2021年08月23日更新

【yoka・ロゴス・バンドック】ティピーテントのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリットも紹介

ティピーは、おしゃれなキャンプ生活を堪能できておすすめです。ティピーは、まるで昔のアメリカの先住民の移動用住居のようなスタイルだからからです。とはいっても数多くあるティピーから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のあるティピーを紹介します。ぜひ、お気に入りのティピーを見つけてくださいね。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

ティピーとは?


ティピーとは、アメリカの先住民が移動用の住居として使っていた「ティピー」を元に作られているテントです。1本のポールで組み立てられることから、手軽にキャンプテントを設定したい人にぴったりでしょう。パーツ点数が少なくて、設営しやすい点から、キャンプ初心者にもおすすめします。色合いもカラフルで生地も色んなタイプがあるため、自分好みのデザインのティピーが完成・おしゃれなキャンプテントを探している人は検討してみてください。

ティピーのメリットとデメリットは?

ティピーのメリットは?

ティピーのメリットは、設営が簡単で、デザイン性が高く風に強いことです。ほかにも、室内が広くて大家族でのキャンプにぴったりでしょう。グループキャンプにも活躍すること間違いないありません。寝室とリビングが一つ屋根の下にあるため、スペースが広くなっていいるわけです。また、天井も高いことから圧迫感を感じることもないでしょう。サイドを広げることで、開放的になり、とても気持ちがいいものです。逆にしっかりとクローズすることで、雨風が入る心配もありません。

ティピーのデメリットは?

ティピーのデメリットは、大きいサイズであれば区画サイトに入らない場合もある点です。ファミリータイプになると大きさもぐっと広がるため、どうしても入らないこともあるでしょう。また、重さがあることで持ち運びに困ります。そして奥行があって熱がこもりやすく、暑く感じるかもしれません。熱中症対策として夏場は、できるだけ再度を開放的にして換気をすることをおすすめします。そうすることで、夏場でも割と涼しく、快適に過ごせるでしょう。

ティピーの選び方

サイズで選ぶ


ティピーの選び方1つ目は、サイズで選ぶことです。ソロキャンプやキャンプツーリングに便利な1人用から、ファミリー・グループキャンプでも使える多人数タイプまで、いろんなサイズの製品が販売されています。使用する人数に合わせて選ぶと、失敗が少ないでしょう。ただし、スペックに記載されている「収容定員」の数字だけで選んでしまうと、寝れてもちょっと窮屈に感じてしまうかもしれません。ある程度、人数にゆとりがあったほうがいい場合もあります。

生地の素材で選ぶ


ティピーの選び方2つ目は、生地の素材で選ぶことです。屋外で使うもののため、天候などによって左右されることがなく生地の素材選びはとても大事なポイントといえるでしょう。フライシートやフロアシートにしっかりと防水加工がされているタイプで探してみてください。そうすると、突然の雨でも慌てる心配がありません。また、耐水圧が1500mm以上の生地を採用した製品がおすすめです。使う場所などの天候や土壌の変化をしっかりとチェックしたうえで、長く愛用できる素材で選んでみましょう。

デザイン性で選ぶ


ティピーの選び方3つ目は、デザイン性で選ぶことです。ポップなカラーリング・おしゃれな図柄のテントだと、印象がガラッと変わります。中でも多彩なデザインが揃っているティピーテントは、自分のイメージにあったサイト作りも容易です。ブラックに統一されたクールなモデルもあり、好みに合わせて選ぶと長く愛用ができます。逆にナチュラルカラーではちょっと物足りないと思っている人は、ユニークなデザインモデルもチェックしてみてください。

ティピーのおすすめブランド・メーカーは?

ヨカのティピー


ヨカのティピーは、ピラミッドのような形がユニークなティピーです。薪ストーブ用の煙突穴が空いていることで幅広い活用が望めるでしょう。こだわりのあるダークカーキですが、光の加減によって緑系に見えるときと茶色系に見えるときもあります。安定感があって、風などにも多少なりとも倒れる心配はないでしょう。3万円で買えるお手頃価格のティピーとして注目されています。また、紺色のティピは、落ち着いた色合いで飽きることがありません。

ロゴスのティピー


ロゴスのティピーは、ワンポートテントとアースカラーのテントとタープがセットになっているのがあって、好みや用途に合わせて選べて便利です。先住民のようなイメージのナバホ柄が以前登場したタイプですが、シンプルなデザイン性が登場して、大人なイメージで気軽に使いたい人にぴったりでしょう。少人数でゆったりと使えば、おしゃれなプチグランピングサイトも演出できそうです。キャンプ場でも一番映えるおしゃれ感が魅力的でしょう。

バンドックのティピー


バンドックのティピーは、1人用の小さいタイプもあって、ソロキャンプをしたい人にもぴったりでしょう。簡易的な設置のため、キャンプが初めての人でも手軽に設置することができます。ポール1本で自立・設営ができるワンポールテントは、持っていて損はないでしょう。タープとの併用で雨対策も可能です。収納サイズを改良しており、よりコンパクトに収納ができます。また、持ち運びに便利なコンプレッションベルトつき収納ケースもついていて便利です。

コールマンのティピー


コールマンのティピーは、価格がやすいうえに、おしゃれなデザインなのが注目ポイントでしょう。開閉テント内に雨の侵入を防ぐ前室を備えたシンプル構造のティピー型テントとしておすすめです。中は割と広くて3・4人がゆったりと眠れるスペースで、快適でしょう。シンプルなうえに色合いも落ち着いているため、飽きがこないのが特徴です。価格とともにデザイン性にこだわりたいのであれば、コールマンのティピーは最適でしょう。

ティピーのおすすめ人気ランキング10選

ここからはティピーのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのティピーを見つけてみてくださいね!

第10位:ロゴス(LOGOS) SNOOPY Tepee テント


ティピーのおすすめ人気ランキング第10位は、ロゴス(LOGOS) SNOOPY Tepee テント 86001083です。スヌーピーやウッドストックといった人気キャラクターがデザインされているのが魅力的でしょう。設営がとても簡単なため、子供と一緒に楽しめます。また、室内の天井にはウッドストック柄のシーリングクロスを配置するなど、子供が喜ぶでしょう。フライシート上部に開閉式のベンチレーターを搭載しています。

第9位:フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテント 240


ティピーのおすすめ人気ランキング第9位は、フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテント 240 ライトです。ポリエステル生地を採用していることでとても軽くてコンパクトに収納できるのが魅力的でしょう。ソロキャンプやキャンプツーリングにぴったりのモデルです。吊り下げ式のインナーテントを採用しており、正面・サイドどちらにもセットできるなど、レイアウトが自由に使えます。ブーツ・ヘルメットといった荷物類が余裕で収納可能です。

第8位:オガワ(ogawa) ワンポールテント タッソ


ティピーのおすすめ人気ランキング第8位は、オガワ(ogawa) ワンポールテント タッソ 2726です。2・3人のてぃぴーテントで、六角形・八角形と3種類の設営スタイルに対応できるのが魅力的でしょう。メインポールを伸縮したり、フライシートに設けられたファスナーを開閉したりすることで張り分けができます。スペースが限られたサイトは、六角形スタイルでコンパクトに、区画の広いキャンプ場では六角形スタイルで最大のフロア面積を確保するなど、状況に合わせて変えられるため、便利です。

第7位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント ティピー


ティピーのおすすめ人気ランキング第7位は、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) トレッカー ワンポールテント レクタ270UV UA-62です。使いやすいスクエアなフロア形状をしており、4人がゆったりと過ごすことができます。インナーテントを30cmオフセットして配置することで、荷物室を確保しているのが特徴的でしょう。雨や夜露でも濡れないように、4人分の荷物をしっかりと収納ができます。また、ポールには丈夫で軽いアルミ素材を使っているのがおすすめポイントでしょう。

第6位:ディーオーディー(DOD) ワンポールテントS T3-44


ティピーのおすすめ人気ランキング第6位は、ディーオーディー(DOD) ワンポールテントS T3-44です。フライシートにブラックのカラーリングを施しているクールなデザインが人気の理由でしょう。ほかのキャンパーとは違って個性的に演出したい人にぴったりです。ポールにもブラックカラーを取り入れるなど、ブランドのこだわりを感じられます。スタイリッシュなデザインのティピーを探している人にぴったりです。また、全面にメッシュを使っており、夏でも通気性がよいのが特徴的でしょう。

第5位:オガワ(ogawa) モノポールテント グロッケ8 2786


ティピーのおすすめ人気ランキング第5位は、オガワ(ogawa) モノポールテント グロッケ8 2786です。まるでロッジ型テントのような快適性を求める人にぴったりのモデルとして注目されています。壁に圧迫感がなくて、中にいてもゆったりと過ごすことができるでしょう。本体サイズがコンパクトなため、6m区画のテントサイトでもラクに設営できます。ロールアップ式のひさしを構えていることえ、日差し・雨を防ぐことも可能です。

第4位:フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテント500


ティピーのおすすめ人気ランキング第4位は、フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテント500です。大型モデルで、4人ほどのファミリー・グループで使うことができます。大人8人でもゆとりがあって寝れるうえに、荷物も余裕で置けるでしょう。脱いだ靴も置くことができる前室もあって、まさに快適なキャンプ生活を楽しむことができます。天井の高さは約280cmと高くて、着替えのときに腰をかがめる必要もありません。

第3位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミワンポールテント300UV UA-16


ティピーのおすすめ人気ランキング第3位は、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミワンポールテント300UV UA-16です。購入しやすい価格設定が魅力的でしょう。とても軽いジェラルミン製ポールを採用しており、容易に組み立てられるのがポイントです。ゆったりと過ごしたいのであれば、このティピーテントは適しています。フライシート単体での設営もでき、シェルターとして利用したり、アウトドアイベントにもぴったりです。

第2位:ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee


ティピーのおすすめ人気ランキング第2位は、ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee 400 71806500です。アメリカの先住民「ナボホ族」が伝統織物に使っていたとされる、ナボホ柄をあしらったロゴスの人気モデルとして注目されています。テントサイトが個性的でおしゃれ感があって、家の中でのキャンプも楽しめるでしょう。キャンプシーンはもちろんのこと、アウトドアイベントでも大活躍すること間違いありません。

第1位:バンドック(BUNDOK) ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC


ティピーのおすすめ人気ランキング第1位は、バンドック(BUNDOK) ソロ ティピー 1 TC BDK-75TCです。1人用のティピーテントで、フライシートにポリエステル・コットンの混紡素材を採用しているのが特徴的でしょう。割と熱に強く、テントの近くで焚き火を楽しみたい人におすすめのモデルです。また、通気性にも優れ、結露もしにくいことから、年間を通して快適に過ごせます。コンプレッションベルト付きのキャリーバッグがついていて、コンパクトに収納もできて便利です。

ティピーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ティピーのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ティピーでキャンプをもっと快適に

いかがですか。ティピーは、アメリカの先住民風のテントが魅力です。ティピーがあると、おしゃれかつ快適なテント生活を過ごせるでしょう。普通のテントじゃ物足りない人のためにも、ぜひ、お気に入りのティピーを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事の商品一覧

ヨカ TIPI (ティピ) ワンポールテント 1~2人用
ヨカ TIPI (ティピ) ワンポールテント 1~2人用
ロゴス(LOGOS) SNOOPY Tepee テント
ロゴス(LOGOS) SNOOPY Tepee テント
バンドック(BUNDOK) ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC
バンドック(BUNDOK) ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC
コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 325 3~4人用
コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 325 3~4人用
ロゴス(LOGOS) SNOOPY Tepee テント
ロゴス(LOGOS) SNOOPY Tepee テント
フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテント 240
フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテント 240
オガワ(ogawa) ワンポールテント タッソ
オガワ(ogawa) ワンポールテント タッソ
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント ティピー
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント ティピー
ディーオーディー(DOD) ワンポールテントS T3-44
ディーオーディー(DOD) ワンポールテントS T3-44
オガワ(ogawa) モノポールテント グロッケ8 2786
オガワ(ogawa) モノポールテント グロッケ8 2786
フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテント500
フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテント500
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミワンポールテント300UV UA-16
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミワンポールテント300UV UA-16
ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee
ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee
バンドック(BUNDOK) ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC
バンドック(BUNDOK) ソロ ティピー 1 TC BDK-75TC
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

【ワークマン・サーモス・コールマン】保冷リュックのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれなものやアウトドアなど
アウトドアや普段の買い物などのシーンで食材や飲み物を冷えた状態で持ち歩きたい場合には保冷バッグなどがおすすめですが、背負うことができる保冷リュックは両手が使えるので荷物が多い場合やお子様と手を繋ぎたい...
ファッション
【100均・ダイソー・セリア】ホットケーキ型のおすすめ人気ランキング10選!メリットや代用品なども
ホットケーキをきれいな形で焼いてみたり、シンプルな丸い形状以外のものを焼いてみたいと考えたことはありませんか。ホットケーキ型を使用することでバラエティに富んだホットケーキを楽しむことができますよ。メー...
調理器具
【ダイソー・セリア・カインズ】シュレッダーはさみのおすすめ人気ランキング10選!ニトリや無印も
シュレッダーはさみは、使い勝手が良くておすすめです。シュレッダーはさみは、通常のシュレッターよりも大幅にコンパクトで場所を取らないからです。とはいっても数多くあるシュレッダーはさみから選ぶのは大変です...
インテリア・家具
【ダイソー・無印・ニトリ】使い捨てサニタリーボックスのおすすめ人気ランキング10選!100均で買える?
使い捨てサニタリーボックスは、いつでも清潔に保つことができておすすめです。使い捨てサニタリーボックスは、1回だけ使うタイプだからです。とはいっても数多くある使い捨てサニタリーボックスから選ぶのは大変で...
日用品・生活雑貨
【100均ダイソー】ラゲッジタグのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれかわいいものなども
ラゲッジタグは、旅行や出張などで空港を利用するときに便利なおすすめアイテムです。ラゲッジタグは、たくさんある荷物の中で目印になり、取り違えや紛失のときに便利だからです。とはいっても数多くあるラゲッジタ...
生活雑貨・日用品
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング