ニトリの簡易ベッドのおすすめ人気5選!キャンプ・アウトドアで持ち運び便利な折りたたみ式のものも紹介

一人暮らしの部屋やワンルームといったマンションでは、思ったよりも狭くてベッドの置き場に困ることがあります。あるいは家族の多い自宅や急な来客のためにも、あると便利なのが簡易ベッドです。今回はおすすめな売れ筋簡易ベッドの特集です。ぜひ参考にしてみてください。

簡易ベッドの魅力とは?

簡易ベッドは、効率の良い使い方ができるのが魅力といえるでしょう。使わない場合には収納できて、部屋を広く使えるのがメリットです。しかも、簡易と言いつつも今では快適で高性能な商品も多く販売されて、常用するベッドとしても親しまれています。他にも、コンパクトになることから簡単に持ち運びしやすいのが特徴です。アウトドアのアイテムとしても使用できるものもあります。

簡易ベッドの選び方

サイズで選ぶ


簡易ベッドを選ぶには、サイズをよく吟味することが大切です。通常のヘッドにように装飾がなく、省スペース化を狙って作られています。そのため、十分な使い心地を感じるサイズを理想にして選ぶことです。基準としては、肩幅+30cmくらいの幅がよいでしょう。セミダブルくらいが一般女性では標準です。男性の場合は、ダブルを選ぶと丁度よいでしょう。

価格で選ぶ


通常のベッドの価格帯は2万円から10万円を超えるものまで多種多様にあります。しかし簡易ベッドの場合、せいぜい1万円から3万円以内で納まりリーズナブルです。コスパを考えるのであれば、簡易ベッドの価格帯から選ぶとよいでしょう。特に目的や用途も考慮して、どれくらいの価格のものが適当なのかを自分で決めることができます。アウトドアベッドでも意外と使えるものもあります。

耐久性で選ぶ


簡易ベッドは耐荷重を考えて選ぶとよいでしょう。耐荷重の目安は、シングル・セミダブルなら100kgから120kgくらいが標準です。使用する人の体重だけではなく、マットレスや布団・枕の重量も含めた上での重さで考える必要があります。また、ダブルベッドなら、2人で使用する想定です。そのため、2人分併せての耐荷重として180kgから200kgという基準になっています。

簡易ベッドのメリットとデメリットは?

簡易ベッドのメリットは?

簡易ベットを使うメリットはいくつか考えられます。まずは、部屋を広く使えることが大きいでしょう。通常のベッドでは場所を取ってしまいがちですが、簡易ベッドはシンプルなデザインなので、余計な幅や長さもありません。また、寝床が好きな場所に設定できて移動が可能なことも考えられます。その日の気分で寝る場所を好きに変えられます。他にも、設置が簡単な分だけ湿気がこもりにくく、掃除もしやすいというメリットがあります。

簡易ベッドのデメリットは?

簡易ベッドのデメリットといえば、あくまでも実用性にこだわったタイプであることから、通常のベッドよりも寝心地が悪いという点があげられます。構造もシンプルなものが多いこともあり、自分に合った寝心地のベッドを選びにくいことも考えられます。また常設して使うのであればよいのですが、普段使わないのであれば収納場所を考えておく必要があります。他にも、デザインの多様性は、通常のベッドよりも少ないという点です。

簡易ベッドならニトリが人気!その理由は?

簡易ベッドのメーカーの中でも、ニトリの商品はお勧めできます。その理由は、収納付きベッドやコンセント付きベッドといった、機能面に優れた特徴を発揮するベッドを揃えているからです。割と種類も多く、好きなタイプも選べるでしょう。シングルサイズ・ダブルサイズといった標準的な規格でも作られています。

ニトリの簡易ベッドのおすすめ人気5選

ここからはニトリの簡易ベッドのおすすめ商品をご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのニトリの簡易ベッドを見つけてみてくださいね!

折りたたみベッド(レビン)


表面の生地にメッシュ加工が施されていて、肌触りと通気性の良さがあるので人気があります。コンパクトでストレートなタイプの簡易ベッドです。布団も敷きやすいフラットタイプで、折りたたみも簡単です。また、折りたたんだ時に移動がスムーズにできるよう、脚部にはキャスターが付いています。

折りたたみベッド(ダブルメッシュ2)


クッション性のある厚手のマットレスを使ったニトリの簡易ベッドです。構造は手すりとキャスターのみのシンプルなデザインになっています。組み立ても簡単にできます。底付き感がないマットレスなので、体をしっかりと支えてくれます。また、表面生地は通気性のあるメッシュ生地を採用しています。背もたれは6段階リクライニング式で、自分の丁度よい角度を選べます。

リクライニングベッド(OLBN-920 BK)


6段階調整になっていて、背もたれとともに脚部分も連動している簡易ベッドです。簡易でありながらも快適なリクライニングを求めている方におすすめできます。ヘッド部分が3段階調整、背もたれ部分が6段階リクライニングとなっています。また、表面生地はメッシュ生地を使用しているので心地よく使えます。

折りたたみベッド(HY3 W85)

折りたたみベッド(HY3 W85) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】
折りたたみベッド(HY3 W85) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】

幅が85cmの省スペース設計となっていて、ソファとベッドの兼用が可能な簡易ベッドです。マットの作りは各部位により調整されていて、背部と脚部に低反発ウレタンが採用されて、腰部に高反発ラテックスが使われています。そのため寝心地・座り心地の両方が考えられているのが特徴です。背もたれは14段階リクライニング式です。

コンパクトセミショートシングル折りたたみベッド

コンパクトセミショートシングル折りたたみベッド
コンパクトセミショートシングル折りたたみベッド

コンパクトなサイズで、折りたためるベッドです。背もたれ部分は14段階のリクライニング式になっています。ベッド下の余裕ができるため収納スペースも確保できます。裏面には補助スプリングがあるため、折りたたみがしやすい構造です。移動がしやすいようにキャスターも付いています。

キャンプやアウトドア向けの簡易ベッドのおすすめ5選!

第5位:DOD ワイドキャンピングベッド


大人でも余裕に使えるワイドなキャンピングベッドです。横幅が77cmとワイドなサイズなので、心地よく使えます。地面の凹凸も影響なく通気性に優れた、快適なアウトドア用ベッドです。ワイドタイプながらもシンプルな構造で、収納時には20×80cmというコンパクトサイズになります。本体側面には小物収納用のサイドポケットも付いています。

第4位:コールマン トレイルヘッドコット


大人気アウトドアブランドのコールマンが作るキャンプ用ベッドです。ワイドで幅が広いため大人でもゆとりのあるサイズです。サイドポケットもついていて携帯や小物も入ります。ベッドとしてはもちろんのこと、ベンチや荷物置き場としても使えます。大人が2人座っても平気な構造です。

第3位:キャプテンスタッグ CSフォールディングベッド M-3465

キャプテンスタッグ CSフォールディングベッド M-3465
キャプテンスタッグ CSフォールディングベッド M-3465

ワンタッチでの組み立てができて、収納する際もとても簡単なアウトドア用ベッドです。そのため女性やキャンプ初心者にも使いやすくておすすめです。また、収納専用のケースも付いていますので、車やバイクなどへの積載も楽にできて、まさにキャンプやツーリングなどにも使えるベッドです。

第2位:ロゴス Tradcanvas コンフォートベッド


人気ブランドのロゴスによるおしゃれなデザインのベッドです。フレームがしっかりしていて折りたたみ収納がそのままできるタイプです。セッティングにも時間がかからず簡単です。コットも大きくて200cmを超えるワイド感です。耐荷重は100㎏まであります。

第1位:小川キャンパル アルミGIベッド


キャンプ用テントの銘柄の中でも、圧倒的な信頼と人気がある小川キャンパルによるアルミ製のGIベッドです。折りたたみ式のアルミ合金製で、そのため軽量化が実現しています。とても持ち運びに便利なベッドといえるでしょう。多少セッティングに力が要りますが、寝心地の快適さは保障されている安心のベッドです。

簡易ベッドの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、簡易ベッドのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

簡易ベッドで暮らしをもっと快適に

簡易ベッドのおすすめはいかがでしたでしょうか?簡易ベッドがあれば急な来客の時に使用することが出来て便利ですよね。また折りたたみ式のものを選べば収納に困ることもありません。アウトドア・キャンプなどの簡易ベッドなども合わせて紹介します。1台あるだけで、いつものキャンプもより一層楽しくなるでしょう。ぜひ、お気に入りの簡易ベッドを見つけてみてくださいね。

この記事の商品一覧

折りたたみベッド(レビン)

折りたたみベッド(レビン)

¥10,175 税込

折りたたみベッド(ダブルメッシュ2)

折りたたみベッド(ダブルメッシュ2)

¥15,176 税込

リクライニングベッド(OLBN-920 BK)

リクライニングベッド(OLBN-920 BK)

¥25,361 税込

折りたたみベッド(HY3 W85) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】

折りたたみベッド(HY3 W85) ニトリ 【玄関先迄納品】 【1年保証】

¥20,268 税込

コンパクトセミショートシングル折りたたみベッド

コンパクトセミショートシングル折りたたみベッド

¥19,580 税込

DOD ワイドキャンピングベッド CB1-100-BK

DOD ワイドキャンピングベッド CB1-100-BK

¥5,979 税込

コールマン トレイルヘッドコット

コールマン トレイルヘッドコット

¥6,980 税込

キャプテンスタッグ CSフォールディングベッド M-3465

キャプテンスタッグ CSフォールディングベッド M-3465

¥5,625 税込

ロゴス Tradcanvas コンフォートベッド

ロゴス Tradcanvas コンフォートベッド

¥11,990 税込

小川キャンパル アルミGIベッド

小川キャンパル アルミGIベッド

¥13,200 税込

おすすめの記事

ニトリの敷布団おすすめ人気ランキング10選!コインランドリーでも洗えて口コミでも評判
敷布団を新たに買うならば、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの敷布団には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ニトリの敷布団の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介い...
244415view
【ニトリが人気】ホットカーペットのおすすめ人気ランキング10選!選び方や気になる電気代も
冬の定番アイテムとして親しまれている「ホットカーペット」冬場の冷える足元を温めてくれるアイテムとして人気ですよね。一人暮らしに最適な1畳タイプや、家族でも使える3畳まで。でも、ニトリをはじめいろいろなメーカーから100種類以上も販売されてい...
345195view
口コミで評判のニトリの掛け布団おすすめ人気ランキング10選!夏・冬使えるものや洗濯できるものなども
掛け布団を新しく買うなら、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの掛け布団には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、ニトリの掛け布団の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介いたします。是非お...
135494view
口コミで評判の高いニトリのエアーベッド3つ!1600円台でキャンプの必需品としておすすめ
キャンプやアウトドア、車中泊をする時に便利なアイテムといえばエアーベッドです。空気を入れるだけでベッドの硬さを自分好みに変更できる優れた商品です。持ち運びも楽で、来客用として日常でも使うことができます。しかしエアーベッドは様々なメーカーから...
78010view
口コミで人気のニトリのおすすめ加湿器ランキング10選!スチーム式・超音波式など
乾燥する季節に活躍する加湿器をお探しなら、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの加湿器には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか悩んでしまいますよね。そこで今回は、ニトリの加湿器の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介いたし...
115208view
口コミ評判の高いアイリスオーヤマのオーブンレンジおすすめ人気ランキング10選
オーブンレンジを探しているのであれば、アイリスオーヤマのオーブンレンジがおすすめです。なぜなら、手間がかからずにおいしい料理が出来るからです。と言ってもオーブンレンジ選びは、数があるだけに大変でしょう。そこで今回は、アマゾンで人気のアイリス...
102472view
ニトリの夏用ラグのおすすめ人気ランキング10選!接触冷感のNクールで夏でも涼しい
湿気でジメジメしたり、汗ばむような夏の日こそ、スッキリと過ごしたいですよね。そんな時は、お部屋に敷くラグを夏用に変えるだけで、快適になるものです。夏用ラグはいろいろなメーカーから販売されていますが、おすすめなのがニトリの夏用ラグです。接触冷...
89372view
【ニトリ・無印・IKEA】アイロン台のおすすめ人気ランキング10選!スタンド型や卓上型など
同じ姿勢でアイロンをかけるのがつらい、毎日使うものだからラクしたいなどアイロンがけに対する悩みはつきませんよね?そんな悩みを持っている方は、自分に合ったアイロン台を選ぶことでいつもの作業がぐっとラクになります。しかし、いざアイロン台を購入し...
216303view
口コミで評判のニトリのかるふわ羽毛布団おすすめ人気ランキング10選!洗濯もできる
柔らかくて肌触りも良いニトリの羽毛布団がたいへんおすすめです。包み込むような柔らかさに保温性が抜群で、安心して就寝できるからです。ただしご自分の快適な睡眠を誘う羽毛布団を選ぶとなると、ちょっとで大変そうです。そこで今回は、ニトリで人気があっ...
124575view
【コールマン・スノーピーク】ヘキサタープのおすすめ人気ランキング10選!選び方・張り方なども紹介
ヘキサタープの張り方には色々なアレンジが出来るので可能性が広がります。アウトドアブランド各社からも様々な種類のヘキサタープが販売されています。ヘキサタープのおすすめと購入する際の選び方を紹介していきます。 ヘキサタープとは? 六...
39view