2022年01月19日更新

【ニトリ・スノーピーク・キャプテンスタッグ】アウトドア用まな板のおすすめ人気ランキング10選!木製やシリコンなども

キャンプをはじめとするBBQなどのアウトドアシーンで活躍するアウトドア用まな板。一般的なまな板とは異なり、折りたたみ式やコンパクトスタイルのものなど、デザインや機能性も様々です。いざ、購入するとなると、どのタイプのアウトドア用まな板を選べばよいのか迷ってしまうという方も多いはず。そこで今回は、どのようなポイントをチェックして選べばよいのか、おすすめランキングと併せてご紹介します。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

アウトドア用まな板の魅力とは?


アウトドア用のキッチンツールには様々な種類があり、うっかり忘れてしまいがちなまな板。いざ、普段使用しているまな板で代用しようとすると、限られた環境のなかで使用するには大きすぎる・かさばる・安定性がないなどの問題が生じてしまうことがあります。その点、アウトドア仕様に作られたまな板は、お手入れがしやすく軽量で持ち運びやすいなどメリットがたくさん。また、見た目におしゃれな木製タイプやポップなカラーがかわいい樹脂製など、大自然の中で映えるアイテムが多いのもアウトドア用まな板の魅力です。

アウトドア用まな板の選び方

素材で選ぶ

機能性やデザインが注目されるアウトドア用のまな板には、として様々な素材が採用されているため、キャンプスタイルに合わせて選ぶことが可能です。

木製タイプ


おしゃれキャンパーに人気の木製タイプは、まな板自体がやわらかいため、刃当たりがやわらか疲れにくいという特徴があります。温もりのあるおしゃれなデザインは、大自然の中で調理するのにぴったり。木製カッティングボードとして使用すれば、何を盛り付けてもおしゃれな雰囲気を演出できます。トレーとしてお皿やカップをのせたり使い方も様々です。ただ、使用する前のお手入れが重要。クルミオイルやエゴマオイルなどの乾きやすいオイルをキッチンペーパーなどで、まな板の表面にしっかり馴染ませコーディングさせましょう。その後、直射日光の当たらない風通しの良い場所で乾かしてください。

プラスティック製


木製タイプに比べリーズナブルな価格が魅力。サイズ展開はもちろんカラーバリエーションも豊富で、自分の好きなカラー・デザインを選べる楽しみがあります。薄くて軽いものが多く、持ち運びや収納に便利です。水はけがよく乾きやすいため、カビが生えにくいという特徴があります。お手入れの際には、漂白剤を使用することも可能なため、いつでも清潔な状態をキープすることが可能です。

シリコン製


シリコンゴムを使用したタイプは、食材が滑りにくく折り曲げられるところがポイント。カットした食材をまな板にのせたまま、鍋に運べるためキャンプなど屋外での調理に最適です。また、丸めることも可能なため、コンパクトに収納でき、スムーズに持ち運べます。

タイプで選ぶ

通常のまな板とは異なり、小さなスペースで使用する機会の多いアウトドア用のまな板には、折りたたみタイプ、セットタイプ、使い捨てタイプの3種類あります。

折りたたみタイプ

作業スペースに合わせた大きさに調節でき、コンパクトに収納できるところが魅力。真ん中で2つに折りたためるタイプ、いくつかのパーツに分け狭いスペースに収納できるタイプなど種類も様々です。ただし、狭い場所や膝の上にのせて使用する際は、安定感にかけるため不便に感じることもあるため、メリットやデメリットをチェックしたうえで、利用シーンに合わせて選ぶことが重要です。

セットタイプ

屋外で調理する際に持ち運びに困るアイテムのひとつが包丁です。アウトドア用のまな板の中には、まな板の中に包丁・トング・缶切りなどの調理ツールがセットされているタイプがあります。忘れ物を防止できるだけでなく、一つずつ道具を揃える手間が省けコスパも最強です。

使い捨てタイプ

アウトドアに出かける機会の少ない方や狭いスペースで調理する場合に便利な使い捨てタイプ。まな板を洗う手間を省けるのはもちろん100均などで購入できるためコスパも優秀です。丈夫な紙製のまな板は、テーブルの上でそのまま使用でき、肉や魚などニオイの気になる食材をカットする際には、木製や樹脂製のまな板の上に敷いて使うなど、アイディア次第で様々な使い方できます。

お手入れのしやすさで選ぶ

食材をカットするためのまな板は、常に清潔な状態をキープしておくことが大切です。自宅とは異なり、限られた環境の中で調理しなければならないアウトドアシーンでは、お手入れのしやすさも重要なポイント。アウトドア用まな板には、様々な素材が使用されています。なかでも、シリコン製・樹脂製・ゴム製のまな板はお手入れが簡単です。使用後に洗ったり、乾燥させることを考えると、なるべく細かい溝や凹凸の少ない形状のアイテムを選ぶようにしましょう。ただし、お手入れに手間がかかるイメージのある木製まな板も、正しい方法でお手入れすることで長く愛用することが可能です。

アウトドア用まな板のおすすめブランド・メーカーは?

スノーピークのアウトドア用まな板


スタイリッシュなアウトドアギアが人気のスノーピーク。キッチンツールからも目が離せません。中でもアウトドアまな板は全3種類用意され、クオリティの高さが多くのキャンパーに支持されています。その機能性の高さを実感できるのが、折りたたみタイプのまな板を展開した時の安定感。2枚の板の継ぎ目部分に段差が全くないため、使用感は一枚板のまな板と同じです。また、継ぎ目部分の金具にステンレスを採用していることから錆びることがないためお手入れも簡単。その他にも、スノーピークの木製まな板には、包丁の切れ味が落ちにくく、食材をカットしやすいというメリットがあります。切れ味が落ちにくいということは、包丁のメンテナンスの回数を減らせ、食材をカットしやすいため、不安定になりがちなアウトドアシーンでの調理の負担を軽減することが可能です。

キャプテンスタッグのアウトドア用まな板

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) まな板 カッティングボード

鹿のマークが目印のキャプテンスタッグは、幅広い世代のキャンパーに人気のアウトドアブランド。様々なアウトドアギアをリリースしていますが、おしゃれなキッチン用品のラインアップが豊富です。サイズ展開はもちろん、デザインや機能性に優れたアイテムが多く、様々なシーンで利用可能なアイテムが見つかりやすいところが魅力。アウトドアブランドのおしゃれなまな板をお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

ニトリのアウトドア用まな板


まな板として、お皿としても使用できるのが、ニトリのアカシアのカッティングボード。アカシアを素材に採用することで、高級感・重厚感はもちろん耐久性や衝撃性にも優れているため、キャンプなどのアウトドアに最適です。食材をカットするまな板として使用した後は、ジューシーに焼いたお肉と一緒に野菜を盛り付ければお皿に早変わり!また、まな板に包丁、ピーラー、キッチンバサミの4点がセットになったタイプは、わざわざキッチンツールを揃える手間を省けるところやリーズナブルな価格が魅力です。

アウトドア用まな板のおすすめ人気ランキング10選

ここからはアウトドア用まな板のおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのアウトドア用まな板を見つけてみてくださいね!

第10位:ユニフレーム (UNIFLAME) UFカッティングボード(2枚組)

ユニフレーム (UNIFLAME) UFカッティングボード(2枚組)

2枚1セットなったポリプロピレン製のまな板は、加熱用・生食用と使い分けできるため、限られたスペースで調理する際に便利なセット。まな板の角に穴が空いているため、使用後は吊るして乾燥できます。1枚約88gと軽量で、ちょっとした隙間に収納できるため、持ち運びも簡単です。様々な食材を持ち込んで本格的なキャンプ飯を楽しみたい方は、2枚1組になったこのセットを持っていると何かと重宝しますよ。

第9位:ロゴス(LOGOS) Bambooパタパタまな板mini


商品名にパタパタと付いているだけあり、ジャバラ状に折りたたむことが可能なまな板は、携帯に便利なモデル。折りたたむとA4サイズの半分くらいの大きさになるため、収納する場所を取らアイところもポイントです。また、ブランドのロゴが入った収納袋がセットになっているため、移動の際の持ち運びに便利。素材に竹を採用しているため、抗菌効果に期待できいつでも衛生的に使用できます。

第8位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 竹製 まな板 カッティングボード

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 竹製 まな板 カッティングボード

B5サイズで持ち運びに便利な竹製のモデルは、まな板としてもちろん鍋敷きとしても使えます。1つで何役もこなしてくれるため、なるべく少ない荷物で楽しみたいソロキャンプにおすすめ。抗菌作用のある竹を本体素材に採用し、まな板に空いた穴にフックを引っ掛けて乾燥させることができるため、お手入れも簡単です。本体にやわらかい竹を使用しているため、包丁の刃こぼれしにくいところも注目ポイント。手軽にお手入れでき、いつでも清潔な状態をキープしたいという方は、検討してみてください。

第7位:ロゴス(LOGOS) Bamboo 柄付きまな板


おしゃれなアウトドアギアを数多くリリースされているロゴスのまな板は、持ち手が付いているためお皿としても使用できる便利なモデル。素材に抗菌作用のある竹を採用しているため、いつでも衛生的に使用できます。20×38cmと大きめサイズなので、大人数でのキャンプにおすすめです。持ち手の先に穴が開いているため、洗った後は吊り下げて乾かせるだけなく、吊るして収納できるため、酢P-エスを確保する必要がありません。

第6位:スノーピーク(snow peak) MYプレート


カッティングボードの角にくぼみをデザインすることで、調味料を入れてお皿として使用で切る新発想のプレートです。カットした食材の水分をキャッチできるため、肉汁の滴るローストビーフをカットする際も調理台やテーブルを汚す心配がありません。しかも、洗った後はまな板に開いている穴にフックを通し、吊り下げて乾かせるためいつでも衛生的に使用できるところがポイント。調理だけでなく、お皿としても使えるため、1枚持っているだけでアウトドアシーンでの食事をおしゃれに演出できますよ。

第5位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) まな板 カッティングボード

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) まな板 カッティングボード

カッティングボードの表面にカットする際の目安になるメモリが付いているタイプ。均等にカットしたいパンやステーキの切り分けに便利です。幅21.5cm、長さ15cmとコンパクトサイズなので、持ち運ぶときもかさばりにくいのがうれしいポイント。耐熱温度が110℃と高めに設定されているため、グリルした肉や魚をそのまま載せてカットすることも可能です。比較的リーズナブルな価格で購入できるため、複数枚用意して肉用・野菜用を使い分けると限られたスペースでもスムーズに調理できますよ。

第4位:Neelac メスティン専用まな板 竹製 カッティングボード

Neelac メスティン専用まな板 竹製 カッティングボード

名前の通り、メスティンにぴったり収納できるサイズのカッティングボードです。何かと荷物が多くなりがちなアウトドアシーンで、必要最低限の荷物で楽しみたいソロキャンパーやツーリングキャンパーにおすすめの1枚。一人で山ご飯を楽しむ際は、まな板・お皿・鍋敷きと1枚で3役こなし、まな板の使用後はメスティンに収納して持ち帰れるため、使い勝手の良さが際立っているタイプです。携帯性と使い勝手の良さを重視している方におすすめ。

第3位:まないた 天然竹製 スタンド付きカッティングボード

まないた 天然竹製 スタンド付きカッティングボード

丸いフォルムが可愛らしいまな板は、回転させながら複数の食材をカットできる便利なタイプ。まな板にスタンドが付いていて、使用後は立てて干せるため、衛生的に使用できるところが人気のポイントです。また、食材をカットするだけでなく、通常のお皿に盛り付けるか感覚でピザなどの料理を並べられるため、野外でもカフェのような食事を楽しめます。アウトドアシーンでもおしゃれにこだわりたい方におすすめです。

第2位:TAKEMI 竹製 まな板 3点セット


竹製まな板の3点セットは、サイズの異なる3枚のまな板セットになっているため、コスパに優れているところが魅力。大と中サイズの持ち手部分に穴が開いていて持ち運びやすく、乾燥させたい時も吊るして干せるため、お手入れも簡単です。ソロキャンプの時は一番小さいサイズ、ファミリーキャンプの際はフルセットなど、キャンプスタイルに合わせて使い方を選べるところがメリット。カフェのようにおしゃれな食卓を演出したい方におすすめです。

第1位:スノーピーク(snow peak) マナイタセット


折りたたみ式のまな板の内側部分に包丁が収納されている便利なセット。まな板に包丁の落下防止用のマグネットが付いていて収納&持ち運びに便利です。裏面には滑り止めが施されているため、調理中のずれを防ぎ、安定して食材をカットできます。程よい大きさのまな板と切れ味鋭い包丁のセットは、少ない荷物で本格的なキャンプ飯を楽しみたい方におすすめ。アウトドアシーン以外でも使えるので1つ持っていると重宝しますよ。

アウトドアまな板の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、アウトドアまな板のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

アウトドアまな板でキャンプをもっと快適に

今回は、キャンプ飯を楽しむために欠かせないアウトドアまな板をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。高級感のあるタイプや機能性に優れたタイプなど、ブランドやメーカーによってまな板のデザインや特徴が異なります。使用するシーンを想像しながら、自分に最適なまな板を見つけてください。きっと、ワンランク上のキャンプ飯を楽しめるはずですよ。


この記事の商品一覧

スノーピーク(snow peak) MYプレート
スノーピーク(snow peak) MYプレート
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) まな板 カッティングボード
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) まな板 カッティングボード
アカシア カッティングボード(M)
アカシア カッティングボード(M)
ユニフレーム (UNIFLAME) UFカッティングボード(2枚組)
ユニフレーム (UNIFLAME) UFカッティングボード(2枚組)
ロゴス(LOGOS) Bambooパタパタまな板mini
ロゴス(LOGOS) Bambooパタパタまな板mini
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 竹製 まな板 カッティングボード
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 竹製 まな板 カッティングボード
ロゴス(LOGOS) Bamboo 柄付きまな板
ロゴス(LOGOS) Bamboo 柄付きまな板
スノーピーク(snow peak) MYプレート
スノーピーク(snow peak) MYプレート
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) まな板 カッティングボード
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) まな板 カッティングボード
Neelac メスティン専用まな板 竹製 カッティングボード
Neelac メスティン専用まな板 竹製 カッティングボード
まないた 天然竹製 スタンド付きカッティングボード
まないた 天然竹製 スタンド付きカッティングボード
TAKEMI 竹製 まな板 3点セット
TAKEMI 竹製 まな板 3点セット
スノーピーク(snow peak) マナイタセット
スノーピーク(snow peak) マナイタセット
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

【ワークマン・サーモス・コールマン】保冷リュックのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれなものやアウトドアなど
アウトドアや普段の買い物などのシーンで食材や飲み物を冷えた状態で持ち歩きたい場合には保冷バッグなどがおすすめですが、背負うことができる保冷リュックは両手が使えるので荷物が多い場合やお子様と手を繋ぎたい...
ファッション
【100均・ダイソー・セリア】ホットケーキ型のおすすめ人気ランキング10選!メリットや代用品なども
ホットケーキをきれいな形で焼いてみたり、シンプルな丸い形状以外のものを焼いてみたいと考えたことはありませんか。ホットケーキ型を使用することでバラエティに富んだホットケーキを楽しむことができますよ。メー...
調理器具
【ダイソー・セリア・カインズ】シュレッダーはさみのおすすめ人気ランキング10選!ニトリや無印も
シュレッダーはさみは、使い勝手が良くておすすめです。シュレッダーはさみは、通常のシュレッターよりも大幅にコンパクトで場所を取らないからです。とはいっても数多くあるシュレッダーはさみから選ぶのは大変です...
インテリア・家具
【ダイソー・無印・ニトリ】使い捨てサニタリーボックスのおすすめ人気ランキング10選!100均で買える?
使い捨てサニタリーボックスは、いつでも清潔に保つことができておすすめです。使い捨てサニタリーボックスは、1回だけ使うタイプだからです。とはいっても数多くある使い捨てサニタリーボックスから選ぶのは大変で...
日用品・生活雑貨
【100均ダイソー】ラゲッジタグのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれかわいいものなども
ラゲッジタグは、旅行や出張などで空港を利用するときに便利なおすすめアイテムです。ラゲッジタグは、たくさんある荷物の中で目印になり、取り違えや紛失のときに便利だからです。とはいっても数多くあるラゲッジタ...
生活雑貨・日用品
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング