2022年06月13日更新

【無印・ニトリ・100均】シリコンの菜箸のおすすめ人気ランキング10選!油や揚げ物に強いものなども

料理をする際に必須とも言える菜箸は竹製のやステンレス製といった素材でできたものがありまますが、中にはシリコンでできた菜箸もあります。シリコン製の菜箸は滑りにくいなどのシリコンならではの特徴があり、使い勝手が良いため人気のある製品です。しかし様々な製品があるため何を基準に選ぶか迷ってしまうこともあるかもしれません。今回はおすすめのシリコンの菜箸をご紹介しますので、製品選びの参考にしてみてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

シリコンの菜箸の魅力とは?


シリコンの菜箸の最大の魅力は菜箸として使いやすい特徴が豊富にあるといった点でしょう。シリコンはゴムのような素材でできた樹脂製の素材であるため、物をつかんでも滑りにくいという特徴があります。シリコンの菜箸の場合滑りやすい麺類も落とすことなく掴めますし、手でしっかりと握ることができますので料理の効率が上がりますよ。他にも熱がダイレクトに菜箸に伝わりにくく、揚げ物など高温になる料理を作る際に手が熱くなるのを防ぐことができるという効果も期待できます。

シリコンの菜箸の選び方

種類で選ぶ


シリコン菜箸には複数のタイプの製品があります。ひとつは菜箸全体がシリコンでできているタイプの製品です。手に持つ部分もシリコンになっているとしっかりと握る事ができますので使用中に菜箸を滑らせて落とすことも少なくなります。ただし、オールシリコンタイプは中に芯が入っているので重くなりがちというデメリットもあります。少しでも軽い菜箸が使いたい場合には、先端部分のみがシリコンになっているものが軽くておすすめですよ。

長さで選ぶ


シリコンの菜箸に限らず、菜箸は長さの違うものが複数販売されています。この菜箸の長さは使い方に合わせて選ぶようにすると良いでしょう。揚げ物をするときは30cm以上のものを選ぶと手が熱く感じにくくなりますし、料理を盛り付けるときは短めの菜箸を選ぶといったように用途に合わせて長さを替えてみると使いやすくなりますよ。基本的に普段遣いする場合には30cmほどの長さのものがオールマイティーに使えて便利ですので、迷ったらまず30cmサイズの菜箸を選んでみましょう。

形状で選ぶ


シリコンの菜箸はスタンダードな箸の形状以外にも様々なものがありますので、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。トング型の菜箸は基本的な菜箸のように使えるのはもちろん、揚げ物や炒めものをする際に、調理後にそのままサッと料理を取り出せるのが魅力です。他には箸の反対側にスプーンがついているものもあります。例えば調味料を足したい時などにわざわざスプーンを用意しなくても菜箸ひとつで済みますので、手も汚れず洗い物も増えないというメリットがありますよ。

シリコンの菜箸のおすすめブランド・メーカーは?

無印のシリコンの菜箸


シンプルな雑貨や調理器具などが購入できる無印良品では、シリコンの菜箸の販売もされています。種類は30cmタイプの1種類のみですが、オールマイティーに使うことができるサイズとなっています。先端部分がシリコンになっており、中に芯を入れた製品であるため、少し重量を感じる作りになっていますが、揚げ物などもしっかりと挟んでスムーズに食材をつかむことができますよ。価格も500円以内で購入できる値段になっているので、シリコン菜箸のお試しとして使うのにもおすすめです。

ニトリのシリコンの菜箸


ニトリで販売されているシリコンの菜箸は、24cmと30cmの2種類の長さの製品が販売されています。全体がシリコンでできているタイプで食材をしっかりとつまむことができますし、手から菜箸を落とさずに掴みやすくなっているのが特徴の製品です。2つの長さを用意しておくだけで用途に合わせて菜箸を使い分けもできますので、とても便利ですよ。耐熱温度は260℃と高めなので、使用後に食洗機に入れて洗うこともできるようになっています。

100均のシリコンの菜箸


100円ショップでもシリコンの菜箸を購入することができます。先端部分がシリコンになっているタイプの製品がセリアやキャンドゥ、ダイソーなどから販売されており、ダイソーのシリコン菜箸は反対側がスプーンやフォークになっているものもあるようです。耐熱温度もしっかりとしている製品が多いため、使用後に食洗機などで洗うことも可能ですよ。100円という価格で気軽に購入できるので、初めてのシリコン菜箸を購入したい方にもおすすめです。

シリコンの菜箸のおすすめ人気ランキング10選

ここからはシリコンの菜箸のおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのシリコンの菜箸を見つけてみてくださいね!

第10位:岡部洋食器 cho-mono シリコン はしトング


トングとして使うこともできる形状をしているシリコン製の菜箸です。トング先端部分は凹凸のある形状をしているので、麺や滑りやすい食材をつかんでも落としにくくしっかりと掴むことができるようになっています。握るところにも滑りにくくする加工がされているため、つかみやすく使い勝手も良い製品と言えるでしょう。耐熱性の高いシリコン素材を使用しているため、油揚げなどの高温になる油を使用した調理にも安心して使うことができます。

第9位:和平フレイズ シリコーン菜箸

和平フレイズ シリコーン菜箸 パンツール 食洗器対応 RE-6738
和平フレイズ シリコーン菜箸 パンツール 食洗器対応 RE-6738

全体にシリコン素材を使用したタイプのシリコン製の菜箸です。菜箸の中央にはステンレス製素材の芯を入れているため、しっかりとしており通常の菜箸と同じように使うことができます。シリコン特有の柔らかな素材なので、フライパンなどの表面を傷つけることなく調理をすることができるのがメリットの製品です。耐熱温度は約200℃となっているので、揚げ物への利用も問題ありませんし食洗機へ入れて洗うこともできますよ。

第8位:OXO シリコン 菜箸


は自然体がシリコン素材でできているタイプのシリコン製の菜箸です。菜箸の中にはステンレス製の芯を入れてあるためしっかりとしており、菜箸として問題なく使用することができるようになっています。菜箸をひとまとめにしておくことができるホルダー付きなので、使用しないときはひとまとめにしておくことで箸がバラける心配もなくスッキリと収納が可能です。また、ホルダーは調理中には箸置きとして使うこともできますよ。

第7位:ヤクセル 菜箸 シリコン

ヤクセル MOTHER’S SELECTION シリコーン菜箸 パプリカレッド 40426
ヤクセル MOTHER’S SELECTION シリコーン菜箸 パプリカレッド 40426

箸の全体がシリコン製素材でできているタイプのシリコンの菜箸です。全体がシリコン素材ではありますが、中にステンレス製の芯を入れてあるので、通常の菜箸と同じようにしっかりと食材を掴んだりかき混ぜたりすることができますよ。サイズは少し短めのものになっているので、出来上がった料理を取り分けるといった用途で使いやすいサイズと言えるでしょう。耐熱温度も高い製品なので、お手入れの際に食洗機に入れることもできます。

第6位:サーモス シリコーン 菜ばし

サーモス シリコーン菜ばし ブラック キッチンツール KT-C001
サーモス シリコーン菜ばし ブラック キッチンツール KT-C001

サーモスから販売されている、先端部分のみがシリコン素材になっているタイプのシリコンの菜箸です。先端部分のみがシリコンになっている製品は、全体にステンレス心などを入れることなく菜箸として使えるので、比較的重量が軽いのがメリットと言えるでしょう。先端部分には凹凸がついているので、滑りやすい食材もしっかりと挟んで落とすことなくつかむことができますよ。耐熱性が高いので食洗機に入れて洗うこともできます。

第5位:大和物産 シリコン菜箸 プチスプーン&フォーク付

大和物産 シリコン菜箸 プチスプーン&フォーク付
大和物産 シリコン菜箸 プチスプーン&フォーク付

シリコン製の菜箸と一緒にプチサイズのスプーンとフォークがついているタイプの製品です。シリコン素材の菜箸部分で食材をしっかりとキャッシすることができるので、揚げ物などを行うのにもピッタリです。また、プチスプーンとフォーク部分を使うことで、調理の際に別途スプーンなどを用意することなく調味料を追加したり、かき混ぜたりすることもできるので洗い物を減らすこともできますよ。食洗機に対応しているので、衛生面でも安心です。

第4位:CASUAL PRODUCT しっかりつかめるシリコン菜箸

CASUAL PRODUCT しっかりつかめるシリコン菜箸
CASUAL PRODUCT しっかりつかめるシリコン菜箸

先端部分がシリコン素材でできているタイプのシリコン製菜箸です。全体がシリコンのものは芯を入れる都合で重くなりがちですが、重量が気になる場合に先端のみがシリコンの素材はおすすめの製品です。箸が八角形の形状をしているため、どのような場所に置いても転がりにくく、ストレスなく使うことができるのが特徴と言えるでしょう。耐熱温度が200℃ほどあるので、揚げ物調理はもちろん、食洗機に入れて洗うこともできます。

第3位:マーナー 菜箸 シリコーン


箸の先端のみにシリコンを使用しているタイプのシリコン製の菜箸です。オースシリコンの素材のものよりも重量が少なめで、程よい長さを持ったサイズになっていますのでバランスが取れた使いやすい菜箸となっているのが特徴の製品です。持ちて部分は角型になっているので手で持ちやすく、置いても転がりにくくなっていますのでストレスなく使うことができるでしょう。耐熱温度も高めなので油を使用した調理に対応しており、食洗機洗もできますよ。

第2位:パール金属 菜箸 シリコーン


パール金属から販売されているシリコン素材でできたミニスプーンとフォーク付きの菜箸です。先端部分のみがシリコン製の製品なので、持った感じは重すぎないので疲れることなく調理をすることができるでしょう。スプーンとフォークの部分は調味料を足したり、ちょっとした作業を行うのに最適ですので別途スプーンなどを用意する必要もありません。しっかりと耐熱温度も高い製品なので、お手入れの際に食洗機を使うこともできます。

第1位:ワールドクリエイト ViV 菜箸 シリコン


箸の全体がシリコンでできているタイプのシリコン製菜箸です。シリコンは柔らかい素材ですが、中央に芯を入れることで強度ができて通常の菜箸と同じように使うことができるようになっています。手で握っても滑りにくく、先端部分の凹凸で食材をしっかりとキャッチしてくれるため、ストレス無くスムーズに使うことができますよ。フライパンの表面などを傷つけることなく使えるので安心です。耐熱温度が高いので食洗機洗もできますよ。

シリコンの菜箸の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、シリコンの菜箸のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

シリコンの菜箸で暮らしをもっと快適に

いかがでしたか。シリコン製の菜箸は見慣れないとちゃんと使うことができるか心配になってしまいますが、実際に使ってみるとシリコン特有の滑りにくさがあり、食材をしっかりと掴むことができる便利な製品であるとわかることでしょう。重さが気になるときは先端のみがシリコンのものを選ぶと、使い勝手が良くなっておすすめですよ。皆さんもこの記事を参考に、自分に合ったシリコン製の菜箸を探してみてくださいね。

この記事の商品一覧

シリコーン 菜箸

シリコーン 菜箸

¥738 税込

シリコーン菜箸 24cm GY

シリコーン菜箸 24cm GY

¥680 税込

岡部洋食器 cho-mono シリコン はしトング

岡部洋食器 cho-mono シリコン はしトング

¥1,677 税込

和平フレイズ シリコーン菜箸 パンツール 食洗器対応 RE-6738

和平フレイズ シリコーン菜箸 パンツール 食洗器対応 RE-6738

¥1,739 税込

OXO(オクソー) シリコン菜箸 ブラック

OXO(オクソー) シリコン菜箸 ブラック

¥1,320 税込

ヤクセル MOTHER’S SELECTION シリコーン菜箸 パプリカレッド 40426

ヤクセル MOTHER’S SELECTION シリコーン菜箸 パプリカレッド 40426

¥580 税込

サーモス シリコーン菜ばし ブラック キッチンツール KT-C001

サーモス シリコーン菜ばし ブラック キッチンツール KT-C001

¥1,348 税込

大和物産 シリコン菜箸 プチスプーン&フォーク付

大和物産 シリコン菜箸 プチスプーン&フォーク付

¥1,340 税込

CASUAL PRODUCT しっかりつかめるシリコン菜箸

CASUAL PRODUCT しっかりつかめるシリコン菜箸

¥1,729 税込

マーナー 菜箸 シリコーン

マーナー 菜箸 シリコーン

¥748 税込

パール金属 菜箸 シリコーン CC-1091

パール金属 菜箸 シリコーン CC-1091

¥495 税込

ワールドクリエイト ViV 菜箸 シリコン

ワールドクリエイト ViV 菜箸 シリコン

¥1,823 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

盛り箸のおすすめ人気ランキング10選!使い方や菜箸との違いなども解説
料理の盛り付けに欠かせないのが盛り箸です。盛り箸はピンからキリまでその商品がありますが、どれを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は盛り箸の使い方や選び方、おすすめ商品10選などについ...
キッチン用品 75view
【ambai・南部鉄器】オムレツパンのおすすめ人気ランキング10選!使い方なども紹介
オムレツを作るときにあると便利なのがオムレツパンです。オムレツパンはどんなものを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、オムレツパンの魅力や選び方、おすすめブランドや人気商品10選など...
キッチン用品 71view
【ニューバランス・アシックス・ナイキ】ファーストシューズのおすすめ人気ランキング10選!いつから必要?
ファーストシューズは、生まれた子供が初めて履く靴のこと。ママやパパは子供が初めて履くシューズだから、記念に残るような可愛くておしゃれなシューズを選びたいですよね。よちよち歩けるようななった赤ちゃんのた...
ベビー・キッズ 67view
【ニトリ・無印・しまむら】ハーフケットのおすすめ人気ランキング10選!夏用や北欧風でおしゃれなものなど
シングルサイズの半分の大きさのハーフケット。ちょっと横になりたい時や肩や膝の防寒に便利です。今回はそのようなハーフケットのおすすめと選び方を見ていきます。ダウンタイプやガーゼタイプなど様々な種類があり...
インテリア・家具 67view
【ニトリ・100均】ソースポットのおすすめ人気ランキング10選!ガラス製やおしゃれなものなど
ソースなどを入れるポットがあれば、食事をしながら適量を自分でよそうことができて便利です。しかし何を基準にしてソースポットを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、ソースポットの魅力や選...
キッチン用品 64view