2023年05月24日更新

コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング10選!しまい方・たたみ方、洗い方なども紹介

コールマンの寝袋は、寝心地がよいということで人気があります。コールマンの寝袋は、温かさや使い方、機能性に富んでいるからです。とはいっても数多くあるコールマンの寝袋から選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のあるコールマンの寝袋を紹介します。ぜひ、お気に入りのコールマンの寝袋を見つけてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

コールマンの寝袋の魅力とは?


コールマンの寝袋の魅力は、丸洗いができる点です。表地素材と中綿素材に化繊が使われている製品が多いことで、洗濯で丸洗いできる仕様になっています。そのため、こまめに洗濯することで、いつでもキレイな状態で使えて便利です。また、種類も豊富に揃っていることで、用途に合わせて選べるでしょう。たとえば、まるで家の布団のような快適さにこだわりたいのであれば、封筒型がおすすめです。本格的なアウトドアを堪能したいという方は、マミー型が適しています。

コールマンの寝袋の種類は?

コールマンの封筒型寝袋


コールマンの封筒型寝袋は、大人でもゆったり眠ることができます。抗菌加工付きになっており、寝袋を清潔に保ちたい方にぴったりでしょう。また、表地・裏地・中綿の素材はポリエステル仕様で、ウォッシャブルタイプになり、いつでも洗濯することができます。そのため、汗をかきやすい夏の時期でも、快適に過ごせるでしょう。しっかり体を包み込むことで、風が入りにくく、寒さも感じません。とても軽くて扱いやすいのが特徴でしょう。

コールマンのマミー型寝袋


コールマンのマミー型寝袋は、ミイラを意味する「Mummy」に由来するとされています。全身をすっぽり包みやすく、体への密着力も高いことから、保温性が高いと評判です。中には、氷点下に対応したタイプもあり、寒い季節でも快適にキャンプを楽しめます。とくに寒がりな人や、全身を包み込むような寝心地を期待したい方にぴったりでしょう。筒型タイプよりも軽くてコンパクト設計になっていることで、バイクツーリングやソロキャンプにもぴったりです。

コールマンのキッズ用寝袋


コールマンのキッズ用寝袋は、長く愛用できます。なぜなら、子供の成長に合わせて寝袋を140cmから170cmまで伸ばせるからです。寝袋を長く伸ばせるため、ゆったりと眠ることができるでしょう。また、デザイン性も豊富に揃っていることで、好みで選ぶことができます。何よりもマミー型なので、すっぽりと体を包み込むことができて、冷たい空気が入りにくく、冬でも快適に眠れて便利です。カラーも2色あるので、自分の好みで選ぶことができます。

コールマンの寝袋の洗濯方法は?

コールマンの寝袋の洗濯方法は、とても簡単です。家庭用洗濯機で洗うことができるため、汚れたらサッと洗濯機に入れるだけでキレイになります。こまめに洗うようにすると、いつでも清潔な状態で使えるでしょう。ただし、洗濯機を使用する場合は「弱」か「手洗い」コースを選択してください。また、洗剤は中性洗剤を使用し、柔軟剤は使用しないようにすると、丈夫で長く使い続けることができるでしょう。人気のあるアウトドアブランドなので、長く使い続ける意味でも、使用注意は守ってください。

コールマンの寝袋のしまい方・たたみ方は?

コールマンの寝袋のしまい方やたたみ方は、4つの工程で済みます。まず、寝袋を広げ、上部を折りたたんで、底部に向かって折りたたみましょう。左右の端を中央に折りたたみ、上下に折りたたんで、収納袋に入れます。これで、すっきりキレイにコールマンの寝袋を入れることができるでしょう。最初は手間取ってしまうかもしれませんが、慣れてくるとスッとできるようになるため、お手軽です。スッキリコンパクトになるので、持ち運びに困ることもありません。

コールマンの寝袋は普段使いもできる?

コールマンの寝袋は、普段使いもできます。コールマンというとアウトドア用品ブランドとして有名ですが、丈夫で使い勝手がよく、長く愛用できることからも定評です。そのため、室内での使用でも問題ありません。ただし、使用した後は、洗濯してから保管しましょう。適した処置をしていないと、カビが生えてしまうなどのデメリットを生じてしまうからです。そのため、定期的に洗ってしまうようにしてください。そうすることで、長く愛用できるでしょう。

コールマンの寝袋の選び方

使う季節で選ぶ

コールマンの寝袋の選び方1つめは、使う季節で選ぶことです。大事なのは、寝るときの保温性なので、テントでの外気温はとても影響します。そのため、どの季節で使うかによって、対応タイプは異なってくるでしょう。泊まる場所がどれくらいの気温なのか、しっかりとチェックしておくことが大事なポイントです。例えば「C5」とあれば、快適温度が5度以上を指します。この目安を参考にしながら選ぶと、失敗することは少ないでしょう。

洗濯のしやすさで選ぶ

コールマンの寝袋の選び方2つめは、洗濯のしやすさで選ぶことです。就寝中は汗が出たり汚れやすいでしょう。こまめに洗うことで、いつでも清潔に使えます。メンテナンスのしやすさは、長く使い続ける意味でも大事なポイントです。洗いやすさや乾かしやすさなど、しっかりと注目してから選ぶようにしてください。せっかくコールマンの寝袋を購入したのに、使い勝手がよくなくて、すぐに手放すようなことがないように慎重に選びましょう。

サイズに合ったもので選ぶ

コールマンの寝袋の選び方3つめは、サイズに合ったもので選ぶことです。人によって体の大きさは異なります。せっかく購入してもサイズが合わなければ意味がありません。使えないただの布になってしまうかもしれないからです。購入する前に、もう一度サイズをチェックしてみてください。体にフィットしているかどうか、ゆとりがあるかどうかが決め手です。小さすぎると入らず、ぴっちりしすぎでも窮屈に感じます。できるだけゆとりのある大きめサイズがよいでしょう。持ち運びのよさなども考慮しながら、選んでみてください。

コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング10選

ここからはコールマンの寝袋のおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのコールマンの寝袋を見つけてみてくださいね!

第10位:コールマンエクストリームウェザーマミースリーピングバッグ

コールマンエクストリームウェザーマミースリーピングバッグ

コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング第10位は、コールマンエクストリームウェザーマミースリーピングバッグです。マミー型のシュラフで、しっかりと体を覆うことができるため、寒い冬の時期でも寒さを感じません。ゆったりと寝返りを打つことができるので、窮屈さもないでしょう。グリーンカラーは自然とマッチしやすく、違和感なく使えます。対象シーズンはオールタイプになっているので、一年を通して使い分ける必要もありません。

第9位:コールマン(Coleman) コルネットストレッチll L-5


コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング第9位は、コールマン(Coleman) コルネットストレッチll L-5です。ストレッチ性が高く、心地よいフィット感を実現します。保温性に優れ、その上、寝心地もよいので、快適なキャンプ生活を送れるでしょう。また、手足を出すことができるため、携帯やスマホの操作もラクチンです。センタージッパーは着脱可能で、洗濯機で丸洗いできるため、こまめに洗うといつでも清潔に保てます。

第8位:コールマン(Coleman) コンパクトコルネット L0


コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング第8位は、コールマン(Coleman) コンパクトコルネット L0です。手足を出して着たままで移動ができます。その上、コンパクトに折りたためるため、使わないときに邪魔になりません。手足を出せることで携帯やスマホ操作ができるでしょう。また、引きずらないように、裾の固定が可能なフットストッパーになっています。使い勝手にもこだわった、まさに究極の寝袋といえるでしょう。

第7位:コールマン(Coleman) マルチレイヤースリーピングバッグ


コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング第7位は、コールマン(Coleman) マルチレイヤースリーピングバッグです。3層構造になっていることで、組み合わせ次第で春・夏・秋・冬に対応ができるモデルになっています。レイヤーをすべて重ねることで、寒い冬でもぬくぬくで過ごせて便利です。気になる価格も、10,000円弱とリーズナブルで、キャンプ初心者でも手軽に購入できるでしょう。ネイビーカラーは落ち着いた色合いで、どんなシーンにもマッチします。

第6位:コールマン(Coleman) アドベンチャークッションバッグ


コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング第6位は、コールマン(Coleman) アドベンチャークッションバッグ C0です。ミニバン車中泊などにぴったりサイズになっています。2人用としての寝袋に最適ですが、上下で分割することで、2つの一人用寝袋が完成できるので魅力的です。もちろん、クッション型の収納袋が2つ付いており、使わないときはそれぞれ入れることができます。落ち着いた色合いで、自然との調和も最適でしょう。

第5位:コールマン(Coleman) ファミリー2 in1 C5


コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング第5位は、コールマン(Coleman) ファミリー2 in1 C5です。子供を含めた3人で一緒に寝たい方にぴったりでしょう。それぞれの肩口を覆う「サーマルスプリットカラー」を採用しているため、肩が寒くなりません。しっかりと寒さ対策ができるため、冬のキャンプにも最適でしょう。もちろん、収納袋付きで使わないときはコンパクトに収納可能です。キャンプに持ち運んでも、邪魔になりません。

第4位:コールマン(Coleman) フリースイージーキャリースリーピングバッグ C0

コールマン(Coleman) フリースイージーキャリースリーピングバッグ C0

コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング第4位は、コールマン(Coleman) フリースイージーキャリースリーピングバッグ C0です。ライナーに暖かみのあるフリースを採用しているスリーピングバッグになっています。ゆったりと横になりたいという方におすすめです。また、連結タイプになっており、2人分を連結して子供と一緒に寝るといった使い方も可能です。洗濯機で丸洗い可能なウォッシャブルタイプで、こまめに洗うと、いつでも清潔に保てるでしょう。

第3位:コールマン(Coleman) キッズマミー アジャスタブル


コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング第3位は、コールマン(Coleman) キッズマミー アジャスタブル C4です。余分なスペースをなくして、温かさをしっかりとキープできます。小学生サイズになっており、コンパクトにたためることで、収納にも困りません。また、キッズも簡単に収納できるワイドな設計になっていることで、自分から進んで片づけるようになります。子供の教育を踏まえながらキャンプを楽しみたい方にぴったりのアイテムといえるでしょう。

第2位:コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー L-15


コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング第2位は、コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー L-15です。寝返りを打つことができるので、テント生活でも快適に過ごせます。寝心地のよさと、保温性を兼ね備えたい方にぴったりでしょう。秋から冬の使用に向いています。足元はゆったりで寝返りを打てる快適性と保温性に優れた寝袋を探している方は、ぜひ、チェックしてみてください。おしゃれなデザインで、キャンプ場でも注目の的です。

第1位:コールマン(Coleman) コージーll C5


コールマンの寝袋のおすすめ人気ランキング第1位は、コールマン(Coleman) コージーll C5です。大人でもゆったりと横になれる快適さが、口コミでも人気があります。抗菌加工がされており、寝袋を清潔に保ちたい方にぴったりでしょう。表地・裏地・中綿にはポリエステル素材を採用し、ウォッシャブルタイプによって、汚れが気になったときに洗濯機で丸洗いができます。本体自体も2kgと軽く、持ち運びがしやすい点でも、選んで正解でしょう。

寝袋の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、寝袋のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

コールマンの寝袋で暮らしをもっと快適に

いかがですか。コールマンの寝袋は、使い心地がよいのが魅力です。コールマンの寝袋があると、デザイン性が高くておしゃれ、そして極寒でも寒くなく快適に眠ることができるでしょう。キャンプを快適に過ごすためにも、ぜひ、お気に入りのコールマンの寝袋を見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事の商品一覧

コールマンエクストリームウェザーマミースリーピングバッグ
コールマンエクストリームウェザーマミースリーピングバッグ
コールマン(Coleman) コルネットストレッチll L-5
コールマン(Coleman) コルネットストレッチll L-5
コールマン(Coleman) コンパクトコルネット L0
コールマン(Coleman) コンパクトコルネット L0
コールマン(Coleman) マルチレイヤースリーピングバッグ
コールマン(Coleman) マルチレイヤースリーピングバッグ
コールマン(Coleman) アドベンチャークッションバッグ
コールマン(Coleman) アドベンチャークッションバッグ
コールマン(Coleman) ファミリー2 in1 C5
コールマン(Coleman) ファミリー2 in1 C5
コールマン(Coleman) フリースイージーキャリースリーピングバッグ C0
コールマン(Coleman) フリースイージーキャリースリーピングバッグ C0
コールマン(Coleman) キッズマミー アジャスタブル
コールマン(Coleman) キッズマミー アジャスタブル
コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー L-15
コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー L-15
ココールマン(Coleman) コージーll C5
ココールマン(Coleman) コージーll C5
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

【ニトリ・100均・貝印】キャベツ千切りスライサーのおすすめ人気ランキング10選!手動式や電動式など
キャベツ千切りスライサーは、とんかつなどに便利なアイテムです。キャベツ千切りスライサーは、キャベツの千切りをキレイに作れるからです。とはいっても数多くあるキャベツ千切りスライサーから選ぶのは大変ですよ...
キッチン用品
【100均ダイソー・カインズ・ニトリ】押入れシートのおすすめ人気ランキング10選!効果や選び方など
押入れシートは、快適な押入れにするのにおすすめのアイテムです。押入れシートは、カビやダニの大量発生を防ぐことができるからです。とはいっても数多くある押入れシートから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人...
インテリア・家具
100均・ダイソーに売ってる?鼻うがい容器のおすすめ人気ランキング10選!効果や代用品なども紹介
鼻うがい容器は、鼻うがいをするときにおすすめのアイテムです。鼻うがい容器は、鼻をかむだけでは落ちない汚れを落とすことができるからです。とはいっても数多くある鼻うがい容器から選ぶのは大変ですよね。そこで...
生活雑貨・日用品
【100均ダイソー・無印】トラベルボトルのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれで使いやすいものなど
トラベルボトルは、出張や旅行のときにおすすめのアイテムです。トラベルボトルは、普段使っているシャンプーやコンディショナーを出先で使うことができるからです。とはいっても数多くあるトラベルボトルから選ぶの...
インテリア雑貨
しまむらがコスパ最強!低反発クッションのおすすめ人気ランキング10選!腰痛に効くもの・洗濯できるものなど
長時間のデスクワークや車の運転などで、腰に負担をかけている方におすすめの低反発クッション。様々な種類や形、サイズがあり、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。そこで今回は、低反発クッションをお探し...
インテリア・家具
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング

人気記事