【DOD・プロックス・コールマン】ワカサギテントのおすすめ人気ランキング10選!種類や選び方など

ワカサギテントはワカサギ釣り用のテントとしておすすめです。ワカサギテントは、ワンタッチで設営できるものからコンパクトに収納できるタイプもあるからです。とはいっても数多くあるワカサギテントから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のあるワカサギテントを紹介します。ぜひ、お気に入りのワカサギテントを見つけてくださいね。

ワカサギテントとは?


ワカサギテントとは、その名の通り、ワカサギ釣りをするのにおすすめのテントです。最近ではいろんなメーカーから販売されており、ドーム型・連結タイプ・コンパクトサイズなど選べます。ワカサギ釣りでは、防寒対策はとても大事なポイントであり、そういった機能性においても十分に対応しているからこそ、ワカサギ釣りを楽しむ人にとってはおすすめポイントです。全国的に10月から3月にかけて、氷にぐりぐり穴を開けて釣る穴釣りが主流であり、氷に覆われた世界であることからも、防寒作用は、ワカサギテントにとってとても大事なポイントでしょう。

ワカサギテントの魅力は?

ワカサギテントの魅力とは、寒い氷のうえで釣りをするため、防寒対策ができることでしょう。長時間のワカサギ釣りをする人でも、寒さに凍えることがなく、釣りに集中ができます。種類もいくつかあることで、好みや用途で使い分けるのも可能です。中にはワンタッチ設営タイプのワカサギテントもあり、ワカサギ釣り初心者でも扱いやすいでしょう。これからワカサギ釣りをする人も、ベテランさんも1つは持っておきたいアイテムといえます。

ワカサギテントの選び方

サイズで選ぶ


ワカサギテントの選び方1つ目は、サイズで選ぶことです。ワカサギ釣りテントは、収容人数を1人分余裕をもたせると、テント内でゆっくり過ごすことができます。氷のうえでワカサギ釣りをする場合、どうしても荷物が多くなってしまうものです。人数にぴったり合わせたテントでは、荷物がかさばってしまうかもしれません。せっかくの休憩タイムが窮屈な思いをしなくても済むように、テント内で食事ができるように、余裕を持ったサイズ感で選びましょう。

重さで選ぶ


ワカサギテントの選び方2つ目は、重さで選ぶことです。ワカサギ釣りでは、荷物を持ちながら移動することも考えて、軽いテントを選ぶことが大事でしょう。ワカサギは群れを作って移動するため、魚群探知機なども使って群れを追いかけることがあるからです。そのため、重すぎるテントだと疲れてしまうでしょう。移動するときは荷物は置いていけずに持って行かなければいけないことを頭にいれておいてください。使ったあとは折りたたんでコンパクトになるものだと場所を取らずおすすめです。

防風性で選ぶ


ワカサギ釣りテントは、底面が六角形のヘキサゴン・四角形のスクエアなどの形があり、ヘキサゴンタイプだと風の影響を受けにくいのでおすすめです。定員が多ければ八角形のオクタゴンタイプであり、よりドームに近い形となっているため、風の影響を受けにくいでしょう。スクエアタイプは、ほかの形よりも影響を受けやすいことから、防風性においては選ぶのは避けたほうがよいですが、立ったときに窮屈にならないといった特徴もあることから、用途に合わせて選ぶようにしましょう。

ワカサギテントのおすすめブランド・メーカーは?

DODのワカサギテント


DODのワカサギテントは、色合いもデザインもおしゃれだと定評があります。ドーム型で風よけ・小雨・小雪よけに活躍するでしょう。何よりも嬉しいのがワンタッチ式で、簡単・スピーディに組み立てができます。テントをサッと立ててゆったり快適にワカサギ釣りを他のs無ことができるでしょう。氷のうえで設営をすることを考えると、設営が難しくて手間取ってしまうのはあまりよくありません。サッとスピーディに組み立てられるDODのワカサギテントがおすすめです。

コールマンのワカサギテント

Coleman(コールマン)アイスフィッシングシェルターオート
Coleman(コールマン)アイスフィッシングシェルターオート

コールマンのワカサギテントは、デザイン性・カラーがおしゃれだと定評があります。寒冷地でのフィッシングを快適にするワンタッチシェードで、ガス圧ワンタッチ機構搭載でスピード設営・撤収が可能です。座ったまま外の様子を確認でき、採光にもちょうどよいクリアウィンドウがおすすめポイントです。オレンジとホワイトカラーのテントは、明るくてワカサギ釣りファンの間でも人気でしょう。人気のゆえに売り切れになってしまうのが難点です。

プロックスのワカサギテント


プロックスのワカサギテントは、何といっても斬新なデザイン性が魅力でしょう。また、釣り人数によって3つのサイズから選ぶことができます。お手軽コンパクトなレギュラーサイズ・大人も立てるセミラージサイズ・大人数でも広々ラージサイズの3つのサイズです。風に強い8角形タイプで、厳しい環境下での釣りを楽しむことができるでしょう。設営も12クイックというのがうれしいポイントです。人とは違う個性を大事にしたい人にぴったりでしょう。

ワカサギ テントのおすすめ人気ランキング10選

ここからはワカサギ テントのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのワカサギ テントを見つけてみてくださいね!

第10位:クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープ

クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープ
クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープ

ワカサギテントのおすすめ人気ランキング第10位は、クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープです。大型ながら価格が抑えられていて、ワンタッチで簡単に設置ができるタープテントとして注目されています。底面3×3m、高さ2.1mと大人3、4人で使うにも十分で、通常大型テントは設営が面倒なものの、このテントであれば紐を引っ張るだけで簡単に作れるでしょう。収納サイズは大きめで、持ち歩きには大きめのソリなどが必要です。

第9位:FIELDOOR サンシェルターテント


ワカサギテントのおすすめ人気ランキング第9位は、FIELDOOR サンシェルターテントです。シェルターと呼ばれるような形のサンシェードテントで、薄手ですが風通しがよくて夏用テントとして重宝します。しかし、ワカサギ釣り用に風よけや雪よけとして使うテントとしても問題がないでしょう。サイズは底面が3×3.5m、高さも2.1mと広々しているため、グループ・家族でのワカサギ釣りを楽しむことができます。

第8位:キャプテンスタッグ ワンタッチ テント 210 M-3131

キャプテンスタッグ ワンタッチ テント 210 M-3131
キャプテンスタッグ ワンタッチ テント 210 M-3131

ワカサギテントのおすすめ人気ランキング第8位は、キャプテンスタッグ ワンタッチ テント 210 M-3131です。設営が簡単なワンタッチテントで、スピーディに設営したい人にぴったりでしょう。フレームを3つ折りにすることで、コンパクトに収納ができます。また、キャリーバッグつきで、収納や持ち運びがラクチンでしょう。オレンジとホワイトカラーはとてもおしゃれで、氷のうえでもこのテントは目立つこと間違いありません。

第7位:Goplus ポータブルアイスシェルター ポップアップ式アイスフィッシングテント

Goplus ポータブルアイスシェルター ポップアップ式アイスフィッシングテント
Goplus ポータブルアイスシェルター ポップアップ式アイスフィッシングテント

ワカサギテントのおすすめ人気ランキング第7位は、Goplus(ゴープラス)Goplus Portable Pop-up Ice Shelter Fishing Tent with Bagです。個性的な形状をしているのが魅力ポイントで、デザイン性で選ぶのであればとてもおすすめでしょう。また、見た目だけでなくワンタッチタイプで簡単に設置できる点でも、ワカサギ釣り初心者にぴったりです。窓はオックスフォード生地とPVC素材の2層構造で密閉性と採光を取り入れています。

第6位:Coleman(コールマン)アイスフィッシングシェルターオート

Coleman(コールマン)アイスフィッシングシェルターオート
Coleman(コールマン)アイスフィッシングシェルターオート

ワカサギテントのおすすめ人気ランキング第6位は、Coleman(コールマン)アイスフィッシングシェルターオートです。ガス圧式のワンタッチ機構を搭載しており、半自動的にセットアップができます。大型のテントで出入り口も3面に設置されているため、出入りもスムーズでしょう。複数人でワカサギ釣りを楽しみたい人にぴったりです。ただし、大型で風の影響を受けやすく、ロープ・ペグでしっかりとテントを固定する必要があります。

第5位:パール金属ワカサギ釣り ワンタッチ テント M-3131

パール金属ワカサギ釣り ワンタッチ テント M-3131
パール金属ワカサギ釣り ワンタッチ テント M-3131

ワカサギテントのおすすめ人気ランキング第5位は、パール金属ワカサギ釣り ワンタッチ テント M-3131です。3つ折りフレームでコンパクトに収納ができます。また、折りたたんだあとは付属のキャリーバッグに入れることで、持ち運びがラクチンでしょう。気になる設営に関してはワンタッチ式で、撤収がラクにおこなえるのもポイントです。テントの天井部と後部にはメッシュ窓があり、換気もおこないやすいでしょう。オレンジとホワイトカラーはスタイリッシュで目立ちやすいのがポイントです。

第4位:CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)ワカサギテント160(M-3109)

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)ワカサギテント160(M-3109)
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)ワカサギテント160(M-3109)

ワカサギテントのおすすめ人気ランキング第4位は、CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)ワカサギテント160(M-3109)です。吊り下げ式のコンパクトなサイズで、大きいサイズではストーブがなかなか温まらないため、コンパクトサイズは重宝すること間違いありません。一人・二人ならコンパクトサイズがおすすめでしょう。スカートもしっかりとついているため、内部を温めやすいでしょう。テント天井部分にはメッシュ換気用窓がついており、上から光が入るため、内部は明るく快適です。

第3位:HEWOLF ワンタッチテント アウトドア用


ワカサギテントのおすすめ人気ランキング第3位は、HEWOLF ワンタッチテント アウトドア用です。インナーテントを外すと、フロアレスでワカサギ釣り用にも使えるテントとして注目されています。キャンプ用としては3・4人ですが、ワカサギの穴釣りをするときは大人2人用として使いましょう。また、折りたたみポールを使う吊り下げ式テントで、設営もラクチンであり、テントの扱いに慣れていない人でもおすすめポイントです。

第2位:Husky(ハスキー)Fighter ドームテント


ワカサギテントのおすすめ人気ランキング第2位は、Husky(ハスキー)Fighter ドームテントです。ドーム型の吊り下げタイプで、流線型のフォルムのため、風の強い日にも安心でしょう。また、フライシートの耐水圧は7,000mmと高くて、突然の大雨などでも対応できて便利です。ヨーロッパの軍隊にも品質が認められたメーカーのテントで、耐久性や使いやすさはバツグンでしょう。通気性もしっかりと確保した構造になっています。

第1位:FIELDOOR(フィールドア)ヘキサゴンテント

FIELDOOR(フィールドア)ヘキサゴンテント
FIELDOOR(フィールドア)ヘキサゴンテント

ワカサギテントのおすすめ人気ランキング第1位は、FIELDOOR(フィールドア)ヘキサゴンテントです。たった15秒でサッと設置が完了するのが魅力的でしょう。また、サイズの割に軽くて、収納がコンパクトにできるのも魅力の1つです。車からワカサギ釣りポイントまでの移動が苦になりません。設営はテントを広げて紐をひいてジョイント部分を持ち上げれば完成です。また、テント生地はSPF50のUVカットコーティングが施されています。

ワカサギテントの代用品は?

ワカサギテントがなければ、通常のキャンプテントを使うこともできます。ただし、風が強いため、4角形ではなくて5角形・6角形・8角形タイプで探すのが無難でしょう。底を切って使う場合は、底を全部切り取らずに半分だけ切って、残ったシート部分に自分が座り荷物も置けるようにすると、風に飛ばされることはありません。できればワカサギ釣り専用のテントを持って行くのが鉄則ですが、どうしてもなければ、多角形のテントを使ってください。

ワカサギテントの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ワカサギ テントのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ワカサギテントでキャンプをもっと快適に

いかがですか。ワカサギテントは、ワカサギ穴釣りに適しています。ワカサギテントがあると、防寒性が高くて氷の世界でも快適に過ごすことができるでしょう。ワカサギ釣りを楽しめるように、ぜひ、お気に入りのワカサギ釣りを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事の商品一覧

Coleman(コールマン)アイスフィッシングシェルターオート

Coleman(コールマン)アイスフィッシングシェルターオート

¥55,243 税込

クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープ

クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープ

¥14,960 税込

FIELDOOR サンシェルターテント

FIELDOOR サンシェルターテント

¥12,765 税込

キャプテンスタッグ ワンタッチ テント 210 M-3131

キャプテンスタッグ ワンタッチ テント 210 M-3131

¥18,118 税込

Goplus ポータブルアイスシェルター ポップアップ式アイスフィッシングテント

Goplus ポータブルアイスシェルター ポップアップ式アイスフィッシングテント

¥23,480 税込

Coleman(コールマン)アイスフィッシングシェルターオート

Coleman(コールマン)アイスフィッシングシェルターオート

¥55,243 税込

パール金属ワカサギ釣り ワンタッチ テント M-3131

パール金属ワカサギ釣り ワンタッチ テント M-3131

¥18,118 税込

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)ワカサギテント160(M-3109)

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)ワカサギテント160(M-3109)

¥7,040 税込

HEWOLF ワンタッチテント アウトドア用

HEWOLF ワンタッチテント アウトドア用

¥13,090 税込

Husky(ハスキー)Fighter ドームテント

Husky(ハスキー)Fighter ドームテント

¥41,065 税込

FIELDOOR(フィールドア)ヘキサゴンテント

FIELDOOR(フィールドア)ヘキサゴンテント

¥8,690 税込

おすすめの記事

ニトリの敷布団おすすめ人気ランキング10選!コインランドリーでも洗えて口コミでも評判
敷布団を新たに買うならば、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの敷布団には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ニトリの敷布団の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介い...
245020view
【ニトリが人気】ホットカーペットのおすすめ人気ランキング10選!選び方や気になる電気代も
冬の定番アイテムとして親しまれている「ホットカーペット」冬場の冷える足元を温めてくれるアイテムとして人気ですよね。一人暮らしに最適な1畳タイプや、家族でも使える3畳まで。でも、ニトリをはじめいろいろなメーカーから100種類以上も販売されてい...
345570view
口コミで評判のニトリの掛け布団おすすめ人気ランキング10選!夏・冬使えるものや洗濯できるものなども
掛け布団を新しく買うなら、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの掛け布団には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、ニトリの掛け布団の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介いたします。是非お...
135932view
口コミで評判の高いニトリのエアーベッド3つ!1600円台でキャンプの必需品としておすすめ
キャンプやアウトドア、車中泊をする時に便利なアイテムといえばエアーベッドです。空気を入れるだけでベッドの硬さを自分好みに変更できる優れた商品です。持ち運びも楽で、来客用として日常でも使うことができます。しかしエアーベッドは様々なメーカーから...
78726view
口コミで人気のニトリのおすすめ加湿器ランキング10選!スチーム式・超音波式など
乾燥する季節に活躍する加湿器をお探しなら、ニトリのものがおすすめです。しかし、ニトリの加湿器には色々な種類があるので、どれを選んだらいいか悩んでしまいますよね。そこで今回は、ニトリの加湿器の選び方やおすすめ人気ランキングを詳しくご紹介いたし...
115307view
口コミ評判の高いアイリスオーヤマのオーブンレンジおすすめ人気ランキング10選
オーブンレンジを探しているのであれば、アイリスオーヤマのオーブンレンジがおすすめです。なぜなら、手間がかからずにおいしい料理が出来るからです。と言ってもオーブンレンジ選びは、数があるだけに大変でしょう。そこで今回は、アマゾンで人気のアイリス...
102686view
ニトリの夏用ラグのおすすめ人気ランキング10選!接触冷感のNクールで夏でも涼しい
湿気でジメジメしたり、汗ばむような夏の日こそ、スッキリと過ごしたいですよね。そんな時は、お部屋に敷くラグを夏用に変えるだけで、快適になるものです。夏用ラグはいろいろなメーカーから販売されていますが、おすすめなのがニトリの夏用ラグです。接触冷...
89481view
【ニトリ・無印・IKEA】アイロン台のおすすめ人気ランキング10選!スタンド型や卓上型など
同じ姿勢でアイロンをかけるのがつらい、毎日使うものだからラクしたいなどアイロンがけに対する悩みはつきませんよね?そんな悩みを持っている方は、自分に合ったアイロン台を選ぶことでいつもの作業がぐっとラクになります。しかし、いざアイロン台を購入し...
216703view
口コミで評判のニトリのかるふわ羽毛布団おすすめ人気ランキング10選!洗濯もできる
柔らかくて肌触りも良いニトリの羽毛布団がたいへんおすすめです。包み込むような柔らかさに保温性が抜群で、安心して就寝できるからです。ただしご自分の快適な睡眠を誘う羽毛布団を選ぶとなると、ちょっとで大変そうです。そこで今回は、ニトリで人気があっ...
124914view
【コールマン・スノーピーク】ヘキサタープのおすすめ人気ランキング10選!選び方・張り方なども紹介
ヘキサタープの張り方には色々なアレンジが出来るので可能性が広がります。アウトドアブランド各社からも様々な種類のヘキサタープが販売されています。ヘキサタープのおすすめと購入する際の選び方を紹介していきます。 ヘキサタープとは? 六...
47view

おすすめキーワード