【100均・セリア・ニトリ】オイルスクリーンのおすすめ人気ランキング10選!効果や洗い方、メリットやデメリットなども

油はねを防ぐ荷に便利なオイルスクリーン。あまり有名なキッチンツールではないので、選び方やおすすめがわからない人も多いのではないでしょうか?そこで今回はオイルスクリーンの選び方と人気ランキングをご紹介します。ぜひお気に入りのオイルスクリーンを見つけてくださいね。

オイルスクリーンのメリットとデメリットは?

オイルスクリーンのメリットとは?

オイルスクリーンは網目が細かいので、水蒸気は逃しつつ油ハネはしっかりガードしてくれます。水蒸気も閉じ込めてしまう蓋と違い、水分が食材に戻ることがなくなるので、炒め物がしゃきっとした仕上がりになります。また、揚げ物の際の飛び散る油分も防げるので、料理中の火傷のリスクも軽減できますし、掃除の手間も省けます。製品によっては油ハネ対策だけでなく湯切りや裏ごし用にも使えます。用途が意外と広いので、1つ持っておくと重宝しますよ。

オイルスクリーンのデメリットとは?

オイルスクリーンのデメリットは油がよくつくので、洗うのがやや面倒なことです。油は冷えると固まってしまうので、お湯と中性洗剤を使ってしっかりと洗いましょう。汚れがそれでも落ちにくくなった場合はスプレー式の洗剤を網目に吹き付けるとよく落ちます。また調理中は油がついたオイルスクリーンをどこに置くかで迷うことがあります。事前に一時置き用にシートやお皿を用意したり立てかけて置ける場所を確保したりしておくのが良いでしょう。

オイルスクリーンの効果は?

揚げ物をする際食材に水分が多いと油ハネの原因となります。しかし、オイルスクリーンがあるとそのような油ハネが体にかかるのを防いでくれます。油ハネが嫌で揚げ物を敬遠していた人でもオイルスクリーンがあると安心して調理ができますまた炒め物の時にオイルスクリーンをふたの代わりにしておくとコンロに油がはねるのを防いでくれます。掃除の手間が軽減できますよ。また頑丈な製品であれば、ケーキクーラーや野菜の水切りあみとしても使います。

オイルスクリーンの洗い方は?


オイルスクリーンは中性洗剤とスポンジを使って洗います。タワシなどはメッシュなどが傷つく恐れがあるので使わない方が良いです。もし、取り外し可のパーツがあるようなら、取り外して丁寧に洗いましょう。油が取れにくいようなら中性洗剤を薄めた水につけ置くか事前にお湯で油を溶かして洗うと汚れが落ちやすくなります。

オイルスクリーンの代用品は?

オイルスクリーンの代用品は鍋の蓋ですオイルスクリーンを盾のようにして使うのであれば鍋の蓋で十分でしょう。揚げ物や炒め物の際に蓋として使うと、水分も油分も内部にこもってしまいます。鍋の蓋の場合、オイルスクリーンと違い水分が逃げません。そうなるとオイルスクリーンを使った場合より揚げ物や炒め物がべちゃっとした仕上がりになってしまいます。このような仕上がりが嫌なのであれば、やはりオイルスクリーンを使った方が良いでしょう。

オイルスクリーンは食洗機で洗える?

食洗機対応のオイルスクリーンなら食洗機では洗えます。食洗機からお湯が出るように設定しておけば、油汚れもスッキリ落ちます。食洗機で洗いたいなら購入の際に食洗機対応のオイルスクリーンかどうかを確認して選びましょう。

オイルスクリーンの選び方

大きさで選ぶ


オイルスクリーンを使う場合、鍋にかぶせて使う方法と手に持って盾のように使う方法があります。鍋にかぶせる場合、鍋の直径に合わせてオイルスクリーンを選ぶのが大事です。鍋よりあまりにも大きくはみ出てしまうと、ガスの火が余った部分に当たり、オイルスクリーンが焦げてしまうからです。もし、様々な鍋と合わせて使うのであれば、一番大きな鍋に合わせて選んでおくと良いでしょう。小さい鍋と大きなオイルスクリーンを使うならガスの火を極力小さくして使いましょう。オイルスクリーンを手に持ち、盾のように使うのであれば、大きめのオイルスクリーンの選ぶのがおすすめです。カバーできる範囲が広く、油ハネをしっかり防げます。

柄の長さと形状をチェック


オイルスクリーンを使う場合、柄の長さとデザインをチェックしましょう。柄の長さがあまりにも短いと、柄が熱くなり調理中持ちにくくなります。盾のようにして持つ場合も長さがないとしっかりホールドできません。このため、柄の長さは15cm前後が望ましいです。これぐらいの長さがあると油ハネ防止だけでなく、湯切りや裏ごしなどにオイルスクリーンを使う場合も扱いやすいです。またオイルスクリーンの柄に引っ掛け用の穴が空いていると収納に便利です。また洗った後も収納しながら乾かせるというメリットもあります。

網目の細かさをチェック


オイルスクリーンを選ぶなら網目の細かさもチェックしましょう。網目が細かいものの方がしっかりと油ハネをガードできます。50メッシュぐらいがあると、しっかりと油をキャッチするので、初心者にも熟練者にもおすすめです。また、湯切りや裏ごしをする際も、それくらい網目が細かいと便利です。もし、商品説明欄に網目の表記がなければ、写真やクチコミなどを見て使いやすさをチェックしましょう。また網目が細かくなると鍋の中が見にくくなるというデメリットもあります。オイルスクリーンを選ぶ場合は網目の細かさと見やすさをのバランスを考えて選ぶのがポイントです。

オイルスクリーンのおすすめブランド・メーカーは?

ニトリのオイルスクリーン

油はね防止ネット 22cm(オイルスクリーン)
油はね防止ネット 22cm(オイルスクリーン)

ニトリにはステンレス製のオイルスクリーンがあります。対応サイズは直径20㎝以下の鍋・フライパンです。油ハネ防止だけでなくカレーやトマトソースの飛び散り防止にも使えます。頑丈な造りなので、湯切りにも便利ですよ。価格は349円(税込)です。

オイルスクリーンのおすすめ人気ランキング10選

ここからはオイルスクリーンのおすすめ商品をランキング形式でご紹介いたします。選び方を参考にしながらぜひ、お気に入りのオイルスクリーンを見つけてみてくださいね!

第10位:Frywall (フライウォール) オイルスクリーン

Frywall 8インチ (S フライパン) レッド 100020966
Frywall 8インチ (S フライパン) レッド 100020966

フライパンや鍋の周りにぐるりと巻くタイプのオイルスクリーンです。360度どの方向からも油をガードするので、コンロの汚れや油ハネ気にすることはありません。本体の素材はシリコン製で耐熱温度は240°です。油汚れに強く中性洗剤で簡単に洗えますし、食洗機にも対応しています。スリーブが付属していますので、使用後はその中に入れるとコンパクトに収納できます。レッドやグリーンなどカラフルな色合いも素敵ですね。

第9位:パール金属 油はね防止ネット


油跳ねガードにも水切りや裏ごしにも使える便利なオイルスクリーンです。頑丈な造りなので、耐久性が高く用途も広いです。薄いので、レンジと壁の隙間などにも置きやすいです。内部は空洞になっているのでフックなどに吊り下げて保管することもできます。20-24cm用と24-28cm用があるのでよく使用する鍋に合わせて選びましょうハンドルの長さは約15.5cmです。数あるオイルスクリーンの中でもリーズナブルな価格帯なのでお試し感覚で購入する人にもオススメです。

第8位:elite colander日本製18-8ステンレス40メッシュ・キッチンネット

elite colander日本製18-8ステンレス40メッシュ・キッチンネット
elite colander日本製18-8ステンレス40メッシュ・キッチンネット

40メッシュのオイルスクリーンです。かなり目が細かいので、しっかりと油ハネをガードできます。オイルスクリーン本体の直径は29cmと大きめ大きです。大きなフライパンや鍋と一緒に使ったりや盾のよう使いたい人に良い大きさですね。頑丈な作りで重たいものにも耐えれるので、揚げ物の油切りにも使えます。素材は18-8ステンレスで油や腐食に強く汚れも落ちやすいですよ。食洗機にも対応しています。

第7位:JSSEVN オイルスクリーン


一般的なオイルスクリーンはハンドルが横に付いていますが、こちらはハンドルが上部に付いています。このため、バランスが非常に取れやすく手を離してもオイルスクリーンが鍋から落ちたり傾いたりすることが少ないです。蒸気穴がついているのでスープ料理や煮込み料理などにも最適です。直径25cmと29cmがあるので、鍋に合わせて選べます。安価なので購入しやすいのも魅力ですね。

第6位:下村企販 油はね防止 ネット ガードネット

下村企販 油はね防止 ネット ガードネット
下村企販 油はね防止 ネット ガードネット

50メッシュのオイルスクリーンです。網目が非常に細かいので、油ハネを徹底的にガードします。特に油ハネの多い揚げ物やお肉料理をよくする人におすすめです。油を防ぎつつ、水蒸気はしっかり逃がすので、揚げ物や炒め物の仕上がりが良くなります。ステンレス製なので、油に強く手入れも簡単です。ハンドルが熱くなりにくいので安全に作業できますよ。網目やハンドルのデザインが美しくいので、揚げ物を乗せてそのまま食卓に出しても大丈夫です。

第5位:オークス 日本製 レイエ 油ハネを防ぐ メッシュカバー

オークス 日本製 レイエ 油ハネを防ぐ メッシュカバー
オークス 日本製 レイエ 油ハネを防ぐ メッシュカバー

幅24×全長37×高さ0.6cmのオイルスクリーンです。表面に黒のシリコン樹脂塗装がしてあります。こうすることで反射を抑え、より鍋の中が見やすくなります。オイルスクリーンを使うと、鍋の中が見にくくなりなるので焦がしてしまったり揚げすぎたりしてしまうことがありますが、軽減してくれます。初心者にも嬉しい細かな工夫が嬉しいですね。一般的な揚げ鍋用の24cmとフライパンに合う29cmの2種類が展開されています。

第4位:新越ワークス TS キッチンネット


24メッシュのオイルスクリーンです。やや目は粗めですがしっかりと油をカードしてくれます。また、目が小さすぎないので、使用後の掃除も楽ですよ。しっかりとした作りなので、油切りや水切り、裏ごしなども可能です。ステンレス製なので水に強く洗浄後は自然乾燥のみで大丈夫です。「油ハネを気にする必要がなくなったので、料理のレパートリーが広がった」という口コミも多く満足度の高い製品です。

第3位:高儀 オイルスクリーン


25cmと29cmが展開されているオイルスクリーンです。25cmは一般的な揚げ鍋に使いやすいですし、29cmは28cmまでのフライパンに対応しています。薄いデザインなので、わずかな隙間に収納しやすいです。バランスがよく、鍋にかぶせた場合、ハンドルを持っていなくてもきちんと安定します。料理中、鍋につきっきりでなくて良いので、使いやすいですよ。歪みを防止するため、湯切りや裏ごしには使用しないようにしましょう。

第2位:ヨシカワ栗原はるみ オイルスクリーン


料理研究家の栗原はるみシリーズのオイルスクリーンです。こちらのシリーズはシンプルで使いやすくおしゃれなデザインが特徴です。こちらのオイルスクリーンもハンドルのデザインが個性的で素敵ですね。対応サイズは24cmです。薄い形状なので、使用後は隙間に収納したりハンドルをフックなどにかけて保管できます。他メーカーの鍋と一緒に使うことも出来ますし、栗原はるみシリーズのフライパン・鍋と組み合わせやすいので、ライン使いもオススメです。

第1位:ミネックスメタル オイルスクリーン


直径‎29cmのオイルスクリーンです。28cmまでのフライパンや鍋に対応します。50メッシュですので、かなり網目が細かくしっかり油ハネをガードします。機能に満足している人が多く口コミで「他メーカーと比べて目が細かいので、使用感が全然違う」といった意見も多く見られます。汚れも落ちやすく、手洗いで油を落とせます。安定感がよく手を離しても傾いたり落ちたりすることがなく使いやすいですよ。

オイルスクリーンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、オイルスクリーンのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

オイルスクリーンで暮らしをもっと快適に

オイルスクリーンのおすすめと人気ランキングを見てきました。オイルスクリーンがあると面倒な油ハネを防げますし、火傷などの怪我のリスクも減ります。あまり聞き慣れないキッチンツールかもしれませんが、ひとつ持っておくと大変便利ですよ。ぜひお気に入りのオイルスクリーンを見つけてくださいね。

この記事の商品一覧

油はね防止ネット 22cm(オイルスクリーン)

油はね防止ネット 22cm(オイルスクリーン)

¥349 税込

Frywall 8インチ (S フライパン) レッド 100020966

Frywall 8インチ (S フライパン) レッド 100020966

¥4,729 税込

パール金属 油はね防止ネット

パール金属 油はね防止ネット

¥782 税込

elite colander日本製18-8ステンレス40メッシュ・キッチンネット

elite colander日本製18-8ステンレス40メッシュ・キッチンネット

¥2,758 税込

JSSEVN オイルスクリーン

JSSEVN オイルスクリーン

¥620 税込

下村企販 油はね防止 ネット ガードネット

下村企販 油はね防止 ネット ガードネット

¥3,261 税込

オークス 日本製 レイエ 油ハネを防ぐ メッシュカバー

オークス 日本製 レイエ 油ハネを防ぐ メッシュカバー

¥2,880 税込

新越ワークス TS キッチンネット

新越ワークス TS キッチンネット

¥1,474 税込

高儀 オイルスクリーン

高儀 オイルスクリーン

¥2,139 税込

ヨシカワ栗原はるみ オイルスクリーン

ヨシカワ栗原はるみ オイルスクリーン

¥4,057 税込

ミネックスメタル オイルスクリーン

ミネックスメタル オイルスクリーン

¥3,719 税込

おすすめの記事

シリコンボトルのおすすめ人気ランキング10選!メリットやデメリット、カビ対策なども紹介
コンパクトに折りたたむことも可能なシリコンボトルは、アウトドアシーンはもちろん、日常の外出シーンでも活躍してくれる便利なアイテムです。シリコンボトルといっても、様々なタイプがあるので、自分にベストなア...
キッチン用品 71view
【ニトリ・無印】しゃもじのおすすめ人気ランキング10選!しゃもじスタンダ・ホルダーのおすすめも紹介
しゃもじは、ご飯を適量盛ることができておすすめです。しゃもじは、ごはんがくっつきにくい加工がされている物もあり、便利に使えるからです。とはいっても数多くあるしゃもじから選ぶのは大変ですよね。そこで今回...
キッチン用品 51view
ニトリがコスパ最強!洗面器のおすすめ人気ランキング10選!折りたたみ式やマグネット式なども
洗面器は、お風呂場で使うことができておすすめです。洗面器は、お風呂でお湯をくんで洗い流すのに使うことができるからです。とはいっても数多くある洗面器から選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある洗面器...
生活雑貨・日用品 31view
【無印・ニトリ】木べらのおすすめ人気ランキング10選!黒カビの除去・お手入れ方法なども紹介
木べらは、便利な調理器具として人気です。木べらは、木目が美しく、鍋やフライパンをキズつけずに調理することができるからです。とはいっても数多くある木べらから選ぶのは大変ですよね。そこで今回は人気のある木...
キッチン用品 47view
【ニトリ・無印・100均】油引きのおすすめ人気ランキング10選!洗い方や代用品なども紹介
たこ焼きやお好み焼きなどの鉄板焼き料理の際に活躍するのが油引きです。油を鉄板になじませるためのツールです。油引きはハケの材質や形状・サイズなどで、商品によってさまざまに存在します。そこで今回は、おすす...
キッチン用品 84view
【ニトリ・カインズ】すだれカーテンのおすすめ人気ランキング10選!屋外・室内で取り付けられるものなど
昔から日本の風土に馴染んできたのが「すだれ」です。遮光・遮熱に効果があり、設置の際の工事の手間も必要ありません。夏場は手軽に涼しさを確保できます。ただし目の粗さや素材などに異なりもあり、最適なものを選...
インテリア・家具 81view
【ニトリ】湯呑みのおすすめ人気ランキング10選!プレゼントにも最適なおしゃれなものなど
お茶を楽しむときに利用する湯呑み。湯呑みには、日本古来の陶器や磁器から現代風なデザインの商品などさまざまあります。ここでは、湯呑みにフォーカスを置いて湯呑みの魅力や選び方、人気ランキングでみんながおす...
キッチン用品 60view
【無印・ニトリ・ダイソー】茶こしのおすすめ人気ランキング10選!紅茶・緑茶・コーヒーなどに最適
茶こしは茶葉を入れてお茶を楽しむために必要な道具。茶こしなんてどれも同じと思っていませんか?見た目は同じように見える茶こしにも、素材や機能、デザインなどさまざまな種類があります。ここでは、茶こしの使い...
キッチン用品 47view
【ニトリ・無印・100均】急須のおすすめ人気ランキング10選!北欧風やモダンでおしゃれなものなど
寒い季節になると温かい日本茶が美味しく感じますよね。美味しい日本茶を飲むのに必要な「急須」ですが、急須は日本茶を入れるだけでなく紅茶やハーブティーなどさまざまな飲み物をたしなむときに利用できます。ここ...
キッチン用品 250view
【サーモス・100均】水筒ケースのおすすめ人気ランキング10選!大人用のおしゃれなものなど
職場でも冷たい飲み物や暖かい飲み物がすぐに飲める便利な水筒を持参する人も少なくありませんね。水筒そのままでは傷がついてしまったり、保温保冷効果が長持ちしないなどの悩みを解決するには、水筒ケースがおすす...
キッチン用品 115view