに収納できるため、登山やツーリングキャンプ、バックパックに最適です。最先端の技術が搭載されているため、高いクオリティと超軽量のシュラフとして高い支持を得ています。

中綿で選ぶ

見た目は同じシュラフでも、中綿の種類は様々です。

保温力が高く軽いのは「ダウン」

軽くて保温力が抜群なのはダウン。羽毛のかさ高を示すフィルパワーをチェックすれば、ダウンの品質や性能が一目で分かります。モンベルのシュラフは650フィルパワー以上のアイテムがほとんどです。ただ、フィルパワーが高いということは価格もそれなりに高価になってしまいます。フィルパワーの数字が大きいほど空気の含有量が増すため、冬山登山に出かける方や保温性を重視したい方におすすめです。

価格重視なら「化学繊維」

価格重視でシュラフを選ぶなら、中綿が化学繊維のタイプを選ぶとよいでしょう。水濡れに強いため、リバーアクティビティや天候の変化が気がかりな時に向いています。ダウンタイプに比べ、気軽に使用できることから、車中泊専用に利用している方が多いようです。

モンベル寝袋シュラフのシリーズは?

ダウンハンガーシリーズ


冬場のキャンプでも安心して眠れると評判の「ダウンハンガー」。シームレスシリーズに比較すると軽さやコンパクト性には劣るものの、山岳シュラフとしては十分に活躍してくれます。また、1年を通じて使用できるアイテムもあるので、1つ持っているとかなり重宝するので、山岳キャンプビギナーの方におすすめのシュラフです。

アルパインダウンハンガーシリーズ


コスト重視で選びたい方におすすめの「アルパインダウンハンガーシリーズ」。ダウンハンガーとの違いは収縮率です。ダウンハンガーが135%、アルパインダウンハンガーは120%となっていますが、アルパインハンガーの方が軽く、リーズナブルところが人気のポイント。実は、アルパインダウンハンガーには「#0」よりも上の「EXP」というモデルがあり、「#0」よりも4~5℃低い温度まで対応可能なため、極寒地モデルとして注目されています。シリーズの中には、カラーバリエーションが豊富な女性用モデル「Wоmen’s」があり、足元が冷えにくいようにダウンを20%もアップさせ、女性に好評です。

バロウバッグシリーズ


マミー型のシュラフで中綿には化学繊維が使用している「バロウバッグシリーズ」。リミット温度1℃、コンフォート温度6℃となっているため、春夏秋の3シーズン使うには十分なスペックです。また、中綿に化学繊維が採用されているため、汚れても洗濯機で丸洗いできるほか、ファスナーで二つのシュラフを連結できるメリットがあります。ただし、連結する際には右用と左用のシュラフを購入する必要があるので注意してください。

ファミリーバッグシリーズ


秋から冬にかけての低山登山やキャンプに最適な封筒型のシュラフが「ファミリーバッグシリーズ」です。このシュラフのメリットは布団と同じ感覚で眠れること。また、二つのスシュラフをファスナーで連結すると倍の広さになるのにコンパクトに収納できるところも人気のポイントです。同じシリーズでも中綿の量や素材の違いで、体感温度が異なるため、気温や目的で使い分けるのがおすすめ。

モンベル寝袋シュラフのおすすめ人気ランキング10選

ここからはモンベル寝袋シュラフのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのモンベル寝袋シュラフを見つけてみてくださいね!

第10位:モンベル(mont-bell) 寝袋 ファミリーバッグ#7

モンベル(mont-bell) 寝袋 ファミリーバッグ#7
モンベル(mont-bell) 寝袋 ファミリーバッグ#7

男女兼用のシュラフは、夏の低山や気温が低くなりつつある秋のファミリーキャンプにおすすめのモデル。L字型のファスナーを全開にすると毛布のように使用できるのも魅力の1つです。また、同じモデルの同じ大きなシュラフをファスナーで連結すると倍の封筒型シュラフに変身します。比較的大きめのサイズですが、ファミリーでキャンプに出かける機会の多い方にとっては、1つ持っていると重宝するアイテムです。

第9位:モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ #3


保湿性と速乾性の両方を持ち合わせたモデルは、ダウンに比べるとメンテナンスが簡単なところが魅力。比較的重要がある男女兼用タイプなので、車移動が可能なファミリーキャンプにおすすめです。耐久性があり、水濡れにも強いため、リバーアクティビティや天候が不安な場合のキャンプに向いています。

第8位:モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ


積雪時の冬山登山でも使用可能なモデルは、中綿に高い保温性を誇るエクセロフトが採用されています。簡単にメンテナンスが行え、優れた快適性を誇る男女兼用モデルです。スーパースパイラルストレッチシステムで伸縮率135%を実現し、隙間なくフィットするため、凡庸性の高いモデルとして多くのキャンパーに支持されています。

第7位:モンベル アルパインダウンハガー


ボックス構造で800フィルパワーの高品質ダウンを使用している超軽量なモデルは、コンパクトで収納・持ち運びに便利。高いクオリティを誇るだけあり、保温力の高さや凡庸性に優れているため、夏の高山から冬の低山まで、オールシーズン使用可能な万能モデルです。超軽量タイプなので、長時間シュラフを背負う必要がある登山やバックパッカーに最適ですが、価格は比較的高くなってしまいます。高機能・軽量化を重視する方はチェックしてみてください。

第6位:モンベル(mont-bell) 寝袋バロウバッグ #3


シュラフには右ジップと左ジップがあります。こちらのモデルは、バロウバッグの左ジップタイプ。右ジップに比べ開けやすいのが左ジップの特徴です。右利きの割合が多いため、右ジッパーが多いように感じますが、世界的には左ジッパーの方が一般的。シュラフの中で、ジッパーを開けづらい、窮屈に感じる方は、左ジッパータイプをチェックしてみてください。

第5位:モンベル(mont-bell) 寝袋アルパイン バロウバッグ #7

モンベル(mont-bell) 寝袋アルパイン バロウバッグ #7
モンベル(mont-bell) 寝袋アルパイン バロウバッグ #7

アルパイン バロウバッグの中でもより夏キャンプにおすすめのモデル。夏にしかキャンプに行かない方やコテージなどで利用したい方におすすめです。スパイラルストレッチシステムを最小していることから、生地の伸びを最大限に活かせるため、大柄な男性でも寝心地が快適。また、収納しやすいスタッフバッグが付属しているので、荷物をコンパクトにしたいツーリングキャンプにぴったりです。比較的リーズナブルな価格もビギナーにとっては魅力。

第4位:montbell(モンベル) ホロースリーピングバッグ

montbell(モンベル) ホロースリーピングバッグ
montbell(モンベル) ホロースリーピングバッグ

凡庸性の高いシュラフは、高地での夏キャンプから平地での冬キャンプまで、様々なシーンで利用可能なベーシックタイプ。メイン素材にホローファイバーが使用されているため速乾性に優れ、保温性も抜群です。丸洗いしても乾きやすいため、汚れを気にせず利用できるところも人気のポイント。また、マミー型と封筒型の中間型の独特の形状が使い勝手が良いと評判です。

第3位:モンベル(mont-bell) 寝袋バロウバッグ #3


保温性と速乾性を併せ持つトータルバランスの良い人気モデルは、オールシーズン快適に使用できます。メンテナンスが簡単なところもキャンパーにとっては魅力。保温力に優れているエクセロフトを採用し、伸縮率135%と自宅のような快眠をサポートしてくれます。大きめサイズなので、山岳キャンプには向いていませんが、価格が比較的リーズナブルなので、オートキャンプやファミリーキャンプにおすすめです。

第2位:モンベル(mont-bell)寝袋 シームレスダウンハガー900#3

モンベル(mont-bell)寝袋 シームレスダウンハガー900#3
モンベル(mont-bell)寝袋 シームレスダウンハガー900#3

縫い目のないダウンシュラフはとても珍しいタイプ。プロ向きのモデルだけあり、重量512gと超軽量で、何泊も登山する時の縦走装備や超軽量装備で山岳キャンプにチャレンジする際におすすめです。ダウンの偏りを防ぐ隔壁を取り除いたことで、ダウンが持つ保温力を最大化し、冷気の侵入を抑制することが可能になりました。元々、定評のあるモンベルのシュラフの進化版といえます。

第1位:モンベル(mont-bell) 寝袋ダウンハガー800#3

モンベル(mont-bell) 寝袋ダウンハガー800#3
モンベル(mont-bell) 寝袋ダウンハガー800#3

抜群の伸縮性と軽量性を備えている高品質のモデルは、スーパースライラルストレッチシステムが採用されています。800フィルパワーのEXダウンは、軽量性だけでなく保温性にも優れているので、荷物をコンパクトにまとめたい方におすすめ。リミット温度−2℃、コンフォート温度3℃となっているので、夏キャンプから紅葉の美しい季節まで使える高性能なシュラフです。同じモデルならジョイントできるので、お子さんと一緒に1つのシュラフで寝ることも可能。

シュラフカバー&シーツがあるとさらに快適!


シュラフカバーはシュラフを保護する防水カバーです。キャンプで朝目覚めた時に「シュラフが濡れている」と感じたことのある方は多いはずです。これは外とテント内の気温差で起こる結露が原因。そのトラブルを解決してくれるのが、シュラフカバーです。水濡れ・結露防止だけでなく、汚れ防止にも役立ちます。また、シュラフの上にカバーを重ねることで保温性のアップにもつながるため、寒さ対策にも有効です。基本的にはシュラフ+シュラフカバーで利用しますが、夏場のキャンプではシュラフカバー単体で使用可能なモデルもあります。シュラフカバー同様に、1つ持っていると便利なアイテムがインナーシーツ。シュラフの防水性や保温性をアップさせるアイテムで、基本的にはシュラフの中に重ねて使用します。薄く柔らかい素材でできているため、コンパクトに収納でき、持ち運びも簡単です。シュラフやシュラフカバーには様々な加工が施されているため、お手入れに気を使いますが、インナーシーツは衣類と同じように手軽に洗濯できるところが人気。アイテムにより差はありますが、保温性も備えているので、夏山登山の時にも1枚所持しているとかなり便利です。アイディア次第で様々なシーンで使用できます。購入を悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。

モンベルの寝袋シュラフのたたみ方&洗濯方法

使用後にシュラフの汚れを落とさないまま収納してしまうと、短期間で劣化するだけでなく機能が低下してしまう原因になってしまいます。大切なシュラフを長く愛用するためには、しっかりメンテナンスすることが大切。基本的なメンテナンスとは洗濯することです。シュラフに使用される中綿は「ダウン」と「化学繊維」の2種類なので、それぞれ使用する洗剤や洗濯後の乾燥方法が異なるので、洗濯表示に従って正しく選択してください。洗濯する前にシュラフを広げて、全体の汚れや傷をチェックしましょう。破れがある場合は、リペアシートなどを使用し補修することをおすすめします。シュラフの汚れが気になる場合や中綿のかさが減ったと感じた時が、丸洗いするサインです。きれいに洗濯して乾燥させた後は、たたんで収納しなければなりません。下記がモンベルのシュラフの選択方法とたたみ方です。

ダウンの洗濯方法

ダウンのシュラフを洗濯する場合は手洗いをしてください。
・浴槽にぬるま湯を張り、薄めた中性洗剤を入れる
・ファスナーを閉め、浴槽にシュラフを浸す
・足で踏み洗いとすすぎを繰り返す
・洗濯機で脱水し、その後低温の乾燥機で乾かす
「化学繊維の洗濯方法」
・ジッパーを閉め洗濯機で丸洗いする
・脱水まで行ったら、外の日の当たらない場所に干す

シュラフのたたみ方

・シュラフの空気を抜きながら縦に二つ折りにする
・次に、横に二つ折りにする
・空気を抜きながら、クルクルと巻いていく※ダウンのロフト(かさ)があるため、すぐに巻き戻ってしまうので注意が必要
・収納袋に入れるためには、できるだけ小さくたたまないとうまく入りません。

モンベル寝袋シュラフの口コミ・評判は?

モンベル寝袋シュラフの良い口コミ・評判は?

モンベルの口コミを見てみると、保温性が高く暖かいという口コミが多いのが特徴的です。寒い冬のアウトドアでも問題なく使えるという声も多く、特に寒い時期でのキャンプや登山での使用におすすめの寝袋と言えるでしょう。

購入商品:ダウンハガー800#3
身長153cmの私には大きい気もしますが、その分寝返りも楽にできます。そしてとにかく軽くて暖かい。普段から使わないと宝の持ち腐れになるので寒い日にはパソコンするときも腰から下を突っ込んで使っています。

購入商品:ホロースリーピングバッグ/グリーン
化学繊維系の寝袋のため、メンテナンス性、コスト、保温性のバランスが良いと思います。フード部分のボリュームが控えめなデザインですので、頭周辺の軽快感は通常のマミータイプより良好です。寒い時はフードを紐で縛れるので、普通の用途では十分な汎用性と感じます。

購入商品:バロウバッグ#3
めっちゃ暖かい。0℃以下だと下にマットが欲しいかな。ダウンでなくても十分温まりますよ!買って良かった。

モンベル寝袋シュラフの悪い口コミ・評判は?

購入商品:アルパイン バロウバッグ#7
涼しさを感じました。もう少し適温が下のクラスを買えば良かったと後悔。外気温10度切るとこの寝袋では車中泊は厳しいかも。それより気温が高いのなら全く問題なしです。175センチ68キロの体格でもゆったりです。

購入商品:バロウバッグ#3
流石に足元の地面に接する面は寒いです。室温15度でもやはりこれだけでは寒くていられませんでした。電気アンカ使用でしたがもうちょっと暖かいかと期待しましたが残念です。

寝袋シュラフの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、寝袋シュラフのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

モンベル寝袋シュラフでアウトドアをもっと快適に

人気アウトドアブランド・モンベルのシュラフをご紹介しましたが、自分のキャンプスタイルに最適なシュラフは見つかりましたか?目的や用途により、選ぶべきシュラフは異なります。特に、夏冬関係なく冷え込む登山の場合、シュラフは快適に眠るために欠かせないアイテムです。ただし、快適さだけでなく命にも関係してくるので、寒い時期のアウトドアを思いっきり楽しむためにも最適な1枚を選んでください。

この記事の商品一覧

モンベル(mont-bell) 寝袋 ファミリーバッグ#7

モンベル(mont-bell) 寝袋 ファミリーバッグ#7

¥8,510 税込

モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ #3

モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ #3

¥21,213 税込

モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ

モンベル(mont-bell) 寝袋 バロウバッグ

¥24,900 税込

モンベル アルパインダウンハガー

モンベル アルパインダウンハガー

¥56,413 税込

モンベル(mont-bell) 寝袋バロウバッグ #3

モンベル(mont-bell) 寝袋バロウバッグ #3

¥22,109 税込

モンベル(mont-bell) 寝袋アルパイン バロウバッグ #7

モンベル(mont-bell) 寝袋アルパイン バロウバッグ #7

¥23,497 税込

montbell(モンベル) ホロースリーピングバッグ

montbell(モンベル) ホロースリーピングバッグ

¥9,400 税込

モンベル(mont-bell) 寝袋バロウバッグ #3

モンベル(mont-bell) 寝袋バロウバッグ #3

¥21,213 税込

モンベル(mont-bell)寝袋 シームレスダウンハガー900#3

モンベル(mont-bell)寝袋 シームレスダウンハガー900#3

¥86,000 税込

モンベル(mont-bell) 寝袋ダウンハガー800#3

モンベル(mont-bell) 寝袋ダウンハガー800#3

¥59,177 税込

イスカ ウェザーテック シュラフカバー

イスカ ウェザーテック シュラフカバー

¥12,100 税込

おすすめの記事

シリコンボトルのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリット、カビ対策なども紹介
コンパクトに折りたたむことも可能なシリコンボトルは、アウトドアシーンはもちろん、日常の外出シーンでも活躍してくれる便利なアイテムです。シリコンボトルといっても、様々なタイプがあるので、自分にベストなア...
キッチン用品 71view
【ニトリ・無印】しゃもじのおすすめ人気ランキング10選!しゃもじスタンダ・ホルダーのおすすめも紹介
しゃもじは、ご飯を適量盛ることができておすすめです。しゃもじは、ごはんがくっつきにくい加工がされている物もあり、便利に使えるからです。とはいっても数多くあるしゃもじから選ぶのは大変ですよね。そこで今回...
キッチン用品 51view
ニトリがコスパ最強!洗面器のおすすめ人気ランキング10選!折りたたみ式やマグネット式なども
洗面器は、お風呂場で使うことができておすすめです。洗面器は、お風呂でお湯をくんで洗い流すのに使うことができるからです。とはいっても数多くある洗面器から選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある洗面器...
生活雑貨・日用品 42view
【無印・ニトリ】木べらのおすすめ人気ランキング10選!黒カビの除去・お手入れ方法なども紹介
木べらは、便利な調理器具として人気です。木べらは、木目が美しく、鍋やフライパンをキズつけずに調理することができるからです。とはいっても数多くある木べらから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある木...
キッチン用品 47view
【ニトリ・無印・100均】油引きのおすすめ人気ランキング10選!洗い方や代用品なども紹介
たこ焼きやお好み焼きなどの鉄板焼き料理の際に活躍するのが油引きです。油を鉄板になじませるためのツールです。油引きはハケの材質や形状・サイズなどで、商品によってさまざまに存在します。そこで今回は、おすす...
キッチン用品 84view
【ニトリ・カインズ】すだれカーテンのおすすめ人気ランキング10選!屋外・室内で取り付けられるものなど
昔から日本の風土に馴染んできたのが「すだれ」です。遮光・遮熱に効果があり、設置の際の工事の手間も必要ありません。夏場は手軽に涼しさを確保できます。ただし目の粗さや素材などに異なりもあり、最適なものを選...
インテリア・家具 81view
【ニトリ】湯呑みのおすすめ人気ランキング10選!プレゼントにも最適なおしゃれなものなど
お茶を楽しむときに利用する湯呑み。湯呑みには、日本古来の陶器や磁器から現代風なデザインの商品などさまざまあります。ここでは、湯呑みにフォーカスを置いて湯呑みの魅力や選び方、人気ランキングでみんながおす...
キッチン用品 60view
【無印・ニトリ・ダイソー】茶こしのおすすめ人気ランキング10選!紅茶・緑茶・コーヒーなどに最適
茶こしは茶葉を入れてお茶を楽しむために必要な道具。茶こしなんてどれも同じと思っていませんか?見た目は同じように見える茶こしにも、素材や機能、デザインなどさまざまな種類があります。ここでは、茶こしの使い...
キッチン用品 47view
【ニトリ・無印・100均】急須のおすすめ人気ランキング10選!北欧風やモダンでおしゃれなものなど
寒い季節になると温かい日本茶が美味しく感じますよね。美味しい日本茶を飲むのに必要な「急須」ですが、急須は日本茶を入れるだけでなく紅茶やハーブティーなどさまざまな飲み物をたしなむときに利用できます。ここ...
キッチン用品 250view
【サーモス・100均】水筒ケースのおすすめ人気ランキング10選!大人用のおしゃれなものなど
職場でも冷たい飲み物や暖かい飲み物がすぐに飲める便利な水筒を持参する人も少なくありませんね。水筒そのままでは傷がついてしまったり、保温保冷効果が長持ちしないなどの悩みを解決するには、水筒ケースがおすす...
キッチン用品 115view