2022年02月17日更新

【西松屋・ニトリ・IKEA】ベビーゲートのおすすめ人気ランキング10選!置くだけタイプや階段上の突っ張りタイプなど

ハイハイやつかまり立ちなどをして家の中を動く機会が多くなる赤ちゃんが危ない場所へ入らないように常に見張るのは大変です。ベビーゲートを使うことで入ってほしくない場所などへの移動を防ぐことができますよ。固定式や突っ張り棒式など設置タイプが様々で、初めての製品選びだとどのような物が安全に使用できるかわからないですよね。今回はおすすめのベビーゲートをご紹介しますので製品選びの参考にしてみてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

ベビーゲートの魅力とは?


ベビーゲートは赤ちゃんに入ってほしくない場所への侵入を防ぐのと同時に、赤ちゃんのケガや事故を防止ができるというのが最大の魅力と言えるでしょう。大人にとって何ということもないものが、赤ちゃんにとってはとても危険なものであるというものも多くありますので、安全が確保されたスペースに赤ちゃんがいれば余計な気を張らずに家事などに専念ができますよ。お部屋の形状にあわせて設置型タイプを選ぶことで、比較的自由にベビーゲートは設置ができるので。設置タイプの特徴をまず確認するようにしましょう。

ベビーゲートはいつまで使う?

ベビーゲートを撤去するタイミングは早くて1歳前後、平均的に見ても1~2歳の間で撤去をしているケースが多いようです。まだ力のない赤ちゃんならベビーゲートが通用しますが、力がついてきたりすると自分で開けたりゲートを登るなどをして突破してしまうということもありそこで使用を終了したということや、ある程度「これはだめ」ということの理解ができてきたということでベビーゲートを終了したなど理由は様々です。もう大丈夫かな、と思ったら思い切ってゲートを撤去し、お子様に危ない場所ややってはいけないことを教えていくのも良いでしょう。

ベビーゲートの種類は?

自立式のベビーゲート


自立式のベビーゲートはその名前のとおり、固定する道具などを使わず床に置くだけの衝立のようなタイプの製品です。突っ張り棒や固定式の場合には設置するための壁が必要になってきますが、固定する壁がないような場所に設置する場合に自立式のタイプは有効です。どのような場所にも置けるので、赤ちゃんの手に触れてほしくないものの前に設置するといった用途にも有効です。使わないときや掃除のときには撤去して移動させるのも簡単ですよ。

固定式のベビーゲート


固定式のタイプは柱や壁などにネジで固定をして固定をするタイプです。壁に穴を開けてしまうのがデメリットではありますが、ぐらつくことなく頑丈に固定ができるタイプのものなので階段前に設置するベビーゲートなどに特に有効な設置タイプです。設置する壁や柱は中が空洞になっているとうまく取り付けができないので、事前に設置ができるかどうかを確認しておくようにしましょう。

突っ張り式のベビーゲート


突っ張り棒式のベビーゲートは壁や柱を傷つけることなく、ポールを使ってつっぱらせて固定をするタイプのものです。使用できる壁の範囲なども製品によって大きく異なりますので設置したい場所の幅に有効なサイズかを購入前に確認をしておくことが大切です。デメリットとしては凹凸のある場所ではポールが不安定になり設置ができないということですので、平でしっかりと固定ができる場所を選んで設置をするようにしましょう。比較的設置の自由度が高いのが魅力的な製品です。

ベビーゲートの選び方

設置タイプで選ぶ

前述したように、ベビーゲートには自立型、固定型、突っ張り棒型と3つの種類に大きく分けることができます。それぞれの形式に有効な場所などがありますので、使用したい場所に合わせて適した設置タイプのベビーゲートを選ぶようにしましょう。赤ちゃんの侵入を防ぐ以外にも安全に使用できるかどうかはどの場所にどのような設置タイプのベビーゲートを使用するかでも大きく変わってきますよ。

ベビーゲートのサイズで選ぶ

ベビーゲートを設置する際には設置したい場所へ問題なく置くことができる幅であるかも確認をすると良いでしょう。製品によっては一定範囲で幅の調整ができるようになっているものもありますので、欲しいベビーゲートがちゃんと適した幅かどうかを必ず確認するようにしましょう。併せて高さの確認も忘れずに行うと良いでしょう。高さが足りないと赤ちゃんが乗り越えてしまう場合もあり、せっかくのベビーゲートの役割を果たすことができなくなってしまいますよ。

扉などの形状で選ぶ

ベビーゲートは製品ごとに扉のタイプが異なります扉開閉式タイプのものは大人が通過する時だけ開けて使用することができるタイプのものです。外側、内側どちらの方向でも開けられるタイプは移動の際に邪魔になりにくくなるので便利ですよ。また、使用しないときには巻き取って収納しておくことができるロール式タイプの製品もおすすめです。収納時は殆ど場所も取りませんし、設置場所も比較的に自由度が高く、様々な場所に設置ができるのが魅力的な製品です。また、扉の閉め忘れが心配という場合には扉のないスクリーンタイプがおすすめです。ゲートを通過するときはまたいで移動するようになりますが、常に張りっぱなしでOKですし、柔らかいメッシュなので赤ちゃんが怪我をする心配も殆どありませんよ。

ベビーゲートのおすすめブランド・メーカーは?

西松屋のベビーゲート


西松屋では様々な設置タイプやサイズのベビーゲートが豊富に揃っています。突っ張り棒タイプの製品は両開きタイプのもので安全ストッパーも付けられているなどの使いやすさを重視して作られている製品もあります。扉のないメッシュ地タイプのベビーゲートならうっかり締め忘れを防止したり、柔らかくケガの心配も少なくなるので安心して使えますよ。様々な種類の製品を見比べたい場合には西松屋の製品がおすすめです。

ニトリのベビーゲート


ニトリでは突っ張り棒氏タイプの侵入防止ゲートが販売されています。赤ちゃんの侵入を防ぐのはもちろん、ペットの脱走などを防止する用途でも使えるなど使用できる幅が広いのも魅力的な製品と言えるでしょう。両開きタイプでオートクローズ機能好きなので両手がふさがっていてもスムーズに開け閉めができるのが特徴です。価格も安めなのでコスト面や使い勝手を重視したい方にニトリの製品はおすすめです。

IKEAのベビーゲート

IKEAでは以前は突っ張り棒式タイプのベビーゲートの販売がされていましたが、現在は残念ながら販売が終了しているようです。公式サイトを検索しても同様の製品は見つからず、現状は入手はほぼ不可能のようです。ベビーゲートをお探しの方はIKEA以外のメーカーのものをチェックしてみると良いでしょう。

ベビーゲートのおすすめ人気ランキング5選【自立式】

ここからはベビーゲートのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのベビーゲートを見つけてみてくださいね!

第5位:日本育児 ベビーゲート キッズパーテーション

日本育児 ベビーゲート キッズパーテーション
日本育児 ベビーゲート キッズパーテーション

カラフルな色合いが特徴的なポリプロピレン製の置くだけのタイプのベビーゲートです。置くだけタイプですので設置も簡単ですし、角度も自由に調整ができるのでお部屋の形状などに合わせて設置が可能です。お子様が触ったりしても滑り止めの素材が付けられていたり、簡単に開けられないように2重ロックになっているため安全面でも配慮がされています。パネルの枚数は1枚から自由に組めるので幅の調整も柔軟に行なえます。

第4位:日本育児 おくだけドアーズ Woody-Plus Sサイズ

日本育児 おくだけドアーズ Woody-Plus Sサイズ
日本育児 おくだけドアーズ Woody-Plus Sサイズ

木製の素材で作られた両開きができる置くだけタイプのベビーゲートです。ドアの左右部分のパーツは自由に角度の調節ができるのでお部屋の形状に併せて変形ができるようになっています。ドアに付けられているロックはボタンを押しながら開けるタイプですのでお子様は簡単に開けられず大人の方は片手でもスムーズに開けることができます。お子様が触ったりしても倒れにくくしてくれる補助用のプレートも付いていますので安全面でも安心です。

第3位:日本育児 おくだけとおせんぼ スマートワイド Woody

日本育児 おくだけとおせんぼ スマートワイド Woody
日本育児 おくだけとおせんぼ スマートワイド Woody

木製で作られた素材の設置をして通せんぼをするバリケードタイプのベビーゲートです。テレビの前やベランダなどお子様が行ってほしくない場所の前に設置して使うのが理想的な製品です。パネルは1枚ずつ取り外しが可能なので場所の幅に合わせて調整が可能ですし、お部屋の形状に合わせて角度調整も行えるようになっています。お子様がゲートに触ったり押したりしても転倒しないように専用の安全プレートも付けられています。

第2位:日本育児 ベビーゲート おくだけとおせんぼ スマートワイド

日本育児 ベビーゲート おくだけとおせんぼ スマートワイド
日本育児 ベビーゲート おくだけとおせんぼ スマートワイド

木製やポリプロピレン製と違い、メッシュタイプの柔らかい弾力性のある素材で作られたバリケードタイプのベビーゲートです。柔らかい素材なのでお子様がぶつかってもケガをする心配が殆どなく、お子様の体重で倒れないように考えられた専用プレートも付けられているので安全面にも配慮されているのが特徴の製品です。パネル1枚ずつ自由な場所で折って角度調整ができるようになっています。使用しない時は折りたたんでコンパクトに収納しておくことができます。

第1位:日本育児 おくだけとおせんぼ おくトビラ Sサイズ

日本育児 おくだけとおせんぼ おくトビラ Sサイズ
日本育児 おくだけとおせんぼ おくトビラ Sサイズ

メッシュ製の素材でできた扉が付けられたタイプのベビーゲートです。パネル部分にはクッション性の高い素材を使用しているので、お子様がベビーゲートにぶつかってもケガをする心配が殆どありません。パネルの繋ぎ目部分から折り曲げることができるのでお部屋の形状に合わせて自由に変形させて設置ができます。どちらの方向にも開くことができる扉は90度以上の角度に開くと開いた状態をキープしておくことができます。転倒防止のための安全パネル付きです。

ベビーゲートのおすすめ人気ランキング5選【固定式】

第5位:wellz ベビーゲート


メッシュタイプの柔らかい素材で作られたベビーゲートなので、赤ちゃんがぶつかってもケガをしにくいのが特徴の製品です。本体なネジで壁に取り付ける形式の巻取り式のタイプなので使用しない時は殆ど場所を取らないのでお掃除のときにも邪魔になりにくいのが特徴の製品です。設置方向は自由に決めることができるようになっています。ポールの上部にはロックボタンが付いているので、お子様が触ってもゲートが開いてしまうというトラブルを防ぐことができます。

第4位:ベビーダン ベビーゲート ガードミー


垣根のような形状になっているビスで固定をするタイプのベビーゲートです。ゲートは斜め方向への設置を始め、自由に角度を決めて設置ができるので場所を限定することなく設置ができるのが魅力的な製品です。大人なら片手で簡単に開け閉めができるように作られていますので、ロックも頑丈に作られています。簡単に開けることができないので階段前に設置をするベビーゲートとしてもおすすめの製品です。デザインもおしゃれなのでお部屋の雰囲気を崩しません。

第3位:ラスカル キディガード


巻取り式のロールスクリーンタイプのベビーゲートですので、使用しない時は邪魔になりにくいのが特徴の製品です。ベビーゲートの本体は壁にビスで固定をするタイプなのでぐらつくこともなく、しっかりとロックをすればお子様の力では倒れることもないので階段前の設置にもおすすめできる製品です。ゲートのロックは本体の上部にあるスイッチを切り替えることで固定ができるようになっていますのでお子様には簡単に開けることができません。

第2位:リッチェル ママらくソフトゲートRS


柔らかいメッシュ状の素材で作られたバリケードタイプのベビーゲートです。壁に取り付けた固定パーツにゲートに通したポールを固定するだけの簡単設置で着けることができるようになっています。高さはお子様が乗り越えられないようになっていますが大人ならまたいで通ることも出液るのでいちいち開け締めをする必要もありませんよ。ゲートに付けられているベルトやボタンを調整することでゲートのたるみを防ぐことができます。

第1位:日本育児 ベビーゲート スルする~とゲイト

日本育児 ベビーゲート スルする~とゲイ
日本育児 ベビーゲート スルする~とゲイ

巻取り式の収納方法を採用しているメッシュスクリーンタイプのベビーゲートです。本体の固定はネジで行うようになっていますので、頑丈でずれることもないので転倒の心配もほとんどありません。ゲートのロックは二重タイプなのでお子様には開けにくく、大人は片手で簡単に行うことができるのが特徴の製品です。本体部分には敷居がないバリアフリータイプなので移動の際に躓くこともなく安全に使用することができます。

ベビーゲートのおすすめ人気ランキング5選【突っ張り式】

第5位:OlarHike ベビーゲート オートクローズ機能付き

OlarHike ベビーゲート オートクローズ機能付き
OlarHike ベビーゲート オートクローズ機能付き

壁に孔を開けることなく設置をすることができる突っ張り棒タイプのベビーゲートです。頑丈な素材で作られているゲートなのでお子様の力で突破される心配もなく、ロックはゲートの上部に取り付けられているためいたずら防止にも繋がります。ドアにはオートクローズ機能付きになっており、90度未満の角度でドアを開くと自動で閉じて90度以上の角度で開くと開いた状態をキープできるようになっています。設置が簡単で頑丈さが魅力的な製品です。

第4位:グリーンライフ ベビーゲート


取り付け幅69cmから90cmの間で設置ができるように作られている突っ張り棒タイプのベビーゲートです。しっかりとした素材で作られているので、お子様に突破されにくいのが特徴的な製品です。ただし、安全性のために階段の上部に設置するのは転倒の危険があるので絶対に使用しないようにしましょう。ドアは前後どちらでも開けることができるようになっており、オートクローズ式の構造になっているので、移動も楽に行うことができます。

第3位:カトージ ベビーゲート 追加フレーム2個付き

カトージ ベビーゲート 追加フレーム2個付き
カトージ ベビーゲート 追加フレーム2個付き

ポリプロピレン製の軽くて丈夫な素材で作られたタイプのベビーゲートですので持ち運びも簡単に行うことができます。お部屋の設置したい場所に合わせて調整がしやすい追加フレームも付けられているので比較的設置場所は自由に選ぶことができるのが特徴の製品です。ドアのロックは扉の上部につけられており、お子様では簡単に開けられない構造になっているため突破もされにくいです。オートクローズ機能付きで、90度以上に開くと開放状態にすることができます。

第2位:タンスのゲン 木製ベビーゲート


木製の素材で作られた突っ張り棒での固定をするタイプのベビーゲートです。色合いも落ち着いた製品なのでお部屋の雰囲気にも馴染みやすいのが特徴の製品です。取付可能幅は約74cmから84cmまでに対応できるようになっています。ドアのロックは扉の上部に取り付けられており、スライドをするだけの操作なので大人なら片手で簡単に解除することができます。オートクローズ機能付きになっており、90度以上の角度に開けると開放したままにすることができます。

第1位:タンスのゲン ベビーゲート 拡張フレーム付き

タンスのゲン ベビーゲート 拡張フレーム付き
タンスのゲン ベビーゲート 拡張フレーム付き

突っ張り棒タイプのベビーゲートで、頑丈な素材で作られているのでお子様にも突破されにくいのが特徴の製品です。付属の拡張パーツも使用できるので、対応できる幅が大きく、設置の自由度は高くなっています。ドアのロックは上段と下段の2箇所につけられており、大人の方なら簡単に開けることができるように設計されています。オートクローズタイプのドアになっており90度以上の角度に開けば開放状態にすることもできます。

ベビーゲートの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ベビーゲートのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ベビーゲートで暮らしをもっと快適に

いかがでしたか。ベビーゲートはお子様が危ない場所に移動しないようにガードをしたい場合に設置することで安心して家事などを行うことができるようになる製品です。置くだけのものや突っ張り棒タイプなど設置方法は様々なので使用する用途に合わせて使いやすいものを選びましょう。ロックの頑丈さもチェックしておくと良いでしょう。みなさんもこの記事を参考に、お気に入りのベビーゲートを探してみてくださいね。

この記事の商品一覧

スチール製 侵入防止ゲート

スチール製 侵入防止ゲート

¥7,980 税込

日本育児 ベビーゲート キッズパーテーション

日本育児 ベビーゲート キッズパーテーション

¥18,000 税込

日本育児 おくだけドアーズ Woody-Plus Sサイズ

日本育児 おくだけドアーズ Woody-Plus Sサイズ

¥12,300 税込

日本育児 おくだけとおせんぼ スマートワイド Woody

日本育児 おくだけとおせんぼ スマートワイド Woody

¥4,680 税込

日本育児 ベビーゲート おくだけとおせんぼ スマートワイド

日本育児 ベビーゲート おくだけとおせんぼ スマートワイド

¥18,900 税込

日本育児 おくだけとおせんぼ おくトビラ Sサイズ

日本育児 おくだけとおせんぼ おくトビラ Sサイズ

¥17,288 税込

wellz ベビーゲート

wellz ベビーゲート

¥9,553 税込

ベビーダン ベビーゲート ガードミー

ベビーダン ベビーゲート ガードミー

¥18,110 税込

ラスカル キディガード

ラスカル キディガード

¥16,406 税込

リッチェル ママらくソフトゲートRS

リッチェル ママらくソフトゲートRS

¥4,940 税込

日本育児 ベビーゲート スルする~とゲイ

日本育児 ベビーゲート スルする~とゲイ

¥11,100 税込

OlarHike ベビーゲート オートクローズ機能付き

OlarHike ベビーゲート オートクローズ機能付き

¥6,559 税込

グリーンライフ ベビーゲート

グリーンライフ ベビーゲート

¥3,679 税込

カトージ ベビーゲート 追加フレーム2個付き

カトージ ベビーゲート 追加フレーム2個付き

¥6,480 税込

タンスのゲン 木製ベビーゲート

タンスのゲン 木製ベビーゲート

¥6,800 税込

タンスのゲン ベビーゲート 拡張フレーム付き

タンスのゲン ベビーゲート 拡張フレーム付き

¥4,480 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

【アイリスオーヤマ・パナソニック・日立】紙パック式掃除機のおすすめ比較人気ランキング10選!コードレスタイプが軽くて便利
紙パック式掃除機ならゴミの処理が紙パックを捨てるだけで良いので簡単です。吸引力もサイクロン型より強いものが多く、ペットを飼っているなどで小さなゴミが出がちな人にもオススメです。今回はそのような紙パック...
家電 305view
カーポットのおすすめ人気ランキング10選!保温性が高く車中泊などに便利
カーポットは、車内で温かい飲み物やカップヌードルを食べるときなどに、簡単にお湯を沸かすことができる便利な商品です。ここでは、カーポットの魅力や選びからと合わせて人気商品をランキング形式でご紹介していき...
車・バイク 348view
【100均・ダイソー】骨抜きのおすすめ人気ランキング10選!ピンセットタイプやプライヤータイプなど
骨抜きは魚の処理をするために使うアイテムで、細かい骨や、血合いなどを抜き取る際に使います。しかし、骨抜きにはさまざまな種類があり、どんなものを選べば良いのかわからない人は少なくありません。そこで今回は...
キッチン用品 281view
車用ドリンクホルダーのおすすめ人気ランキング10選!保温保冷や後部座席で使えるものなども紹介
車用ドリンクホルダーは、純正で備わっているものもありますが、社外で購入して自分の好きな場所に設置すれば利用しやすくて便利なアイテムです。ここでは、車用ドリンクホルダーの魅力や選び方と合わせて、人気の車...
車・バイク 242view
【ワークマン・マキタ・カインズ】空調服のおすすめ人気ランキング10選!ベストとズボンに分けて紹介
空調服は作業着にファンがついている服のことで、別名「ファンジャケット」とも呼ばれています。暑い時期に重宝するアイテムですが、価格や性能がさまざまあり迷ってしまう人が少なくありません。そこで今回は人気の...
ファッション 377view

人気の記事