【ニトリ・カインズ】ウォータージャグのおすすめ人気ランキング10選!キャンプで使えるおしゃれなものなども紹介

キャンプ中やスポーツをしている時に置いてあると便利なウォータージャグ。水道や水分の確保が不便な時に活躍してくれるので、1台あると何かと便利です。ウォータージャグは見た目や形状が様々で、ぱっと見てもそれぞれにどういう特徴があるのかわかりにくく感じることがあるのではないでしょうか。今回はウォータージャグの特徴やおすすめ製品をそれぞれご紹介しますので、ぜひ製品選びの参考にしてみてくださいね。

ウォータージャグとは?


ウォータージャグは水を入れておくことができるタンク状の製品で、蛇口をひねると水が出てくるのでキャンプやスポーツ会場などの場面で活躍してくれる便利な製品です。物によってプラスチック製のもの、袋状のもの、または保冷や保温ができるものなど製品によって特徴は様々です。自分にぴったりなウォータージャグを探すために、まずどのようなポイントを抑えて製品選びをするとよいかをまず考えてみましょう。

ウォータージャグの選び方

ジャグの形状で選ぶ

ウォータージャグは製品によって形状や素材が違います。しっかりと安定性があるウォータージャグを買いたいならオーソドックスなプラスチック製などのタンクタイプといった物を、コンパクトに折りたたんで持ち運んだり使わない時に収納したい場合はソフトタイプのウォータージャグがおすすめです。どのような状況で使う時にウォータージャグがほしいかで形状を考えておくと製品選びもスムーズに行うことができます。

容量で選ぶ

ウォータージャグを使う人数は何人かを考えて、どれくらいの容量のタンクが必要なのか考えるのが最も大切な製品を選ぶポイントと言えるでしょう。特に想定している人数よりもウォータージャグに入る水の量が少ないのでは使いにくくなってしまいますので、使う人数を考えてウォータージャグの容量を選びましょう。基本的に1泊2日の4人での使用で必要な水の量は目安として10Lほどといわれています。もちろん使い方で必要な量は変わるかもしれませんが、4人で10Lを目安に自分に合ったウォータージャグの容量を決めましょう。

水以外のものを入れられるかで選ぶ

ウォータージャグは基本的に水を入れて使用するものですので、水以外のものを入れることができません。しかし製品によってはスポーツドリンクなどの飲み物を入れて使うことができるウォータージャグもありますので、水以外のスポーツドリンクを入れたい方は必ず専用のスポーツタイプのものを選ぶようにしましょう。冷たく冷却できる機能や氷が入れやすいものを選ぶとより一層便利になります。

ウォータージャグの種類は?

ハードタイプ


ウォータージャグは大きく分けると2つのタイプに分けられます。ハードタイプのウォータージャグは、文字通り硬い素材でできたタンク状の製品を指します。しっかりと安定した作りになっているので置く場所を選ぶこと無く使いやすいです。入れることができる容量も多めの製品がありますのでたくさんの水を入れたい場合にはハードタイプがおすすめです。ガラスタイプのウォータージャグというものもあります。デザイン性が高くおしゃれなのでインテリアとして飾ってもおしゃれですが、基本的に保冷機能がついていなものがほとんどです。

ソフトタイプ


ソフトタイプは袋のような素材でできたウォータージャグです。ハードタイプよりも安定性が低く、容量も少なめの製品が多いですが、ハードタイプと違い、使わない時は折りたたんで収納ができるためコンパクトに持ち運びたい時におすすめです。災害などの非常事態の時に使える製品もソフトタイプのものが多く、常に備えておくのにも便利です。また、袋状の製品なので基本的に保冷はできないと考えておくと良いでしょう。冷やしたい場合にはハードタイプの保冷ができる製品がおすすめです。

ウォータージャグのおすすめブランド・メーカーは?

ニトリのウォータージャグ


手頃な価格で商品を購入できるニトリにはウォータージャグも販売されています。「ドリンクディスペンサー」という名前で販売されているこのウォータージャグは、ガラスでできたおしゃれな見た目で、インテリア感覚でお部屋に設置して使うことができます。水を入れる口の部分は広めに作られており、本体を洗いやすくなっています。安価でおしゃれなデザインのウォータージャグを探している方はニトリ製品をチェックしてみてはいかがでしょうか。

カインズのウォータージャグ

スポーツ飲料対応保冷用ウォータージャグ 8型
スポーツ飲料対応保冷用ウォータージャグ 8型

カインズでは様々なデザインや用途に合わせたウォータージャグがたくさん販売されています。基本的なタンク型に折りたたみができる伸縮タイプの製品、スポーツドリンクを入れることができるものなど豊富な種類のウォータージャグを取り扱っていますので、ウォータージャグを検討している方はまずはカインズで製品を見比べてみるのも良いでしょう。初めてウォータージャグを購入したいという方にもカインズの製品はおすすめです。

コールマンのウォータージャグ


コールマンはアウトドア用品の販売では有名なメーカーで、テントを始めとしたキャンプ用品を取り扱っています。ウォータージャグも販売されており独特なおしゃれでレトロ感も感じさせるような見た目の「スチールベルトジャグ」と言う名前の製品が出ています。デザイン性も良く、ハードタイプのウォータージャグとしてもしっかりとした作りになっているので、どのようなシーンでも使いやすいです。付属の蛇口もお好みで交換できます。

スタンレーのウォータージャグ


スタンレーは100年以上の歴史を持つ保冷にも保温にも役立つ真空ボトルを中心に販売をしている有名ブランドメーカーです。スタンレーの販売するウォータージャグは海外の製品らしさを前面に出した色合いとデザインが特徴的です。スタイリッシュさは感じられない独特なゴツさがある見た目とは裏腹に性能はバッチリで、スタンレーの冷却保温機能がしっかりと備わった製品です。信頼できる性能のウォータージャグを購入したい方はスタンレーの製品をチェックしてみましょう。

ウォータージャグのおすすめ人気ランキング10選

ここからはウォータージャグのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのウォータージャグを見つけてみてくださいね!

第10位:ミンテージ ウォータージャグ


ボディ全体がステンレス製の缶のような見た目がおしゃれなウォータージャグです。本体についている蛇口のデザインも独特でとてもユニークなので、デザイン優先で購入したいという方におすすめです。見た目だけではなく水は5L、10Lとお好みのサイズから選ぶことが可能でたっぷりと入れることができますのでアウトドアなどの屋外で活躍してくれることでしょう。保冷機能などがついていない分、価格もリーズナブルな設定になっています。

第9位:ソト(SOTO) ウォータージャグ ST-620LV


ウォータージャグと言うとタンク型の形状を想像する方も多いと思いますが、こちらの製品は角張った箱のような独特な形状をしています。平たい形のウォータージャグなので、平らなテーブルなどの上に置いてもぐらつくこと無く安定して使うことができますが、同社の別売りのシステムスタンドにぴったりはまるようになっているので、できれば併せて使うと良いでしょう。12Lの容量が入るので、ウォータージャグとしても、お庭の作業での水用タンクとしても使いやすいです。

第8位:スタンレー ウォータージャグ 7.5L


前述したスタンレーで販売されているウォータージャグがこちらの製品になります。見た目はシャープさは感じられませんがデザインがおしゃれなので、アウトドアなどで持っていくと、どのような場所でも違和感なく馴染むことでしょう。水が入る容量も7.5Lなので使い方次第では複数人の使用でも問題なく使うことができる容量となっています。氷を入れれば保冷力がアップし、水を注ぐ時も氷が詰まって水が出ないというトラブルも防ぐように作られています。

第7位:バンドック クラシックジャグ 8L


まるでガラス瓶に蛇口を付けたような見た目の透明なボディが涼しげでおしゃれなウォータージャグなので、家庭内での使用のために置いてもインテリアとして馴染みます。ガラスのようですが本体の素材はABS樹脂やポリプロピレンですので落としたり、アウトドアで使うために持ち運ぶ際にも破損する心配は殆どありません。材質上保冷機能はついていませんが、手軽に水分の補給がしたいという方におすすめできるウォータージャグです。

第6位:キャプテンスタッグ 伸縮ウォータージャグ

キャプテンスタッグ 伸縮ウォータージャグ
キャプテンスタッグ 伸縮ウォータージャグ

軽量で持ち運びに便利なウォータージャグです。独特なフォルムをしていますが、この蛇腹状の形状は折りたたむことが可能になっており、使わない時は薄くなりますので収納場所に困りません。丸みを帯びた持ち手がついているので、水を入れて持ち運ぶ際に手が痛くなりにくく工夫がされています。透明な本体のため、中にはいっている水の量が一目でわかりやすくなっているのも使いやすさの一つです。抗菌タイプの本体ですので衛生面でも気を使って使用ができます。

第5位:バンドック ジャバラ ウォータージャグ 7.5L

バンドック ジャバラ ウォータージャグ 7.5
バンドック ジャバラ ウォータージャグ 7.5

水を入れるタンクが蛇腹状の折りたたみができる仕様になっているウォータージャグで、しっかりとした脚もついているので安定性もある製品です。スタンドの脚を外して折りたたむととてもコンパクトな形状になるのでアウトドアで持ち運んだり、災害用の避難袋などに常備しておいても邪魔になりにくいです。蓋を外した状態の口は広いので水を入れやすく、洗浄の際にも手を入れやすくなっています。場所を取らないスリムなウォータージャグが欲しい方におすすめです。

第4位:バンドック フォールディング ジャグ 7L マチ付き

バンドック フォールディング ジャグ 7L マチ付き
バンドック フォールディング ジャグ 7L マチ付き

袋の形状をした取っ手付きのソフトタイプのウォータージャグです。ハードタイプと違い、柔らかな素材なので置く場所を限定してしまうこともあるかもしれませんが、非常に軽く、使わない時は小さく丸めたり折りたたむことで場所を取らずに収納することができます。本体の袋に色がついたタイプのウォータージャグですが透けて中が見えるため、水の残量の確認を簡単に行なえます。軽量でコンパクトでデザインもおしゃれな製品です。

第3位:岩谷マテリアル ウォッシャブルタンク ポリカ 12L

岩谷マテリアル ウォッシャブルタンク ポリカ 12L
岩谷マテリアル ウォッシャブルタンク ポリカ 12L

透明なポリタンクに給水用の蛇口を付けたような形状のウォータージャグです。12リットルという大容量の水を入れることができるので、ちょっとしたキャンプやスポーツの場でも使いやすいサイズになっているのが特徴です。蛇口は取外し可能なので、使わない時は別の蓋を付けておくこともできますよ。透明な本体で中の水の残量も確認しやすく、口も大きいので汚れたときに洗いやすいのが特徴です。アウトドアでも災害などの備えにも最適な製品です。

第2位:キャプテンスタッグ クールヒッツ ウォータージャグ

キャプテンスタッグ クールヒッツ ウォータージャグ
キャプテンスタッグ クールヒッツ ウォータージャグ

保温、保冷どちらも使うことができるキャプテンスタッグの高性能なウォータージャグです。水を入れると重くなりがちな本体をしっかりと脚で支えてくれるのでぐらつくことがなく安定して支えてくれます。水を汲む蛇口部分はレバー式の形状になっているので、好きな量で水を止めやすくなっているのでとても使い勝手が良い形状になっています。ウォータージャグの基本的な機能はほぼ備えている製品なので、初めてウォータージャグを買おうという方にもおすすめです。

第1位:ピーコック ステンレス キーパー 広口タイプ

:ピーコック ステンレス キーパー 広口タイプ
:ピーコック ステンレス キーパー 広口タイプ

ステンレス製の本体がとてもスタイリッシュでおしゃれな見た目のウォータージャグです。見た目の良さだけではなく機能も優れており、水以外にもスポーツドリンクを入れて使うことも可能になっているので、使用の幅がとても広がります。蛇口のレバーは手前に倒すと水が出るようになっていて、少し倒すと任意の場所で止まり、下まで倒すと連続で水が出るようになります。水を入れる口も広々としているので、氷も入れやすい形状になっています。

ウォータージャグの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ウォータージャグのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ウォータージャグで暮らしをもっと快適に

いかがでしたか。ウォータージャグは製品ごとに性能やできることが違います。保冷機能つき、スポーツドリンクに対応か、折り畳めるかなどを考慮して使いたい用途に合わせてウォータージャグを選ぶのがおすすめです。アウトドアでの用途だけではなく災害のときに用意してあるだけでも何かとウォータージャグは役に立ちます。皆さんもこの記事を参考に、自分に合ったウォータージャグを探してみましょう。

この記事の商品一覧

ドリンクディスペンサー(3.5L)

ドリンクディスペンサー(3.5L)

¥1,290 税込

スポーツ飲料対応保冷用ウォータージャグ 8型

スポーツ飲料対応保冷用ウォータージャグ 8型

¥2,657 税込

スチールベルトジャグ

スチールベルトジャグ

¥980 税込

スタンレー ウォータージャグ 7.5L

スタンレー ウォータージャグ 7.5L

¥9,900 税込

ミンテージ ウォータージャグ

ミンテージ ウォータージャグ

¥5,280 税込

ソト(SOTO) ウォータージャグ ST-620LV

ソト(SOTO) ウォータージャグ ST-620LV

¥5,428 税込

スタンレー ウォータージャグ 7.5L

スタンレー ウォータージャグ 7.5L

¥9,900 税込

バンドック クラシックジャグ 8L

バンドック クラシックジャグ 8L

¥2,575 税込

キャプテンスタッグ 伸縮ウォータージャグ

キャプテンスタッグ 伸縮ウォータージャグ

¥1,620 税込

バンドック ジャバラ ウォータージャグ 7.5

バンドック ジャバラ ウォータージャグ 7.5

¥1,480 税込

バンドック フォールディング ジャグ 7L マチ付き

バンドック フォールディング ジャグ 7L マチ付き

¥908 税込

岩谷マテリアル ウォッシャブルタンク ポリカ 12L

岩谷マテリアル ウォッシャブルタンク ポリカ 12L

¥2,482 税込

キャプテンスタッグ クールヒッツ ウォータージャグ

キャプテンスタッグ クールヒッツ ウォータージャグ

¥2,116 税込

:ピーコック ステンレス キーパー 広口タイプ

:ピーコック ステンレス キーパー 広口タイプ

¥2,977 税込

おすすめの記事

【ニトリ・無印】スリムゴミ箱のおすすめ人気ランキング10選!キッチンで分別できるものが人気
大きいゴミ箱は容量があり使いやすいものの、場所を取るのが困るという方もいるでしょう。スリムタイプのゴミ箱であれば、限られたスペースしかなくてもスマートに設置できます。そこで今回は、スリムゴミ箱の魅力や...
インテリア・家具 2view
【ニトリ・パナソニック・アイリスオーヤマ】IHクッキングヒーターのおすすめ人気ランキング10選!卓上式やビルトイン式など
IHクッキングヒーターは、火を使わないで調理ができるのが魅力的です。IHクッキングヒーターは、電力で調理ができるからです。とはいっても数多くあるIHクッキングヒーターから選ぶのは大変ですよね。そこで今...
家電 22view
【ニトリ・無印・カインズ】蓋付きゴミ箱のおすすめ人気ランキング10選!おしゃれなものやペダル式で便利なものなど
蓋付きゴミ箱があれば、中に入っているものが上から見えませんし、コバエなどがたかるのを防ぐこともできます。そこで今回は蓋付きゴミ箱の魅力や選び方、おすすめブランドとメーカーや人気商品10選についてご紹介...
インテリア・家具 230view
【ソニー・jbl・bose】ワイヤレススピーカーのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれで高音質なものが人気!ダイソーでも買える
ワイヤレススピーカーは、テレビ放送の音声を楽しむことができておすすめです。ワイヤレススピーカーは、家族や近所への騒音を気にせずにTVの音を楽しむことができるからです。とはいっても数多くあるワイヤレスス...
家電 83view
【ニトリ・パナソニック】一人暮らし冷蔵庫のおすすめ人気ランキング10選!値段相場や適正サイズなども紹介
一人暮らし冷蔵庫は、一人暮らしでも買いだめができておすすめです。一人暮らし冷蔵庫は、コンパクトながら容量がしっかりあるからです。とはいっても数多くある一人暮らし冷蔵庫から選ぶのは大変ですよね。そこで今...
家電 103view
【タイガー・パナソニック・象印】餅つき機のおすすめ人気ランキング10選!家庭用の小型タイプが人気
餅つき機は、家庭で手軽につきたてのお餅を食べることができておすすめです。餅つき機は、食べたい分量をもち米から作ることができるからです。とはいっても数多くある餅つき機から選ぶのは大変ですよね。そこで今回...
家電 123view
【パナソニック・ヤーマン・ルメント】ヘッドマッサージャーのおすすめ人気ランキング10選!効果や使い方も紹介
ヘッドマッサージャーは頭皮が健やかになり、おすすめです。ヘッドマッサージャーは、頭皮をマッサージして血行をよくするからです。とはいっても数多くあるヘッドマッサージャーから選ぶのは大変ですよね。そこで今...
生活雑貨・日用品 92view
【デロンギ・マルゾッコ・ビアレッティ】エスプレッソマシンのおすすめ人気ランキング10選!家庭用から業務用まで紹介
エスプレッソマシンは、手軽においしいコーヒーを飲むことができておすすめです。エスプレッソマシンは、豆の挽きから抽出までマシンがこなしてくれるからです。とはいっても数多くあるエスプレッソマシンから選ぶの...
家電 58view
【yabae・フィリップス・ニトリ】光目覚まし時計のおすすめ人気ランキング10選!効果や選び方も紹介
光目覚まし時計は、朝日が昇るように徐々に明るくなり光で自然に目覚めることができる商品です。ここでは、光目覚まし時計の魅力や効果、使い方や選び方に合わせて人気の光目覚まし時計ランキングでおすすめの商品を...
インテリア・家具 108view
【テンピュール・ニトリ】高級枕のおすすめ人気ランキング10選!価格相場や効果なども紹介
毎日使う枕に何らかのストレスを感じているなら、高級枕を選んで上質なストレスのない睡眠にしてみましょう。ここでは、一般的に高級枕と呼ばれる商品の魅力や効果、また気になる値段の相場や高級枕の選び方に合わせ...
インテリア・家具 106view