2022年03月18日更新

【無印・100均・カルディ】ミルブラシのおすすめ人気ランキング10選!代用品なども紹介

おいしいコーヒーを飲むために、コーヒーミルを愛用している方もいるでしょう。コーヒーミルに付着したコーヒーの粉などを掃除する際に欠かせないのがミルブラシです。そこで今回はミルブラシの魅力や選び方、おすすめブランドや人気商品10選などについてご紹介します。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

ミルブラシの魅力とは?


ミルブラシは一見すると筆のような形状をしています。コーヒーミルは木製のものが多く、汚れても水で丸洗いできないケースが多いです。しかしコーヒー豆を挽くと、どうしてもコーヒーの粉が隙間に入り込むので毎回きちんと取り除く必要があります。そのまま放置していると雑菌が繁殖しかねません。ミルブラシはコーヒーミルの隙間にブラシの先が届くように考えられており、使いやすいのがポイントです。歯ブラシや食器洗浄用のブラシを使われる方もいますが、コーヒーミル専用のミルブラシがあればぐっと洗いやすくなります。

ミルブラシの代用品は?

ミルブラシが手元にないという場合は、メイクブラシがおすすめです。ミルブラシは使っているうちに先が開いてしまい、粉が飛び散るようになるので定期的に買い換える必要があります。こんなとき、100均などでも手に入るメイクブラシで代用してみてください。メイクブラシにはいろいろなサイズがありますが、細かい部分を掃除したいのであればアイシャドウブラシがおすすめです。

ミルブラシの選び方

毛先の細さや長さで選ぶ


ミルブラシを選ぶときは、毛先の細さや長さに注目してみましょう。毛先が細ければ細いほど、コーヒーミル内の細かい部分に詰まった粉までしっかりとかき出して取り除くことができます。また、毛先が短すぎると内部まで届かないことがあるので、毛先がある程度長い方が使い勝手がよいでしょう。毛部分が5cmぐらいあれば、ほとんどの部位に届きます。ミルブラシは先が広がっていると使いにくいので、歯ブラシを使っているときのように先が広がり始めたら交換のサインです。

素材で選ぶ


ミルブラシの毛部分はメーカーやブランドにより使われている素材が異なります。豚毛と化学繊維でできたものが一番ポピュラーですが、豚毛の方が値段が高く、化学繊維の方が安価です。気軽に取り換えたいのであれば、化学繊維の方がよいでしょう。豚毛のミルブラシは静電気が起きにくく、ブラシにコシがあるので、しっかりと粉をかき出しやすいという特徴があります。化学繊維のミルブラシは毛の太さやかたさはブランドやメーカーによって違い、豚毛に比べて静電気が起きやすいというデメリットがあります。

握りやすさで選ぶ


ミルブラシの柄が握りにくいと、うまくミルブラシを動かせず掃除しにくいときがあります。ミルブラシは毛先部分だけでなく、柄の握りやすさにも注目してみましょう。柄は平べったいものから円柱状の丸いものまでいろいろあります。ブラシ部分にカーブが付いたものなどもあります。たとえば男性が使う場合、柄部分が短いと力を込めにくいので要注意です。大きすぎる柄だと小回りが利きにくくなります。口コミなどを参考にして、握りやすい柄のものを選ぶようにしましょう。

ミルブラシのおすすめブランド・メーカーは?

100均のミルブラシ

ミルブラシはブランドによっては高価な商品もあるため、100均であればかなりお買い得です。しかしながら100均にはミルブラシはおいていないようです。その代わり、どんな100均にも置いてあるメイクブラシやペイントブラシがミルブラシに使えると評判です。実際にSNSなどをチェックしても、ミルブラシの代わりにこれらのブラシで代用している方は少なくありません。100均で、ミルブラシの代わりになるようなブラシを探してみましょう。

カルディのミルブラシ

カルディにはコーヒーミルはありますが、それらの商品に使えるミルブラシの販売は特にないようです。

無印のミルブラシ

【パーツ】豆から挽けるコーヒーメーカー お手入れブラシ
【パーツ】豆から挽けるコーヒーメーカー お手入れブラシ

無印には「【パーツ】豆から挽けるコーヒーメーカー お手入れブラシ」という名称でミルブラシが販売されています。消費税込みで54円と安いので、毛先が広がったら気軽に買い換えることができます。これ以外にも、無印にある水回り掃除専用のポイントブラシがミルブラシとしても使えると評判です。2つ揃えて、パーツにより使い分けてみるのもよいでしょう。

ミルブラシのおすすめ人気ランキング10選

ここからはミルブラシのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのミルブラシを見つけてみてくださいね!

第10位:カリタ ミル用ハケ


コーヒーメーカー総合機器メーカーであるカリタのミル用ハケです。カリタのコーヒーミル以外でも使えるので試してみましょう。本体サイズは幅1.8×長12.1cmと小ぶりなので、小回りが利きます。細かい溝までブラシの先が入り込み、中に詰まった汚れをしっかりとかき出します。柄が長く、ハケも使いやすいと評判の商品です。価格もお手頃なので、とりあえずミルブラシを試してみたいという方にもおすすめです。

第9位:TAISEI(タイセイ) J型ブラシ


コーヒーミル専用のブラシではなく、本来はキッチンの流し台など水回りを掃除するために開発されたブラシです。先端がJ型になっているので、普通のブラシでは届きにくいような部分もすっきりと届きます。ブラシのサイズは23.5x2x2.5cmとなっており、先端からの長さは約9cm、ブラシ先端の幅は約5mmです。本体はステンレス製でサビにくい仕様なので、長く使えます。指ストッパーが付いているので、力が込めやすく洗いやすいです。

第8位:Tigre Amore クリーニングブラシ 隙間 掃除


かたさの違うブラシが4本セットになった商品です。コーヒーミル専用のブラシではありませんが、コーヒーミル内の細かい部分もすっきりときれいにできます。ブラシのサイズはそれぞれ、14.7cm×1.7cm×0.6cm、13.7cm×1.2cm×1.2cm、12.3cm×1.2cm×1.2cm、12.3cm×2.5cm×1.5cmとなっています。素材は化学繊維とプラスチックでできています。先端はほどよくかたく洗いやすいと評判です。

第7位:Redecker(レデッカー) エスプレッソブラシ


レデッカー社のドイツ製ブラシで、エスプレッソ専用に開発された掃除用ブラシです。エスプレッソマシーン以外にもコーヒーミルで使えます。コーヒーミル内の隙間に詰まった粉もすっきりと落とせます。ブラシの全長は約20cm、毛部分は豚毛を使っており長さは約6cmあります。粉を取るのに十分な毛量があり、抜けにくく使いやすいと評判です。実際に購入された方からは、豚毛の匂いがやや気になるという声も寄せられています。

第6位:Merryseason コーヒーミルブラシ


太めの筆のような形状のコーヒーミルブラシです。サイズは長さ18.5cm、 重量は30gあります。柄部分は木製で、毛先は豚毛でできています。コーヒーミルの掃除用に開発されたブラシなので、その使いやすさも抜群です。実際に購入された方からも、外形はちょうどよい大きさで毛先はしっかりして、不揃いになっているからこそ粉がかき出しやすいと高評価を得ています。使っているうちに先端が着色してきますが、機能には問題ないとのことです。

第5位:カリタ Kalita コーヒーミルブラシ クリーニング お手入れ

カリタ コーヒーミルブラシ クリーニングブラシ Kalita
カリタ コーヒーミルブラシ クリーニングブラシ Kalita

カリタのコーヒーミル用のブラシです。サイズは18.5×1.8cmです。柄はラバーウッドでできており、ブラシ部分は豚毛でできているので静電気が起きにくい仕様です。60年以上コーヒー器具の開発を手掛けてきたカリタのコーヒーミルブラシであれば、その品質も折り紙付きです。カリタのコーヒーミルやドリッパーなどと一緒にライン使いしてみるのもよいでしょう。電動コーヒーグラインダーとコーヒーミルの両方で使えるので便利です。

第4位:Yヤクニタツ 2個セット コーヒーミルブラシ

Yヤクニタツ 2個セット コーヒーミルブラシ
Yヤクニタツ 2個セット コーヒーミルブラシ

コーヒーミルブラシは使っているうちに毛先が開き、汚れが落としにくくなります。こちらの商品は2個セットになっているので、気軽に替えられます。サイズは長さ約19×幅約1.8cm、重さは約30gです。柄の部分は木製、ブラシ毛先は豚毛でできているので、適切なお手入れをしながら使えば長く愛用できます。豚毛はほど良く弾力があり、コーヒーミル内に詰まった粉もきれいに取り除けます。800円前後で購入できる商品でありながら、使いやすくて抜群と評判の商品です。

第3位:CASUAL PRODUCT 青芳(Aoyoshi) コーヒーミル掃除ブラシ

CASUAL PRODUCT 青芳(Aoyoshi) コーヒーミル掃除ブラシ
CASUAL PRODUCT 青芳(Aoyoshi) コーヒーミル掃除ブラシ

一見絵筆のようなデザインのコーヒーミル専用掃除ブラシです。サイズは14.2×28.9×14.2cmあり、柄部分は木製、毛先は豚毛でできています。毛の長さは6cmとなっています。ヒモが通せる穴が開いているので、使用後はぶら下げて収納可能です。木製のコーヒーミルも傷めずにきれいにできるので、おすすめです。毛の長さは約6cmあるので、置くまで毛先がしっかりと届きます。このブラシを使ってコーヒーミル内をきれいに掃除してみましょう。

第2位:Diguo エスプレッソ用ミルブラシ クリーニングブラシ コーヒーグラインダー用

Diguo エスプレッソ用ミルブラシ クリーニングブラシ コーヒーグラインダー用
Diguo エスプレッソ用ミルブラシ クリーニングブラシ コーヒーグラインダー用

エスプレッソ用のミルブラシですが、コーヒーミル内の掃除にも使えます。長さ約19×幅約1.8cm、 重量は30gです。柄部分は木製でブラシ部分は豚毛なので、大切に使えば長く愛用できます。丸洗いできない木製のコーヒーミルも、このブラシがあればすっきりときれいにできます。毛部分は弾力性に優れているので、汚れをかき出しやすいと評判です。実際に使っている方からも、柄部分がほど良い太さで使いやすいと評判です。

第1位:CASUAL PRODUCT コーヒーミルブラシ


コーヒーミル内の刃部分や本体に溜まりやすい粉も、このCASUAL PRODUCTの平たいブラシがあればきれいにかき出せます。安心の日本製なので、海外製だと不安という方にもぴったりです。全体的に平たいブラシなので使いやすいと評判の商品です。柄の上部には穴が開いているので、ヒモを通してぶら下げることができます。キッチンの壁にぶら下げておけば、いつでも気軽に使えます。柄が長くて使いやすいと高評価を得ている商品です。

ミルブラシの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ミルブラシのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ミルブラシで暮らしをもっと快適に

今回はミルブラシについてご紹介しましたが、いかがでしたか?ミルブラシがあれば、お気に入りのコーヒーミル内に詰まった粉もきれいにかき出すことができます。今回の記事を参考にして、使い勝手のよいミルブラシを選んでみてください。

この記事の商品一覧

【パーツ】豆から挽けるコーヒーメーカー お手入れブラシ

【パーツ】豆から挽けるコーヒーメーカー お手入れブラシ

¥528 税込

カリタ ミル用ハケ

カリタ ミル用ハケ

¥165 税込

TAISEI(タイセイ) J型ブラシ

TAISEI(タイセイ) J型ブラシ

¥1,880 税込

Tigre Amore クリーニングブラシ 隙間 掃除

Tigre Amore クリーニングブラシ 隙間 掃除

¥1,680 税込

Redecker(レデッカー) エスプレッソブラシ

Redecker(レデッカー) エスプレッソブラシ

¥2,200 税込

Merryseason コーヒーミルブラシ

Merryseason コーヒーミルブラシ

¥800 税込

カリタ コーヒーミルブラシ クリーニングブラシ Kalita

カリタ コーヒーミルブラシ クリーニングブラシ Kalita

¥1,650 税込

Yヤクニタツ 2個セット コーヒーミルブラシ

Yヤクニタツ 2個セット コーヒーミルブラシ

¥1,404 税込

CASUAL PRODUCT 青芳(Aoyoshi) コーヒーミル掃除ブラシ

CASUAL PRODUCT 青芳(Aoyoshi) コーヒーミル掃除ブラシ

¥2,374 税込

Diguo エスプレッソ用ミルブラシ クリーニングブラシ コーヒーグラインダー用

Diguo エスプレッソ用ミルブラシ クリーニングブラシ コーヒーグラインダー用

¥1,125 税込

CASUAL PRODUCT コーヒーミルブラシ

CASUAL PRODUCT コーヒーミルブラシ

¥2,119 税込

  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめの記事

口コミで評判のニトリのフィットシーツのおすすめ人気ランキング10選!よく伸びて付け外しが簡単
ニトリのフィットシーツは、オリジナリティに富んださまざまな商品が人気です。素材や特徴も豊富で、カラーやサイズもそろっているから、家族全員自分のお気に入りのフィットシーツを購入できます。ここでは、ニトリ...
インテリア・家具 92view
口コミで評判のフィールドアのテントのおすすめ人気ランキング10選!リーズナブルでコスパ最強
フィールドアのテントは、キャンプ初心者でも手軽に扱えると話題です。フィールドアのテントは、ワンタッチテントやソロキャンプにおすすめの小型テントなど揃っているからです。とはいっても数多くあるフィールドア...
スポーツ・アウトドア 85view
口コミで評判のビジョンピークスのテントのおすすめ人気ランキング10選!2ルームテントのクアトロがコスパ最強
ビジョンピークスのテントは、コスパが期待できておすすめです。ビジョンピークスのテントは、機能性やデザイン性に富んでいながら、低価格を実現できるからです。とはいっても数多くあるビジョンピークスのテントか...
スポーツ・アウトドア 85view
コクヨのオフィスチェアのおすすめ人気ランキング10選!定番人気のウィザード3やイングなども
在宅勤務が注目される中、椅子選びも関心を高めています。自宅で仕事する機会が多くなったのをきっかけに、コクヨオフィスチェアへの関心を高めている方は、こちらでご紹介する商品に目を通してみてはいかがでしょう...
インテリア・家具 56view
口コミで評判のケシュアのテントのおすすめ人気ランキング10選!2秒で設営できる「2seconds」がコスパ最強
ケシュアのテントは、キャンプ初心者にもおすすめのアイテムです。ケシュアのテントは、スピーディに設営できる上、低価格のものが揃っているからです。とはいっても数多くあるケシュアのテントから選ぶのは大変です...
スポーツ・アウトドア 53view