口コミで評判のスノーピークの焚火台を徹底解説!選ばれている理由や使い方、焚火台の便利アイテムまで

キャンプの主役ともいえる焚火台には、実に様々なタイプがあります。数ある中でも、丈夫な設計とオプションアイテムが充実しているスノーピークの焚火台は、多くのキャンパーから支持されているアイテムのひとつ。そこで今回は、キャンパーに選ばれるスノーピークの焚火台の人気の理由や魅力を詳しく紹介します。ぜひ、お気に入りの一台を見つけて、素敵な時間を満喫してください。

毎日の暮らしを豊かにする"くふう"をYoutubeでも配信中

暮らしのくふうでは、毎日の暮らしに役立つライフハックを動画で紹介しています。
ぜひ、チャンネル登録、Twitterのフォローもよろしくお願いいたします。

スノーピークの焚火台の魅力とは?


簡単に設営できるところがスノーピークの焚火台の最大の魅力!平たい状態から、ワンタッチでパッと開くので簡単に設営でき、すぐに焚火ができる状態になります。片付ける時も折りたたむだけという手軽さが、焚火台を初めて利用する人に好評です。何かと準備の多いキャンプシーンで、この手軽さはかなり重宝します。高齢者や女性でも簡単に取り扱えるデザインがロングセラーの理由です。

スノーピークの焚火台の特徴は?

丈夫な設計


高温の火を長く使用すると、変形したり壊れたりすることがあり、一度変形してしまうと収納ケースなどに入らなくなってしまい、買い替えるしかない場合があります。ところが、スノーピークの焚火台はかなり頑丈にできているので、耐火性はもちろん、四本の脚もしっかり熱を受け止めるため、一度購入すると半永久的に使用することが可能です。このクオリティの高さが国内だけでなく、海外のキャンパーからスノーピークが支持されているポイントです。

怪我をしにくい


金属でできている焚火台は、鋭利になっている箇所がありますが、スノーピークの焚火台は角を落として丸くしているため、ケガをすることがあまりありません。簡単に設置組み立てできるだけでなく、片付けやお手入れの際も、安全性の高いスノーピークの焚火台なら、子供でも安心して取扱可能です。

シンプルで飽きのこないデザイン


スノーピークの焚火台は、世界がリスペクトするMade in Japan。ロングセラー商品が多いだけに、シンプルで飽きのこないデザインが多くのキャンパーを魅了しています。美しい曲線の棒状のフレームと角を落とした無駄のない溶接跡に、ブランドのこだわりが伝わってきます。美しいフォルムの焚火台を眺めているだけで、キャンパーの所有欲を満たしてくれるはずです。

スノーピークの焚火台の使い方は?


秋冬シーズンだけでなく、春先のキャンプでも焚火台は欠かせない必須アイテムです。そのため、使い方は自分次第なので、無限の可能性があります。例えば、暖かい焚火が恋しい季節には、焚火台で暖を取りながら、家族や仲間と有意義な時間を過ごすために欠かせません。また、別売りのオプションアイテムと組み合わせて、キャンプ飯を楽しむことも可能です。スノーピークの焚火台を自分流にアレンジすることで、キャンプでの楽しみは広がるばかりです。小さな子供のいる家庭の場合は、焚火台Sでも問題ありませんが、子供が大きくなった場合や大人数で暖を取る時は、焚火台M以上のサイズがおすすめです。

スノーピークの焚火台の仕様・サイズは?


スノーピークの焚火台には、3種類のサイズがあります。キャンプに参加する人数に合わせてサイズを選べるところが人気です。また、焚火台に耐久性を持たせるために、厚みのある丈夫なステンレスが素材として採用されています。実際に、5年使用しても熱や衝撃で変形することがないという声が聞こえてくるほど丈夫で、買い替えの必要がないアイテムといってもよいでしょう。その一方で、耐久性の高さからに反比例して、どっしりとして重量感があります。重いだけあり、溶接部分は頑丈でタフで壊れにくいという特徴があります。
 
・Sサイズ・・・1~2人用(1.8kg)
・Mサイズ・・・2~3人用(3.5kg)
・Lサイズ・・・3~4人用(5.3kg)
 
SサイズとLサイズでは重さがかなり異なり、Lサイズに関しては簡単に移動できないほどの重さがあります。

そのため、ソロキャンプやデュオキャンプならSサイズ、ファミリーやグループでのキャンプならLサイズなどがおすすめです。また、スノーピークの焚火台で一番小さいサイズのSRシリーズは、ソロキャンパーのために開発された焚火台なので、ソロキャンプが趣味という方は、ぜひチェックしてみてください。

スノーピークの焚火台のケースは?

Snow Peak (スノーピーク) 焚火台Lスターターセット SET-112S
Snow Peak (スノーピーク) 焚火台Lスターターセット SET-112S

スノーピークの焚火台には、収納ケースもセットでついています。ただし、グリルネットや炭床Pro、ベースプレートなどのオプションアイテムをそろえた場合には、標準装備されている収納ケーには入りきりません。そのため、オプションアイテムを一緒に収納したい場合は、別売りのコンプリート収納ケースを購入する必要があります。焚火台のコンプリート収納ケースも、S・M・Lサイズでリリースされています。サイズが大きくなるごとに価格も1,000円ずつ高くなっていきますが、綿帆布記事を使用した丈夫な作りが特徴です。焚火台が出てこないようにベルト式になっていて、ライターや着火剤などの小物を収納できるポケットなども付いていて便利。オプションアイテムを収納しても窮屈な感じにはなりません。

スノーピークの焚火台と合わせて使うと便利なアイテム

ここからはスノーピークの焚火台と合わせて使うと便利なアイテムをご紹介いたします。
ぜひ、焚火台とともに検討してみてくださいね。

炭床Pro


炭を燃えやすくするための道具が炭床。炭床は、S・M・Lとサイズ展開している焚火台に対応したものがオプションアイテムとして販売されています。ただ、焚火台と同じサイズの炭床では、バーベキューの際に網と炭が近すぎるということがあるため、焚火台Mを使用する場合は一回り小さい炭床Pro Sを購入するのがおすすめです。

焚火台ベースプレート・スタンド

Snow Peak (スノーピーク) ベースプレート ST-033BP
Snow Peak (スノーピーク) ベースプレート ST-033BP

ベースプレートは、焚火台の下に設置することで、熱や火の粉から芝生や微生物を守ってくれる便利なアイテムです。ちょっとした気遣いで自然にダメージを与えることなく、キャンプを楽しめるので、できる限り準備しておきたいアイテムの一つです。また、ベースプレートスタンドは、ベースプレートの下に敷いてさらに放熱をするためのオプションアイテムです。スタンドの高さだけ焚火台を底上げすることが可能なので、焚火台の高さを上げたい時に使用すると効果的に利用できます。

焚火台グリルブリッジ

Snow Peak (スノーピーク) 焚火台グリルブリッジ ST-033GBR
Snow Peak (スノーピーク) 焚火台グリルブリッジ ST-033GBR

キャンプの醍醐味であるキャンプ飯を楽しむために欠かせないアイテムがグリルブリッジ。グリルブリッジの上に焼き網やプレートを置いて調理すると、本格的な料理の数々を楽しむことが可能です。高さを3段階変えることができるので、炭火と焼き網やプレートの距離を調節することができます。自分の好きな火加減で調理できるところが人気のポイント。グリルブリッジLは、スノーピークの焚火台のLサイズにぴったりサイズで、ハーフサイズの焼き網を2つ並べて使用できるので、一度に異なる種類のメニューを調理できます。

焼アミPro.


キャンプ飯では、焼き網にもこだわりたいという方がいらっしゃるはずです。焼アミProのMサイズは、4~5人に適しているのでファミリーにおすすめです。Mサイズに比べ、Lサイズは、とても頑丈な造りになっていることから、ダッチオーブンも設置できるので料理の幅が広がります。また、スノーピークの焚火台のLサイズを利用するのなら、厚みのあるステンレス製のがっちりしたハーフサイズもおすすめです。使い続けても変形しにくいだけでなく、ハーフサイズを2枚用意すると、同時に様々な料理を楽しめます。

焚火台グリルネット

スノーピーク(snow peak) 焚火台グリルネット
スノーピーク(snow peak) 焚火台グリルネット

グリルネットは、高さを3段階に調節できるようになっているため、焚火台に乗せてグリルネットの脚を引っ掛けるだけで簡単にセットできます。焚火台に直接設置してバーベーキューを行うことも可能ですが、丈夫な作りなのでコッヘルを置いたり、大きな塊肉やステーキを焼くのに重宝します。小さくカットした肉やソーセージでバーベキューする場合は、小さな網目の焼き網を重ねて使うなど工夫が必要です。スノーピーク製品ということで、たわしでゴシゴシ洗っても問題ありませんが、網目の隙間汚れが気になる場合は、ワイヤーブラシなどで定期的にメンテナンスすることをおすすめします。

ジカロテーブル

Snow Peak (スノーピーク) ジカロテーブル ST-050
Snow Peak (スノーピーク) ジカロテーブル ST-050

八角形の画期的なテーブルは、焚火台を中央に設置することで、焚火を囲むようにアウトドア料理を楽しめます。テーブルの形をアレンジしやすいという特徴があるので、ファミリーキャンプにおすすめのアイテムです。持ち運びに便利な収納ケースが付いているところもうれしいポイントです。

スノーピークの焚火台の口コミ・評判は?

スノーピークの焚火台の良い口コミ・評判は?

購入商品:スノーピーク焚火台L
20年以上前にこの商品を思い切って購入しましたが、重いです…が、最高です。購入してガンガン使ってますが全く問題無し、キャンプブームで色んな焚火台が販売されて周りの友達が別メーカーのをいろいろ購入しましたが、現在はみんなこの商品を使ってますね。コレは死ぬまで使えます。オススメ^_^

購入商品:スノーピーク焚火台M
振り返って見るとアレやコレやと悩んで買って、倉庫には10台近くのヤキモチ火器があるけれど、僕のメインの焚火台&コンロはスノピに落ち着いてます。オプション加えるとかなりの出費ですが、結局はコレで物欲が封印されて、アルコールやガス系の火器に予算が回る様になりました。頑丈かつシンプルで機能美もあるから使い込むほどに所有満足が高まります。

購入商品:スノーピーク焚火台S
毎回、家のチビさんと行く二人キャンプが主の自分にはこの程度の大きさの焚火台で丁度良い。今回耐久性に期待して購入しました。
ただし小さく、重いです。特に薪受けの底が思いのほか浅いです。
キャンプ場で販売している薪の大半は焚火台からはみ出すこと必至です。

スノーピークの焚火台の悪い口コミ・評判は?

購入商品:スノーピーク焚火台S
ソロキャンプ用にSサイズです。素材感やつくりが良くて価格以上の価値を感じ、いいもの持っている感は抜群ですが、単純に焚火を愉しむには、微妙です。地面にオキが落ちる、やがて灰が溜まり燃え残る。オプションのグリルネットを使っての焚火調理も良かったですが、次第に扱いが面倒になってこの頃は出番がないです。

焚火台の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、焚火台のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

スノーピークの焚火台でキャンプをもっと快適に

いかがでしたか。スノーピークの焚火台は、大自然の中でキャンプを快適に過ごすためのアイテムとして魅力的です。焚火の炎にある1/f揺らぎ効果は、眺めているだけで心が和み、日常のストレスを緩和してくれます。ぜひ、自分のキャンプスタイルに合うスノーピークの焚火台を見つけて、やわらかな灯を囲みながら、贅沢な時間をお過ごしください。

この記事の商品一覧

Snow Peak (スノーピーク) 焚火台 ST-032RS

Snow Peak (スノーピーク) 焚火台 ST-032RS

¥17,160 税込

Snow Peak (スノーピーク) 焚火台Lスターターセット SET-112S

Snow Peak (スノーピーク) 焚火台Lスターターセット SET-112S

¥27,280 税込

Snow Peak (スノーピーク) 炭床PRO ST-031S

Snow Peak (スノーピーク) 炭床PRO ST-031S

¥2,640 税込

Snow Peak (スノーピーク) ベースプレート ST-033BP

Snow Peak (スノーピーク) ベースプレート ST-033BP

¥2,530 税込

Snow Peak (スノーピーク) 焚火台グリルブリッジ ST-033GBR

Snow Peak (スノーピーク) 焚火台グリルブリッジ ST-033GBR

¥5,280 税込

Snow Peak (スノーピーク) 焼アミ PRO. ST-033MA

Snow Peak (スノーピーク) 焼アミ PRO. ST-033MA

¥5,170 税込

スノーピーク(snow peak) 焚火台グリルネット

スノーピーク(snow peak) 焚火台グリルネット

¥5,531 税込

Snow Peak (スノーピーク) ジカロテーブル ST-050

Snow Peak (スノーピーク) ジカロテーブル ST-050

¥32,780 税込

おすすめの記事

口コミで評判のキャプテンスタッグテントのおすすめ人気ランキング10選!2ルームやソロテント・ワンタッチテントなど
アウトドアの必須アイテムの1つがテント。各メーカーから数多くのテントが販売されています。ただ、テントを購入する場合、デザイン・コスト・設営のしやすさなど、選ぶポイント様々です。そこで今回は、人気アウト...
スポーツ・アウトドア 11view
【ニトリ・無印】揚げ物フライパンのおすすめ人気ランキング10選!IH対応タイプや小さいものなど
揚げ物フライパンは、揚げ物をするのに便利です。揚げ物フライパンは、鍋底が深くて揚げ物がしやすいからです。とはいっても数多くある揚げ物フライパンから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある揚げ物フラ...
キッチン用品 11view
【ニトリ・無印・ダイソー】一人用鍋のおすすめ人気ランキング10選!ステンレス製やIH対応のものなど
一人用鍋は、色んな調理に使えておすすめです。一人用鍋は、鍋料理だけでなく雑炊やラーメンなど幅広く対応するからです。とはいっても数多くある一人用鍋から選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある一人用鍋...
キッチン用品 59view
【リッチェル・ピジョン・ニトリ】離乳食スプーンのおすすめ人気ランキング10選!いつから必要?選び方なども
離乳食スプーンは、赤ちゃんに離乳食を食べさせるのに便利なアイテムです。離乳食スプーンは、赤ちゃんが食べやすいように設計されているスプーンからです。とはいっても数多くある離乳食スプーンから選ぶのは大変で...
ベビー・キッズ・玩具 71view
【ニトリ・無印・100均】フライ返しのおすすめ人気ランキング10選!ステンレス製やシリコン製など
フライ返しは、色んな調理に使えておすすめです。フライ返しは、食材を返したり、炒めたり、盛り付けたりと幅広く重宝するからです。とはいっても数多くあるフライ返しから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気の...
キッチン用品 56view
【ニトリ・無印・ダイソー】バターナイフのおすすめ人気ランキング10選!木製デザインのものがおしゃれ
バターナイフは、パンにバターを塗るのに適したアイテムです。バターナイフは、硬いバターをほどよく溶かしてパンにまんべんなくムラなく塗ることができるからです。とはいっても数多くあるバターナイフから選ぶのは...
キッチン用品 41view
モンベル寝袋シュラフのおすすめ人気ランキング10選!保温性が高く冬キャンプ、登山、車中泊でも使える
シュラフといえば、モンベルといわれるくらい多くのキャンパーを魅了しているモンベルの寝袋シュラフ。数あるアイテムの中でも高い人気を誇っているシュラフは、見ただけ、触っただけでは、すべて同じに見えますが、...
スポーツ・アウトドア 118view
【コールマン・スノーピーク】ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング10選!打ち込みタイプ・卓上タイプ、三脚タイプなど
アウトドアシーンに欠かせないランタンを吊るすための「ランタンスタンド」。シンプルなアイテムながら、アウトドアライフに欠かせないアイテムの1つです。各メーカーから、1本脚タイプや3本脚タイプなど、様々な...
スポーツ・アウトドア 94view
【ニトリ・無印・カインズ】10連ハンガーのおすすめ人気ランキング10選!折りたたみ式やオールステンレス製など
家族が多い洗濯は洗濯量も多くて物干し竿におさまらなかったり、ピンチタイプだとティシャツやタンクトップが型崩れして伸びたまま乾燥されてしまうこともありますよね。そんな時にはここでご紹介する10連ハンガー...
生活雑貨・日用品 85view
【ニトリ・ロンハーマン】サンドピクチャーのおすすめ人気ランキング10選!満月・天の川など幻想的でおしゃれなものなど
おしゃれなインテリアとして人気のサンドピクチャー。二度と同じものができない不思議な砂のアートは、見ているだけでも癒されますよね。そんなサンドピクチャーが気になる人に向け、ここではサンドピクチャーの魅力...
インテリア・家具 102view

人気の記事

【ニトリ・ドンキ】ヨガポールのおすすめ人気ランキング10選!使い方や効果なども紹介!腰痛・肩こりにも
【ニトリ・無印・フランフラン】スパバッグのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれでメッシュ製のものが人気
口コミで評判のスノーピークの焚火台を徹底解説!選ばれている理由や使い方、焚火台の便利アイテムまで
【DOD・コールマン】ワンポールテントのタイプ別おすすめ人気15選!ソロ&ファミリー別に紹介!メリットやデメリットも
【キャノンデール・スペシャライズド】グラベルロードのおすすめ人気ランキング10選!クロモリ製のものや後悔しない選び方なども
プロテインシェイカーは無印のポリプロピレンマグで代用できる!口コミでの評判や特徴などを紹介
口コミで評判のコールマンのインフィニティチェアを徹底解説!座り心地最高で愛用者も続出中
コールマンのクーラーボックスのおすすめ人気ランキング10選!定番のエクストリームや小型タイプまで保冷力の高いものを厳選
DODテントのおすすめ人気ランキング10選!ワンタッチ式や人気のカマボコテント・ソロテントなど
【jackery・anker・カインズ 】大容量のポータブル電源のおすすめ人気ランキング10選!選び方や寿命なども