口コミで評判のサーモスのシャトルシェフを徹底解説!価格や使い方、おすすめレシピも紹介

サーモスが販売している製品のひとつに「シャトルシェフ」という調理器具があります。具材を入れて火を通してから余熱でかんたんに調理ができる真空の調理鍋ですが、気になって購入の検討をしている方も多いことでしょう。しかし、実際の使い勝手はどうなのか、どんな物が作れるのかなど、疑問点も多いのではないでしょうか。今回は、シャトルシェフの特徴やおすすめ製品やレシピの紹介をしていきますので、参考にしてみてください。

サーモスのシャトルシェフとは?


サーモスは魔法瓶やスープジャーなどの保温性に優れた製品を製造しているメーカーで、品質の良さで多くの人に人気があります。シャトルシェフはその中でも人気商品のひとつであり、内鍋に具材を入れて火を通してから保温容器に入れるだけで余熱調理で煮込み料理が簡単にできるというすぐれものです。カレーやシチューと言った煮込み料理はもちろんのこと、豚の角煮のような手間のかかるレシピもシャトルシェフなら放置するだけで余熱で具材に火が通り、簡単に作ることができるのです。少しの火で調理ができるということで、経済的でもあるメリットの多い調理器具です。

サーモスのシャトルシェフの選び方

素材で選ぶ


シャトルシェフという製品は一つだけではなく、様々なバリエーションの製品に広く展開しています。食材を調理する内側の鍋はフッ素コーティングタイプとステンレスタイプの2種類のものがあります。フッ素コーティングのものは3層のコーティングが施された鍋で調理が焦げ付きにくく、汚れも付きにくいのでお手入れが簡単という特徴があります。ステンレス製のものは鍋の底面にアルミニウムの素材を入れることで熱伝導率が高く、食材に火が通りやすい構造になっています。お手入れのしやすさや、熱が入りやすいものが良いかを考えて製品を選ぶと良いでしょう。

サイズで選ぶ


シャトルシェフと言っても素材はもちろんのこと、サイズや鍋の容量で多くのバリエーションがある製品なので、自分が本当に必要なサイズはどれかを考える必要があります。小さいもので1~2人用、最大サイズだと7人以上で使用を想定しているものまであります。まずは、自分が普段使用している鍋と同等の、もしくはそれに近いサイズのシャトルシェフを選ぶと使いやすく無駄がないのでおすすめです。そこから追加で様々なサイズのシャトルシェフを追加するという購入の仕方も良いでしょう。

使用用途で選ぶ

シャトルシェフには使用用途に合わせて形状もバリエーションが豊富な製品です。家庭のキッチンだけで使用するのでしたらシンプルなお鍋の形の「KBJ」や「KBG」シリーズで良いと思います。それ以外にアウトドアなどの外での使用を想定している方は持ち運びが便利な取っ手付きの「RPE」シリーズが特におすすめです。取っ手がついているので持ちやすく、蓋はロックが掛けられる構造になっていますので、移動中にひっくり返す心配も少なくなります。このように素材、サイズの他に使用用途を考えて購入するシャトルシェフを選ぶことも重要なポイントになります。

サーモスのシャトルシェフの特徴は?

余熱の力で調理も保温も簡単

サーモスのシャトルシェフの最大の特徴は、内鍋で少しだけ加熱調理をしておけば後は保温容器に入れておくだけで具材にじっくりと火が通るので、余熱で美味しい煮込み料理などが手軽にできるという点です。ですので使用する電気代やガス代も少なく、また小さいお子様がいる家庭でも火で火傷などのケガをするという心配もないでしょう。また、煮込むときのように具材が動くことも少なく、カレーのじゃがいものようなものも煮崩れしにくいです。もちろん調理後に鍋を保温器に入れたままにしておけばいつでも料理が温かいので、レンジやガスで温め直す必要もありません。

ガスでもIHでも使用可能

最近ではガスコンロの他にもIHといった火を使わないタイプのクッキングヒーターもあります。一般的な鍋を選ぶときにはIHのクッキングヒーターを使用する際はIH対応かどうかをしっかりと確認しなければいけませんが、シャトルシェフはどの製品もガスとIHどちらにも使用できるように作られていますので、購入の際に迷うこと無く自分の好みのサイズや素材のものを選べます。両方に対応しているので、引っ越しやリフォームなどでガスからIHに切り替わったとしても買い直す必要がないというのは安心できるポイントの一つでしょう。

お手入れが簡単

シャトルシェフはお手入れも簡単です。内鍋の素材はステンレスとフッ素コーティングの2種類のものがありますが、フッ素コーティング制のものはもともと具材がこびりつきにくいという特徴があるので、スポンジで軽くこすれば簡単に汚れが落ちます。外の保温容器は基本的には丸洗いはNGの製品ですが、汚れは濡らした布で拭き取るだけという簡単なものです。蓋も取り外しが可能なので掃除ができますし、パッキンが汚れてきても交換用に新しいパッキンが売られているのでいつでも清潔に調理ができます。

サーモスのシャトルシェフのおすすめを対応人数別に紹介

サーモスのシャトルシェフのおすすめ(2人用)

KBB-1600

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBB-1600 CBW
サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBB-1600 CBW

シャトルシェフの中では一番小さい1.6Lと言う容量のお鍋になります。2人用というサイズのものなので、少人数のご家庭にピッタリのサイズです。単身赴任や学生さんの一人暮らしで毎日調理をするのが大変という方に、このような小さいシャトルシェフはおすすめです。作って寝かせるだけでいつでも暖かくて美味しい料理ができるので、時間も有効活用できるというのがとても便利です。ちょっとした煮物などを作るという用途で購入してみるというのもありなサイズ感でしょう。

サーモスのシャトルシェフのおすすめ(3〜5人用)

KBG-3000

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBG-3000
サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBG-3000

3~5人用を想定した3.0Lタイプの容量のシャトルシェフです。容量的にももっともポピュラーな製品の一つと言っても良いでしょう。このタイプのものが一つあれば、殆どの使用シーンで活躍してくれます。内鍋の素材はステンレス製なので、鍋底のアルミニウム層のおかげで熱伝導率も良く、効率よく均等に具材に熱を伝わらせてくれる効果が期待できます。付属でレシピブックもついてくるので、購入したその日から様々な料理が作れます。シャトルシェフの利便性を実感することができるでしょう。

KBF-3000

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ 2.8L アプリコット KBF-3000 APR
サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ 2.8L アプリコット KBF-3000 APR

容量2.8Lサイズのシャトルシェフです。ステンレス製の内鍋は熱伝導率が高く、野菜もやわらかく旨味を逃さず調理ができます。お鍋は深すぎず、程よい深さの形状なので調理での使い勝手も良好です。電気やガスはもちろん、ハロゲンヒーターと言った特殊な熱源のコンロにも対応していますので、使用シーンを選びません。また、新しいモデルにあたる「KBJ-3000」は内鍋がフッ素コーティングタイプのものになっています。焦げ付きが心配、洗うのが簡単な方が良い、という方はこちらもおすすめです。

RPE-3000

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ RPE-3000
サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ RPE-3000

シャトルシェフを家庭内だけでなく、外へ持ち出して使用したいとお考えの場合は持ち運びがしやすいハンドル付きの「PRE-3000」がおすすめです。使用感は通常のシャトルシェフと変わらず、余熱調理に優れ保温もバッチリです。お出かけ前に少しの時間火にかければ、あとは移動中にシャトルシェフが完成させてくれるので時間をより有効活用できます。ピクニックやホームパーティーでの使用におすすめで、移動中に蓋が開かないようにロックができるようになっています。もちろん家庭内での使用もできますので、使用シーンを限定されることもありません。

サーモスのシャトルシェフのおすすめ(4〜6人用)

KBG-4500

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBG-4500
サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBG-4500

サーモスのシャトルシェフを選ぶ時に、大人数用がほしいと言った時は、一番大きな容量が入る4.5Lタイプの製品がおすすめです。これだけあれば一度に沢山の料理が作れます。それでも調理時間は今までと同じで、ガスを使う時間は半分以下となるので節約にも期待できると言えるでしょう。内鍋はステンレス製の深めのお鍋で、加熱も保温も効率よくできてなおかつ冷めにくいと言う特徴があります。調理中や料理をよそう時に内蓋は保温容器の蓋に置けるので、大きいのにコンパクトに使うことができます。

KBF4500

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ  KBF-4500
サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBF-4500

こちらのシャトルシェフは4.5Lの容量が入るタイプの製品です。一見KBG-4500とも似ていますが形状が少し違っていて、保温容器の蓋は容器についておらず、通常のお鍋の蓋と同じような雰囲気のものになっています。シャトルシェフの基本的な性能は変わらず、余熱で効率よく料理をすることが可能です。内鍋はステンレス製で、熱の通りがよく、焦げ付きも少ないお鍋なので加熱調理中にお鍋を焦がす心配も少ないでしょう。レシピブックのようなものはありませんが、公式サイトに沢山のレシピが紹介されていますので、それらを参考にすればすぐに美味しい料理が簡単に作れますよ。

サーモスのシャトルシェフの口コミ・評判は?

サーモスのシャトルシェフの良い口コミ・評判は?

サーモスのシャトルシェフは高評価の声が多い製品です。特に一番多いレビューや口コミが「放置してるだけで料理が簡単に美味しく作れる」や「省エネなところが良い」と言ったものでした。シャトルシェフの一番の魅力である余熱調理で美味しく作れるということや、少しのガスしか使わない省エネの部分は、多くの購入者さんが満足しているポイントと言っても良いでしょう。また「ガスや電気のトラブルが少なくなる」という安全面で高評価をしている方もいました。

これを使うと、煮込み料理の失敗が激減するのです。
長時間、火を使って鍋を見ていなくても済むし、焦げる心配もしなくていい。
一定時間加熱して、保温しておけばいいのです。
大変な労力を使って豆を煮るのに失敗してる方、圧力鍋・炊飯器の玄米炊きでもなかなか満足いかない方にもお勧めします。

感動!感動!ただただ感動!信じられない!他の方のレビュー通り、ほっといて煮込みできあがり。別に急がない場合は朝から仕込んで夕方には出来上がり。かき混ぜる手間も要らないし、放置プレイですね。また夜に仕込んで朝から出来上がり。

離乳食を作る際に便利なので、重宝していました。離乳食の作り置きを作るときに、子供の様子を見ながらですと、鍋を焦がしてしまうこともよくあり大変でしたが、こちらなら焦がすことなく、子供が寝たら少し煮て、保温しておけば出来上がるので、手放せません!

サーモスのシャトルシェフの悪い口コミ・評判は?

比較的好評価が多いシャトルシェフですが、残念ながら自分には合わなかったという口コミも少しだけありました。一番の特徴である余熱調理ですが、この料理法について「省エネなのは良いけど、味はいつもどおりで時間だけが掛かって余計に手間」というコメントや「思ったよりお肉がやわらかく感じなかった」という口コミもありました。エコなシャトルシェフですが、短時間で一気に作りたい方には余熱で放置という調理法は逆にデメリットになってしまう印象になりやすいようです。エコでじっくり安全な調理法を取り入れてみたいという方にシャトルシェフはおすすめの製品と言っても良いでしょう。

サーモスのシャトルシェフの使い方は?


基本的には作りたい料理の材料を内鍋に入れ、似たり炒めたりして、十数分ほど煮込んで沸騰させてから保温容器に鍋をセットして蓋を締めたら後は放置するだけというお手軽な調理器具です。たとえばカレーなら人参や玉ねぎ、じゃがいもに肉といった材料を炒めて、水を入れ煮込みます。普通なら15~20分くらいかかる煮込み時間もシャトルシェフを使えば5分程度加熱してから保温器にセットして30分置いておくだけで後はルウを入れる時に少し火を通すだけで簡単に美味しいカレーができるのです。ずっと鍋の焦げ付きや吹きこぼれを気にせず、他の料理を作ることができるというのがシャトルシェフの良いところです。また、シャトルシェフを使用中はお鍋の蓋は何度も開けたりしないことが重要です。余熱で調理をしているので、蓋を開けるとどんどん冷めていってしまい調理ができなくなってしまうのです。

サーモスのシャトルシェフの価格は?

シャトルシェフの価格は容量が多いほど価格も高めになっていきます。たとえば少人数での使用を想定した「KBJ」シリーズならAmazonでおおよそ7300円程度になります。また、大容量に対応した4.5Lタイプのものは11000円程度の価格で購入ができます。鍋として考えると少々高めに感じますが、他社製のスイッチひとつで何でも調理をしてくれる全自動の鍋と比べれば価格は親切ですし、手を出しにくいという価格でもないのではないと言えそうです。

サーモスのシャトルシェフを使ったおすすめレシピ5選

ポークカレー


シャトルシェフを使えば定番のカレーを余熱調理で美味しく作ることができます。豚肉、にんじん、たまねぎ、じゃがいも、カレールウの他にしょうがとにんにくを用意します。豚肉に塩こしょうで下味をつけ、にんにくと生姜はみじん切りに、他の野菜の皮を剥きお好みのサイズにカットします。シャトルシェフのお鍋にサラダ油大さじ2を入れ、肉、にんにく、生姜を炒めた後に野菜を入れ、水を3カップ入れたらアクを取りながら5分煮込みます。30分保温容器に入れて余熱調理をした後、ルウを入れ更にコンロで5分かき混ぜながらひと煮立ちさせれば完成です。

豚の角煮


調理に時間がかかり何かと難しいイメージがある豚の角煮ですが、シャトルシェフなら余熱の力でじっくりと熱を通し、基本的に放置するだけなので簡単に作ることができます。焼いた豚肉とねぎ、しょうがをアクを取りながら10分煮込み、保温容器に入れて1時間放置します。肉を一度取り出し、洗って切り分けた後に酒、醤油などの調味料を入れて沸騰させた鍋へ戻し10分弱火で煮込んだ後に2時間寝かせます。最後に砂糖と味醂で豚肉に照りをつければ完成です。

茶碗蒸し


シャトルシェフができることは煮込むだけではありません。茶碗蒸しのような蒸し料理にも最適です。だしで味付けをした卵液を作り、酒と醤油で味付けをした鶏もも肉、背わたをとったエビ、塩ゆでした銀杏、石づきを取ったしいたけなどお好みの材料を器に入れ卵液を注ぎ蓋をします。調理鍋に器を並べて、器の高さ半分ほどまでお湯を注いだら火にかけて2分沸騰させます。保温器に入れて10分保温した後、仕上げに三つ葉を乗せれば完成です。

いちごのジャム


シャトルシェフはおいしいいデザートを作ることも得意です。手作りの甘いいちごジャムも簡単に作れますよ。シャトルシェフの鍋にイチゴ700gとグラニュー糖180gをイチゴの水分が出るまで放置し、焦がさないようにヘラで混ぜながら火を通します。保温容器で30分イチゴを寝かせた後に、1/2個のレモンの絞り汁を鍋に入れ、イチゴと混ぜ合わせればジャムの完成です。トーストやホットケーキのトッピングにおすすめです。

ごはん


料理の基本と言えばご飯ですが、ご飯も炊くことができます。3合のご飯を炊く場合、洗ったお米と3合分の水をシャトルシェフの鍋に入れ、30分浸します。浸し終わったら中火で火をかけ、沸騰したら弱火にして8分加熱します。保温容器で15分保温したら一度中のご飯を混ぜ合わせ、更に15分蒸らせばふっくらとした美味しいご飯ができます。

真空保温調理器の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、真空保温調理器のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

サーモスのシャトルシェフで美味しいご飯を

いかがでしたか。余熱で調理することでガスや電気代を気にせず美味しく調理できるシャトルシェフなら煮込み料理はもちろん、デザートやご飯まで炊けてしまいます。ひとつでバリエーション豊富な使い方ができるのはシャトルシェフの魅力のひとつと言っても良いでしょう。手軽に時間を有効活用してみたいと思う方はぜひ、サーモスのシャトルシェフの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事の商品一覧

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBB-1600 CBW

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBB-1600 CBW

¥30,874 税込

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBG-3000

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBG-3000

¥9,634 税込

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ 2.8L アプリコット KBF-3000 APR

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ 2.8L アプリコット KBF-3000 APR

¥14,024 税込

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ RPE-3000

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ RPE-3000

¥9,740 税込

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBG-4500

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBG-4500

¥11,100 税込

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ  KBF-4500

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ KBF-4500

¥15,490 税込