IKEAのベビーベッドおすすめ人4選!口コミや評判も合わせ紹介

赤ちゃんの快適な眠りのための安心なベビーベッドをお探しならikeaのベビーベッドがおすすめです。ikeaのベビーベッドは世界の厳しい基準に基づいて試験を行い、それに適合することを確認しているので安心です。でも、ベビーベット選びはデザインに走りがちなので、できれば選ぶ時の基準を知りたいですよね。そこで今回はikeaで人気があるベビ―ベッド4選と失敗しない選び方のポイントをご紹介します。

IKEAのベビーベッドの選び方

ssss_0614さん(@ssss_0614)がシェアした投稿

置く場所に合わせたサイズを

赤ちゃんの安全な眠りを守るベビーベッド。どうしても見た目のデザインや色に惹かれがちですが、購入する際に選ぶ一番の重要なポイントはやはり「サイズ」ではないでしょうか。ベビーベッドの大きさは超小型、小型、標準型、伸長型とありますので迷ってしまうと思います。自分のお気に入りのデザインのベビーベットを購入しても、大きすぎてスぺースをとりすぎてしまうなどがないように、家の間取りや広さ、置く場所を考えて、どのサイズが適当のか、どこへ置いたらいいのかななどを事前にシュミレーションをして、正しいサイズのベビーベッドを選択をするようにしましょう。

高さ調整できるものがおすすめ

次に重要な選ぶポイントは「高さ」です。
各家庭の事情によって高さの選択が変わってきますが、例えばベビ―ベッドでそのままオムツ交換をしたり、赤ちゃんを抱きあげたり寝かしたりと最初はある程度の高さがあると便利です。また、上のお子さんがいる、ペットがいるというご家庭は高さのあるものを選ぶと、ベットがそのままベビーサークル代わりとなり、赤ちゃんを守ってくれるのでいいかもしれません。
高さの調整ができるベビーベッドもあり、お子様の成長にあわせて新生児期は上の段、座るようになったらよじ登って転落するのを防ぐために下の段に変えることができるのも便利です。

収納機能の有無

ベビーベッドの機能であったら便利なのが収納機能です。
交換用オムツやお尻ふき、綿棒やタオルなどちょっとしたお世話セットがベットの下などに収納できたり、引き出しがあると見た目もすっきりで便利かもしれません。
お子さんが大きくなってベッドの上り下りができるようになった時に、ベッドの側部をとり外せる機能があるベビーベッドもあります。
また、ベットが不要になったときには折りたたんで収納できるベッドも魅力的です。
お気に入りのデザインのベビーベットを選んだらどのような機能がついているのか。あったら便利な機能、欲しいけどなくてもいい機能というのを確認して選ぶ際のポイント判断にしてください。

IKEAのベビーベッドのおすすめ4選

STUVA(ストゥヴァ)/FRITIDS(フリーティズ)引き出し付き


真っ白いベビーベットの下段に収納用引き出しが2つついているのでおむつやお世話セット収納できるので便利です。
収納用引き出しはシャープなブラックがアクセントになっています。ベッドベースの高さは2段階に調節できます。
お子さまがひとりでベッドの昇り降りができるようになったら、片方のベッド側部を取り外せます。

SOLGUL(ソルグル)

SOLGUL:チェンジングテーブル ホワイト
SOLGUL:チェンジングテーブル ホワイト

真っ白いトラディショナルスタイルのベビーベッド。
表面の仕上げは無害で、角や縁はすべて丸みを帯びており、赤ちゃんを守るという安全性にもっとも力をいれて作られています。
ベッドベースの高さは2段階に調節できます。
ヨーロッパ安全基準EN 716-1 と日本安全基準CPSA 0023 に適合しています。

SOLGUL(ソルグル)に関する口コミ・評判

時々やって来るお孫ちゃんの為に購入しました。 いつも使うわけではないので、使い勝手とかは考えずに、ただ愛犬からのイタズラから守る為に購入しましたが、なかなか重宝しています。 柵の開閉がない為オムツ交換が不自由かと心配しましたが、上段で寝かせてる分には何の不可もなく行えます。 リビングに置いても圧迫感のないカラーや華美でない所がとても気に入りました。 組み立ても大人2人で30分かからずに完成。

SUNDVIK(スンドヴィーク)ホワイト

SUNDVIK(スンドヴィーク)ホワイト
SUNDVIK(スンドヴィーク)ホワイト

真っ白いベビーベットなのでどんなお部屋のインテリアでもベッドリネンにもマッチします。
スンドヴィークのおむつ替え台チェストとセットで購入も統一感があっておしゃれです。ベッドベースの高さは2段階に調節できます
お子さまがひとりでベッドの昇り降りができるようになったら、片方のベッド側部を取り外せます。

添い寝用ベッドに最適

赤ちゃんと添い寝がしたい!という方には、SUNDVIK(スンドヴィーク)がおすす目です。
片側を取り外して使用することができるので添い寝ベッドとして使うことができます。見た目もシンプルなので、

SNIGLAR(スニーグラル)

SNIGLAR(スニーグラル)
SNIGLAR(スニーグラル)

シンプルなデザインとナチュラルな色なのでどんなお部屋にもマッチします。ベッドベースの高さは2段階に調節できます。
ヨーロッパ安全基準EN 716-1 と日本安全基準CPSA 0023 に適合しています。

SNIGLAR(スニーグラル)に関する口コミ・評判

安く、しかも使い勝手も良かったです!購入したのは2年前になりますがいまはDIYして子供達の机として使ってます( ^ω^ )ありがとうございました! 

良い点は、何と言っても安さ。IKEAで購入すれば6,999円で買えます。マットレスも1番安いもので1,999円でした。
シンプルなデザインなのでどんなお部屋にもマッチすると思われる点。

ベビーベッドの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ベビーベッドのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

IKEAのベビーベッドで赤ちゃんも安心!

いかがでしたでしょうか?
ikeaのベビーベッドは、赤ちゃんもママも楽しく過ごせる可愛いデザインと機能、そしてなんといっても安全性を一番に考えられているのが魅力です。また、ikeaのベビーベッドはマットレスとベッドリネンは別売りなのでベットサイズに合ったものを必ず購入するように気をつけてください。赤ちゃんの大切な眠りを守るためにぜひ、お気に入りのベビーベッドを見つけて購入してくだいさね。

この記事の商品一覧

SOLGUL:チェンジングテーブル ホワイト

SOLGUL:チェンジングテーブル ホワイト

¥19,420 税込

SUNDVIK(スンドヴィーク)ホワイト

SUNDVIK(スンドヴィーク)ホワイト

¥29,140 税込

SNIGLAR(スニーグラル)

SNIGLAR(スニーグラル)

¥9,800 税込