2024年01月26日更新

【ニトリ・無印・ダイソー】おろし器のおすすめ人気ランキング10選!チーズ・にんにく・わさび用など

調理をするときに欠かせないおろし器ですが、いざ選ぶとなるとどんなものを選んだらよいのか迷われる方もいるでしょう。そこで今回はおろし器の魅力や選び方、おすすめブランドや人気商品10選などについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

おろし器の魅力


おろし器の魅力は、その多様性と便利さにあります。食材をすりおろす際に欠かせない調理器具で、大根おろしやもみじおろし、薬味の準備にも活躍します。形状や素材の豊富さが、用途に合わせた選択を可能にしています。特に、生姜をおろすのは手間がかかる作業ですが、専用のおろし器を使えば簡単に美味しく仕上がり、他の薬味にも代用可能です。手動タイプから電動タイプ、ステンレス製やセラミック製など、選択肢は多岐にわたります。また、使い終わった後の手入れのしやすさも、その魅力の一つです。

おろし器の選び方

手動タイプと電動タイプで選ぶ

手軽さと低価格が魅力の手動タイプ


手動タイプのおろし器は、その手軽さと低価格が大きな魅力です。生姜をはじめとする食材をおろす際にサッと使える利便性があり、初めての購入者にも最適です。コンパクトで使いやすいサイズ感が多く、低価格帯の商品が豊富にあるため、手軽に購入できる点も魅力的です。さらに、プロも愛用する高機能の商品が存在し、こだわりたい方にも適しています。ただし、手を使う作業のため、腕や手首への負担が大きい点は留意が必要です。少量の大根おろしにも便利で、後片付けも楽なので、日常使いに最適な選択肢と言えるでしょう。

大量の食材をおろすのに便利な電動タイプ


電動タイプのおろし器は、大量の食材をすりおろす際に非常に便利です。スイッチ一つで簡単かつ迅速におろしが完成し、大家族や毎日おろしを食べる家庭には特に重宝します。生姜やその他の薬味、野菜をすりおろすのにも最適で、使用頻度が多い方には欠かせないアイテムです。ただし、電気を使用するため光熱費がかかり、本体代も高価な点は考慮が必要です。サイズが大きく場所を取ることもデメリットですが、日常での使用頻度が高い方にとっては、その便利さが大きな魅力となるでしょう。

形で選ぶ

大量におろすなら西洋式の「スティック型」


大量に食材をおろす際には、西洋式の「スティック型」おろし器が非常に便利です。このタイプの最大の特徴は、細かい刃がついており、刃の面積が広いことです。これにより、大量の食材を効率よく、かつ均一にすりおろすことが可能になります。特に生姜を大量にすりおろす必要がある場合や、ジンジャーティーを作る際には、生姜の繊維をきちんと切りながら細かくすりおろせるため、最適です。このスティック型おろし器は、大量のすりおろし作業をスムーズに行いたい方におすすめのアイテムです。

受け皿付きなら「箱型」


「箱型」のおろし器は、受け皿付きであることが大きな魅力です。このタイプは、別途受け皿を用意する必要がなく、おろした食材をそのまま保存したり、食卓に出したりできる便利さがあります。特に初心者や安定感を重視する方におすすめで、滑り止めが付いているため使いやすさも抜群です。水分が気になる場合は、水切り付きの商品を選ぶとより便利です。ただし、他のタイプに比べて収納スペースを取るので、購入前に収納場所を確保することが重要です。おろした後はそのまま保存できるため、別のお皿を用意する手間も省け、食卓にそのまま出して使うのにも適しています。

スペースを取らずに収納できる「板タイプ」


「板タイプ」のおろし器は、そのコンパクトさと収納のしやすさが魅力です。板のように薄く、1枚物であるため、省スペースで収納できるのが大きな利点です。一人暮らしの方やキッチンの収納スペースが限られている方に特におすすめで、製品の種類も豊富にあります。ただし、力を入れにくいため、使用時は濡れふきんの上に置いて使うと良いでしょう。また、持ち手が付いたおろし金を選ぶと安定して使えるので、力が弱い方にも安心です。オーソドックスなタイプでありながら、多様な商品から選べるのも嬉しいポイントです。

そのまま食卓に出すなら「お皿型」


「お皿型」のおろし器は、そのまま食卓に出せる利便性が魅力です。このタイプの最大の特徴は、すりおろした生姜を容器のまま食卓に出せることで、別の容器に移す手間が省け、洗い物も減らせます。すりおろした生姜が自然とひとかたまりになるため、使い勝手も良いです。さらに、滑りにくいように容器の裏にシリコンがついている商品も多く、使用時のストレスを軽減できます。このお皿型おろし器は、食卓での利用を考える方に特におすすめのアイテムです。

素材で選ぶ

安くて買いやすいものなら「プラスチック製」


「プラスチック製」のおろし器は、その手頃な価格とコストパフォーマンスの良さが大きな魅力です。特に初めて生姜おろし器を購入する方や、費用を抑えたい方におすすめで、商品数やデザインの豊富さも魅力の一つです。ただし、耐久性には少し劣る点があるため、その点には注意が必要です。プラスチック製のおろし器は、日常使いに適しており、手軽に購入できる点が利点と言えるでしょう。

耐久性が高く洗いやすいものなら「ステンレス製」


「ステンレス製」のおろし器は、耐久性と洗いやすさがその大きな魅力です。このタイプは錆に強く、長い間愛用できる耐久性があります。また、お手入れのしやすさもポイントで、日々の使用後の洗浄が簡単です。種類も豊富で、お気に入りの商品を選ぶ楽しみもあります。さらに、鋭い切れ味を持ち合わせているため、切れ味と耐久性を重視する方に最適です。ただし、価格が高価なものが多く、コストパフォーマンスを重視する方には向かない可能性があります。また、刃が鋭いため、子どもが使用する際には注意が必要です。価格が高い分、長く使える点を考慮すれば、投資価値のあるアイテムと言えるでしょう。

繊維が残らないものなら陶器や「セラミック製」


陶器や「セラミック製」のおろし器は、繊維が残りにくい点が大きな魅力です。これらのおろし器は、「おろし目」と呼ばれる小さな突起が付いており、食材の繊維が絡みにくいため、洗浄が楽に行えます。特に生姜のような繊維質の多い食材をおろす際に便利で、生姜特有の繊維が気になる方には最適です。また、耐久性に優れており、食洗機対応の商品も多いので、お手入れの手間を省けます。ただし、セラミック製品は衝撃に弱いため、落下などの取り扱いには注意が必要です。水分が多い仕上がりになる点も覚えておくと良いでしょう。セラミック製のおろし器は、使い勝手の良さとお手入れのしやすさで、多くのキッチンに適しています。

食感や風味を活かしたいなら「銅製」


「銅製」のおろし器は、食材の食感や風味を活かすことに特化しています。このタイプの最大の特徴は、軽い力で素材をすりおろせ、繊維を壊さずに素材本来の味を引き出せることです。水っぽくならず、口当たりも良いため、素材の味にこだわりたい方には特におすすめです。また、銅には殺菌効果があり、衛生面でも安心できます。見た目にも高級感があり、結婚祝いなどのプレゼントにも適しています。銅製のおろし器は、料理の風味を大切にする方にとって、キッチンに欠かせないアイテムと言えるでしょう。

サビに強く長く使いたい方は「アルミ素材」


「アルミ素材」のおろし器は、軽量で扱いやすく、サビに強いことが魅力です。日常使いに向いており、軽い力でスムーズに食材をおろせるため、使い勝手が良いです。また、形状やデザインの幅広い選択肢から、自分の手にフィットするものを選びやすい点も利点です。金属製の中では比較的安価であり、リーズナブルなアイテムを求める方に最適です。ただし、力を加えると変形する恐れがある点や、サビやすく切れ味が落ちる可能性があるため、定期的な手入れやメンテナンスが必要です。これにより、サビの発生を抑え、長く使用できるようになります。アルミ素材のおろし器は、軽量で使いやすく、長期間の使用を考える方に適しています。

目の粗さで選ぶ

薬味やソース用なら「目の細かいもの」

薬味やソース用には、「目の細かい」おろし器が最適です。このタイプのおろし器は、ふわふわとした食感の大根おろしやなめらかな生姜おろしを作るのに適しています。特に焼き魚や出汁巻き卵など和食料理の付け合わせに使う大根おろしには、目が細かいおろし器がおすすめです。また、繊維を断ち切りやすく、口当たりの良い仕上がりが得られます。刃の部分が角立っているものや、表裏で目の粗さが異なるものを選ぶと、さまざまな食感を楽しむことができます。薬味やソース用におろし器を選ぶ際は、目の細かさを重視すると良いでしょう。

ザクザク食感を楽しむなら「目の粗いもの」

ザクザクとした食感を楽しむなら、「目の粗い」おろし器が理想的です。このタイプは「鬼おろし器」とも呼ばれ、ハンバーグのタネやドレッシングに加えることで、食感のアクセントとして活躍します。また、粗い目でおろした大根は辛味が抑えられるため、辛味が苦手な方や子ども向けの料理にも適しています。生姜をおろす際にも、目の粗いタイプを選ぶことで、生姜特有のザクザクとした食感を楽しめます。歯ごたえがあり、そのまま醤油をかけて食べるのもおすすめです。ザクザクとした食感を求める際は、目の粗いおろし器を選ぶと良いでしょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

おろし器を選ぶ際、お手入れのしやすさは重要なポイントです。特にセラミックのような繊維が引っかかりにくい素材は、楽に洗い流せるため、日々の使用が快適になります。また、食洗機に対応している製品を選ぶと、別で洗う手間も省け、より便利です。刃が鋭利すぎるものや切れ味が鋭いものは、スポンジが切れる可能性があるため、洗う際には注意が必要です。お手入れのしやすさを考慮することで、使うのが億劫にならず、長く愛用できるおろし器を選ぶことができます。

おろし器のおすすめブランド・メーカーは?

ニトリのおろし器


ニトリにはプラスチックや磁器、ステンレスでできたおろし器が数多くラインナップされています。受け皿が付いているタイプから受け皿なしのタイプまでデザインもさまざまです。300円台からあるので、気になる方はチェックしてみましょう。食材に合わせていくつかおろし器をそろえるのも一案です。モデルによって使い勝手も違うので、ニーズに合ったものを探してみましょう。

無印のおろし器


無印には本体の枠組み部分がシリコン製で、刃の部分がステンレス製になったおろし器があります。受け皿になるお皿の上に立てても滑りにくいので、ケガがしにくい仕様です。刃は大小サイズの違う刃がしっかりと立っているので、食材をきれいにすりおろせます。シリコン部分は黒いので、食材による着色がわかりにくいのもポイントです。

ダイソーのおろし器

ダイソーにも「フタ付 保存もできちゃう!おろし器」という名のおろし器があり、「フタ・本体・おろし盤」の3つで構成されています。すった後は蓋をしてそのまま保存できるので、別途ほかの容器に移し替える必要がありません。洗い物が少なくて済むのでとても便利です。容器部分はゴムでできているので、指で挟んで注ぎやすいように形を変えることもできるので、使いやすさも抜群です。

おろし器のおすすめ人気ランキング10選

ここからはおろし器のおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのおろし器を見つけてみてくださいね!

第10位:下村企販 スライサー 調理器セット


千切り、つま切り、スライス、おろしが簡単にできる調理プレートがセットになった商品で、これ一つあれば調理中の作業が簡単に進みます。食材が小さくなった時は、付属の安全ホルダーを使えば、指先を怪我する心配もありません。容器の底には滑り止め用のゴムが付いているので、おろし器を使っている時にも滑らず安全です。収納する時もコンパクトにまとまるので、収納スペースが限られたキッチンでも邪魔になりません。これ一つで4役こなすので便利です。

第9位:Microplane おろし器


スティックタイプのコンパクトなデザインが魅力のおろし器です。これ一本で、ニンニクやショウガ、レモンの皮やチーズなどざまざまな食材をすりおろすことができます。ステンレス製の刃は切れ味に優れ、目づまりしにくい設計になっています。洗いやすいので、流水でさっと流すだけで衛生的に保てます。ハンドル部分は滑りにくいよう人間工学に基づいた加工が施されています。かさばらないので、引き出しなどにもスムーズに収まり、収納しやすいのも魅力です。

第8位:下村工業 日本製 プログレード やさしいおろし器


受け皿部分にはハンドルが付いているので安定感が良く、本体は傾斜がかかっているので、軽い力でさくさくとおろせるおろし器です。縦おろしと丸おろしの2種類ができ、交互に配置された楕円形の刃がしっかりと食材をキャッチするので無駄がありません。刃は切れ味に優れさびにくいステンレス製となっており、長く愛用できます。手に力のない高齢者や女性でもさっと軽い力で扱えるので、キッチンに一つあると便利なアイテムです。

第7位:無印良品 シリコーン おろし器


ステンレス製のおろし金の周りに、黒いシリコン製の枠がついた無印良品のおろし器は、滑りにくく使いやすいと評判の商品です。外側は200℃、内側は180℃まで耐えられるので、食洗器でも洗えます。受け皿が付いていない分、コンパクトなので引き出しにもスムーズに収まります。おろし部分の穴が大きめなので、細かい食材をするのには向いていませんが、大根のような大きな食材を気持ちよくさっとすることが可能です。

第6位:ツボエ 極上おろし金 箱 -hako-


ツボ工は創業から110年以上続く会社で、長い歴史の中で培ってきた確かな技術と経験で造られた極上のおろし器を取り揃えています。このおろし器の刃は、タガネと呼ばれる道具で1目づつ丁寧に作られており、4方向から構成されているクワトロ刃が、食材が横滑りするのを防いでくれます。全体的に傾斜があるので、高齢者や女性でも力を入れずに簡単におろせます。付属のシリコン蓋は保管するときにフタになるだけでなく、する時に滑り止め用の敷板にもなります。

第5位:飯田屋 エバーおろし 日本製 受皿付


「エバーおろし」は、テレビ番組にも出演したことがある「オロシニスト飯田」が、これまで見てきた世界300種類以上のおろし器から得たアイデアをヒントに開発した、究極の一品です。ショウガやニンニクなどといった繊維の残りやすい食材も、簡単に力を込めることなく繊維を残すことなく、ふわふわに仕上げることができます。チーズをおろすと、フッと息を吹きかけると舞うような状態にまでなるので、パスタやサラダの上にふわりとかけたいときにもおすすめです。

第4位:虎斑竹専門店 竹虎


おろし器には食材のカスがたまりやすく、カスを目当てに寄ってくる虫や雑菌の繁殖などが気になる方もいるでしょう。こちらのおろし器は防虫や防カビ効果の高めるために炭化加工をしているので、いつまでも清潔に保ちながら使えます。本体は厚みがあることで知られている孟宗竹を割って削り、磨き上げているので、ひび割れなどもなく丈夫です。一般的なおろし器の場合、大根の細胞を細かく潰してしまうので大根の辛み成分が多くでてききますが、この鬼おろしの場合、大根を粗くおろすので、栄養をたっぷり含んだ美味しい大根おろしを作ることができます。

第3位:山善 電動おろし器 1秒でおろせる おろしの達人


たったの1秒で食材がおろせる電動おろし器があれば、簡単に大根おろしなどが作れます。内部には汁きりプレートが内蔵されているので、おろした食材と汁を分けることができます。本体・フタ・容器・押込棒・おろしカッター・カッター軸・汁切りプレートなどといった部品は細かく分解することができ、本体以外は水洗い可能なので清潔に保てます。力を使わないので、おろすのが面倒という方でも気軽に使えます。容器やフタがきちんとセッティングされていないと稼働しないよう、安全装置がついているので、小さな子供がいる家庭でも安心です。

第2位:和田商店 プロおろしV 水切り付


大根をおろすときに一番力を入れて疲れるのは「おろし始め」です。このおろし器は上の方が湾曲がきつく、下の方は湾曲が緩くなっているので軽い力でも自然ときれいにおろせるようになっています。細かくおろしたいときは面で押すようにし、粗く削りたいときは角を面にあてておろした後の粗さが調節できます。水切り皿が付いているので、大根など水っぽい野菜をおろした後の水切りも簡単です。おろし金は裏返して流水を当てるだけで、付着した繊維をきれいに流すことができます。

第1位:和田商店 業務用プロおろし


よくあるおろし器と違い、穴の部分が楕円や丸ではなく四角になっているので、腕に抵抗を感じることなくスムーズに食材をすりおろすことができます。食材はおろし過ぎると、本来の風味や触感を失うことがありますが、このプロ向けのおろし器であれば、ほどよいザラザラ感を残した状態ですれるので、食材の風味をたっぷりと楽しめるはずです。みずみずしい大根おろしができると評判の商品なので、気になる方はチェックしてみましょう。

おろし器の代用品は?

おろし器が必要だけれど手元にないという時は、しゃもじを使ってすることもできます。大根などの食材を小さくカットし、しゃもじの表面についたブツブツ部分にあててこすると、すれるので試してみましょう。しゃもじすらないという時は食材を細かく刻んでからビニール袋に入れ、上から綿棒などでたたくとすったように細かくできます。ぜひ一度試してみてください。

おろし器の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、おろし器のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

おろし器で暮らしをもっと快適に

今回はおろし器についてご紹介しましたが、いかがでしたか?おろし器があれば、みぞれ鍋や焼き魚などに使う大根おろしもきれいにおろせますし、力を入れずにすれるおろし器や電動おろし器があれば、食材を下ろすのも苦痛になりません。ぜひ今回の記事を参考にして、使い勝手の良いおろし器を探してみてください。

この記事の商品一覧

やさしいおろし器
やさしいおろし器
無印良品 シリコーン おろし器
無印良品 シリコーン おろし器
下村企販 スライサー 調理器セット
下村企販 スライサー 調理器セット
Microplane おろし器
Microplane おろし器
下村工業 日本製 プログレード やさしいおろし器
下村工業 日本製 プログレード やさしいおろし器
無印良品 シリコーン おろし器
無印良品 シリコーン おろし器
ツボエ 極上おろし金 箱 -hako-
ツボエ 極上おろし金 箱 -hako-
飯田屋 エバーおろし 日本製 受皿付
飯田屋 エバーおろし 日本製 受皿付
虎斑竹専門店 竹虎
虎斑竹専門店 竹虎
山善 電動おろし器 1秒でおろせる おろしの達人
山善 電動おろし器 1秒でおろせる おろしの達人
和田商店 プロおろしV 水切り付
和田商店 プロおろしV 水切り付
和田商店 業務用プロおろし
和田商店 業務用プロおろし
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

しまむら・無印で買える?割烹着のおすすめ人気ランキング10選!おしゃれ&かわいいものなど
機能性も高く、料理をする際にマストアイテムなのが割烹着やエプロンです。最近は年齢を問わず着やすいデザインやカラーの割烹着も増えています。家事のテンションをあげてくれそうなおしゃれで便利な割烹着について...
ファッション
無印・ニトリで買える?サラダスピナーのおすすめ人気ランキング10選!1個あるだけ調理がもっと簡単に
野菜の水切り専用のアイテム、サラダスピナー。「ザルなどで代用できるのでは?」と思っている人も多いのではないでしょうか?しかし、サラダだけでなく、料理の下ごしらえにも使えます。また、しっかり水切りするこ...
キッチン用品
【100均・キクタニ・ハーキュレス】ギターハンガーのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリットなども紹介
お気に入りのギターを安全に保管するために必要なアイテムがギターハンガー。壁にネジや工具を使用して設置するタイプやネットに引っ掛けるタイプなど、種類もさまざまです。そこで今回は、ギターハンガーのおすすめ...
インテリア・家具
【ニトリ・100均・無印】手動シュレッダーのおすすめ人気ランキング10選!ハンドル式でコンパクトなものなど
手動シュレッダーは電動よりも安く、お手頃価格で用紙を処分できる製品が欲しい方におすすめですよ。ここでは手動シュレッダーについて紹介しますので、興味ある方はぜひ目を通してみてください。どんな手動シュレッ...
家電
【ニトリ・カインズ】郵便受けのおすすめ人気ランキング10選!ポストの違いなども紹介
手紙やはがきを受け取る際に便利な「郵便受け」。玄関周りにおしゃれな郵便受けを設置するだけで、エクステリアをおしゃれな雰囲気に演出できます。そこで今回は、おしゃれな郵便受けのおすすめアイテムをランキング...
インテリア・家具
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング