2021年09月13日更新

焚火台のおすすめ人気ランキング10選!焚火台シートや焚火台テーブルなども合わせて紹介

バーベキューやキャンプをするときに欠かせない焚火台ですが、いろいろなメーカーが出しているので何を基準にして選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は焚火台の魅力やその選び方、おすすめ商品についてご紹介します。焚火台に欠かせない焚火台シートについてもあわせてご紹介するので参考にしてみてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

焚火台の魅力とは?


焚き火というと、地面に直接薪を組んで焚き火をすればよいのではと思われる方もいるかもしれません。しかし最近は地面に薪を置いて直接火を使うことを禁止にしているキャンプ場がほとんどです。つまり焚火台は、キャンプ場では必須アイテムの一つになっています。焚火台があれば調理したり、あたたまったりなど活躍します。また、静かに焚火台で揺らぐ炎を見ていると、心もリラックスします。

焚火台の選び方

用途に合わせて選ぶ

焚火台はその形状もいろいろで、鑑賞に向いていても調理には向いていないといった商品もあります。焚火台を選ぶときはなにに使いたいのか、主な目的をはっきりと指せたうえで選ぶことが大切です。調理に使いたい場合は、調理に必要なパーツがそろっているのか確認する必要があります。たとえば煮炊きをするなら鍋が置けるゴトク付きのものを、バーベキューをするなら鉄板・網付きのものを選びたいものです。ネットで買うときは付属品を詳細でよく確認しましょう。

サイズや人数で選ぶ

ソロキャンプで使うのか、大人数で使うのかによっても選びたい焚火台の大きさは変わってきます。何人で使うのか、ある程度の人数を把握した上で焚火台を選ぶようにしましょう。特に調理に使う場合、小さな焚火台では人数分の食材を調理するのが難しく、食事の支度に手間取ってしまいがちです。また、使う薪のサイズに合わせて選ぶことも大切です。キャンプ場に売っている薪は30~40cmが一般的なので、最低でも薪をくべる横幅が30cm以上あるものを選びましょう。

使いやすさで選ぶ

これから初めての焚火台を買うという場合、使いやすさにも注目しましょう。組み立てが難しい焚火台だと、火を起こすまでに時間がかかってしまいます。組み立て方がシンプルなものを選びたいですね。できるだけパーツが少ないものを選ぶと組み立ても簡単です。また、パーツが少ない方が使った後のお手入れも楽なので便利です。各商品の口コミなども参考にして、使いやすさをチェックしましょう。焚火台を開いて薪を載せるだけといった構造がおすすめです。

焚火台のおすすめブランド・メーカーは?

ユニフレームの焚火台


焚火台は火を使うだけに、安心できる国産メーカーの商品がほしいという方もいるでしょう。ユニフレームは1970年創業の日本のアウトドアメーカーで、焚火台に関しては「ファイアグリル」「薪グリル」など多くの人気シリーズがそろっています。優れた品質と耐久性がある上に、価格も比較的リーズナブルなので、初心者でも扱いやすく買いやすいメーカーとなっています。

スノーピークの焚火台


今やキャンプをする人であればだれでも一度は耳にしたことがある日本の代表的なアウトドアブランドです。本社は新潟県三条市にあり、1996年に「焚火台」という新たなキャンプギアのジャンルを作り出したことでも知られています。スノーピークの焚火台は重厚感があって調理しやすいのが特徴です。値段はそれなりしますが、耐久性があるので長く愛用できます。

コールマンの焚火台


キャンプをしない人でも知っている有名なアメリカ老舗のアウトドアメーカーで、日本のキャンプブームはコールマンの商品があったからこそと言っても過言ではありません。代表的な商品であるファイアーディスク以外にも調理がしやすいモデルもあり、初心者でも簡単に安心して使えます。コールマンの焚火台は比較的手に入れやすい価格なのも魅力です。

焚火台のおすすめ人気ランキング10選

ここからは焚火台のおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りの焚火台を見つけてみてくださいね!

第10位:Delamu 焚き火台 キャンプ たきび台


安定性と耐久性に優れたキャンプ用の焚火台です。縁に溝が入っているので、焼き網をのせたときにずれずにしっかりと固定できます。一体型モデルなので、組み立ても片付けも簡単です。シンプルなつくりでパーツが少ないので、使用後のお手入れも楽です。折りたたむと平たくなるモデルなので、取っ手を持って手提げのように持ち運べます。オフシーズンで使わないときもコンパクトなので、収納スペースがない住居でも無駄なく使えます。

第9位:ヨーラー(YOLER) スマートフォールディングコンロ

ヨーラー(YOLER) スマートフォールディングコンロ

よーらーのコンロは10秒で組み立てられ、10秒で片づけられると謳っている組み立て式の焚火台です。風よけ板がついているので、風が気になるときも安定した火力で使えます。たたむと薄型でコンパクトになり、付属のトートバッグに収納し気軽に運べます。ゴトクや焚火台、焼き鳥台、バーベキューコンロなどアイデア次第で使い方の幅も広がります。十分な熱量があり、ソロキャンプはもちろん家族キャンプにもおすすめの商品です。

第8位:ベルモント(Belmont) 焚火台


釣り具メーカーとして知られているベルモントの焚火台は、組み立て時のサイズが237×360×170㎜とコンパクトにもかかわらず、大きめの薪も横にして2~3本のせることができます。キャンプ場で手に入る薪のサイズが大きくてもそのまま使えます。火床はチタニウムの0.3mm厚を採用しているので、軽量ながらも耐久性に優れた商品です。ソロキャンプだけでなく、2~3人のキャンプにも使えるサイズです。

第7位:FlexFire ソロキャンプ 焚火台


ソロキャンパーにおすすめの、コンパクトサイズの焚火台です。ドイツ生まれでヨーロッパのアマゾンでもユーザーから高評価を得ている商品です。たたむと新書や長財布程度のサイズになるので、リュックサックのポケットに入れることができます。バックパッカーでできるだけ荷物をコンパクトにして運びたいという方にもぴったりです。使用時は、周囲がプレートで囲まれるので風から炎を守りながら調理できます。グリルプレートを使えば、肉もしっかりと焼けます。

第6位:ヨーラー(YOLER) 折りたたみコンロ


たたむとコンパクトになり、組み立てもわずか10秒でできると評判のミニコンロです。ゴトクや焼き鳥台、バーベキューコンロとしても使えます。830gと超軽量で、安定性と耐久性に優れた折りたたみコンロなので、気になる方は常備しておくのもよいでしょう。炭ストッパーが付いているので、炭や火が外にあふれることなく安全に火の管理ができます。自分用に購入するのはもちろん、キャンパーの友人などにプレゼントしても喜ばれるでしょう。

第5位:TokyoCamp 焚火台


たたむとA4サイズの収納ケースにコンパクトに収まる焚火台です。カバンにスムーズに収まるサイズ感なので、登山やバックパッカーなど、できるだけ荷物をコンパクトにして移動したい方にもおすすめの商品です。大きな薪も収まるので、使うたびに薪のサイズを気にする必要もありません。空気も通りやすいので、安定した火力を保ちやすいのも魅力です。見た目はきゃしゃですが10㎏程度の薪をのせることができるので、使い勝手も抜群です。

第4位:コールマン(Coleman) 焚き火台


満月型の受け皿のような形をしたコールマンの焚火台は、数ある焚火台の中でも人気商品の一つです。直径30cmとソロキャンパーにおすすめのサイズです。薪をそのまま上にくべることができるので、薪のサイズを気にする必要がありません。わずか3秒で組み立てることができ、本体はさびにくいステンレス製となっています。簡単に使えて見た目もおしゃれな焚き火台が必要なら、この商品をチェックしてみてください。

第3位:CARBABY バーベキューコンロ 焚き火台


これ一台あれば、焚火はもちろんバーベキューや煮込み料理まで活躍します。ショルダーバッグのようにして持ち運べる収納バッグがついているほか、火おこしに便利な火吹き棒もついているので、火を起こすのが苦手という方でも安心です。車でなくても、バイクや自転車に簡単に積み込めるので、どこでもいつでも気軽に焚き火やキャンプ料理を楽しむことができます。使用後も、パーツをすべてばらしてお手入れができます。

第2位:SxoSyo 一台3役 焚き火台


焚火はもちろん、ダッチオーブンやバーベキュー、料理などマルチに活躍する焚火台です。高品質のステンレスを使用しており、120時間燃やし続けても変形しないと評判の商品です。焚火を分散して乗せたときの耐荷重は5㎏なので、大きくて重たい薪をのせても大丈夫です。通気性抜群なので、短時間で火が起こせ、一度起こした火も安定して燃え続けることができます。組み立ても簡単で、さらに日本語の説明書が付いているのできちんと理解しながら組み立てられます。

第1位:SCAMPER バーベキューコンロ 焚火台


家族や友達と野外でバーベキューを楽しむのにぴったりの焚火台兼バーベキューコンロです。組み立て時のサイズは31cm×31cm×22cmと、2~4人で楽しむのにちょうどよい大きさです。専用の収納バッグが付いているので、折りたたんで傷をつけることなく安全に携帯できます。洗いやすく、使用後のお手入れも楽だと評判の商品です。キャンプに行かない方も、友達とバーベキューに行く予定があるのであれば、ぜひチェックしてみてください。

焚火台の洗い方は?

使った後の焚火台はどのように手入れをしたらよいのか迷われるでしょう。使った後その場では洗いたくない、洗ってから乾かすまでの時間がもったいないので自宅で洗いたいという方には土のう袋がおすすめです。使用後、炭を捨てたら簡単にブラシで焚火台の汚れを落とし、土のう袋に入れて自宅に持ち帰ります。こうすれば持ち運んでいる間に焚火台の汚れが車やカバンに付着しませんし、自宅でゆっくりと洗えます。洗うときは焚火台をしっかりと冷ましてから水で洗います。熱いままの状態で冷水をかけると金属が急激な温度変化で歪むことがあるので要注意です。洗った後はしっかりと水分を拭き取り、乾かしてから収納しましょう。水分が残っているとさびてしまいます。

焚火台シートとは?

焚火台を使うのであれば、同時に焚火台シートも買っておきましょう。焚火台シートは地面を焚火の熱や火の粉から守る役割があり、キャンプ場の芝生などを傷めたくないのであれば使う必要があります。メーカーやブランドによっては耐火マットやスパッタシートと呼ばれることもあるので、購入するときは注意しましょう。

焚火台シートのおすすめ人気ランキング5選

第5位:CARBABY 焚き火シート


主素材はファイバーグラスでできており、瞬間使用温度は1500度、作業温度は700度まで耐えられる焚火シートです。ファイバーグラスというと手で触れたときにチクチクしそうですが、表面はしっかりとシリカコートが施されており、手で触れても柔らかく肌触りがよいシートです。四隅にハトメが付いているので、地面にしっかりと固定できます。このシートを焚火台の下に敷けば、地面の草に火の粉がふりかかって燃えるのを防ぐことができます。

第4位:ZEN Camps 焚き火シート


耐熱温度は550度、瞬間使用温度1500度の焚き火シートで、60cm×95cmと大判サイズになっています。折りたたむとコンパクトな上に超軽量タイプなので、リュックサックのポケットに入れてもかさばりません。バーベキューや花火に使えるほか、2つに折れば卓上バーベキューグリルの保護シートにも使用できるので、一枚あればマルチに活躍します。キャンパーのエチケットとして、キャンプグッズとセットにして常備しておきたいですね。

第3位:YUNOKO 防火シート キャンプ不燃シート


キャンプに必須の不燃シートです。グラスファイバーを使用しているので、広げたりたたんだりするときはガラス繊維が指に刺さらないよう手袋を使うようにしましょう。連続使用耐熱温度は800度で、瞬間使用温度は1300度となっています。地面に火の粉が降りかかって草が燃えるのを防ぐほか、熱が地面を伝って広がるのを防いでくれます。厚さはわずか1mmであるものの、燃えにくく破れにくい素材なので安心して使えます。

第2位:Chaslean バーナー シート


他社の類似品はグラスファイバーを使っているものが多いですが、このシートは特殊なアクリル繊維を高温処理した炭化繊維を使用しています。ほつれ防止加工をしているので、好きなサイズにカットして使うこともできますし、使用しているうちに布地がほどけてくることもありません。グラスファイバーだと扱いに困るという方におすすめの商品です。焚火シートとしてはもちろん、溶接・溶断時の火花受けシートや防火カバー、防炎カーテン、遮熱カーテン、養生シート、キャンプストーブなどマルチに使えるので一枚あると便利です。

第1位:ICHIFUJI 耐火 防炎 スパッタシート


瞬間使用温度は1500度、作業温度は700度まで耐えられるスパッタシートです。このシートがあれば、庭の芝生の上でも安心してバーベキューや焚火を楽しむことができます。DIYでバーナーを使った作業をする方にもおすすめの商品です。高品質で厚手のグラスファイバーシートを採用しているので、優れた耐熱性、耐火性、断熱性を誇るシートです。専用の収納袋が付いているので、持ち運び中もシートを傷めることなく安心して携帯できます。

焚火台テーブルのおすすめ人気ランキング5選

第5位:コールマン(Coleman) 焚火台テーブル

コールマン(Coleman) 焚火台テーブル ファイアープレーステーブル

コールマンの焚火台テーブルは、軽量でコンパクトな上に組み立てや片付けが簡単です。サビに強いステンレス製なので、雨天が気になるときも安心して使えます。お手入れのときにもサビを気にせず水洗い可能です。コールマンのロゴが入った専用収納ケースが付いているので、携帯性にも優れています。中央に焚火台を置いてそれを囲みながら家族団らんを楽しむこともできます。焚火台で食材を調理しながら、同時にテーブルにグラスやお皿などを置いて食事ができるので、友人とわいわい楽しむのもよいですね。

第4位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用 焚火台

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用 焚火台

コの字になったテーブルを二つ組み合わせて使う焚火台テーブルで、その組立サイズは幅910×奥行650×高さ260mmになります。中央の空いた部分に焚火台を設置し、テーブル部分にドリンクやお皿を置けば、焼きあがった食材をそのままテーブルについたままの状態で食べることができます。テーブルが網目状になっているので、そこに焚火台で使うトングなどを引っかけて使っているという方もいます。コスパに優れた使いやすい商品だと評判です。

第3位:BUNDOK(バンドック) マルチ 焚き火テーブル


83cm×68cmの長四角のテーブル四つを組み合わせて焚火台用のテーブルとして使えます。もちろんばらばらにしてサイドテーブルのようにして使うのも一案です。四つぴったりとくっつけて並べると一つの大きな四角いテーブルになります。組み合わせ方で使い方の幅が広がる便利なテーブルです。スチール製なので耐久性にも優れています。専用の収納バッグが付いているので携帯にも便利です。一つあれば、家族や友人との屋外レジャーに大活躍することでしょう。

第2位:Ms.RAJA 焚火台テーブル


四つのフレームと四つの細長いプレートがセットになった商品で、口の字に並べて焚火台テーブルとして使えるほか、上段と下段に分かれた二段式のテーブルにしたり、背の高いテーブルにしたりと、アイデア次第でいろいろと使えるテーブルです。耐火仕様になっているので、中央に焚火台を設置して火を使っても安心です。普ほかのブランドやメーカーとは違った形状のテーブルがほしい、一つでマルチに使える焚き火台テーブルを探しているという方におすすめの商品です。

第1位:キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル

キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル

耐熱および耐滴加工が施された焚火台テーブルで、焚き火を安全に楽しみたい方に人気の高いモデルです。すべてのパーツを一つの収納袋に収納して携帯できるので、持ち運びも簡単です。口の字にして焚火台テーブルとして活用したり、三の字に並べてベンチとテーブルとして使ったりなど、便利なテーブルです。天板部分はメッシュ状ではないので、細かい雑貨も地面に落とす心配をせず安心して置けます。アルミニウム製なので軽くて熱に強く、使いやすいと高評価を得ているテーブルです。

焚火台の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、焚火台のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

焚火台でキャンプをもっと楽しく

今回は焚火台や焚火台シートおよび焚火台テーブルなどについてご紹介しましたが、いかがでしたか?キャンプや庭でのバーベキューに欠かせない焚火台ですが、今回の記事を参考にして、ぜひ使いやすい商品を選んでみてください。焚火台を購入するときに、合わせて焚火台シートやテーブルも手に入れておけばいつでも万全の状態で焚火が楽しめます。

この記事の商品一覧

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル
ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル
スノーピーク 焚き火台 ST-033R
スノーピーク 焚き火台 ST-033R
コールマン(Coleman) 焚き火台
コールマン(Coleman) 焚き火台
Delamu  焚き火台 キャンプ たきび台
Delamu 焚き火台 キャンプ たきび台
ヨーラー(YOLER) スマートフォールディングコンロ
ヨーラー(YOLER) スマートフォールディングコンロ
ベルモント(Belmont) 焚火台
ベルモント(Belmont) 焚火台
FlexFire ソロキャンプ 焚火台
FlexFire ソロキャンプ 焚火台
ヨーラー(YOLER) 折りたたみコンロ
ヨーラー(YOLER) 折りたたみコンロ
TokyoCamp 焚火台
TokyoCamp 焚火台
コールマン(Coleman) 焚き火台
コールマン(Coleman) 焚き火台
CARBABY バーベキューコンロ 焚き火台
CARBABY バーベキューコンロ 焚き火台
SxoSyo 一台3役 焚き火台
SxoSyo 一台3役 焚き火台
SCAMPER バーベキューコンロ 焚火台
SCAMPER バーベキューコンロ 焚火台
CARBABY 焚き火シート
CARBABY 焚き火シート
ZEN Camps 焚き火シート
ZEN Camps 焚き火シート
YUNOKO 防火シート キャンプ不燃シート
YUNOKO 防火シート キャンプ不燃シート
Chaslean バーナー シート
Chaslean バーナー シート
ICHIFUJI 耐火 防炎 スパッタシート
ICHIFUJI 耐火 防炎 スパッタシート
コールマン(Coleman) 焚火台テーブル ファイアープレーステーブル
コールマン(Coleman) 焚火台テーブル ファイアープレーステーブル
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用 焚火台
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用 焚火台
BUNDOK(バンドック) マルチ 焚き火テーブル
BUNDOK(バンドック) マルチ 焚き火テーブル
Ms.RAJA 焚火台テーブル
Ms.RAJA 焚火台テーブル
キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル
キャンパーズコレクション ファイアープレイステーブル
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

【ワークマン・サーモス・コールマン】保冷リュックのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれなものやアウトドアなど
アウトドアや普段の買い物などのシーンで食材や飲み物を冷えた状態で持ち歩きたい場合には保冷バッグなどがおすすめですが、背負うことができる保冷リュックは両手が使えるので荷物が多い場合やお子様と手を繋ぎたい...
ファッション
【100均・ダイソー・セリア】ホットケーキ型のおすすめ人気ランキング10選!メリットや代用品なども
ホットケーキをきれいな形で焼いてみたり、シンプルな丸い形状以外のものを焼いてみたいと考えたことはありませんか。ホットケーキ型を使用することでバラエティに富んだホットケーキを楽しむことができますよ。メー...
調理器具
【ダイソー・セリア・カインズ】シュレッダーはさみのおすすめ人気ランキング10選!ニトリや無印も
シュレッダーはさみは、使い勝手が良くておすすめです。シュレッダーはさみは、通常のシュレッターよりも大幅にコンパクトで場所を取らないからです。とはいっても数多くあるシュレッダーはさみから選ぶのは大変です...
インテリア・家具
【ダイソー・無印・ニトリ】使い捨てサニタリーボックスのおすすめ人気ランキング10選!100均で買える?
使い捨てサニタリーボックスは、いつでも清潔に保つことができておすすめです。使い捨てサニタリーボックスは、1回だけ使うタイプだからです。とはいっても数多くある使い捨てサニタリーボックスから選ぶのは大変で...
日用品・生活雑貨
【100均ダイソー】ラゲッジタグのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれかわいいものなども
ラゲッジタグは、旅行や出張などで空港を利用するときに便利なおすすめアイテムです。ラゲッジタグは、たくさんある荷物の中で目印になり、取り違えや紛失のときに便利だからです。とはいっても数多くあるラゲッジタ...
生活雑貨・日用品
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング