2022年01月31日更新

【パナソニック・ナクスル】生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリットなども紹介

生ゴミ処理機は、生ごみを減らすことができておすすめです。生ゴミ処理機は、熱風を当てて乾燥させたり微生物の力を利用して分解することができるからです。とはいっても数多くある生ゴミ処理機から選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある生ゴミ処理機を紹介します。ぜひ、お気に入りの生ゴミ処理機を見つけてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

生ゴミ処理機とは?


生ゴミ処理機とは、生ごみを少なくすることができる機械です。熱風を当てて乾燥させたり、微生物の力で分解することができます。そのため、生ごみの嫌なニオイや虫の発生を防ぐことができるでしょう。手で触れることができるほど、パリパリに乾燥できます。そのまま捨てたり、植物や花の肥料としても役立つでしょう。毎日増えていく生ごみをコンパクトにまとめることができる点でも、生ゴミ処理機はあると便利です。最近では色んな種類があり、用途に合わせて選べます。

生ゴミ処理機のメリットとデメリットは?

生ゴミ処理機のメリットは?

生ゴミ処理機のメリットは、何といってもゴミの量を減らすことができる点です。余分な水分を取り除くことができ、微生物の力で分解することで、結果的に容量を減らすことができます。また、三角コーナーや排水溝に溜まった生ゴミは水分を含んでいることで、雑菌が増えてしまうでしょう。ニオイの素になるため、乾燥させることでニオイを防ぐことができます。そして、生ゴミをすぐに処理可能です。ごみの日まで溜めておかなければいけないのに対して、生ゴミ処理機であれば曜日を気にすることなくすぐに処理ができます。

生ゴミ処理機のデメリットは?

生ゴミ処理機のデメリットは、コストや電気代がかかることです。乾燥式タイプはとくに電気代がかかり、バイオ式は消費電力は少なめですが、24時間稼働するのでトータルの電気代は乾燥式を上回る場合もあります。電気代をできるだけ抑えたいというのであれば、ハイブリット式でしょう。初期費用は高くても、ランニングコストなどトータル的に考えると、安く済むかもしれません。生ゴミの水をよく切ってから使用することで、稼働時間・電気代を節約できます。

生ゴミ処理機の使い方は?

生ゴミ処理機の使い方は、とても簡単です。生ゴミを入れて、フタをするだけで処理ができます。生ゴミを熱風により乾燥処理をし、約7分の1に減容します。大体の処理時間は2時間ほどですが、投入量や水分量によって違ってくるので、注意しましょう。処理した後の乾燥した生ゴミは、毎日取り出す必要はなく、平均的な4人世帯で1週間から10日に一度取り出し、土に埋めるか燃えるゴミに出してください。燃えるゴミの量は減りますし、土に埋めるとよりゴミ出しがラクです。

生ゴミ処理機は助成金が出る?

生ゴミ処理機は、助成金が出る地域もあります。家庭から出る生ゴミの堆肥化や減量化の促進のため、生ごみ処理機器を購入された方に対して、補助金が交付されるようです。たとえば、生ごみ処理容器式に対して、購入費の2分の1相当が補助されます。1世帯において2器までです。上限は1器当たり5千円になります。家庭用生ゴミ処理機購入費補助金制度は、地域によって異なるので、住んでいる地域を確認してみましょう。各地域のHPなどをチェックしてみてください。

生ゴミ処理機の選び方

処理方式で選ぶ


生ゴミ処理機の選び方1つ目は、処理方式で選ぶことです。乾燥式・コンポスト式・ハイブリッド式・粉砕式の4種類に分かれます。家の中で手軽に使いたいのであれば、コンパクトでリーズナブルな乾燥式がよいでしょう。シンクの三角コーナーの生ゴミを放置する心配がありません。ゴミを肥料として使いたいのであれば、コンポストがおすすめです。庭で家庭菜園をしている人にぴったりでしょう。そして、ゴミの分別・手入れがしやすいのが粉砕式になります。生ごみを水と一緒に流し入れるだけで、シンクの下でニオイがほとんど出ない状態に処理されるのが特徴です。

容量で選ぶ


生ゴミ処理機の選び方2つ目は、容量で選ぶことです。1人が1日に出すゴミの目安は、約300gから400gとされています。そのため、一人暮らしの人が生ゴミ処理機を使うのであれば、1kgほどの処理容量タイプがよいでしょう。また、設置スペースがあまりない場合も、容量が少ないタイプで探します。家族の人数が多いときは、それだけ出すゴミの量も増えるので、本体サイズも大きいタイプがよいでしょう。出すゴミの量で、生ゴミ処理機の容量サイズを決めてください。

多くの食材に対応している商品で選ぶ


生ゴミ処理機の選び方3つ目は、多くの食材に対応している商品で選ぶことです。便利な生ゴミ処理機といっても、全てのゴミに対応しているわけではありません。たとえば、甲殻類・卵の殻はNGのときもあります。そして、大きめのゴミは前もって細かくしておかなければいけないケースもあるでしょう。色んなゴミを処理したいのであれば、余計な手間がかからないように、できるだけ多くの食材に対応している商品で探してみてください。

生ゴミ処理機のおすすめブランド・メーカーは?

ナクスル(NAXLU)


生ゴミ処理機のおすすめブランド・メーカー1つ目は、ナクスル(NAXLU)です。世界5か国で販売されており、累計流通台数15万台を突破しています。価格は10万円以上と高価ですが、簡単に処理できて脱臭力にも優れている点でおすすめです。また、省エネ設計や消音設計なども特化しています。保証においても万全で、28日間返金保証があり、1年間無償修理保証もあり、人気です。気になるニオイにおいても、99.84%除去できるのも魅力的でしょう。

パナソニック(Panasonic)


生ゴミ処理機のおすすめブランド・メーカー2つ目は、パナソニック(Panasonic)です。130度の温風で乾燥・除菌をして生ゴミを処理します。独自のスパイラル方式を採用していることで、脱臭能力が高いのが特徴です。コンパクトなボディは、キッチンの限られたスペースでも問題なく使えるでしょう。コンパクトな生ゴミ処理機を探している人は、パナソニック製で検討してみてください。乾燥した生ゴミは、有機肥料としても使えて便利です。

島産業


生ゴミ処理機のおすすめブランド・メーカー3つ目は、島産業です。リサイクル設備やゴミ処理施設として有名な企業が開発した生ゴミ処理機として注目されています。乾燥式タイプで、生ゴミを温風乾燥させて、1か月以上腐敗の進行を抑えることができるのが魅力的でしょう。生ゴミによるコバエやニオイに困っている人は、ぜひ、島産業の生ゴミ処理機を検討してみてください。ホワイトとピンクのツートンカラーがとてもキュートで、キッチンに置いておいても違和感なく、おしゃれです。

生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング10選

ここからは生ゴミ処理機のおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りの生ゴミ処理機を見つけてみてくださいね!

第10位:サンコープラスチック 生ゴミ処理機 EMワーカー


生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング第10位は、サンコープラスチック 生ゴミ処理機 EMワーカーです。価格が安くて、初めて生ごみ処理機を購入したいと思っている人に最適でしょう。使い方は、容器の中に生ゴミをセットして、EMボカシという処理剤を入れるだけなのにとても簡単です。夏場で約10日から15日、冬場で約15日から20日の短期間で生ゴミを分解・減量します。良質な堆肥・有機肥料が作れるため、畑作業をしている人におすすめです。

第9位:リブウェル(Livewell) 家庭用 生ごみ処理器


生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング第9位は、リブウェル(Livewell) 家庭用 生ごみ処理器です。カラーバリエーションは3色から選ぶことができ、おしゃれで1人暮らしの家に置きやすいのが魅力的でしょう。大きなハンドルと柔らかいフタで操作がしやすい・持ち運びがしやすいのもポイントと言えます。価格も3千円以内と低コストで、初めて生ごみ処理機を購入したいと思っている人に最適なアイテムです。プレゼント用としても重宝すること間違いありません。

第8位:エコ・クリーン 家庭用生ゴミ処理器 ル・カエル 基本セット


生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング第8位は、エコ・クリーン 家庭用生ゴミ処理器 ル・カエル 基本セットです。生ゴミにチップ材を入れて分解するコンポストタイプになります。見た目も可愛くて、匂わないのでキッチンやベランダに置いても問題はありません。1日に400gまでの生ゴミを毎日投入しても分解されて有機肥料となります。できるだけ生ゴミの量を減らしたいと思っている人にぴったりのアイテムと言えるでしょう。

第7位:日立(HITACHI) キッチンマジック ECO-V30-S


生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング第7位は、日立(HITACHI) キッチンマジック ECO-V30-Sです。屋内でも屋外でも使うことができます。また、3人家族の1日分の生ゴミを、約85分の速さ処理可能です。乾燥式スタイルで、有機肥料にリサイクルできるのも、魅力ポイントと言えるでしょう。脱臭率99%の強力脱臭なので、処理後のニオイが気になるという人にもぴったりのアイテムです。一見すると、生ゴミ処理機という印象を与えません。

第6位:Skaza バイオ式 室内用コンポスト


生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング第6位は、Skaza バイオ式 室内用コンポストです。電気が不要でエコになるのが魅力ポイントと言えます。ナチュラルカラーで、キッチンに置いても違和感がなく、インテリア感もあって便利です。また、シンプルな形状になっていることで、掃除がしやすくていつでもキレイな状態を保てるでしょう。一見して、生ゴミ処理機とは思わないので、急な来客のときでも慌てません。2個セットでお得に購入できます。

第5位:モダニティフードサイクラーFC-30


生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング第5位は、モダニティフードサイクラーFC-30です。温風に加えて冷却機能なども搭載されており、生ゴミをほどよく砕いて堆肥にしやすいのも魅力ポイントと言えるでしょう。最大2リットルまで本体に生ゴミを溜めることができます。キューブスタイルは、隙間スペースを利用可能です。また、ブラックカラーはスタイリッシュで、キッチンに置いておいてもインテリアとして重宝します。価格はやや高めですが、おしゃれ感と機能性があり、おすすめです。

第4位:島産業パリパリキューブ ライト アルファ PCL-33


生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング第4位は、島産業パリパリキューブ ライト アルファ PCL-33です。リーズナブルな価格と、おしゃれなデザインが人気の理由でしょう。キッチンに置いていても違和感がなく、おしゃれに演出してくれます。それでいて、機能性においても申し分がないと口コミなどでも人気です。乾燥力はややソフトなものの、乾燥しすぎないパワーが、焼けた魚のニオイが少なく、ニオイに敏感な人にぴったりのアイテムと言えます。

第3位:島産業パリパリキューPPC-11-BK


生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング第3位は、島産業パリパリキューPPC-11-BKです。ゴミ処理場設備の開発を手掛けている島産業が開発した商品として注目されています。コンパクトサイズで、キッチンのテーブルの上に置いて使える手軽さが人気の理由でしょう。水切りネットに生ゴミを入れて本体にセットし、ボタンを押すだけの簡単な使い方なので、初めての人にもおすすめです。下処理も必要ありません。フライドチキンの骨やつまようじを入れたままでも大丈夫です。

第2位:DENZEN家庭用生ごみ処理機 ナクスル


生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング第2位は、DENZEN家庭用生ごみ処理機 ナクスルです。生ゴミと微生物を含んだ処理剤を混ぜることで、素早く処理ができます。ホワイトカラーは清潔感があり、汚れてもこまめにサッと拭くと、いつでもキレイな状態に保てるでしょう。生ゴミのニオイが気になるという人にぴったりです。ただし、大容量タイプなので、キッチンに置くと狭くなってしまうかもしれません。ある程度のスペースを確保できる家庭向きと言えます。

第1位:パナソニック MS-N53XD


生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング第1位は、パナソニック MS-N53XDです。総合家電メーカーとして人気が高いパナソニックから発売されている商品になります。縦長のスレンダーなボディは、狭いキッチンでもスッキリと設置でき、まるでゴミ箱のような見た目です。また、気になるニオイも少ないということで、注目されています。価格ややや高めですが、ニオイ除去に特化している機能性を考えると、割安でしょう。シルバーカラーもスタイリッシュで、おしゃれです。

生ゴミ処理機の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、生ゴミ処理機のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

生ゴミ処理機で暮らしをもっと快適に

いかがですか。生ゴミ処理機は、家庭用ゴミを手軽に処理できておすすめです。生ゴミ処理機があると、大量の生ゴミを少なくすることができるでしょう。生ゴミの量を減らしたい人は、ぜひ、お気に入りの生ゴミ処理機を見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事の商品一覧

DENZEN家庭用生ごみ処理機 ナクスル
DENZEN家庭用生ごみ処理機 ナクスル
パナソニック MS-N53XD
パナソニック MS-N53XD
島産業パリパリキューPPC-11-BK
島産業パリパリキューPPC-11-BK
サンコープラスチック 生ゴミ処理機 EMワーカー
サンコープラスチック 生ゴミ処理機 EMワーカー
リブウェル(Livewell) 家庭用 生ごみ処理器
リブウェル(Livewell) 家庭用 生ごみ処理器
エコ・クリーン 家庭用生ゴミ処理器 ル・カエル 基本セット
エコ・クリーン 家庭用生ゴミ処理器 ル・カエル 基本セット
日立(HITACHI) キッチンマジック ECO-V30-S
日立(HITACHI) キッチンマジック ECO-V30-S
Skaza バイオ式 室内用コンポスト
Skaza バイオ式 室内用コンポスト
モダニティフードサイクラーFC-30
モダニティフードサイクラーFC-30
島産業パリパリキューブ ライト アルファ PCL-33
島産業パリパリキューブ ライト アルファ PCL-33
島産業パリパリキューPPC-11-BK
島産業パリパリキューPPC-11-BK
DENZEN家庭用生ごみ処理機 ナクスル
DENZEN家庭用生ごみ処理機 ナクスル
パナソニック MS-N53XD
パナソニック MS-N53XD
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

【ニトリ・カインズ・タケヤ】保存容器「フレッシュロック」を徹底解説!メリットやデメリットなども紹介
フレッシュロックは、使い勝手がよいおすすめの密封容器です。フレッシュロックは、縦からも横からも中身を確認できるからです。とはいっても数多くあるフレッシュロックから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気...
キッチン用品
【無印・サンリオ・100均】トレカケースのおすすめ人気ランキング10選!大容量タイプや持ち運びが便利なものなど
トレカケースは、トレーディングカードの収納におすすめのアイテムです。トレカケースは、トレーディングカードを1枚ずつ収納することができるからです。とはいっても数多くあるトレカケースから選ぶのは大変ですよ...
インテリア・家具
【無印・ニトリ・フランフラン】充電式カイロのおすすめ人気ランキング10選!危険性なども合わせて紹介
充電式カイロは、使い勝手がよいのがおすすめポイントです。充電式カイロは、何度も繰り返し使えるからです。とはいっても数多くある充電式カイロから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある充電式カイロを紹...
家電
【ニトリ・IKEA・無印】姿見のおすすめ人気ランキング10選!壁掛けやおしゃれなものなど
毎日の身だしなみの確認やボディラインの確認など、頭のてっぺんから足の先まで全身を映し出せる姿見は、玄関やクローゼットルームや脱衣所など、あると便利なインテリア家具です。また、姿見を部屋に置くだけで、広...
インテリア・家具
【ニトリ・IKEA】扉付き本棚のおすすめ人気ランキング10選!大容量で安いものなども紹介
蓋付きの本棚は、中身が見えない蓋がデザインされているから乱雑に並んだ本が見えることなくインテリアに馴染んで利用できるインテリう家具です。せっかくお洒落にまとめた部屋なのに、高さの違うさまざまな本が見え...
インテリア・家具
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング