ニトリのグリルパンがコスパ最強!魚焼きグリルやステーキ、キャンプまで使える

本格ステーキや魚焼きグリルなどフライパンよりも簡単に美味しく焼き上げることができるフリルパン。魚や肉を焼きたいけれど、魚焼きグリルを汚したくないという方にもぴったりなアイテムです。グリルパンは、ストウブ・ビタクラフト・パール金属など人気のメーカーがありますが、おすすめはコスパも最強なニトリのグリルパンです。ニトリのグリルパンはほとんどが1000円以下で、魚焼きグリルから野外のキャンプまで様々なシーンで使うことができます。そこで今回はニトリのグリルパンのおすすめを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ニトリのグリルパンの特徴は?


ニトリのグリルパンは、色んな形状のタイプがあって人気です。グリルパンはその名の通り、グリル(網焼き)ができる調理器具を指します。波型の形状でキレイな焼き色が付くのが特徴で、熱伝導率が高い鉄やステンレス製のものが多いです。サッと加熱ができるとともに、保温性にも優れていることで通常のフライパンではできない焼き上がりが実現できます。焼き色がキレイでサッと剥がれ、コンパクトサイズで持ち運びしやすくそのままテーブルに出せるのが魅力的でしょう。

種類やサイズが豊富に揃っている

ニトリで販売しているグリルパンは種類やサイズが豊富です。
蒸し焼き専用のグリルパンや魚焼きに適したもの、プレート上になったものなど作りたい料理や用途によって適したグリルパンが用意されているのも嬉しいですよね。しかも、すべて1000円以下で購入可能です。

ニトリの魚焼きグリルなら簡単・美味しい時短料理ができる

魚焼きグリル対応22×17cmグリルプレート用 スチール蓋(角型 大)
魚焼きグリル対応22×17cmグリルプレート用 スチール蓋(角型 大)
・サイズ:幅23.4×奥行18.4×高さ1.1cm
・重量:約200g

魚を焼くときってグリルが汚れて洗うのが大変だったり、なかなかうまく焼けないという悩みってありませんか?そんな時は、ニトリの「魚焼きグリル対応22×17cmグリルプレート用 スチール蓋(角型 大)」がおすすめです。このグリルプレートは、魚焼きはもちろん、調味タレや煮汁のある料理も可能で、グリルメニューが広がり、面倒な魚焼きグリルの掃除もとってもカンタンになるので、魚焼きグリルの出番も増えること間違いなし!
IH、ガス、オーブン、食洗機は使用可能ですが、電子レンジは使用不可なので注意してください。

魚焼き対応 スチールグリルプレート ハンドル付き 小(レシピ付き)
魚焼き対応 スチールグリルプレート ハンドル付き 小(レシピ付き)
・サイズ:幅18.4×奥行13.3×高さ3.5cm
・重量:約300g

ニトリにはもう1種類、魚焼きグリル対応のグリルプレート高温でムラなく火が通るグリルパン 角(24×17cm)があります。サイズはあまり変わりませんが、ハンドルが付いているため、魚焼きグリル内でプレートの位置を動かしたりするのに便利です。またグリルパンを使ったレシピ付きです。

ニトリのグリルパンはキャンプで使える!

IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)
IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)
・サイズ:幅23.8×奥行16.1×高さ4.4cm
・重量:約260g
・素材:ステンレス アルミニウム

ニトリグリルパンは、持ち運びしやすい点から野外などキャンプでも大活躍します。火力が高い鉄板は魅力的ですが、重くて持ち運ぶのが大変ですし炒めるのにも手間がかかります。ニトリグリルパンであれば、手軽に持ち運べて軽くてサッと炒められておすすめです。また、鉄板は表面の油を落としてはいけないため、洗剤がNGでしょう。こびりつきにくいニトリの2層鋼グリルパンであれば、スキレットとして手軽に使えます。価格も1,000円以下というコスパ力にも脱帽です。

ニトリのグリルパンをキャンプで使うメリットとは?

ニトリグリルパンをキャンプで使うメリットは、見た目がスキレットっぽくてそのまま食卓に出せる点です。取っ手があるとフライパンという認識がありますが、スキレットタイプであればおしゃれに食卓を演出できます。別売りのスキレット取っ手カバーを使えば、ますます使い勝手が広がるでしょう。食品がこびりつかず、洗剤で洗える点でもキャンプで手軽に使える調理器具として重宝します。キャンプで調理をするなら、ニトリグリルパンは欠かせないアイテムでしょう。

ニトリのグリルパンをキャンプで使うデメリットとは?

持ち運びしやすいフラットな鉄板に比べると、ニトリグリルパンはフライパン状になっていてコンパクトに持ち運びがしにくいのがデメリットでしょう。取っ手があって軽いという点ではキャンプ向きですが、コンパクトに持ち運ぶという意味ではあまり適していません。キャンプ場に持って行くものは他にもあるため、かさばるという点ではニトリグリルパンはNGでしょう。また、グリルパンはステンレス製で、普通のフライパン同様に寿命が来る点でも頭に入れて購入してください。

ニトリのグリルパンを使ったキャンプ飯レシピ3選

ここからは、ニトリのグリルパンを使った代表的なキャンプ飯レシピを紹介します。ニトリのグリルパンはコンパクトなので、キャンプでも活躍すること間違いなしです。

ガーリックステーキ&ガーリックライス


キャンプの醍醐味と言えば、やはりがっつり食べることでしょう。にんにくを使ったガーリックステーキやガーリックライスが定番です。材料はステーキ肉・ごはん・ステーキ用シーズニングミックス・乾燥スライスニンニク・バター・塩とブラックペッパー・付け合わせのベビーリーフとミニトマトを用意します。コッヘルで米を炊いて蒸らし、ステーキ肉の両面にシーズニングミックスを塗り込んでください。後はグリルパンでオリーブオイルとスライスにんにくを入れて両面を焼いて切り分けます。残り油でごはんを炒めて皿に盛り合わせれば完成です。

焼きチーズ・オープンオムレツ


定番のオムレツをグリルパンでひと手間かけておいしく作るレシピです。材料は卵・玉ねぎ・アスパラ・ひき肉・チーズ・牛乳で、まずは玉ねぎをみじん切りにします。アスパラは1口サイズに切り、卵をといて牛乳と混ぜてください。グリルパンに火をかけてオリーブオイルをひいてから、玉ねぎ・ひき肉・アスパラの順に炒めて火が通ったらといた卵を入れて最後にチーズを散らしたら完成です。卵料理は大人から子供まで大好きなレシピのため、大人気でしょう。

エビのアヒージョ


エビのアヒージョも、ニトリグリルパンがあればキャンプでも簡単に作れます。香ばしく炒めたエビは最高においしく、より一層キャンプを楽しめるでしょう。材料もシンプルで、エビ・マッシュルーム・にんにく・オリーブオイル・塩こしょう・パセリです。炭火を起こして火が落ちついたら、グリルパンを温めてオリーブオイルを入れます。みじん切りをしたにんにくを入れて炒め、エビとマッシュルームを塩こしょうしてパセリを添えれば完成です。

グリルパンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、グリルパンのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ニトリのグリルパンを時短料理を作ろう!

ニトリのグリルパンはいかがでしたでしょうか?魚焼きグリルやキャンプでも使えるグリルパンがあればいろいろな料理が素早く簡単に作れますよね。
、軽くて持ち運びしやすく野外でも焼く・炒める・煮るの調理ができるとなると、もっと料理することが好きになるはず。
ぜひ、お気に入りのニトリのグリルパンを見つけてみてくださいね。