2021年11月25日更新

スノーピークのタープのおすすめ人気ランキング10選!焚き火でも安心&張り方のアレンジ方法もいろいろ

クオリティの高いアウトドアギアをリリースし続けているスノーピーク。中でも、スノーピークのこだわりが詰まったタープには、数多くの魅力的なモデルが揃っています。そこで今回は、スノーピークのおすすめタープをご紹介します。人気の理由や選び方のポイントなども解説するので、これからタープを購入しようと検討している方はぜひチェックしてみてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

スノーピークタープの魅力とは?


スノーピークタープ最大の魅力は、リリースされているタープすべてで最高の品質を提供していること。本体に厚手の生地を採用することで遮光性の高いタープを作り出し、まぶしい日差しをシャットアウトしてくれます。また、一部のモデルを除き耐水圧を「○○mmミニマム」と表記しています。その意味は「タープのすべてで最低でも○○mmを保証します」ということで、強い雨でも水の侵入を防いでくれます。一般的には、耐水圧はタープの平均値を表記することが多いようで「「本当に良いものだけをユーザーに届けた」いというスノーピークならではのこだわりが「ミニマム」と表記に詰まっています。また、タープの永年保証を設けていることも、ユーザーにとっての魅力といえるでしょう。ハイスペックなタープは、長期間使用することの多いアイテムなだけに、保証が付いていることで安心して使い続けられます。

スノーピークタープの選び方

タープのモデルをチェックする


初めてタープを購入する場合、豊富なラインナップの中からお気に入りのアイテムを見つけるのは至難の業。まずは、リリースされているタープのモデルをチェックすることが大事です。スノーピークタープは、エントリーライン・スタンダードライン・プロライン・アイボリーライン・プロエアラインの5つで構成されています。この他に、限定モデルなどもリリースされますが、基本的にはこの5つのラインで構成されています。通常のキャンプならエントリーライン・スタンダードラインのスペックで十分対応できます。プロライン・プロエアライン・アイボリーラインなどは、年間を通じて何度もキャンプに訪れるようなベテランキャンパーやタープの使い方をイメージできる方におすすめです。

設営の手間をチェックする


六角形のヘキサ型なら最低2本のポールでタープを張ることが可能ですが、長方形のレクタングラー型では、メインポール2本の他に四隅にもポールを立てることが多く、合計6本必要になります。必要なポールが多いと、張り縄の本数も増え、設営に手間がかかってしまいます。購入する際は、価格やデザインなども重要ですが、ポールの本数や設営方法などもしっかりチェックしてください。また、スノーピークタープは、モデルによりポールがセットになっていないことがあるので注意しましょう。

耐水圧の高いモデルを選ぶ


タースノーピークでは、耐水圧を「ミニマム」という表記が使用されています。例えば、3,000ミニマムなら、生地のどの場所でも耐水圧を保証するという意味です。また、一枚布に見えるタープもシェルター同様に縫い合わせた部分があるため、その隙間から雨漏りする可能性があります。スノーピークでは、雨漏りを防ぐためにシーム処理を施しています。一般的なキャンプでは耐水圧1,800mmミニマムで十分ですが、上級モデルでは3,000mmミニマムと性能が高くなります。購入の際は、耐水圧も確認するようにしましょう。

スノーピークタープのおすすめ人気ランキング10選

ここからはスノーピークタープのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのスノーピークタープを見つけてみてくださいね!

第10位:スノーピーク(snow peak) TAKIBIタープ オクタ


インナールーフに燃えにくい素材を採用している焚き火対応タープ。焚き火の近くに設営できるので、食事の準備も手間がかかりません。また、幕が2重構造になっているので、より遮光性が増し、夏場のキャンプも快適に過ごせます。変形八角形のタープは通常のタープよりも有効面積が広くなっているため、焚き火を眺めながらで入るできるところがポイント。大自然の中で焚き火の炎に癒されたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第9位:スノーピーク(snow peak) タープ HDタープ “シールド” スクエアエヴォ Pro TP-251

スノーピーク(snow peak) タープ HDタープ “シールド" スクエアエヴォ Pro TP-251

レクたタイプとウィングタイプの両方をアレンジして使用できるタイプ。コーナーの巻き上げが可能なスクエアタープは、ファミリーやグループでのキャンプにおすすめです。耐水圧3000mmと耐久性も高く、重量も4.8kgと軽量なところも魅力。シールド加工されているので、急な天候の変化にも対応できるので安心して使用できます。使い勝手の良いモデルをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

第8位:スノーピーク(snow peak) HDタープ“シールド” メーヴェ


中央が凹んだユニークな設計のタープは、3本のポールで構成された珍しいタイプ。人の動線となる部分を高くし、テーブルなどを配置する中央部が低くなるように考えられているので、美しいシルエットが特徴的です。また、雨対策として、中央部分から一番遠い3つの角に集中して雨が流れるように計算されているので、雨に濡れる心配がありません。大人数でのキャンプやBBQなど、人の出入りが多いアウトドアシーンに最適。

第7位:スノーピーク(snow peak) HDタープ シールド ヘキサエヴォ Pro. TP-250R


あらゆる天候に使用可能なシールドタイプは、炎天下や大雨などの悪天候でも活躍するシールドタープと、ポールやペグ一式がセットになっている優れモノ。幕下にいると体感温度が通常よりも2~3℃低く感じられるのは、遮光ピグメント加工された生地を使用しているから。丁寧に縫製した後にシームテープを圧着しているので、耐水性が大幅にアップしているところがポイント。アウトドアシーンだけでなく、災害時の備えとして耐水性・耐風性に優れているアイテムをお探しの方におすすめです。

第6位:スノーピーク(snow peak) タープ/R ランドステーション


オールシーズン活躍してくれるファミリーキャンプにおすすめのタープ。折り紙のように変幻自在に設営できるところが魅力です。大人数でのキャンプで使用するなら、中央の広場として使用可能。広大なスペースを誇るので、みんなでゆっくりくつろぐのに最適。遮光ピグメントPU加工を施し、設営スタイル次第では、シェルターとしても使用できるので、夏場のキャンプも快適に過ごせます。様々な設営スタイルにチャレンジしたい方は、公式サイトの画像を参考にしてみてはいかがでしょう。

第5位:スノーピーク (Snow Peak )アメニティタープ レクタL


実用的なレク多型のタープは、有効面積が広く無駄なスペースがありません。本体の素材にテフロン撥水加工を施しているので、急な雨でも安心です。高い縫製技術を採用しているので急な天候の変化にも対応可能。少しくらい天候が悪くても、大人数で楽しむことができます。スチールポールとペグがセットになっているので、ビギナーでもすぐに使用できるところが魅力。エントリーモデルながらクオリティの高さが注目されているモデルです。

第4位:スノーピーク(snow peak) HDタープ ヘキサエヴォ Pro.アイボリー


グラマラスなキャンプシーンを演出してくれるタープ。さわやかなアイボリーカラーは日光を通しやすい面がありますが、インナールーフが標準で装備されているので、でも日差し対策もバッチリです。最低耐水圧1,800mmを保証しているため、強い雨にも対応可能。有効面積の広さと美しいデザインの両方を重視している方におすすめです。斬新なフォルムのタープは、キャンプサイトで映えること間違いありませんよ。

第3位:スノーピーク(snow peak) ヘキサ Pro.air


シンプルで美しいフォルムのタープは、定番のヘキサタープを軽量化したタイプ。遮光ピグメントPU加工により日差しを軽減してくれるところがうれしいポイントです。他のテントと組み合わせることも可能なので、自分好みのキャンプサイトにカスタマイズできる楽しみがあります。1つ持っていると様々なシーンで活躍してくれるので、ファミリーでキャンプに出かける機会の多い方におすすめ。

第2位:スノーピーク(snow peak) テント タープ エントリーパックTT SET-250RH


スリーブに合わせて、フレームが色分けされているので、キャンプビギナーでもスムーズに設営できるところが魅力。ベッドルーむとなるテントとリビングやキッチンの役目を果たすタープを並べて設営できるので、より快適にアウトドアを満喫することができます。テントとヘキサテントをセットでお得に購入できるのでコスパ重視の方におすすめです。テントだけでなくタープの購入も検討しているのなら、こちらのモデルも候補に入れてみてはいかがでしょう。

第1位:スノーピーク(snow peak) タープ /R ライトタープ “ペンタ” シールド


飛び立つ飛行機のような形が特徴的な1人用のタープ。ソロキャンパーにおすすめの軽量タイプは、収納ケースもセットになっているので、持ち運びに便利です。ポール1本で設営できる自立式ワンポールタイプなので、パドルフッキングカバーが付属しているパドルやトレッキングポールを使用して簡単に設営することができます。より身軽な装備でアウトドアライフを楽しみたい人におすすめ。デイキャンプ用に1つ持っていると何かと重宝しますよ。

スノーピークタープの口コミ・評判は?

スノーピークタープの良い口コミ・評判は?

スノーピークタープの良い口コミには「強い風の中でも安定した状態を維持」「まさに、どこでもリビング」「慣れれば十分に一人で設営出来ます」など、機能性に対して高評価の口コミが多いようです。アイテムに対しての悪い口コミを見かけることがほとんどなく「デザイン性・機能性のどちらにも満足している」というユーザーの声もたくさんありました。国産ブランドならではの安心感があるようです。

購入商品:HDタープ シールド ヘキサエヴォPro.
購入後、少し大きいのでは?と思いましたが、キャンプで2回使用。家族、仲間と10人で使用し、雨の中でも濡れないででターフ内で飲食を楽しむことができた。強い風の中でも安定した状態を維持し、仲間たちから好評価をいただいた。

購入商品:TAKIBIタープ オクタ
先月、今まで使っていたタープ(20年以上使用)が古くなり、何気なくネットで物色中にTAKIBIタープを見つけました。「タープの下で焚き火ができる」自信満々のスノーピークさんの気概を感じました。みんなでゆっくり焚き火して、酒飲んで、飯食って、火の元で寝る。「KING OF TARP」です。私はタープ・オンリー・キャンプのスタイルで、タープの下でコットに寝袋です。即決でした。初張りをしましたが、生地、スタイル、インナー等、文句のつけようがありません。爽やかなアイボリーカラーも気に入ってます。8角形で両サイドのポールをはねあげるため、とにかく驚きの広さです。空間が広く焚き火も安心して出来ます。まさに「どこでもリビング」です。また、慣れれば十分に一人で設営出来ます。

購入商品:アメニティ レクタ L
スノーピークなので安心のクオリティでした。ペグもしっかりしたモノだったのでよかったです。

スノーピークタープの悪い口コミ・評判は?

スノーピークタープの悪い口コミには「生産国を見てショック」などの声が見られました。日本発のアウトドアブランドなだけに、リリースされているアイテムも国内で製造されていると思っていた方が多いようです。ただ、製品に関しては、高評価が多い傾向にあります。

購入商品:ライトタープ “ペンタ” シールド STP-381
仕方ないですよね、良い物がこれだけお安いのですから・・・。てっきり国産だと思っておりました。タグに記載された生産国を観てちょっとだけショック。しかし、間違いなく良い物・・・ なんですよね?唯一無二のデザインと手軽さは素晴らしいの一言。でも、中国やら韓国やらで作られたスノピ製品は嫌だな・・・。

購入商品:ライトタープ “ペンタ” シールド STP-381
届いたものを見たら、ラベル兼説明書がくしゃくしゃになっておりました。そのときには気づかなかったのですが、購入後しばらくたって設営してみるとシートに1箇所穴があいていました。「新品」と書いてあったのですが、本当に新品だったのでしょうか?

購入商品:ライトタープ “ペンタ” シールド STP-381
made in Chinaって知ってたけど、スノーピークなのでと買ったのに、やはり最悪Chinaでした。継ぎ目箇所のシームテープ不良でシワ入り、こんな品質管理してたら、スノーピークもユーザー離れになりますよ。即返品、もう、スノーピークは買いません。

スノーピークタープの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スノーピークタープのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

スノーピークのタープでキャンプをもっと快適に

今回は、スノーピークタープをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?斬新なフォルムのモデルが多く、デザイン性・機能性の両方を重視する人に人気があります。国産ブランドという安心感もあり、多くのキャンパーに支持されたアイテムが多いのもスノーピークならではです。ぜひ、この機会にお気に入りのタープを見つけて、おしゃれなキャンプライフを楽しんでください。

この記事の商品一覧

スノーピーク(snow peak) TAKIBIタープ オクタ
スノーピーク(snow peak) TAKIBIタープ オクタ
スノーピーク(snow peak) タープ HDタープ “シールド" スクエアエヴォ Pro TP-251
スノーピーク(snow peak) タープ HDタープ “シールド" スクエアエヴォ Pro TP-251
スノーピーク(snow peak) HDタープ“シールド" メーヴェ
スノーピーク(snow peak) HDタープ“シールド" メーヴェ
スノーピーク(snow peak) HDタープ シールド ヘキサエヴォ Pro. TP-250R
スノーピーク(snow peak) HDタープ シールド ヘキサエヴォ Pro. TP-250R
ノーピーク(snow peak) タープ/R ランドステーション
ノーピーク(snow peak) タープ/R ランドステーション
スノーピーク (Snow Peak )アメニティタープ レクタL
スノーピーク (Snow Peak )アメニティタープ レクタL
スノーピーク(snow peak) HDタープ ヘキサエヴォ Pro.アイボリー
スノーピーク(snow peak) HDタープ ヘキサエヴォ Pro.アイボリー
スノーピーク(snow peak) ヘキサ Pro.air
スノーピーク(snow peak) ヘキサ Pro.air
スノーピーク(snow peak) テント タープ エントリーパックTT SET-250RH
スノーピーク(snow peak) テント タープ エントリーパックTT SET-250RH
スノーピーク(snow peak) タープ /R ライトタープ "ペンタ" シールド
スノーピーク(snow peak) タープ /R ライトタープ "ペンタ" シールド
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

しまむら・無印で買える?割烹着のおすすめ人気ランキング10選!おしゃれ&かわいいものなど
機能性も高く、料理をする際にマストアイテムなのが割烹着やエプロンです。最近は年齢を問わず着やすいデザインやカラーの割烹着も増えています。家事のテンションをあげてくれそうなおしゃれで便利な割烹着について...
ファッション
無印・ニトリで買える?サラダスピナーのおすすめ人気ランキング10選!1個あるだけ調理がもっと簡単に
野菜の水切り専用のアイテム、サラダスピナー。「ザルなどで代用できるのでは?」と思っている人も多いのではないでしょうか?しかし、サラダだけでなく、料理の下ごしらえにも使えます。また、しっかり水切りするこ...
キッチン用品
【100均・キクタニ・ハーキュレス】ギターハンガーのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリットなども紹介
お気に入りのギターを安全に保管するために必要なアイテムがギターハンガー。壁にネジや工具を使用して設置するタイプやネットに引っ掛けるタイプなど、種類もさまざまです。そこで今回は、ギターハンガーのおすすめ...
インテリア・家具
【ニトリ・100均・無印】手動シュレッダーのおすすめ人気ランキング10選!ハンドル式でコンパクトなものなど
手動シュレッダーは電動よりも安く、お手頃価格で用紙を処分できる製品が欲しい方におすすめですよ。ここでは手動シュレッダーについて紹介しますので、興味ある方はぜひ目を通してみてください。どんな手動シュレッ...
家電
【ニトリ・カインズ】郵便受けのおすすめ人気ランキング10選!ポストの違いなども紹介
手紙やはがきを受け取る際に便利な「郵便受け」。玄関周りにおしゃれな郵便受けを設置するだけで、エクステリアをおしゃれな雰囲気に演出できます。そこで今回は、おしゃれな郵便受けのおすすめアイテムをランキング...
インテリア・家具
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング

人気記事