ニトリの人気おすすめラグ・カーペット18選。円形マットや洗濯機で洗えるラグなどが人気

リビングやダイニングに敷くラグやカーペット。インテリアの中心になるものだからこそ、ラグやカーペット選びは慎重に行いたいですよね。ラグやカーペットはいろいろなメーカーから販売されていますが、コストパフォーマンスで選ぶならニトリのラグ・カーペットがおすすめです。そこで今回は、ニトリのラグ・カーペットのおすすめ商品を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

ニトリの夏におすすめのラグ・カーペット


ニトリにはたくさんの種類のラグやカーペットがありますが、暑い夏でも快適に過ごせる夏におすすめのラグもあります。さらっとした肌触り、見た目にも涼しいデザイン、洗濯機で洗えるラグなど、足元を快適にするラグをご紹介します。

“接触冷感”Nクールラグ

ニトリの夏におすすめなラグ・カーペットの中でも特に人気のシリーズが「接触冷感Nクール」です。接触冷感とは、ラグに触れた際にひんやり冷たいと感じること。汗でベトベトする夏でもひんやり気持ち良い肌触りになっています。

接触冷感ラグ(NクールH BR 100X140)
接触冷感ラグ(NクールH BR 100X140)
●色:ブラウン
●主な素材:ナイロン
●サイズ(約):幅100×奥行140cm
接触冷感ラグ(NクールH BL 130X185)
接触冷感ラグ(NクールH BL 130X185)
●色:ネイビー
●主な素材:ナイロン
●サイズ(約):幅130×奥行185cm
洗える接触冷感ラグ(NクールH Nボーダー 130X185)
洗える接触冷感ラグ(NクールH Nボーダー 130X185)
●色:ネイビー
●主な素材:ナイロン
●サイズ(約):幅130×奥行185cm

洗濯機で洗えるキルトラグ

キルトの優しい肌触りが好評のキルトラグは、ネットに入れて洗濯できるので、いつでも清潔に使う使うことができます。麻入りのさらっとした肌触りが気持ちよく、抗菌防臭作用もあります。

洗える麻入りキルトラグ(130X185)
洗える麻入りキルトラグ(130X185)
●色:ベージュ
●主な素材:ポリエステル
●サイズ(約):幅130×奥行185cm
洗える綿入りキルトラグ(130X185)
洗える綿入りキルトラグ(130X185)
●色:ブルー
●主な素材:ポリエステル
●サイズ(約):幅130×奥行185cm

夏を感じさせるおしゃれなデザインラグ

人気の西海岸風インテリアやボタニカル調のものなど、おしゃれでリラックスした雰囲気を感じさせるデザインラグ。お部屋のインテリアとも合わせやすいデザインのものばかりです。

インド綿ラグ(HBタイルH 130X185)
インド綿ラグ(HBタイルH 130X185)
●色:ネイビー
●主な素材:コットン
●サイズ(約):幅130×奥行185cm
インド綿入りラグ(INモンステラH 130X185)
インド綿入りラグ(INモンステラH 130X185)
●色:アイボリー
●主な素材:コットン
●サイズ(約):幅130×奥行185cm
ジャガード織り ウレタンラグ(オルテガ 130X185)
ジャガード織り ウレタンラグ(オルテガ 130X185)
●色:ネイビー
●主な素材:ポリエステル
●サイズ(約):幅130×奥行185cm

肌触りの良い竹・い草のラグ

夏の暑い季節でもベトベトしない肌触りの竹やい草の素材を使ったラグ・カーペットです。
さらりとした肌触りは夏に大活躍すること間違いなし!

ふっくら竹ラグ(シエルH 120X180)
ふっくら竹ラグ(シエルH 120X180)
●色:ブルー
●主な素材:タケ
●サイズ(約):幅120×奥行180cm
竹ラグ(レクトH GR 120X180)
竹ラグ(レクトH GR 120X180)
●色:グリーン
●主な素材:タケ
●サイズ(約):幅120×奥行180cm
いぐさラグ(ラピスH 180X180)
いぐさラグ(ラピスH 180X180)
●色:ターコイズブルー
●主な素材:イグサ
●サイズ(約):幅180×奥行180cm

ニトリの人気おすすめラグ・カーペット7選

それでは、ニトリのラグ・カーペットのおすすめそれぞれご紹介していきます。どのラグ・カーペットも口コミなどで非常に評判が高いものばかりです。
ぜひ、お気に入りのニトリのラグ・カーペットを見つけてみてくださいね。

アクセントラグ(SシャギーGR 180エンケイ)
アクセントラグ(SシャギーGR 180エンケイ)
●色:イエローグリーン
●主な素材:ポリエステル
●サイズ(約):幅180×奥行180×高さ2cm

木目調フロアラグ(モクメ BR 200X270)
木目調フロアラグ(モクメ BR 200X270)
●色:その他
●主な素材:塩化ビニル
●サイズ(約):幅200×奥行270cm

落ちにくい食べ物の汚れも簡単ふきとりできるダイニング向けの木目調のラグです。抗菌加工で清潔さをキープしつつ、裏面も、塩化ビニル樹脂貼りだから、水をこぼしても安心です。

ふわふわやわらかラグ(フィールソフト IV 185X185)
ふわふわやわらかラグ(フィールソフト IV 185X185)
●色:アイボリー
●主な素材:ポリエステル100%
●サイズ(約):幅185×奥行185cm

床暖房・ホットカーペットに対応したシンプルで飽きのこないデザインのラグです。う麻木のような、ふわふわな素材が特徴的です。

アクセントラグ(SシャギーBE 160X230)
アクセントラグ(SシャギーBE 160X230)
●色:ベージュ
●主な素材:ポリエステル
●サイズ(約):幅160×奥行230×高さ2cm
アクセントラグ(カリプソン 133X190)
アクセントラグ(カリプソン 133X190)
●色:その他
●主な素材:ポリプロピレン
●サイズ(約):幅133×奥行190cm

お掃除簡単!ホコリがとれやすいラグ(クリーンアップ BE 130X185)
お掃除簡単!ホコリがとれやすいラグ(クリーンアップ BE 130X185)
●色:ベージュ
●主な素材:ポリエステル
●サイズ(約):幅130×奥行185cm

繊維の表面に「膜(超微粒子)」が形成されていて直接、繊維に接触させないことで、ホコリや花粉が付着しにくく、お掃除がすごく簡単です。

毛足の長いシャギーラグ(ウィルトン ロータス チェック 200X290)
毛足の長いシャギーラグ(ウィルトン ロータス チェック 200X290)
●色:ベージュ
●主な素材:ポリプロピレン100%
●サイズ(約):幅200×奥行290cm

西洋文化と東洋文化がMIXされた美しい柄のデザインラグです。毛足が長くても、遊び毛が出にくいので、お掃除も楽です。

ニトリのラグ・カーペットの選び方

部屋の種類から選ぶ

ラグやカーペットを選ぶ時は、どの部屋で使うかを考慮すると選びやすいです。「リビングにいる時間が1番長い」「ダイニングでは床への 食べこぼしが気になる」など、過ごし方をイメージするのがポイントです。

リビングで使う場合

家族が集まるリビングで使用する場合は、長く使える耐久性や床で寝転がっても気持ち良い肌触りの良い素材を選ぶと良いでしょう。また住まいのメインの部屋なので、柄やカラーもインテリアに合わせて選びましょう。

ダイニングで使う場合

汚れが気になるダイニングで使用する場合は、自宅で洗濯できるものがおすすめです。食べ残しを気にせずリラックスして食事を楽しむことができます。

寝室で使う場合

1日の始まりと締めくくりの時間を過ごす寝室でラグやカーペットを使用する場合は、リラックスできるカラーのものを選びましょう。心地よい眠りを誘う、優しい素材のものを選ぶのもおすすめです。

色やデザインから選ぶ

ラグやカーペットを選ぶ際に一番悩まされるのが色やデザインではないでしょうか?
ニトリには様々な色やデザインのものがありますが、失敗しない色、デザインはシンプルなものです。柄やパターンがある華やかなラグよりも、何もない無地のラグの方が、空間全体のバランスが取れやすいです。派手な柄は、パッと見た瞬間に「おしゃれ感」を演出できますが、全体のコーディネートのバランスを整えるのが難しいのでおすすめしません。また床と同系色系のものもおすすめです。

サイズから選ぶ

ラグやカーペットのサイズの選び方は、部屋やライフスタイルによって違います。
ラグやカーペットを使うお部屋にどんな家具があり、どのように過ごすかによってサイズが変わってきます。おおよその目安は、以下になります。

リビングで使用する場合

ソファがあるリビングにラグを敷く場合、「ソファの横幅+10~20cm」ほどの余裕を持たせるとバランスが整います。

ダイニングで使用する場合

イスを引くときのことを考え、「テーブル+60~75cm」の余裕を持たせましょう。
すでにダイニングテーブルとチェアが家にあるなら、実際に立ったり座ったりすると、どれくらいの幅が必要か分かりやすいです。

寝室で使用する場合

寝室に敷くラグのサイズの選び方は、大きく分けて2パターンで、「ベッドとラグの横幅をそろえる」か「ベッドの両脇と手前をすべてに覆うサイズを敷く」のどちらかです。ラグが大きいとコストが余計にかかるため一般的には、ベッドとラグの横幅をそろえて選びます。

ニトリのラグ・カーペットで快適な空間を

ニトリのラグ・カーペットはいかがでしたでしょうか?ニトリのラグ・カーペットは種類も豊富でコストパフォーマンスが良いものばかりです。
また暑い夏でも快適に過ごせるものも多いので、ぜひお気に入りの1枚を見つけて、快適な空間を作ってみてはいかがでしょうか?