2023年05月12日更新

【口コミ】コールマンのコクーンⅢを徹底解説!口コミや評判を分析してレビューしました!

コールマンのコクーン3は、家族や友達とのキャンプを楽しみたい人や高い防水性能を求める人におすすめのテントです。 このテントは、最大で4人が快適に過ごせる広々としたスペースがあり、家族や友達と一緒に楽しいキャンプができます。また優れた防水性能を持っており、雨の日でも安心してキャンプが楽しめます。しかし、インターネット上では、「組み立てが難しい」「重すぎる」との口コミもあり、購入を迷っている人もいるのではないでしょうか?そこで今回は、コールマンのコクーン3の口コミや評判などを調べてレビューします。購入を検討中の人はぜひ参考にしてみてください。
企画・制作:monocow編集部
「monocow(モノカウ)は、住まいと暮らしを豊かにするモノを紹介しているモノマガジンです。編集部独自のリサーチに基づき、さまざまなモノの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。「インテリア・家具」から「家電」「生活雑貨・日用品」「キッチン用品」「アウトドア」まで、毎日コンテンツを制作中。

コールマンのコクーン3の仕様・特徴


コールマンのコクーン3にはさまざまな魅力があります。ここからはコールマンのコクーンⅢの特徴をご紹介していきますので参考にしてください。

2ルーム構造で快適


4Sワイド2ルームコクーン3は、2つの部屋に分かれた構造を持っています。この2ルーム構造により、寝室とリビングスペースを分けることができ、快適なプライベート空間を確保しながらキャンプを楽しむことができます。例えば、リビングスペースでは食事や会話を楽しみ、寝室ではゆっくりと休むことができます。また、家族や友人とのキャンプ時にも、それぞれのスペースで過ごすことができるため、プライバシーを保ちながら快適なキャンプが可能です。

ダークルームテクノロジーを採用


コールマンの独自機能である「ダークルームテクノロジー」が採用されています。この技術により、テント内部が暗くなり、外からの光を遮断することができます。これにより、昼間でも快適に寝ることができるほか、夜間の光による睡眠の妨げも軽減されます。また、ダークルームテクノロジーは熱の遮断効果もあり、暑い日中でもテント内の温度を下げることができ、より快適なキャンプを楽しむことができます。

高い防水性能


4Sワイド2ルームコクーン3は、優れた防水性能を持っています。特に、PUコーティングされたポリエステル製のフライシートは、水を弾く効果が高く、雨の日でも安心してキャンプが楽しめます。また、高い防水性能を発揮するジッパーやシームテープも使用されており、雨水が侵入しにくい構造になっています。これにより、悪天候でも安心してテント内で過ごすことができ、快適なキャンプ体験を提供します。

コールマンのコクーン3の口コミ・評判は?

コールマンのコクーン3の良い口コミ・評判は?

コクーン2を愛用していたのですが、不注意でテントに大きな穴が…
子供達とキャンプに行くときは必ず愛用していたテントだったのでショックでしたが、コクーン2のあまりの快適さに迷わずコクーン3を購入。冬よりは、夏に快適だと感じました。
開放感が2と比べるとダントツによくなりました。ポールの色も金で高級感があります。買ってよかったです。

家族4人で冬キャンもできるテントを探していました。
値段がかなり高く、相当悩みましたが、実際使ってみてとても使いやすく買ってよかったと思えるテントです。タープやキャノピーをはねあげて外でご飯食べることもできるし、おこもりキャンプとして、お座敷タイプにして、などいろいろなシーンに対応できます。

初心者ですが、2人で組み立てられました。
家族が多いこともあり、思い切ってコクーンにしましたが、買って良かったと思えます。

 
4Sワイド2ルームコクーン3の良い口コミでは、広々としたスペースで4人が快適に過ごせること、2ルーム構造による利便性、ダークルームテクノロジーによる光や熱の遮断効果、高い防水性能、そして簡単な設営・撤収が評価されており、家族や友人とのキャンプに適した高品質なテントとして好評を得ています。

コールマンのコクーン3の悪い口コミ・評判は?

4Sワイド2ルームコクーン3の悪い口コミでは、価格が高めであることや重量が重いことが指摘されており、初心者向けではなく、コストや持ち運びに関してある程度の妥協ができるユーザーに向いているとの意見が見られます。

コールマンのコクーン3のよくある質問と答え

このテントは何人用ですか?

4Sワイド2ルームコクーン3は最大で4人が快適に過ごせる広さがあります。

設営や撤収は難しいですか?

コールマンのダークルームテクノロジーを採用しているため、短時間で簡単に設営・撤収が可能です。

防水性能はどれくらいですか?

優れた防水性能があり、PUコーティングされたポリエステル製のフライシートや防水ジッパー、シームテープを使用しているため、雨の日でも安心して使えます。

ダークルームテクノロジーの効果はどのようなものですか?

ダークルームテクノロジーは、テント内部を暗くして外からの光を遮断し、昼間でも快適に寝ることができます。また、熱の遮断効果もあり、暑い日中でもテント内の温度を下げることができます。

このテントの重量はどれくらいですか?

4Sワイド2ルームコクーンⅢの重量は約20.5kgです。

コールマンのコクーン3のメリットとデメリットは?

コールマンのコクーン3のメリットは?


4Sワイド2ルームコクーン3は、4人が快適に過ごせる広々とした空間、2ルーム構造による寝室とリビングスペースの分離、独自のダークルームテクノロジーによる光と熱の遮断効果、高い防水性能、そして簡単な設営・撤収が可能であるため、家族や友人とのキャンプに適した快適で機能的なテントとして人気があります。

コールマンのコクーン3のデメリットは?


4Sワイド2ルームコクーン3のデメリットとして、価格が高めであること、重量が重いため持ち運びに苦労することが挙げられ、初心者向けではなく、コストや持ち運びの面である程度の妥協ができるユーザーに向いていると言えます。

コールマンのコクーン3の設営方法は?


コールマンのコクーン3の設営方法は以下の手順になります。
 
テントの広げ方: 平らで石や枝がない場所を選び、テントを広げます。ドアが正面にくるように配置し、ペグで四隅を固定します。
ポールの組み立て: 付属のポールをつなぎ合わせて1本にします。同様に全てのポールを組み立てます。
ポールの設置: ポールの先端をテント本体のポール通しに通し、反対側も同様に通します。ポールをアーチ状に立て、金具に固定します。全てのポールを同様に設置します。
フライシートの設置: フライシートをテント本体にかぶせ、四隅のバックルで固定します。フライシートの裾にある紐をテント本体の紐と結びます。
ペグとガイロープで固定: ガイロープを適切な長さに調整し、ペグで地面に固定します。ガイロープは斜めに張ることで、風に強い設営が可能です。
 
以上で、コールマンのコクーン3の設営が完了します。注意点として、風向きや周囲の環境に合わせてテントを設営することが重要です

コールマンのコクーン3とコクーン2の違いは?

コールマンのコクーン3とコクーン2の違いは主に以下の点が挙げられます。
 
収容人数: コクーン3は4人用のテントで、広々とした空間が特徴です。一方、コクーン2は2人用のテントで、コンパクトなデザインが特徴です。
ルーム構造: コクーン3は2ルーム構造で、寝室とリビングスペースが分かれており、より快適なキャンプが楽しめます。コクーン2は1ルーム構造で、シンプルな構造が特徴です。
重量とサイズ: コクーン3は、大きさと重量がコクーン2よりも大きくなります。そのため、持ち運びや収納スペースに関しては、コクーン2の方が利便性が高いです。
価格: コクーン3は、サイズや機能面でコクーン2よりも高価です。コクーン2は、より手頃な価格で入手できる点が魅力です。
 
それぞれの違いにより、使用人数やキャンプスタイルに合わせて選ぶことが重要です。

コールマンのコクーンとカーブの違いは?

4Sワイド2ルームコクーンⅢと4Sワイド2ルームカーブの違いは主に以下の点が挙げられます。
 
デザイン: 4Sワイド2ルームコクーンⅢは、シンプルで直線的なデザインが特徴です。一方、4Sワイド2ルームカーブは、独特な曲線デザインで、スタイリッシュな外観が特徴です。
空間利用: 4Sワイド2ルームカーブの曲線デザインにより、天井が高く、内部の空間が広がって感じられます。一方、4Sワイド2ルームコクーンⅢは、天井の高さが均一で、シンプルな空間構造が特徴です。
ダークルームテクノロジー: 4Sワイド2ルームコクーンⅢは、コールマン独自のダークルームテクノロジーを採用しており、光や熱の遮断効果があります。4Sワイド2ルームカーブにはこの機能がありません。
価格: 4Sワイド2ルームコクーンⅢはダークルームテクノロジーが搭載されているため、4Sワイド2ルームカーブよりも価格が高くなる傾向があります。
 
それぞれの違いにより、デザインや機能性、予算に応じて選ぶことが重要です。
 

2ルームテントの選び方

ルームの使い勝手とレイアウト

2ルームテントを選ぶ際には、各ルームの使い勝手やレイアウトが重要です。寝室とリビングスペースが明確に分かれているものや、必要に応じて仕切りを取り外せるものを選ぶことで、使用シーンに応じたレイアウトが可能です。また、寝室の数やリビングスペースの広さなど、使用人数や目的に合わせて選ぶことが大切です。

設営の簡単さと機能性:

2ルームテントは、設営が簡単で機能性も兼ね備えたものが望ましいです。短時間で設営できるポップアップテントや、分かりやすい説明書が付属しているものを選ぶことで、ストレスなくキャンプを楽しむことができます。また、通気性や収納スペース、光や熱を遮断する機能などもチェックし、快適なキャンプができるテントを選ぶことが重要です。

耐候性と強度

2ルームテントでは、耐候性と強度が重要です。雨風に強いテントを選ぶためには、防水性能が高い素材を使っているものや、風に強い構造を持つテントを選ぶことが大切です。また、シームシーリング加工が施されているものや、フライシートが十分な長さで地面から遠くに張り出しているものを選ぶことで、天候に左右されず、安心してキャンプが楽しめます。

2ルームテントの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ファミリー向けテントのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

ファミリー向けテントのおすすめ商品3選

最後にここからは、今回ご紹介したコールマンのコクーン3以外におすすめのファミリー向けテントを3つご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

Colemanタフスクリーン2ルームハウス MDX


Colemanタフスクリーン2ルームハウス MDXは、耐久性に優れたファミリーキャンプに適した2ルームテントです。特徴として、防水性能が高いPUコーティングと、耐久性に優れたオックスフォード生地を採用しています。また、ウィンドウ部分には耐久性のあるタフスクリーンを使用し、虫を寄せ付けず通気性も確保しています。リビングスペースには、大型のメッシュウィンドウがあり、開放感と明るさを楽しめます。さらに、テント内には便利な収納ポケットが付いており、荷物の整理がしやすくなっています。このテントは、家族全員が快適に過ごせるスペースと機能性を兼ね備えており、快適なアウトドアライフを楽しむことができます。

LOGOSneos PANELスクリーンドゥーブル XL-BB


LOGOS neos PANELスクリーンドゥーブル XL-BBは、アウトドアや自宅でのリラックスタイムに最適な空間を提供するパネルスクリーンタイプのドゥーブルです。最大の特徴は、独自のネオスメッシュと呼ばれる素材を使用しており、通気性と視界の確保を両立しながら、虫の侵入を防ぎます。また、パネル構造によって、組み立てや分解が簡単で、多様なレイアウトが可能です。脚部には、高さ調節ができるアジャスターが付いており、地面の凹凸にも対応できます。さらに、ドゥーブルを固定するためのロープやペグも付属しているため、安定性も抜群です。このLOGOS neos PANELスクリーンドゥーブル XL-BBは、キャンプ場や庭でのプライベートスペースを確保したい方におすすめのアイテムです。

テントファクトリー2Rスクリーンテント アオバ


テントファクトリー2Rスクリーンテント アオバは、家族や友人とのキャンプに最適な2ルームスクリーンテントです。このテントの最大の特徴は、フルメッシュのスクリーンルームがあり、通気性が良く、虫の侵入を防ぎながら開放感を楽しめることです。また、スクリーンルームとインナールームの間には、ジッパー式の仕切りが設けられており、使い勝手の良い空間を提供しています。インナールームには、雨や風から守るフライシートが付属し、悪天候時にも安心して過ごせます。さらに、設営が簡単で、持ち運びも便利なキャリーバッグが付属しています。このテントファクトリー2Rスクリーンテント アオバは、自然を楽しみながらプライバシーを確保したいキャンパーにおすすめのアイテムです。

この記事の商品一覧

4Sワイド2ルームコクーンⅢ
4Sワイド2ルームコクーンⅢ
4Sワイド2ルームコクーンⅢ
4Sワイド2ルームコクーンⅢ
コールマン マスターシリーズ 4Sワイド2ルームカーブ
コールマン マスターシリーズ 4Sワイド2ルームカーブ
コールマン Coleman タフスクリーン2ルームハウス/MDX 2000038139
コールマン Coleman タフスクリーン2ルームハウス/MDX 2000038139
LOGOSneos PANELスクリーンドゥーブル XL-BB
LOGOSneos PANELスクリーンドゥーブル XL-BB
テントファクトリー2Rスクリーンテント アオバ
テントファクトリー2Rスクリーンテント アオバ
  • ※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
  • ※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
  • ※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
  • ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

おすすめ記事

無印・ダイソーにも売ってる?電動鉛筆削りのおすすめ人気ランキング10選!子供が使いやすいものを
鉛筆を使う機会の多い子供たちにとって、鉛筆削りは欠かせないアイテムです。特に電動鉛筆削りは、簡単に素早く鉛筆を削れるため、人気を集めています。無印良品やダイソーなどの身近な店舗でも手に入る電動鉛筆削り...
生活雑貨・日用品
【ワークマン・サーモス・コールマン】保冷リュックのおすすめ人気ランキング10選!おしゃれなものやアウトドアなど
アウトドアや普段の買い物などのシーンで食材や飲み物を冷えた状態で持ち歩きたい場合には保冷バッグなどがおすすめですが、背負うことができる保冷リュックは両手が使えるので荷物が多い場合やお子様と手を繋ぎたい...
ファッション
【100均・ダイソー・セリア】ホットケーキ型のおすすめ人気ランキング10選!メリットや代用品なども
ホットケーキをきれいな形で焼いてみたり、シンプルな丸い形状以外のものを焼いてみたいと考えたことはありませんか。ホットケーキ型を使用することでバラエティに富んだホットケーキを楽しむことができますよ。メー...
キッチン用品
【ダイソー・セリア・カインズ】シュレッダーはさみのおすすめ人気ランキング10選!ニトリや無印も
シュレッダーはさみは、使い勝手が良くておすすめです。シュレッダーはさみは、通常のシュレッターよりも大幅にコンパクトで場所を取らないからです。とはいっても数多くあるシュレッダーはさみから選ぶのは大変です...
インテリア・家具
【ダイソー・無印・ニトリ】使い捨てサニタリーボックスのおすすめ人気ランキング10選!100均で買える?
使い捨てサニタリーボックスは、いつでも清潔に保つことができておすすめです。使い捨てサニタリーボックスは、1回だけ使うタイプだからです。とはいっても数多くある使い捨てサニタリーボックスから選ぶのは大変で...
生活雑貨・日用品
新着おすすめ記事一覧へ

おすすめショッピング