2022年06月24日更新

【soto・イワタニ】フィールドチャッカ―のおすすめ人気ランキング10選!キャンプなどの火起こしに

アウトドアシーンの火起こしや調理の際にあると便利なフィールドチャッカ―。各メーカーから様々なタイプがリリースされていますが、初心者にとってはどれを選べばよいのか分からない!と思っている方も多いはずです。その悩みを解決すべく今回は、フィールドチャッカ―のおすすめアイテムをランキング形式でご紹介します。あわせて、使い方や人気メーカーなどもまとめているので、ぜひチェックしてみてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

フィールドチャッカ―とは?


約800~2000°の炎を出すことができるフィールドチャッカ―は、アウトドアシーンでの火起こしや調理から溶接などのDIY作作業まで、幅広いシーンで活躍してくれる便利なアイテムです。男性女性問わず、比較的簡単に取り扱えるため、キャンプやアウトドアシーンには欠かせません。また、防災用としても準備しておくと、いざという時に役立ちますよ。

フィールドチャッカ―の使い方は?

初心者でも簡単に取り扱うことが可能なフィールドチャッカ―。CB缶とOD缶とねじ込み式の場合、ガス調節のネジを開け、ガスが出ているのを確認したら着火ボタンを押すだけですぐに使用できます。ただ、ほとんどのタイプに自動着火装置が搭載されていますが、まれに搭載されていないタイプがあるので購入前にしっかり確認しておきましょう。また、使用後は調整ネジでガスを閉じてください。自動着火オス値が搭載されていないタイプは、ガス調節ネジを開けガスを出し、ライターやマッチで着火しなければなりません。着火した時に、炎がボワッとして驚くことがあるので気を付けてください。ライターやマッチで着火するのが苦手な方や初心者は、自動着火装置を搭載したアイテムがおすすめですよ。

フィールドチャッカ―の選び方

種類で選ぶ

フィールドチャッカ―には、CB缶・OD缶・ねじ込み式の3種類あり、それぞれ特徴が異なります。

CB缶

ランニングコストが低く、一般的に使用されているタイプで、コンビニやスーパーなど、比較的どこでも購入できるところが魅力です。アウトドアシーンでの火起こしや炙り料理などは、CB缶で十分です。ただし、他のモデルに比べ火力が弱く、寒い時期のキャンプなどでは着火までに時間を要することがあります。下向きに使用すると、炎が広がってしまうため注意が必要です。

OD缶

CB缶やねじ込み式に比べ、火力が強く天候の影響を受けにくいのが魅力です。フィールドチャッカ―としてだけでなく、ガスランタンやガスストーブなどにも使用可能なため、年間を通じてアウトドアに出かける機会の多い方におすすめのタイプ。ホームセンターなど、販売されている場所が限られ、価格帯が高めなところがデメリットといえます。

ねじ込み式

見た目はCB缶に似ていますが、約2000℃の炎を出すことができ、下に向けても安全に使用できるメリットがあります。火起こしだけでなく、溶接やロウ付けなどの作業に使用可能です。ただ、購入場所が限定されるところがデメリット。

充填式

本体にガスを充填するため、大きなガス缶を持ち運ぶ必要がありません。コンパクトな点が最大の魅力です。ただし、容量が少なく火力が弱いため、長時間の使用には不向きです。ガスバーナーなどのサブとして準備しておくのにおすすめです。

用途に最適な火力で選ぶ

約800~2000℃までの炎を出すことができるフィールドチャッカ―。発熱量は火炎温度と発熱量の2つであらわされます。アイテムによっては火力調節機能を搭載しているモデルもあるため、幅広いシーンで使用したい場合は、便利な機能を搭載しているタイプを選ぶようにしましょう。アウトドア初心者など、フィールドチャッカ―の使用に慣れていない場合は、購入前に使用する際に最適な火力などをチェックしておくことをおすすめします。ぜひ、自分の使用する用途に最適なモデルを見つけて、スムーズに火起こしを行ってください。

付加機能で選ぶ

アウトドアシーンでの火起こしや調理の際は、片手作業になることが多いため、点火スイッチ付きのアイテムを選ぶようにしましょう。できることなら、引き金のようなトリガー式がワンタッチで作業できておすすめです。また、安全性を考慮してセーフティロック付きのアイテムを選んでおけば、シーンを選ばず安心して使用できますよ。

フィールドチャッカ―のおすすめブランド・メーカーは?

sotoのフィールド チャッカー


ガスや火を扱うアウトドアアイテムを数多く取り扱っているSOTO。世界中のユーザーに支持されているブランドで、カセットボンベに取り付けて手軽に使用できると評判です。点火装置を搭載しているため、ライターなどの着火用品を使用せず、すぐに着火できるメリットがあります。また、火起こしの際に地面に近い部分にある薪や炭にも炎を当てられるように、本体をさかさまにして使用できるうえ炎が安定して使いやすいのもイワタニのフィールドチャッカ―ならではの魅力です。コンパクトサイズで、持ち運びにも便利ですよ。

イワタニのフィールドチャッカー

Iwatani(イワタニ) カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD
Iwatani(イワタニ) カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD

ホームセンターやスーパーなどで、多くの方が一度は見かけたことのあるオレンジを基調とした、カセットボンベのブランドとして知られるイワタニ。約1400℃の炎が出るフィールドチャッカ―は、CB缶を利用するためコスパが良く、火起こしが簡単できると高評価です。着火するボタンがちるがー式で、大きめのダイヤルで火力調節できるのもイワタニならではの魅力。コスパと火力の両方を重視する方に向いています。

フィールドチャッカーのおすすめ人気ランキング10選

ここからはフィールドチャッカーのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのフィールドチャッカーを見つけてみてくださいね!

第10位:コールマン コールマントーチ 170-8075


数多くのアウトドアギアをリリースしているコールマンがリリースしているのは、約1500℃の火力があるタフなタイプ。着火ボタンを真ん中部分に搭載しているので、利き手に関係なく左右どちらの手でも着火できるところが魅力です。火力が高いことから、薪や炭に簡単に火を付けられます。また、耐久性の高さも多くの方に支持されているポイントです。中には、約20年使ったというユーザーもいるほどだそう。コールマンのアイテムを揃えている方はもちろん、長く愛用できるタイプをお探しの方におすすめのアイテムです。

第9位:スノーピーク(snow peak) フォールディングトーチ GT-110R

スノーピーク(snow peak) フォールディングトーチ GT-110R
スノーピーク(snow peak) フォールディングトーチ GT-110R

デザイン性に優れ、CB缶・OD缶の両方を使用できる使い勝手の良いアイテムは、おしゃれなアウトドアギアを多数リリースしているスノーピークのアイテム。驚くべき高火力で簡単にマキヤ隅に着火することが可能な便利なタイプです。コンパクトに折りたたんで収納できるところも人気のポイント。ただし、自動着火できず、火力調整がしにくいので、アウトドア初心者向きではないため、購入する際はしっかりチェックしてください。デザイン性と高火力を求めるベテランキャンパーにおすすめのアイテムですよ。

第8位:新富士バーナー スライドガストーチ バーナー

新富士バーナー スライドガストーチ バーナー
新富士バーナー スライドガストーチ バーナー

コンパクトながら、耐風・高火力なフィールドチャッカ―をお探しの方におすすめのモデル。約1300℃の炎を出すことが可能なタイプで、風や温度に関係なく使用できる優れものです。高火力な上に炎が細いため、アウトドアシーンでの調理はもちろんDIYにも使用できます。ガスの残量をチェックできる小窓付きなので、使用前にしっかり準備できるのも魅力の1つです。アウトドアシーンでの利用だけでなく、自宅でのDIYなど、ちょっとした作業をする機会の多い方におすすめ。

第7位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ワイド ガストーチ・ボンベセット UF-1

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ワイド ガストーチ・ボンベセット UF-1
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ワイド ガストーチ・ボンベセット UF-1

ネーミングに「ワイド」と付いているだけに、大口径のノズルが特徴的。広範囲にし応できる上、大口径ならではの高火力な炎でBBQグリルを使用した炭火料理を楽しむことも可能です。一度に広範囲の火起こしをしたい時に最適。専用のCB缶が付属していますが、比較的リーズナブルな価格で購入できるため、コスパに優れたアイテムとして多くの方に支持されています。使い勝手はもちろんコスパ重視でフィールドチャッカ―を選びたい方におすすめのアイテムです。

第6位:楽楽炭焼炭火おこし専用バーナー JBC-0150


すぐに着火できて火力の強いタイプ。点火装置とガスの調節つまみが一体化しているため、初心者でも安心して使用できる優れものです。簡単に火起こしができるので、アウトドアシーンでの調理に活躍してくれます・ガスを調節するつまみが大きく、火力調節を簡単に行えるところが女性にとってもうれしいポイントです。CB缶を使っていて、コスパが良く、約1500℃の高火力を起こすことができます。火口が長いので、大量に組んだ薪や炭の中心部分にピンポイントで火をつけることができますよ。安全に火おこしをしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第5位:ハンディ ガストーチ M-6325


アウトドアシーンでの火起こしはもちろん炙り料理も可能なフィールドチャッカ―は、アウトドアブランドとして人気のキャプテンスタッグがリリースしているアイテム。比較的リーズナブルな価格で購入でき、自動着火、高火力で性能に優れているところが魅力です。約1300℃の炎ができるので、手間のかかる火起こし簡単に行なえますよ。使い勝手が良く、コスパの良いアイテムをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

第4位:東海 チャッカマン ガスバーナー ボンベ セット レッド

東海 チャッカマン ガスバーナー ボンベ セット レッド
東海 チャッカマン ガスバーナー ボンベ セット レッド

CB缶を使用し、ランニングコストが低く使い勝手の良いタイプ。逆火で使用できるうえに、約1300℃までの炎を出せるため、火起こしはもちろんアウトドアシーンでの炙り料理などにも使用できます。火力調節を細かく行えるので、料理メインで使用したい方におすすめです。安全性・コスパ重視でフィールドチャッカ―をお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。1つ持っていると、かなり便利ですよ。

第3位:ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480C


使い勝手の良い小型タイプ。耐風性に優れていることから、アウトドアシーンなどでライターの火が付きにくい場面やバーナーやランタンの点火装置が急に稼働しなくなった時などに重宝します。また、火口の長さを3段階に調節できるため、未使用時はコンパクトに持ち運べて便利です。燃料も充填式を採用しているので、かさばるガス缶を持ち歩く必要がありません。小回りが利いて便利ですが、火起こしや調理に使用するのは難しいため、サブのフィールドチャッカ―として準備するのがおすすめ。

第2位:Iwatani(イワタニ) カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD

Iwatani(イワタニ) カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD
Iwatani(イワタニ) カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD

フィールドチャッカ―のロングセラーモデルといえば、品質・価格ともに満足できるイワタニのモデル。初心者でも取り扱いやすいトリガー式の点火ツイッチや火力調節機能を搭載した優れものです。専用のCB缶が付属しているので、購入してすぐに使用できるのもこのモデルならではの魅力。キャンプ用品店以外にホームセンターなどでも取り扱っている店舗が多いため、比較的入手しやすいところも人気のポイントです。ただ、逆さ向きで使用できないので注意してください。

第1位:ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450


フィールドチャッカーの人気ブランドとして知られるSOTO。そのシリーズの中で、様々な用途で使用でき、コスパ最強と人気のタイプがST-Y450です。燃焼温度が約900〜1300℃で調節可能なため、火おこしはもちろん炙り料理や工業作業など、幅広いシーンで利用できます。また、瞬間帰化システムを搭載していることから、着火後すぐに逆日にしても生火がでないため、安定した炎を出すことが可能なうえ、CB缶を使用できるためランニングコストがかからないところも魅力です。安全性・性能・コスパを重視して選びたい方におすすめ。

フィールドチャッカーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、フィールドチャッカーのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

フィールドチャッカーでアウトドアをもっと快適に

今回は、アウトドアシーンの火起こしや調理に欠かせないフィールドチャッカ―をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?各メーカーから様々なタイプがリリースされています。どれを購入すればよいのか迷ってしまったら、記事を参考に自分の目的に合う使い勝手の良いアイテムを見つけましょう。お気に入りのアイテムを見つけると、様々なシーンで活躍してくれますよ。

この記事の商品一覧

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

¥3,451 税込

Iwatani(イワタニ) カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD

Iwatani(イワタニ) カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD

¥2,480 税込

コールマン コールマントーチ 170-8075

コールマン コールマントーチ 170-8075

¥4,480 税込

スノーピーク(snow peak) フォールディングトーチ GT-110R

スノーピーク(snow peak) フォールディングトーチ GT-110R

¥16,020 税込

新富士バーナー スライドガストーチ バーナー

新富士バーナー スライドガストーチ バーナー

¥4,812 税込

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ワイド ガストーチ・ボンベセット UF-1

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ワイド ガストーチ・ボンベセット UF-1

¥1,830 税込

楽楽炭焼炭火おこし専用バーナー JBC-0150

楽楽炭焼炭火おこし専用バーナー JBC-0150

¥1,870 税込

ハンディ ガストーチ M-6325

ハンディ ガストーチ M-6325

¥1,864 税込

東海 チャッカマン ガスバーナー ボンベ セット レッド

東海 チャッカマン ガスバーナー ボンベ セット レッド

¥499 税込

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480C

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480C

¥2,400 税込

Iwatani(イワタニ) カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD

Iwatani(イワタニ) カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD

¥2,480 税込

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

¥3,451 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

盛り箸のおすすめ人気ランキング10選!使い方や菜箸との違いなども解説
料理の盛り付けに欠かせないのが盛り箸です。盛り箸はピンからキリまでその商品がありますが、どれを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は盛り箸の使い方や選び方、おすすめ商品10選などについ...
キッチン用品 75view
【ambai・南部鉄器】オムレツパンのおすすめ人気ランキング10選!使い方なども紹介
オムレツを作るときにあると便利なのがオムレツパンです。オムレツパンはどんなものを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、オムレツパンの魅力や選び方、おすすめブランドや人気商品10選など...
キッチン用品 71view
【ニューバランス・アシックス・ナイキ】ファーストシューズのおすすめ人気ランキング10選!いつから必要?
ファーストシューズは、生まれた子供が初めて履く靴のこと。ママやパパは子供が初めて履くシューズだから、記念に残るような可愛くておしゃれなシューズを選びたいですよね。よちよち歩けるようななった赤ちゃんのた...
ベビー・キッズ 67view
【ニトリ・無印・しまむら】ハーフケットのおすすめ人気ランキング10選!夏用や北欧風でおしゃれなものなど
シングルサイズの半分の大きさのハーフケット。ちょっと横になりたい時や肩や膝の防寒に便利です。今回はそのようなハーフケットのおすすめと選び方を見ていきます。ダウンタイプやガーゼタイプなど様々な種類があり...
インテリア・家具 66view
【ニトリ・100均】ソースポットのおすすめ人気ランキング10選!ガラス製やおしゃれなものなど
ソースなどを入れるポットがあれば、食事をしながら適量を自分でよそうことができて便利です。しかし何を基準にしてソースポットを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回は、ソースポットの魅力や選...
キッチン用品 62view