口コミで評判のバルミューダのトースターを徹底解説!価格やサイズ、レシピも紹介

最近話題になっているバルミューダのトースター、もう試したことがあるという方もいるかもしれません。バルミューダ社のトースターでパンを焼くと、まるで窯から出したばかりの美味しいパンになると評判です。そこで今回はバルミューダのトースターとそれを使ったおすすめレシピについてご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

バルミューダのトースターの特徴は?

スチームテクノロジーでふっくら

バルミューダのトースターでパンを焼くと、まるで窯の中から出したばっかりであるかのような、美味しいふっくらとしたパンになります。これはバルミューダのトースターにはスチームテクノロジーが搭載されており、わずか5ccの水をトースター本体の吸水口に入れるだけで、パンの表面を素早くカリッと焼きあげることができます。中は焼きすぎずにパンの香りやバターの油脂、そして水分を封じ込めたまま、モチモチとした状態を保って焼けるのです。

温度制御システムで適正温度に

通常のトースターだと適正温度が分かりにくく、焼きすぎてしまったり中が半生っぽくなってしまったりということも多々あります。しかしバルミューダのトースターには温度制御システムが付いているので、適切な温度でパンが持つ本来のおいしさを上手に引き出すことができます。60℃・160℃・220℃という三つの温度帯をコントロールしながら焼くバルミューダのトースターであれば、だれでも簡単においしいトーストを焼くことができますよ。

モード別で簡単操作

機能性に優れたバルミューダのトースターですが、操作が難しいと使いこなせるか不安、宝の持ち腐れになってしまうのではと考える方もいるはず。しかしバルミューダのトースターにはパンの種類ごとに選べる「トーストモード」、「フランスパンモード」、「クロワッサンモード」があるほか、パンに野菜やハムなどの具材をのせて調理できる「チーズトーストモード」、170℃・200℃・230℃の三つの温度別に設定できる「クラシックモード」などがあるので、モードを選ぶだけで簡単に操作可能です。

バルミューダのトースターの価格は?

大手家電量販店などへ行くと、一般的な機能を備えたトースターであれば5,000円以下で購入できます。それに比べバルミューダのトースターは機能性が優れている分価格も上がり、BALMUDA The Toasterは23,500円(税抜、2020年11月現在)となっています。トースターとして考えると少し高いですが、毎日おいしいトーストが食べられるということを考えると、妥当な金額かもしれません。

バルミューダのトースターのサイズ・カラーは?

BALMUDA The Toasterの色は、ブラック、ホワイト、ベージュの3色展開となっています。いずれもシックで落ち着いた色合いなので、どんなインテリアとも相性がよく、キッチンの目につくところに置いていても邪魔にならないデザインとなっています。サイズは357mm(幅)× 321mm(奥行き)× 209mm(高さ)となっています。本体の重さは約4.4㎏とのことなので、女性でも設置したり置き場所を変えたりすることが可能です。

バルミューダのトースターの口コミ・評判は?

バルミューダのトースターの良い口コミ・評判は?

ここで実際にバルミューダのトースターを購入された方からの良い口コミや評判についてチェックしてみましょう。「使ってみてよくわかったのは、安いパンを焼くとさらに美味しく、高い良いパンを焼いてもさして変わらないということです。200円以下の食パン、特に大手メーカーの大量流通しているようなパンを焼くと劇的においしくなります。」元々高級なパンの場合、そこまで味の変化は感じられないようですが、スーパーの安い食パンを焼くと美味しくなるというのは気になりますね。

トーストで使用しています。
今まで数千円の安いトースターを使用していましたが、比べてみると歴然です。
安いトースターでは全体的にガリガリになってしまうのに対し、バルミューダでは外はカリッと中はフワッとする絶妙な仕上がり具合でした。バルミューダを買った後は食パンの消費量が増えました。もちろんパン以外にも普通のオーブンとしても使用でき、スイッチを切り替えればスチーム無しでの調理も可能です。

ちょっとお高いですが評判通り。とくにロールパンや調理パンの温めでは今までは表面が焦げ付いて,中は温まらない,という感じでしたが,この商品ではそのようなことはありません。毎日朝食にパンを,という家庭では欠かせない商品だと思います。

あまり焼きすぎのパンが好きではなかったので今まではうっすら焼いていました。特に角食のパンの耳は焼きすぎると固くなり残してしまうことも度々、バルミューダーはこんがりと焼くので最初は失敗したかもと思いましたが、食べてみてびっくり角食の耳もこんがり香ばしくとても美味かったのです!スーパーで最安値の食パンもどれも美味しくなり買って大正解!朝食はパン派なのでもっと早く購入すればよかったです。

バルミューダのトースターの悪い口コミ・評判は?

今度はバルミューダのトースターの悪い口コミやその評判についてご紹介します。悪い点も踏まえて購入検討してみましょう。「焼き上がりの音が、ちょっと小さい。離れていると聞こえません。」トースターでパンが焼きあがるまでの間、バタバタとしているとその焼き上がりの合図の音を聞き逃してしまうこともあるようです。「価格が少し高めなのが難点ですが、他の製品とは明らかに違いがわかるほど美味しく調理できます。」一般的なトースターよりも高いというのがネックになる方もいるようです。しかし明らかに他社製品と違うのであれば、仕方がないのかもしれません。

バルミューダのトースターの使い方は?

STEP1:パンを入れる


バルミューダのトースターの使い方について確認してみましょう。まず扉を手前に開いて食パンを入れます。食パンの鮮度を保つために、冷凍保存している方もいると思いますが、冷凍したパンを焼く場合は、解凍せずにそのまま冷凍されたパンをバルミューダのトースターの中に入れましょう。

STEP2:水を入れる


トースターの上部にある給水口に、専用のカップを使って5ccの水を入れます。水は入れすぎないように注意しましょう。入れすぎると水分が多すぎて、上手に焼けない原因となります。この水がトースター内でスチームとなります。ちなみに、クラシックモードでは水を入れずに使います。

STEP3:電源ON/OFFボタンを押して、モードを選択する


電源ボタンを押し、どのモードで調理したいのか選択しましょう。トーストモード」「フランスパンモード」「クロワッサンモード」「チーズトーストモード」「クラシックモード」の五つに分かれていますが、モードにより中があたたまり始める温度や表面が色づき始める温度が違うため、ニーズに合ったモードを選ぶのがポイントです。

STEP4:時間を設定する


そして最後にタイマーをセットしましょう。タイマーのセット時間は、食パンの厚みや枚数によって変える必要はありませんが、冷凍されたままの食パンを使う場合は通常よりも1~2分長めにセットするとちょうど良い焼き加減になります。

バルミューダのトースターのレシピ5選

ザ・クラブハウスサンド


バルミューダのトースターを使えば、いつものクラブハウスサンドも絶品に仕上がります。クラブハウスサンドに使うパンを3枚用意し、うち2枚を重ねたままの状態でトースターの中に置きます。その隣に残りの1枚を並べ、トーストモードで5~6分焼きます。焼きあがったら、重ねて焼いた食パンの焼き目が付いていない部分に、マスタードを小さじ1杯、マヨネーズを大さじ1杯塗りましょう。両面に焼き目の付いた残りの1枚は、片面にだけマスタード小さじ1杯を塗ります。後は、片面だけ焼き目の付いたパン2枚の間に、両面焼き目の付いたパンと具材を交互に重ねて挟むだけで、おいしいクラブハウスサンドの出来上がりです。具材はハムや野菜など好きなものを選んでみましょう。

ベーコンエッグトースト


食パンをトーストモードで2.5~3.5分焼き、焼きあがったらその上にバターをたっぷりと塗ります。そしてその上に、こんがりとフライパンで焼いたベーコンと半熟の目玉焼きをのせれば、おいしいベーコンエッグトーストの出来上がりです。半熟卵の黄身を崩してベーコンとパンに絡めて食べれば手軽なのに絶品な朝ごはんとなるでしょう。目玉焼きを作るときは、フライパンに蓋をせず弱火で焼くと黄身が濁らずきれいに仕上がります。

ハムチーズトースト


パンの表面に粒マスタードを塗り、その上にスライスハム、玉ねぎ、ピザ用チーズをのせてからチーズトーストモードで4~5分焼くだけで、トロトロに溶けたチーズがおいしいハムチーズトーストの出来上がり。焼き上がりに黒コショウをふりかけると、スパイスの効いた大人向けハムチーズトーストになりますよ。このチーズトーストモードはバルミューダの代表者である寺尾玄のこだわりの機能でもあります。ぜひ活用してみましょう。

チョコバナナトースト


パンをトーストモードで2.5~3.5分、焼き色が付くまで焼きます。焼きあがったらトーストを3等分にカットし、チョコレートクリームを塗り、グラノーラを散らします。その上に幅5㎜にスライスしたバナナを並べたら、バナナの上からチョコレートソースをかけましょう。バナナとチョコレートの鉄板コンビとトーストとの相性は抜群です。子どもの朝食やおやつにもぴったりの一品です。

クロワッサンサンド


バルミューダを使えば、クロワッサンもおいしく焼き直しができます。まずディルを刻んでマヨネーズとサワークリームと混ぜ合わせたものを用意します。それを8等分にカットした茹で卵と和えておきます。トースターにクロワッサンを入れ、クロワッサンモードで3~4分焼きます。クロワッサンが焼きあがったら、真ん中を横方向にカットし、用意しておいた具材を挟めば、おいしいクロワッサンサンドの完成です。朝食はもちろん、軽食にもぴったりです。

トースターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、トースターのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

バルミューダのトースターで美味しい朝食を

今回は、バルミューダのトースターについてご紹介しましたが、いかがでしたか?バルミューダのトースターを使えば、いつものパンをもっとおいしく楽しむことができます。チーズトーストモードなどバルミューダのこだわり機能を使って、毎日の食卓をよりおいしくグレードアップしてみましょう。今回の記事を参考にして、バルミューダのトースターでおいしいパン生活を堪能してみて下さい。

この記事の商品一覧

BALMUDA The Toaster ブラック K05A-BK

BALMUDA The Toaster ブラック K05A-BK

¥25,180 税込

BALMUDA The Toaster ホワイト K05A-WH

BALMUDA The Toaster ホワイト K05A-WH

¥24,850 税込

BALMUDA The Toaster ベージュ K05A-BG

BALMUDA The Toaster ベージュ K05A-BG

¥24,380 税込