【コールマン・DOD】グランドシートのおすすめ人気ランキング10選! 選び方・使い方や代用品も紹介

キャンプの際にテントを張る時にあると便利なグランドシート。テントに傷や汚れを付けないようにする効果や、水の侵入を防ぐなどと言った効果があるため、必須アイテムと言っても良いものです。メーカーによって様々な製品が出ていて、スペックも様々なのでしっかりと見比べて品質の良いものを選びたいですよね。今回はおすすめのグランドシートをご紹介しますので、是非購入の参考にしてみてくださいね。

グランドシートとは?


グランドシートはピクニックで使うレジャーシートのような防水性のあるシートで、地面とテントの間に敷いて使用するテントの保護シートのようなものです。凹凸な地面が多い自然の中でグランドシートを敷くだけでもテントの下に異物感を感じることも無くなりますので、快適にテント内で過ごすことができるでしょう。また、ものによってはタープとしても使うことができる二役タイプのグランドシートもあります。

グランドシートの魅力とは

グランドシートの魅力は前述した地面の凹凸を感じにくくしてくれる効果はもちろん、他にも地面が雨などで濡れていた場所へテントを設営する時にグランドシートを使うことでテントの底から水気や湿気の侵入を防いでくれる効果もあります。何よりも、テントそのものを傷や汚れから守ってくれる効果もあるので、テントが破損しにくくなるのもグランドシートの魅力の一つと言えます。

グランドシートの使い方は?

グランドシートはテントの下に敷いて使用するものということを前述しましたが、実際にグランドシートを使う場合にはテントのサイズよりも一回りくらい小さなものを使用するように気をつけましょう。大きすぎてテントからグランドシートがはみ出してしまうと雨が降った場合に、その部分からテント部分に水が侵入してしまいますので、グランドシートとしての役割を果たしてくれなくなってしまいます。

グランドシートの代用品は?ブルーシートでもOK

テントの下に敷くグランドシートは専用のものでなければいけないということはありません。実際のところ、テント内に水の侵入などを防ぐ効果があれば、ピクニック用のレジャーシートでも、ブルーシートでも問題なくグランドシートの役割を果たしてくれます。年に数回程度などキャンプへ行くことが少ない場合には無理をしてグランドシートを用意しなくても代用品でなんとかなるかもしれませんが、テントを使う回数が多い方は、やはり専用のグランドシートを購入することをおすすめします。

グランドシートの選び方

サイズで選ぶ


グランドシートのサイズは必ずチェックしましょう。前述したようにグランドシートはテントよりも小さいサイズのものを使用することでテントへの雨の侵入などを防いでくれる効果があるのでサイズは必須チェック項目です。小さすぎても大きすぎてもあまり良くないので、目安としてはテントの底面のサイズより一回りくらい小さいものがジャストサイズと言えるでしょう。製品によって様々なサイズのものが販売されていますし、テントのメーカーがわかっていればメーカーを揃えて購入するのが確実です。

耐水性で選ぶ


グランドシートを選ぶ際には製品の耐水圧をチェックしておくようにしましょう。この耐水圧の数値が高ければ高いほど水に強いということになります。特に雨が降ったあとなどの濡れた地面の上にテントを張らなくてはいけないときに耐水圧の高いグランドシートは効果を発揮してくれます。基本的に耐水圧は2000mm程度あれば通常のキャンプでは十分ですし、それ以上の数値のものあるので状況に合わせて性能を選んでみましょう。

メーカーに合わせたものを選ぶ


グランドシートはテントよりも一回り小さいものを、と前述しましたが、テントのメーカーと他社製品のグランドシートを合わせようとすると、なかなか理想のものに出会えないということもあるかもしれません。その時はテントとグランドシートのメーカーを統一するように、グランドシートを選んでみるのが確実です。メーカーはだいたい自社のテントに合わせた製品を開発していることが多いので、ジャストサイズの物を見つけることができるかも知れません。また、製品によってはグランドシートが付属しているセット売りのテントもありますので、これからテントも買うという方は、グランドシートセットのものを購入するのも良いでしょう。

グランドシートのおすすめブランド・メーカーは?

コールマンのグランドシート

コールマン(Coleman) マルチグランドシート
コールマン(Coleman) マルチグランドシート

コールマンで販売されているグランドシートは、様々なサイズのテントに使用できるように工夫がされた製品を販売しています。耐水圧が高めの製品で一般的なキャンプでは問題のない防水効果がありますし、シートのサイズは同じコールマンで販売しているテントのサイズに対応しているのはもちろん、大きさの調整ができるように作られているので他社製のテントとも合わせやすくなっているのが魅力の商品です。使い勝手を重視したいならコールマンの製品がおすすめです。

DODのグランドシート


もしも使用しているテントがDODの物であれば、同メーカーのグランドシートがとても性能が高く、使い勝手が良いのでおすすめです。DODのグランドシートは各製品どれにも四隅に固定用のコードが付いているので、そこへペグを刺すだけで簡単に固定することができますのでシートがずれる心配がありません。耐水圧も高く、水濡れの心配もほとんど無く、四角型とペンタゴン型があるのでテントに合わせて使い分けることもできますよ。

グランドシートのおすすめ人気ランキング10選

ここからはグランドシートのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのグランドシートを見つけてみてくださいね!

第10位:REDCAMP グランドシート


ポリエステル素材を使用したグランドシートで、耐水圧が1500mm程ですので、通常のキャンプでの仕様などには問題のないスペックを持っている製品です。両面とも防水性能が付いているので表裏を選ぶこと無く使うこともできるようになっています。ヘリは破損しにくくなるようしっかりと縫い留められており、四隅は固定用のハトメ付きですのでシートがずれてしまうことも殆どありません。ピクニックや日帰りキャンプなど、ライトな使い方にもおすすめです。

第9位:KoiHouse グランドシート


防水加工を施してあるシートなので地面からの水気や湿気をテント内に侵入させること無く、快適にテントで過ごすことができるようになります。シート四隅はハトメが付いているので穴にペグを刺すことでしっかりと固定してシートのズレを防ぐことができます。シートとしての用途以外にもハトメ穴を活用してポールを立てればタープのようになり、そのまま地面に敷くだけでレジャーシート代わりになるなど、マルチな使い方ができるようになっています。

第8位:キャプテンスタッグ グランドシート 収納袋付き

キャプテンスタッグ グランドシート 収納袋付き
キャプテンスタッグ グランドシート 収納袋付き

キャンプテンスタッグで販売しているグランドシートはサイズの数が豊富なので、同社のテントと合わせて使うのはもちろん、他社製品のテントと一緒に使う用途でもサイズを合わせやすくなっているのが特徴の製品です。10~20cm程度小さいサイズを選ぶとぴったりの大きさになりますよ。耐水性があり、素材もしっかりとしているので耐久性も高い製品です。折りたたんで専用の収納袋に入れればコンパクトに纏められるので、荷物がかさばりません。

第7位:HIMIMI グランドシート


耐水圧2000mmという強力な防水力を持っているグランドシートなので、通常のキャンプから雨などが多い季節での使用でも使うことができる性能を持っています。折り畳むととてもコンパクトで重量もわずか200gという重さなので、持ち運びで荷物がかさばることがありません。四隅にはハトメが付いているので、シートの固定はもちろん、ロープやポールを用いればタープとして使うことができますし、そのまま敷くことでレジャーシートとしても使えます。

第6位:Geer Top グランドシート 1~4人用


シートの片面にシリコンコーティングを施したグランドシートで、強力な防水効果でテント内に水が侵入するのを防いでくれます。とても頑丈なナイロン製の布地を使用しているため、摩耗しにくく、耐久性が高いので頻繁にテントを使う方にもおすすめです。四隅はシート固定用の穴があるのでペグを打ち込んでシートを固定したり、ロープなどで結べばタープとしても使うことができます。シーンに合わせて様々な用途で使うことができる製品です。

第5位:ZDF GEAR 折りたたみクッショングランドシート

ZDF GEAR 折りたたみクッショングランドシート
ZDF GEAR 折りたたみクッショングランドシート

Sサイズ、Mサイズ、Lサイズと複数のサイズの製品ラインナップがありますので、様々なテントのサイズに合わせた製品を選びやすくなっているのが特徴のグランドシートです。グランドシートとしても使うこと以外にも、四隅の固定用の穴を利用してタープにも使えますし、レジャーシート代わりにも使用することができるので、マルチな用途で使いたい方におすすめです。折りたたんで収納袋に入れるとコンパクトで持ち運びやすいです。

第4位:DOD グランドシート 2人用


DODのグランドシートは耐水圧がとても高く5000mmという性能のものなので、どのようなシーンでも水濡れの心配を気にせずに使うことができるようになっているのが最大の特徴です。サイズが合えばどのメーカーのテントとも合わせられますが、やはりいちばんは同社のテントと一緒に使うことで、ちょうどよいサイズになり、耐水性の効果も期待できるものになります。四隅に固定用の紐もついているので、使用中にシートがずれることが無くなります。

第3位:Spitze Forge グランドシート


耐水性の高いグランドシートで、グランドシートとしてテントの下に敷く以外にも、タープ代わりに、シェードとして、そしてレジャーシート代わりになど、様々な用途で状況に合わせて使い分けることもできるようになっているのが特徴の製品です。シートのサイズ、形はラインナップが豊富なので、他社メーカーのテントのした西区グランドシートとしても使いやすくなっています。1枚で様々な用途で使え、テントを選ばない万能な製品です。

第2位:GEERTOP グランドシート


シートの生地両面にシリコン加工を施しているため防水効果が高く、使用する面を確認することがさっと広げることができる効率重視のグランドシートです。耐水圧は8000mmという、グランドシートの製品の中ではトップクラスの高性能の防水力があるのでこの製品一つで水濡れの心配は殆どなくなります。グランドシートとしても、タープやシェードの代わりとしても使うことができますし、雨除けにも最適な製品と言えるでしょう。

第1位:ロゴス ぴったりグランドシート


アウトドア用品を専門に販売するロゴスで取り扱うグランドシートです。フロアサイズに合わせたサイズ展開をしている製品なので、ロゴス製のテントと合わせればもちろんジャストサイズで使うことができますし、他社メーカーのテントと使ってもサイズが同じなら問題なく使うことができる、まさしくぴったりの製品です。固定方法はペグではなく、紐をテントの四隅に結びつけて固定するタイプなので、誰でも手軽に作業をすることができます。

グランドシートの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、グランドシートのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

グランドシートでキャンプをもっと快適に

いかがでしたか。グランドシートはテントを傷から守り、水の侵入を防ぐという効果がある製品なのでテントを使うときにはほぼ必須アイテムと言っても良いものです。使用頻度が少ない場合には代用品でも問題ありませんが、頻繁にテントを使うときは、テントサイズより一回り小さいサイズのグランドシートを用意しましょう。みなさんもこの記事を参考に、自分に合ったグランドシートを見つけてみてくださいね。

この記事の商品一覧

コールマン(Coleman) マルチグランドシート

コールマン(Coleman) マルチグランドシート

¥3,900 税込

DOD グランドシート 2人用

DOD グランドシート 2人用

¥1,653 税込

REDCAMP グランドシート

REDCAMP グランドシート

¥2,853 税込

KoiHouse グランドシート

KoiHouse グランドシート

¥3,446 税込

キャプテンスタッグ グランドシート 収納袋付き

キャプテンスタッグ グランドシート 収納袋付き

¥1,780 税込

HIMIMI グランドシート

HIMIMI グランドシート

¥2,746 税込

Geer Top グランドシート 1~4人用

Geer Top グランドシート 1~4人用

¥1,880 税込

ZDF GEAR 折りたたみクッショングランドシート

ZDF GEAR 折りたたみクッショングランドシート

¥2,883 税込

DOD グランドシート 2人用

DOD グランドシート 2人用

¥1,653 税込

Spitze Forge グランドシート

Spitze Forge グランドシート

¥2,883 税込

GEERTOP グランドシート

GEERTOP グランドシート

¥3,355 税込

ロゴス ぴったりグランドシート

ロゴス ぴったりグランドシート

¥1,525 税込

おすすめの記事

ニトリの敷布団おすすめ人気ランキング10選!コインランドリーでも洗えて口コミでも評判
敷布団を新たに買うならば、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの敷布団には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ニトリの敷布団の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介い...
244047view
【ニトリが人気】ホットカーペットのおすすめ人気ランキング10選!選び方や気になる電気代も
冬の定番アイテムとして親しまれている「ホットカーペット」冬場の冷える足元を温めてくれるアイテムとして人気ですよね。一人暮らしに最適な1畳タイプや、家族でも使える3畳まで。でも、ニトリをはじめいろいろなメーカーから100種類以上も販売されてい...
345037view
口コミで評判のニトリの掛け布団おすすめ人気ランキング10選!夏・冬使えるものや洗濯できるものなども
掛け布団を新しく買うなら、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの掛け布団には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、ニトリの掛け布団の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介いたします。是非お...
135254view
口コミで評判の高いニトリのエアーベッド3つ!1600円台でキャンプの必需品としておすすめ
キャンプやアウトドア、車中泊をする時に便利なアイテムといえばエアーベッドです。空気を入れるだけでベッドの硬さを自分好みに変更できる優れた商品です。持ち運びも楽で、来客用として日常でも使うことができます。しかしエアーベッドは様々なメーカーから...
77673view
口コミで人気のニトリのおすすめ加湿器ランキング10選!スチーム式・超音波式など
乾燥する季節に活躍する加湿器をお探しなら、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの加湿器には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか悩んでしまいますよね。そこで今回は、ニトリの加湿器の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介いたし...
115162view
口コミ評判の高いアイリスオーヤマのオーブンレンジおすすめ人気ランキング10選
オーブンレンジを探しているのであれば、アイリスオーヤマのオーブンレンジがおすすめです。なぜなら、手間がかからずにおいしい料理が出来るからです。と言ってもオーブンレンジ選びは、数があるだけに大変でしょう。そこで今回は、アマゾンで人気のアイリス...
102375view
ニトリの夏用ラグのおすすめ人気ランキング10選!接触冷感のNクールで夏でも涼しい
湿気でジメジメしたり、汗ばむような夏の日こそ、スッキリと過ごしたいですよね。そんな時は、お部屋に敷くラグを夏用に変えるだけで、快適になるものです。夏用ラグはいろいろなメーカーから販売されていますが、おすすめなのがニトリの夏用ラグです。接触冷...
89302view
【ニトリ・無印・IKEA】アイロン台のおすすめ人気ランキング10選!スタンド型や卓上型など
同じ姿勢でアイロンをかけるのがつらい、毎日使うものだからラクしたいなどアイロンがけに対する悩みはつきませんよね?そんな悩みを持っている方は、自分に合ったアイロン台を選ぶことでいつもの作業がぐっとラクになります。しかし、いざアイロン台を購入し...
216060view
口コミで評判のニトリのかるふわ羽毛布団おすすめ人気ランキング10選!洗濯もできる
柔らかくて肌触りも良いニトリの羽毛布団がたいへんおすすめです。包み込むような柔らかさに保温性が抜群で、安心して就寝できるからです。ただしご自分の快適な睡眠を誘う羽毛布団を選ぶとなると、ちょっとで大変そうです。そこで今回は、ニトリで人気があっ...
124386view
【コールマン・スノーピーク】ヘキサタープのおすすめ人気ランキング10選!選び方・張り方なども紹介
ヘキサタープの張り方には色々なアレンジが出来るので可能性が広がります。アウトドアブランド各社からも様々な種類のヘキサタープが販売されています。ヘキサタープのおすすめと購入する際の選び方を紹介していきます。 ヘキサタープとは? 六...
27view